カテゴリ:フリーエネルギー発電( 5 )   

ZPower論文「フラックスジェネレータ」の翻訳2:「なんと日本政府がこの新技術を妨害した!?」   

(つづき)

◯プロトタイプテストに成功

シュワルツ博士は彼自身のフィリピンの家を持っていましたが、最初の試作品はうまく組み立てられ、テストされました。彼の最初の試作品はそこに合計16種類のフラックスジェネレータプレートコンテナのための特別なボートプレートを作りました。発電機の異なるプレートを接続するための銅とグラスファイバーのケーブルハーネスは、彼ら自身の工房に準備されたケーブルチャンネルセットに取り付けられていた。その後、対応する容器当たり10個のプラチナをプレキシ密閉ガラスベルでブラケットおよび全体の配置を挿入した。

次にテストしました:ゴム輪が本当に気密であるかどうかを調べた。その後、内部を0.1バール(1.5psi)の圧力の特別な不活性ガスでバルブを介して満たした。テストが正常に完了すると、最初のデバイスはアクティブ化の準備が整いました。出力DC電力は10 kW〜18 kWの範囲内にする必要があります。

それでもまだどの出力電力が利用可能になるか正確に指定できなかった理由は、新しく使用された左利きの資料によるものです。この特別な材料では、パフォーマンスは最大8倍まで向上するかもしれません。新しい材料を備えたデバイスが正常に機能するとすぐに、以前のデバイスがそれに応じて再構築されます。新しい材料を備えたデバイスが正常に機能するとすぐに、以前のデバイスがそれに応じて再構築されます。これらは時間の経過とともに干渉を非常に受けやすくなり、メンテナンスは非常に面倒で時間がかかることが証明されていました。

新しく設計されたフラックスジェネレータプレートはメンテナンスなしで数年間続くはずです。将来の開発でも、モジュールの以前のパネルは新しいバージョンに簡単に置き換えることができます。周波数発生器のスイッチを切った後は、容器を常圧下に置き、プレキシグラス製フードを取り外し、対応するプレートを交換するだけです。新しいパネルの厚さが以前のものと同じであれば、これは問題になりません。そうでなければ、もちろん、プレートピックアップを交換する必要があります。その後、プレキシグラス製フードのシールリングを再び漏れ試験にかけたユニットに交換します。最後にまた0.1バール以下の不活性ガスを供給します。周波数発生器を再起動した後、新しいプレートを装備した装置をエネルギーシステム全体のサイクルに再接続できます。


◯素晴らしいアップデートです

その後、Sterling D. Allanは、2014年5月にこの開発[9]でも素晴らしい更新をあきらめました。
「何年も経った今、私はJames B. Schwartz博士から電話を受けました。 彼は私の以前の情報を修正した。 割れ目デバイスが機能していました。それは実際に60000デバイスされています!あなたはその時にもそれを持っているでしょう。5 kWシステム構築。電話では、それ以来彼と彼のチームは非常に活発であり、驚くべき進歩を遂げたという印象を受けました。しかし、彼の経験のために、彼は黙って仕事をすることを好みました。しかし、彼は私にここで多くを報告する許可を与えました。」


写真7
内側の4枚のアルミプレートにそれぞれ設けられた25×10.5 cmのノッチの図。これらのパネルのそれぞれはまた6つのスロットの6つの縦および4つの横のグループ(上部の黒い長方形)、合計144の特別な平らなコイルを収容する、持っています。凹部の正確な位置は発生器の機能にとって極めて重要である。
a0348309_8423571.png



彼はスターリングD.アランに彼らが現在家庭用電化製品を高価にし過ぎるだろう特別なインバーターを必要としたので家庭用に適していない磁束発生器の実現に取り組んでいると伝えました。その主な目的は、発電所規模のプラントです。彼らは大きな進歩を遂げたが、すべてが時間がかかります。

彼らは、同じプレート材料が小型の装置と同じようにセラミックで使用する新しい開発に責任があるでしょう。画像では、可視装置はたった0.7 kgしかないであろう、それは800 kW〜1 '200 kWの状態に応じて可能である。
彼は彼が何時間もそれを読んでそして動かしている間彼が彼が装置をいつも作動させていたと言いました。誰かが輸送中にそれを回避することを選択するとすぐに、彼は衛星電話からデバイスの自己破壊への切り替えサークルを使用します。スーパーキャパシターに蓄えられた電荷は、Deviceが再びプッシュするべきであり、それが1ヶ月以上動作してはならないはずです。電気回路は、2つの隣接する装置間のフィードバックを防ぎます。そうでなければあなたは2つのデバイスができませんでした1〜1.5 mの距離で互いに配置します。

彼は2014年5月中旬に彼の電話でスターリング・D・アランにも話した、それはまるでそのデバイスができたかのように、デバイスの近くにあった単三電池または携帯電話の電池が消えたことを発見することがどれほど興味深いかにエネルギーを吸い取る。傾斜スイッチは緊急の場合に装置をオフにするために使用されます。

装置が集められた地球の磁場からエネルギーを放出するので、それはどこでも同じではありません。32の異なるアンテナから選択することにより、ローカル周波数上のデバイスが設定されるように、Circuitで調整の可能性があります。現時点では、セラミックプレートを作動させる5つの異なる周波数が知られています。チームメンバーのLegendは、合計7つの周波数帯があると考えています。グループは、あなたが「良い周波数」と呼ばれるであろう5つだけを見つけた、と彼らは伝えました。

彼は今計画されていることは3つのユニークな特許を適用することであると言いました。内容の結論として、1984年に特許登録済みを報告そして拒絶された。さらにJamesは、約20年後にTim Thrappに戻ってJames M. Robitailleからオープンソースプロジェクトで宣言された1つのQuantum Energy Generatorで実験していると述べた。
引用:
「私のワークショップにはQEGがあります。しかし、私たちは彼に私たちが彼を運転するのに必要とする以上のエネルギーを生産させることはしませんでした。振動はとても強く、テーブル全体が震えました。私たちはQEGを地面に置かなければなりませんでした。QEGの人々が彼らの問題を解決した後にだけ、私たちは後でプロジェクトを取り上げるつもりです。」

手前のDr. medは医学博士の略です。James Schwartzと彼のチームは、今やERR Fluxgeneratorsの開発を終えました。それについてのSterling D. Allanの再度の報告は疑いの余地がありません。

文献:

[1] http: //vdo.micr osnap.in/watch/P2Zo5-CZpWc
[2] http://peswiki.com/index.php/Directory:ERR_Fluxgenerator_by_Noah's_Ark_Research_Foundation
[3] http://www.examiner.com/article/update-on-schwartz-err-fluxgenerator
[4] http://www.examiner.com/About_Examiner
[5] http://de.wikipedia.org/wiki/Metamaterial
[6] http://overunity.com/7842/Selfrunning-3-kWatts-err-unit-powering-3-x-800-watt
lamps /#. vk4oz_I5NVO
[7] see 6, entry 5 July 28, 2009, 01:57:23 PM
[8] http://peswiki.com/index.php/OS:Radiant_Energy_Antenna_System
[9] http://peswiki.com/index.php/Directory:ERR_Fluxgenerator_by_Noah%27s_Ark_Research_Foundation # Inventor: _Dr._James_B._Schwartz


大体以上の内容だが、これを読んで分かる通り、この製品は最初は日本国内で作成されたという。ところが、日本政府がこれを認可せずすべて没収。

つまり、ジャパンハンドラーズの命令を受けたおバカ役人がこの革命的装置をボツにしてしまったのだ!

だれだそいつは???

さて、この装置の肝はなにか?

というと、これは地球の地磁気ゆらぎから発電する装置だということである。おそらく一番周期的なシューマン波と共振させる金属の組み合わせを発見し、それをプレート状の受信機にして、あとはユタのモーリーのようにインバータで周波数変調し、家庭用の50ヘルツか60ヘルツまで落とす。

こんな感じの装置だろう。だから一応交流発電機である。

問題は装置がエネルギーを取り込みすぎて発火する場合があるということらしい。

シュワルツ博士によれば、当時日本政府があれこれいちゃもんつけてこの装置の製造販売を禁止し、没収したようだ。


ところで、この装置の名前が「フラックスジェネレータ」である。スピルバーグのデロリアンのエンジンにも「フラックスキャパシタ」という3つ組があった。

エリック・ドラード博士のフリーエネルギーエンジンもフラックスジェネレータじゃなかったかナ?

だから、どうやらこの辺に未知のフリーエネルギーエンジン開発の鍵がありそうだ。


もし俺が会社作るとすれば、「テスラ・フラックス」なんて良いナア。


いずれにせよ、従来の発電機は、運動からファラデー・テスラモーターによりフラックスを生み出して、そのフラックスの運動から磁気誘導で発電するというシステムである。これに対して、これからのものは、すでにあるフラックス運動から直かに共鳴で発電するシステムということになるだろう。




いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-01-28 09:25 | フリーエネルギー発電

ZPower論文「フラックスジェネレータ」の翻訳1:「なんと日本政府がこの新技術を妨害した!?」   

みなさん、こんにちは。

さてこの週末はグーグル翻訳を使って、ドイツ語から日本語へ、ドイツ語から英語それから日本語へと翻訳して、なんとかDr. James Benjamin Schwartz

ZPowerのフリーエネルギー発電機の発明者と原理とは!?:James Benjamin Schwartz博士だった!

のドイツ語論文:
http://www.borderlands.de/net_pdf/NET0115S14-18.pdf

を読んでいた。

一応、日本語訳を作ったので、それをメモしておこう。以下のものである。

意外だったのは、このシュワルツ博士のZPowerの装置が作成されたのは我が国日本であり、そしてそれを妨害したのが日本政府だったということである。今現在この博士は日本ではなくフィリピンに住んでいる(らしい)。

フラックスジェネレータ

日本からフィリピンへ:
James B. Schwartzのフラックスジェネレータ


自由エネルギーの発明の圧迫されているリストは長い、そしてここで引用したものでこの例はさらに長くなります:しかしそれからストーリーが良くなったには程遠い。

◯エネルギーの革命ソリューション

2011年7月29日に死亡した元NASAの宇宙飛行士および科学者であった、科学者ブライアン・オリアリーは彼の人生を通して表現された発明とその発明を提示された。地球の大国が石油のための戦争の間にそのエネルギーサプリメントが抑制されているのは不公平だと彼は感じました。しかしエネルギーソリューションの革命といつか世界の光を突破する日が来るということを彼は疑いませんでした。それは真空、部屋の外、屋外エネルギーからのエネルギーについてです。しかし、当分の間、宇宙エネルギーはまだ強力な敵:業界および業界の関係者したくない政治部屋のエネルギーが効きます。ブライアン・オライリーは不思議に消えたまたは死んだ発明者たちについて講演を行いました。彼の結論は:私たちの惑星で新エネルギー技術において生活基本的に根本的変革が起きるのは時間の問題だということです。

そのような巻線の例はジェームズ・シュワルツになるためのERRフラックスジェネレータである可能性がある[1]。

◯ジェームズ・シュワルツ博士のERRフラックスジェネレータ

Sterling D. Allanは、2010年12月、彼のウェブサイトでノアの箱舟財団からの発明者James Schwartzの地球の磁場からのエネルギーを収集する特定の材料の応用に基づく、彼が発明した数キロワットのソリッドステートシステムについてに報告しました[2]。彼は
Youtubevideo https://www.youtube.com/watch? v = WFqwY8q-5ZE:explained
で説明を行っていました。

写真1
左側がジェームズ・B・シュワルツの自律型900 W Fluxgenerator、右側が300 W Fluxgenerator。
彼はそれらを2009/2010年に日本で数千個ほど作り出したように。彼ら日本政府に捕らえられた。
a0348309_8362229.png


「片側に固体のアルミニウム層があり、それから補強層が続き、さらにもう1つが6つのくぼみを持つアルミニウム層のある板が3つあります。そこに取り付けられた芯は、層状ビスマス、別の巻線のあるプレート、そして別の状況のビスマス、そして別のプレートの順に続きます。アルミ製なので、パネルはそのままです。このパネルに交流の自己周波数をもつこれらのプレートに自由周波数発生するアクチベーターがあると、ビスマスとアルミニウムの間の運動によって電子を発生します。全体の回路は接地されています。それだけです

それについてのすべて、それを見つけるために地球の適切な周波数です。あなたは検索して見つける必要があります。デバイスは6 kWに設定されています。しかし、現時点では約2.4 kWしかないので、3つの800 Wランプを点灯させます。装置の重量は約19 kgで、プレートと巻線を合わせて約3.6 kgの重さにします。 」


写真2
James B. Schwartz博士がビデオhttps://www.youtube.com/watch?v=WFqwY8q-5ZEで説明しています:
「片側に固体のアルミニウム層があり、それから補強層が続き、さらにもう1つが6つのくぼみを持つアルミニウム層のある板が3つあります」
a0348309_8373479.png



Sterling B. Allanは、当時彼のウェブサイトに、Tom BeardenのMotionless Electromagnetic発電機MEGのような自由エネルギー電磁石発電機に似た、外部電源電圧を接続する必要がないという違いを持つ、医学博士Schwartzのフラックスジェネレーターのことを書きました。彼は特別な回路のある非常に強力な磁石を使いました。それは磁場を結合する新しいハイテクチップでした。彼はまた、グラフェンと呼ばれる極薄グラファイトプレート片を使用しています(p.41のArt。も参照)。


写真3
フラックスジェネレータの発展はそのようなモジュールをインストールすることができます。
サイズは一緒に切り替えることができます。
a0348309_8383488.png



当時日本にいたのは彼だけで、300 Wから900 Wまでで20,000台のデバイスがありました。 しかし、日本政府のために "危険"は没収され破壊されました。本当の理由が安全性のためなのか、それともこれらのテクノロジー特有の利益が集団の邪魔をしているのか、あなたは知りません。実際には、B.シュワルツ博士によると、許可されていない開口部を開けて空気中に接触している装置が原因のようでした。その当時B.シュワルツ博士は日本にいましたが、フィリピンに戻りました。


◯世界のオンラインレポート

その1年前の2009年9月4日に、医学博士James B. Schwartzさんのセンセーショナルな発明に関するオンラインレポート「審査官」がその旨を伝えました。またスターリング D.アランは、シュワルツ博士が8月16日に送った電子メールからそこに抜粋を出しました[3]。我々自身のデータによると、このメッセージの後、米国の約2千万人の読者がこのようにして達成された発明を知らされたのです[4]。


Sterling D. Allanは、これらのsemオンラインニュースサービスで、彼が2009年8月27日に医学博士Schwartzと述べたことを説明しています。 彼は詳細な会話を導くことができました。そして彼はそれからの抜粋を公表する許可を得ました。その当時、シュワルツ博士は、外部の投資家は必要としていませんでしたが、彼自身の研究は自身の財源から行っていました。彼は金持ちになるのも気分が悪い。彼は世界の革命的な技術がそれらが連続生産の準備ができたとすぐに提供することを望みました。確かに、セキュリティやデバイスの安定性など、まだ解決すべき質問がいくつかあります。それが彼がこの技術の詳細から、誰もが利用できるようにするための「オープンソース」であると見る理由です。それで彼はそれが例えば装置を加熱するために置かれるセメントの床の製造鉄筋であるように思われることを発見した。もちろん、これはつながる可能性があります。したがって、彼は強化する鉄ではなく、例えばガラス繊維棒を使用することをお勧めします。

ビスマスプレートは、製造するのがそれほど容易ではないが、製造され得る相互溶融のフラットプレスによって得られなければなりません。磁気コイルを収容するために角がとられたアルミニウム板にはマグネシウムが含まれていますが、これは加工における特別な対策が必要とするものです。特殊密度は、いわゆる左手用の素材からなる磁気コイルのコア素材でもあります。指定されたメタマテリアル[5]になるために、それらの電気的および磁気的材料定数εrとμrの負値を受け入れることができます。電場強度および磁場強度についての関連する波数ベクトルは、そのようなメタマテリアルにおいて左手系の三組を形成する。

James Schwartz博士が強調しているようにプレートは空気の下に置いておく必要があります。酸素を通した各漏出侵入すると危険です。その物質は突然発火し、火災を引き起こす可能性がある。装置内のスパークは、外気中のオゾン含有量が高すぎると発生する可能性があることはすでに述べた。雷雨の中でも気象条件は特別な注意を払う必要があります。出力電力は、デバイスが配置されている緯度によっても異なります。赤道から北または南の緯度になればなるほど、ますます利用可能な電力が下がります。これが発明者がその製品が地球磁場(静磁場の主要の構成要素は赤道の2倍ほど極地では強いにもかかわらず)からのエネルギーを取り出すことを疑うもう一つの理由なのです。基本的に、シュワルツ博士はそれがその技術にとり大量生産の前の最初の数年の厳しい性能試験であることを示しました。


写真4
それぞれ10 kWの4 x 4個の単一発電機で構成され、160 kWの合計出力を供給する磁束発電機システムの概念。
a0348309_1493545.png




Sterling D. Allanとの電話での会話の中で彼はSchwartz博士が30年以上電気磁気の分野の研究を続けていると語った。彼が最初の概念的なERRプロトタイプを作り出したのは17年前1992年だったでしょう。これは合板のケースから二本だけがあるものでした。1993年に彼の最初のビデオwww.overunity.comを記録しましたたくさんの人が、この映画の環境を通して、この発明にすなわちフラックスジェネレータの進化に興味を持ってくるのを見ました。このようなモジュールは、取り付けサイズを一緒に切り替えることができます[6]。 どのような状況でこの映画は秘密にされていたが、インターネットに届いたが、彼はいまだに謎めいている。

どのような状況で、この映画は秘密にされていたのですが、今日まで謎です。

ジェームズシュワルツ博士が技術特許権を持っているかどうかを尋ねると、彼はそれをするつもりはないと言いました。彼はまたライセンスや技術を売りに出すつもりもありません。彼が1984年に彼の技術の基礎の特許を申請したいと思ったとき、特許庁は同封の文書を含む非常に複雑な手紙を持っています(1952年のUSコードの第35章、セクション181-188)。その中で彼は、彼の発明が無許可で解放されれば、国家規模で安全保障に影響を及ぼし得ることを明らかにした。Beigenauemによる書簡と特許庁の書類は、特許メッセージが彼にとってはあまりにも危険になりすぎることが明らかになりました。


◯ウェブサイト上の追加情報

ジェームズ・B・シュワルツ博士とのスターリング・D・アランのインタビューのちょうど1ヵ月前に、ウェブサイトwww.overunity.comの運営者であるDipl.Stefan Hartmannが、ある作品について次のように述べています。
シュワルツ博士から6月28日に情報を得た仕事についてリポートビデオについて、彼はその後2009年7月に公開し、発明者が彼に伝えたいくつかの重要な詳細の発明者の許可を持っているだろう[7]。

Schwartz博士は何年も前にある種の新しい材料を試したことがあります。これは通常自然に観測される別の方法での磁気前進波(いわゆる “左手系”メタマテリアル)(参考文献[5]を参照してください。)彼は世界中の多くの開発グループがそのような研究に関与していることを知っていました。なくなったブラック博士はそのような材料を自分で作ることに成功しました。光とその他の両方で電磁波は特別な振る舞いをします。懐疑的な物理学者でさえも、これらの奇妙な性質に驚いています。それは彼らができる方法です。例えば航空機などの物体 - 大きな音 ウィキペディア - 周りを操縦するためにオブジェクトの周りに波が届くことで見えないようにします(軍事アプリケーションは非常に興味深いものです)。


写真5
アルミ、ベリリウム、ビスマスのプレートを重ねます。 10個のそのようなスタックはそれぞれ単一の発電機に組み込まれている。そのような4×4の発電機のシステムは完全なシステムを形成します(左の写真を参照)
a0348309_8401783.png



この分野での研究では、左利きの資料は最終的にロシアの理論家V.G.Veselagoの研究に戻ります。その当時、彼はすでにそのような材料を生産する可能性を予測していました。そして、それは通常とは全く異なる方法で環境に反応することができます。その後、2000年に、カリフォルニア州サンディエゴにあるUCSD大学の研究者らがこれを確認し、正式に「左手系」の資料を発表しました。彼らの開発者は、電磁場を通過するにつれて電磁場を左に伝播させることができ、電磁エネルギーの(合成)ベクトルは右に移動しました。光波は通常の材料とは異なる方法で生成されます - 逆ドップラー効果。マサチューセッツ州のMITおよびデラウェア大学でも同様の研究が進行中です。明らかに、この物質を実現することは以前は考えられないと思っていました。Schwartz博士は、「電磁放射受信機」(ERR)に関する彼自身の長年の研究において、完全に確認することができました。物理学者Lawrence Rayburnは、彼が電磁波を使用していたキャッチ用の特別なアンテナのために見つけた左巻きコイルに関しても同様の効果をもたらしました[8]。


◯フラックスジェネレータの構造の詳細

医学博士James B. Schwartzによる財団「アーク研究財団」は、ERRフラックスジェネレータの特殊プレートの構成と配置を構成がわかる写真を作成しました。発電機エネルギーを受け取ることができるようにそれぞれ10 kWの4×4の単一発電機からなり、160 kWの合計出力を供給するフラックス発電機システムの概念。2015年1月/ 2月 アルミ、ベリリウム、ビスマスのプレートを重ねます。10個のそのようなスタックはそれぞれ単一のジェネレータに挿入されて構築されます。4×4のそのようなジェネレータのインストール発電機は完全なシステムを形成します(左の写真を参照)。一連の異なる誘導周波数である、特別な周波数ジェネレータセット。このようにして、電子流が励起され、同時に磁束の場が活性化される。このようにしてエネルギーは解放されますが、理論的解釈はまだ完全には探求できていません。


写真6
J.Schwartz博士によるフラックスジェネレータのスーツケースモデルのプレゼンテーション 。
a0348309_8411089.png



本当の秘密はおそらく発電機で使用される特別な材料です。それはまた、使用されるコイルのワイヤサイズ、巻き数、選択された周波数、および周波数が時間の経過とともに変化する方法にも依存する。一連の組み合わせで人工的な電気を作ることが可能になります。

計画中の160 kWプラントから詳細な構造図があります。しかし、発明者はそれらを間違った手に渡る可能性があるので公開したくありません。ただし、これらの図面にはデバイスの機能に関する詳細が記載されているため、他の研究グループがこのデバイスを使用することはほとんどありません。技術を完全にコピーすることができます。

大きなプロトタイプが誤った手段を構築したときだけ、与えられた鉱工業生産に対して長い間テストされることが、必要条件になります。偉大な成果のためには、おそらくまだ観察されていない現象が小さなラボの試作品で発生する可能性があります。

ERRフラックスジェネレータの標準バージョンは10kWの出力用に設計されており、電気を供給することでそれを使ってより大きな1つの家を簡単に行うことができます。必要ならば、他のそのような局もまた切り替えられるべきです。大規模な住宅団地や産業環境ではそれ以上のジェネレータがなければ互いに結合することが可能です。



◯プロトタイプテストに成功

シュワルツ博士は彼自身のフィリピンの家を持っていましたが、最初の試作品はうまく組み立てられ、テストされました。彼の最初の試作品はそこに合計16種類のフラックスジェネレータプレートコンテナのための特別なボートプレートを作りました。発電機の異なるプレートを接続するための銅とグラスファイバーのケーブルハーネスは、彼ら自身の工房に準備されたケーブルチャンネルセットに取り付けられていた。その後、対応する容器当たり10個のプラチナをプレキシ密閉ガラスベルでブラケットおよび全体の配置を挿入した。

次にテストしました:ゴム輪が本当に気密であるかどうかを調べた。その後、内部を0.1バール(1.5psi)の圧力の特別な不活性ガスでバルブを介して満たした。テストが正常に完了すると、最初のデバイスはアクティブ化の準備が整いました。出力DC電力は10 kW〜18 kWの範囲内にする必要があります。

それでもまだどの出力電力が利用可能になるか正確に指定できなかった理由は、新しく使用された左利きの資料によるものです。この特別な材料では、パフォーマンスは最大8倍まで向上するかもしれません。新しい材料を備えたデバイスが正常に機能するとすぐに、以前のデバイスがそれに応じて再構築されます。新しい材料を備えたデバイスが正常に機能するとすぐに、以前のデバイスがそれに応じて再構築されます。これらは時間の経過とともに干渉を非常に受けやすくなり、メンテナンスは非常に面倒で時間がかかることが証明されていました。

新しく設計されたフラックスジェネレータプレートはメンテナンスなしで数年間続くはずです。将来の開発でも、モジュールの以前のパネルは新しいバージョンに簡単に置き換えることができます。周波数発生器のスイッチを切った後は、容器を常圧下に置き、プレキシグラス製フードを取り外し、対応するプレートを交換するだけです。新しいパネルの厚さが以前のものと同じであれば、これは問題になりません。そうでなければ、もちろん、プレートピックアップを交換する必要があります。その後、プレキシグラス製フードのシールリングを再び漏れ試験にかけたユニットに交換します。最後にまた0.1バール以下の不活性ガスを供給します。周波数発生器を再起動した後、新しいプレートを装備した装置をエネルギーシステム全体のサイクルに再接続できます。


(つづく)



e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-01-28 09:23 | フリーエネルギー発電

ZPowerのフリーエネルギー発電機の発明者と原理とは!?:James Benjamin Schwartz博士だった!   

みなさん、こんにちは。

さてもう一つメモしておこう。先日、ZPowerのフリーエネルギー発電機のことをメモした。これである。

ZPowerがついにやりよった!?:ニコラ・テスラのフリーエネルギー発電機が完成した!?

(あ)この中の「ベンジャミン博士」とはだれなのか?
(い)そのフリーエネルギー発電機の原理はなにか?

これらの問題に対する答えであろう。

そこで、ちょっと調べていたんだが、まず最初の「ベンジャミン博士」とは、

James Benjamin Schwartz

という博士であった。

最初この名前がわからなかったから、ネットで調べてもどんぴしゃりのものが検索でかからなかった。

そこでいろいろ調べてみると、上の名前がわかり、それで調べると、いくつか昔のYouTube番組が見つかった。

今回はこれをメモしておこう。以下のものである。

2012年のもの。
Dr. James B. Schwartz - Free-Energy Technologies

2014年のもの。
Dr. James B. Schwartz - Free Energy Device


この上のYouTubeや前回のYouTubeの中で登場した装置の説明がこれらしい。残念ながらドイツ語である。

http://www.borderlands.de/net_pdf/NET0115S14-18.pdf
a0348309_1493545.png


いまのところドイツ語を読んでいないので、中身は理解していない。

だれかこれを読んでフリーエネルギー発電機を自作してみたら良いのでは?



頑張れ、日本!




いやはや、世も末ですナ。







e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-01-23 14:14 | フリーエネルギー発電

ZPowerがついにやりよった!?:ニコラ・テスラのフリーエネルギー発電機が完成した!?   

特報・人類は遂にフリーエネルギーを手にした!フリーエネルギー機器発売!ZPowerがすべてを変えた!最後:ビデオ



みなさん、こんにちは。

いやはやあまりにいろいろのことが起こりすぎてETの手も借りたいほどである。特に、脳に作用して知能を3倍にアップできるという装置をお借りしたいところである。

さて、昨日見つけた最新のフリーエネルギー発電機が興味深いので一応ここにもメモしておこう。以下のものである。

人類は遂にフリーエネルギーを手にした!

◆ハザールの臨終が確実になってきました。これは凄いことです。我々はもう奴等から、べら棒に高い電力を買う必要がなくなります。原発も火力発電も風力発電もそして太陽光発電装置さえ必要がなくなったのです。コップ21もパリ協定も糞くらえ!石油メジャーよさようなら!原発マフィアグッドバイ!

フリーエネルギー機器発売!ZPowerがすべてを変えた!
a0348309_91121.jpg


2019年1月6日日曜日15:20

ZPowerという会社がすべてを変えました!彼らはちょうど真夜中でも太陽からの電力を作る装置を作りました!それは太陽からの可視光を使用せず、それは私たちの周りの太陽によって作り出される他の形のエネルギーを使用するのです。Nikola Teslaが100年以上前にやり方を考え出したのです。

ZPowerは文字通り1日24時間、太陽の無限の力を利用します!本発明者はそれを磁束エネルギーと呼び、それはAC(交流)とDC(直流)の両方の特性を生み出すことができるのです。このようなものは他にはありません。彼らはすでに地球の問題を解決する準備ができていて、あなたがビデオで見ることができる準備をしています。彼らは磁束エネルギーで働くプロトタイプを持っていました。

ZPowerユニットはソリッドステート(固定型回路)なので、磨耗する可動部品はありません。可視光の範囲外で動作するため、1日24時間電源が使えます。

この装置が得ている太陽からのエネルギーは地球によって止められないので、地下でも働きます!これは空の理論における単なるパイではありません。
彼らはすでに完璧に機能するデバイスを構築しました!このビデオでは、自動車のバッテリーではできない場合でも、ヘリコプターからの強力なライトを簡単に点灯させることができます。

彼らはまた家に電力を供給することができる6000ワットのプロトタイプユニットを建てました。しかし彼らの次の目標はオーダーメイドの輸送コンテナの中に収容された50kWのモジュールを使うメガワットユニットです。このことで動かすことができるものに制限はありません!

ZPower Proof of Concept updated


(以下省略)

Free Energy Device Released! ZPower Changed Everything!


ZPower Discovers Tesla Free Energy Using Sun! Send Viral!




ベンジャミン博士のZPowerがついにやったのか?

ニコラ・テスラの「不可視光線」を受信してそれから発電する。

そう、太陽光発電が太陽からの可視光を集めて発電するなら、太陽からの「不可視光」を集めて発電できる。

この不可視光は、赤外とか紫外という意味ではない!

これらは可視光と同じ横波の電磁波でしかない。

むしろ、光熱波動というときの「熱」に近い、縦波、すなわち電圧振動波のことである。

太陽はプラズマ状態にあるから、太陽活動は単に発光しているだけではない。

太陽は発電もしているのである。

その時の発電は広範囲に高電圧高振動する高電圧フィールドを生み出している。

いわば太陽とは
プラズマボール
a0348309_9224423.jpg
の中心のようなものなのである。

したがって、もし我々がその外側でフィールドをキャッチできるような装置を作ることさえできれば、太陽からのエネルギーを取り出すことができる。これは絶縁体であろうがどんなものの中にも伝達するから、遮るものがない。だから、夜でも使える。

そう、「見えないエネルギー」なのである。

ベンジャミン博士はどうやらそれを作り上げたようだ。
a0348309_937151.png


そしてどうやらこの先生を後押ししているのは、ドナルド・トランプ大統領陣営なんだとか?

Q-Anon陣営である。





ニコラ・テスラに乾杯!

ちなみに、このエネルギーの話は、拙著の「ニコラ・テスラの「完全技術」解説書」の113ページに出ているんですナ。

113ページと1月13日公開と、113で偶然の一致。

113,1月13日はニコラ・テスラのフリーエネルギーの日に命名したい。偶然にも成人式の日でもあった。

我々人類もついに宇宙の成人式の日が来たのかもしれませんナ。


いまやDeep stateのみなさんもNWOのみなさんも、石油離れをしているんでしょうか?

あるいは、もう彼らの「天下」ではなくなったのかいな?


盛者必衰の理を表す。



いやはや、世も末ですナ。







e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-01-17 09:34 | フリーエネルギー発電

「イルディズ・磁石モーター」って何んだ!?:磁石だけで回転するモーターだった!   

Pavarotti - Nessun Dorma 1994 (High Quality With Lyrics)


みなさん、こんにちは。

いや〜〜すばらしい。

ちょっと古いYouTube動画だが、オランダのデルフト大学で行われた、磁石だけで回転する電気のいらないモーターが完成したという公開検証実験のものである。これは、発明者のMuammer Yildiz を取って、ムアマール・ イルディズ・磁石モーター(Muammer Yildiz Magnet Motor)と呼ばれているらしい。これである。
NO scam (it's a REAL DEAL) Muammer Yildiz Magnet Motor demo at Delft University
(最後に分解して中に電気がないことを示す)

Running Yildiz Magnet Motor at Inventors Expo April 10-12, 2013, Geneva, Switzerland


Muammer Yildiz Magnet Motor PROTOTYPES 2014


2015年、ついに商品化
Muammar Yildiz preparing for magnet motor sales launch 2015


さて、その特許情報がこれらしい。
A System which Generates Electrical Power via an Accumulator that Provides the Initial Motion for the System

Muammer YILDIZ

a0348309_11342576.jpg

Numbers on the schema:
1. --- Accumulator
2. --- Regulator
3. --- Big gear
3/1 --- Starter dynamo
4. --- Small gear
4/1-2. --- Feedback dynamo
5. --- Small gear
5/1-2-3. --- Feedback dynamo
6. ---Contactor
7/1-2. --- Commitatris [Commutator]
8. --- 19 DC input
9. --- 24 DC input
10. --- 580 DC output
11. --- Switch
12. --- Shunt
13. --- Rectifier
14. --- Capacitor
15. --- 2.5 mm cable
16. --- Collctor
17. --- Charcoal [Carbon]
18. --- Fixing clamps (+)
19. --- Fixing clamps (-)
20. --- Lamp
21. --- Conjector
22. --- Starter dynamo
23. --- Feedback dynamo
24. --- AC dynamo
25. --- Magnetic switch
26. --- Pulley
27. --- Pulley
28. --- V pulley
29. --- 380 V current output
30. --- 220 V current output


このイルディズさん、もともと警官だったというから驚きである。

33年の研究の末についに磁石だけで回転するモーターを完成させたのだとか。

こういうのをテスラ・モーターズの自動車に組み込んだら、もはや石油時代はご臨終。

死ねや、ロスチャイルド、ロックフェラー!

というやつですナ。


もはやとどまることを知らない庶民の大発明。

だれも止めることは出来ない!

だれも庶民の知恵を眠らせることは出来ない!


いや〜〜、面白いことになっていますナ。


もっともわが国のダマスゴミは国民を騙すことで必死だから、こういうことはどうでも良いんでしょうナア。


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2016-09-01 11:42 | フリーエネルギー発電