カテゴリ:モンゴル・蒙古・相撲( 20 )   

ジョーク一発:大相撲の「そしてだれもいなくなった!?」→そろそろ体重制限すべきではないか?   

高安と宇良が休場 3横綱1大関休場は18年ぶり
a0348309_11593766.png


みなさん、こんにちは。


笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif


いやはや、あまりにいろいろのことが起こりすぎてETの手も借りたいほどである。

野球のU18世界大会が終わり、「持っていない」清宮選手のことをメモしようと思っていると、今度はインカレの100mで桐生選手の日本人初の9.98が出る。

すると、大相撲こと、モンゴル相撲大会では、けが人続出。

ついに、白鵬、鶴竜、稀勢の里もケガ人リストに入ったと思えば、

まだ2日めなのに、土俵上でけが人続出。

宇良、高安

のきなみケガで休場である。

また片足および両足の膝にテープのない力士がいないというほど、いまの力士は膝のケガをおっているものが多い。

栃ノ心(ジョージア=グルジア)、逸ノ城(モンゴル)、大砂嵐(エジプト)、碧山(ブルガリア)、琴奨菊(日本)、照ノ富士(モンゴル)、安美錦(日本)

こういう関取はみな膝に大怪我をした。


そして、先場所、いつかやるだろうなと思っていた若き人気力士の宇良がやった。

その前は遠藤がやった。


一説では、

永谷園のCMに出ると大怪我をする

とか、

永谷園に目をつけられるとケガでだめになる

とか、そういうものがある。


疫病神の永谷園である。


遠藤、照ノ富士、

この2人はたいした成績でないうちから永谷園のCMに出て、力士で稼ぐより先にCMで稼いで

あっという間に膝の大怪我でだめになった。


永谷園って、在日か朝鮮系なんだろうか?

Kの法則発動

に似た臭がするんですナ。


さて、冗談はよしこさん。


どうして膝を怪我するのか?

これを考えてみよう。

これは物理的なものである。力学的なものである。


実に単純である。


一言で言えば、重量オーバーということだ。


片足にかかる重さがある重さをこせば、膝がグキってなって一巻の終わり。


最近の力士の平均体重は
184・8センチ、164・3キロ
であるという。

まあ、単純に端数をとって、160kgとしよう。

すると、両足で立つ場合は、片足には80kgがかかる。

まあ、日々のトレーニングで片足には100kgでも大丈夫としよう。

すると、両足で200kgの自重を支えることができる。


つまり、最重量の力士の200kg超え程度までは力士は立って両足で自分の体重を支えることができる。

しかし300kgになれば、もはや立ってはいられないだろう。


こういう状況があるわけだ。


さて、土俵上の取り組みをする場合、両力士どうしがまわしをとりあって四足動物の像のようになれば、平均体重で160kgどうしでは、320kgの体重ということになる。

つまり、今の平均体重では、両者が組み合った場合の全体重はすでに自分一人では支えられない重さを超えているのである。

この2人が、取り組みの後半で、負けそうな方が俵に足をかけて踏ん張る。
【宇良 vs.高安】平成29年7月場所10日目 2017年7月18日
a0348309_1223505.png



貴景勝 vs 宇良・9月場所 二日目 2017年9月11日
a0348309_12265384.png
片足で踏ん張る→絶対にやってはいけないこと


そうすると、自分の足に自分の体重に相手の体重も加わってしまう。

そしてグキっていって終わりである。

これで力士生命は

お・わ・り


宇良の力士人生はもうこれで終わりだろうナア。


遠藤もこれで終わった。


むろん、サッカー選手も同様だ。膝をやったら手術しない限りまず完治しない。


宇良の場合は、ついちょっと前まで173cmで100kg程度。昔はバック転もできた。

だから、片足でせいぜい50kgに耐えられる状態で成長したわけだ。

それが短期間で130kgになり、片足に65kgの重さが加われば、普段でもかなりの負担がかかっている状態である。

まだ腱や筋がそれになれる前に相手が160kgクラスとやるわけだ。

膝がたまったものではない。


というわけで、

今のデブ相撲で行く限りにおいて、ほぼ全員が膝に怪我をするはずである。


したがって、やはりそろそろ体重制限をかける時期にきたのではないだろうか?

昔の横綱でも130kg台である。

2人で260kg位が限界だろう。

片足でどこまで耐えられるか?

これを測定して、相手を釣り上げた場合の体重=両力士の全体重が片足で持ちこたえられるかを調べるべきだろう。

両足でも260kg〜300kgはかなり厳しいのではなかろうか?


重量挙げの世界記録では、

105kg超級で、263kgである。

計368kg。

片足には、184kgかかる。

これが最大として見積もると、

最大で184kgということになる。


つまり、重量挙げの世界記録保持者程度に両膝を鍛えたとしても、力士の最大体重は

184kg以下

にしないと、確実に大怪我をするということになる。


まあ、より安全にするためには、

体重の最大制限を作り、

160kg以上は失格→減量を命じる


こういうやり方に変えるべきではないだろうか?


だいたい、臥牙丸だったか、一食に100人分の焼肉を食べるとかありえないだろ。食いすぎだ。

ウシや豚がかわいそうだ。



いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
いま嘉風ー豪栄道戦が終わったが、なんじゃ〜〜こりゃ〜〜という取り組みだったヨ。

行事が「両手をついて」というが、だれもまともに両手をつかない。豪栄道のように、つくのをフェイントにしようとするものが多い。

これでは、両手をついてから立会するというルール無視にもほどがある。

やはり、両者が両手をついて1,2,3と数えて「はっけよい」というのが、正道のルールとすべきだろうナ。

ある時は、まだまだといって取り直しにしたり、あるときには、片方が豪栄道のようにまったく両手をつかないでもOKになったりするというように、行事の仕切りも曖昧である。判断があまりに恣意的である。

ビデオ判定を取り入れて、アンフェアな立会は取り直しにするぐらいの厳正な取り組みが必要だろう。

いやはや、日馬富士ー琴奨菊の立会も大問題ですナ。先にたった日馬富士が立会早すぎて待ったと力を抜いたところで後で立った琴奨菊が押し出したが、どうみても怪しい相撲ですナ。この行事はボケているんじゃいないか?

やはりちゃんと両手をついて静止し、1,2,3で立つ方式に変えるべきですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-09-12 12:46 | モンゴル・蒙古・相撲

ジョーク一発:白鵬に大きな花束を手渡す和服美人はだれ?すでにその世界では有名人なのか!?   

1048勝の花束
a0348309_18413611.jpg

みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif
さて,この名古屋場所,観客席にはさまざまの有名人が陣取っていた。


将棋の新生、藤井聡太さん
a0348309_18534834.jpeg
a0348309_18435001.jpeg



フィギュアスケートの浅田真央さんと小塚さん

a0348309_18461538.jpeg
a0348309_18542324.jpg


ビリー隊長さんに似た浴衣の黒人さん


他にも探せばたくさんいたのだろうが、そんな中でも名古屋場所は美人が多い。

それも若女将のような和服姿のきれいな女性が多い。

そんな中でも1047勝、1048勝などの記念すべき時に、通路で待ち構えて大きな花束を手渡した、極めつけの美人女将がいたのである。


NHKの放送が一番良く分かるのだが、だれもYouTubeで気付かなかったらしい。

というわけで、その女性の映像はあまりないのだが、わずかに写ったものをメモしておこう。以下のものである。

a0348309_19093458.png
a0348309_19094532.png
a0348309_22003819.jpg
運悪くちょうど浅田真央さんの真ん前にいたんですナ。



なんだみんな知り合いなのか?だれ?この人?

どうみても白鵬の嫁さんですナ。いくつ妾もってんだ、このやろ〜〜!

まあ、私の記憶では名古屋場所にはいつも座っている女将風の女性ですナ。

今日は、白鵬の奥さんと子供さんが出迎えていたのだが、その直前でしっかりと奥様のようにして大きな花束を贈呈していたのである。

はたしてこの女性はいったいだれよ???


このような相撲の常連の和服姿の若女将たちは、夜の職業のバーのホステスとか、料亭の若女将とか、そういった場所の夜の蝶、その昔のデヴィ夫人のような人たちらしい。

が、一説では、ヤクザの極道の妻たちという危うい説まである。

どっちが本当かは知らないが、和服を脱いで裸になると、背中に入れ墨とか勘弁して欲しいものですナ。


世の中には我々一般の日本人の知らない世界が共存するパラレルワールドなんですナ。

そういうブラックホールには落ち込まないようにしたいものだ。


いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-07-21 19:18 | モンゴル・蒙古・相撲

白鵬の記録は白紙にすべきだ!:何の価値も無い!ほんとモンゴルに帰ってくれ!   

みなさん、こんにちは。

いやはや、最近はもう我国は余りにひどくなりすぎて、ジョークをかまして笑うほかない。そんな情況だが、あいかわらず大相撲は、もはやモンゴル相撲にすぎなくなった。

一昨日の白鵬と正代の一戦。

白鵬がいわゆる「張り手」という解説者の触れ込みではなったものは、もはや「張り手」ではなく、立派な格闘技の「パンチ」か「チョップ」だった。

だから、それが首に入ると、一瞬頸椎がずれて、意識が飛ぶ。

正代は何回同じ技で気を失えばすむのか?

これである。

白鵬 対 正代 大相撲名古屋場所3日目 白鵬のボクシング!?
a0348309_19444188.png
言っちゃ悪いが、150kgもある人間が、「張り手」をすれば、しかもビンタのように平手で音を鳴らすように張るのではなく、手をグーに近い形でアゴや首に張れば、それは相手の首が捻れて一瞬気を失う。

たとえば、総合格闘技でいえば、こんなもの。

29秒ノックアウト! 菊野克紀VS伊藤崇文 (2013.03.09 U-SPIRITS again 後楽園ホール)
a0348309_19500283.png
ようするに、ボクシングでもダウンを奪うパンチというものは、相手のアゴにヒットし、相手の首が横に向くようなパンチに限るのである。

この場合、首が

クキッ

という感じになり、一瞬頸椎がひね練れて血流が途絶え、脳がショック状態になり、一瞬意識が飛んで、倒れるのである。

場合によれば、そのまま死ぬ場合もある。

軽量級のボクシングや格闘技でもそうだ。

リング内の死のパンチファイブ死 ボクシング 格闘技 ボクシング無料 格闘技 ko ボクシングko
a0348309_19561769.png
張り手は禁じ手にすべきですナ。

さもないと、その内死人が出るんじゃないの?


今日の白鵬ー嘉風戦もひどすぎ。

a0348309_09290328.png
いきなり横綱が立ち会いで変化するって?

横綱が立ち会いを逃げる!?

10両メンタルですナ。


そろそろ白鵬の記録を剥奪すべきじゃないのかいな?

あまりにひど過ぎ。

まあ、一番上についたら何でもありというのが、支那やモンゴルの感覚だからナア。


一方、稀勢の里は、もう最速で引退あるのみ


方や、日馬富士は、石頭の頭突き。

頭突きの立ち会いも禁止すべきじゃないの?

さもないと、その内死人が出るんじゃないの?


さて、他のどんなスポーツも普通は若い方が強い。

サッカー、野球、バスケット、ラグビー、柔道、レスリング、剣道、

若い方がスピードがあり、体力があり、老体は引退あるのみとなる。

それが普通なのだが、

どうして相撲だけは、年寄りの方が強いのかね???


何かが間違っているんじゃないの?

弟子の取り方が変。稽古の付け方が変。親方の教え方が変。

なんか変だよナ。


普通は若い方が年寄りを圧倒するもんでしょ。


まあ、俺個人の意見では、要するに出稽古に問題がある。

横綱が勝手に敵陣に道場破りに行って、そこの若手にスポーツでいうところの、いわゆる「イップス」を仕込んでしまう。

お前は横綱の俺には勝てんのだよってナ。

どうも一種の催眠術のようなものですナ。

白鵬の顔みただけで、身体が動かなくなる。

だから、出稽古は禁止すべきじゃないの?

場所前に相手に手の内教えちゃいかんでしょ。

サッカーでも試合前の練習は非公開が常識だよ。

それをわざわざ出稽古だといって、試合する相手と練習試合するなんていうことはサッカーや他のどんなスポーツにもない。

というより、そんなことはあり得ない。

勝負ごとなんだから、試合前に対戦する敵と練習するなんていうのは邪道だ。



というわけで、俺個人の意見としてはだな。

横綱の立ち会い変化は禁止。
道場破りの出稽古は厳禁。禁止。
首から上への張り手は禁止。禁じ手。反則技で負け。
頭突きは禁止。禁じ手。反則技で負け。



まあ、いずれにせよ、後味の悪い時には、朝鮮人や支那人やモンゴル人がいるんですナ。


まあ、俺にはどうでもいいけどナ。



いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
まあ、俺個人は、「白鵬」というよりは、薄汚い「黒鵬」だと思っているがヨ。
名前をそろそろ変えたらどうだい?


おまけ2:
そうだ、立ち会いの「手をついて」というやつだが、一向に手をつかずにフライングしたり、スルー(待った)するやつがいる。

陸上のスタートのように、白線に両手を乗せて1秒後にスタートというようにすべきじゃないの?

陸上のフライング判定のように機械判定にして。フライングは負け。待ったはなし。

そうすべきじゃないの?

行事が両手をつけと言っているのに、片手タッチでスタートしたり手をつく前にすでに右手が張り手に行っている白鵬みたいなインチキ相撲もある。

神儀の国技を称するなら徹底的にフェアにやるべきだ。

というわけで、アマチュア相撲のように両手を白線の上についた状態から、行事のはっけよいの合図でスタートし、フライングは機械判定。これくらい厳しくしないとだめでしょ。

いつも白鵬有利の立ち会いじゃ、モンゴル銀行東京支店ですかっていうことになるよナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-07-13 20:16 | モンゴル・蒙古・相撲

モンゴル人には相撲は無理だ!「モンゴルに帰れ!」:相撲はスモウ=「金儲けのための勝負事」ではない!   

みなさん、こんにちは。

いやはや、昨日の日本モンゴル相撲の琴奨菊vs照ノ富士の一戦。

照ノ富士は土俵前からえらく鬼の形相で相手を睨んでやる気満々の雰囲気を醸し出していたから、これは例の白鵬直伝の「立会のかわり」をするわだろうと見ていると、やはり立会に代わってあっさり琴奨菊をすってんころりん。

モンゴルに帰れ!
大一番で超ブーイング!!/琴奨菊-照ノ富士/2017.3.25kotoshogiku−terunofuji/day14 #sumo
a0348309_1094814.png

変化の照ノ富士に「勝負しろよ」「取り直せ」と怒号

<大相撲春場所>◇14日目◇25日◇エディオンアリーナ大阪

 大関照ノ富士(25=伊勢ケ浜)が優勝争いで単独トップに立った。ただ、大関復帰を目指し真っ向勝負を挑んできた琴奨菊に対し、立ち合いで右に変わっての勝利。館内では「勝負しろよ」「取り直せ」と怒号が飛び、騒然となった。

 照ノ富士が突っかけて待ったとなり、2度目の立ち合いだった。厳しい声を浴びた大関は「その(待ったの)時に何か気持ちが…。一度(変化すると)決めたら迷ったらあかん」と13勝目を解説した。

 千秋楽は手負いの稀勢の里と当たる。勝てば23歳だった2年前の夏場所以来、2度目の優勝が決まる。来場所の綱とりまで見えてくるが、昇進を預かる日本相撲協会審判部の二所ノ関部長(元大関若嶋津)は「規定はそうだが、内容もある」と慎重だった。


毎回、毎回、同じ手に引っかかる。まるで、毎回同じ手口のオレオレ詐欺にかかる痴呆老人さながらの低脳ぶりを発揮した。

一度、琴奨菊と稀勢の里のIQを測定したほうが良いかもナ。

たぶんIQ90以下ではなかろうか?

力士の地位とIQはかなり相関関係がありそうだから、大事なデータになるだろう。

そして入門時にIQ測定を必須として、最低基準を設けるべきである。

さもなくば、昨日の最終戦の稀勢の里vs鶴竜の一戦のように、最初から負けるとわかっている勝負をさもできるかのような振りをしてために、旗が土俵3周もするほどの懸賞金が掛けられたが、数秒で勝負は決まった。

つまり、鶴竜の懸賞金タダ取り。逆に言えば、「懸賞金詐欺」に稀勢の里が協力したのである。

やる気のない稀勢の里、こいつは昔からモンゴル力士の「犬」=「手下」にすぎないから、ていのいい八百長でモンゴル力士に金をプレゼントしたにすぎないのだ。

【日本ニュース】けがの稀勢の里 鶴竜に敗れ2敗に後退(2017/03/25)
a0348309_10215349.png

懸賞金詐欺ですナ!モンゴル銀行が大喜びだヨ。)


大相撲が「モンゴル銀行」に代わって久しい。

いまではどうやらモンゴル銀行そのものから、取り組みに指示が出ているフシがある。

つまり、白鵬がそろそろ引退前になったから、これまでモンゴル人がみんな白鵬およびモンゴル人横綱に簡単に負けるように協力してきたが、その「お約束」が解除され、本来の実力を発揮していいぞという司令が来たようにみえる。

照ノ富士、荒鷲、筆頭に軒並み人が変わったかのように力を入れるようになった。


かつて大相撲に日本人しかいなかった時、同部屋力士は対戦しないから、相手の別の部屋の力士に対しては、星勘定に合わせて、部屋同士、力士同士で星の貸し借りを行った。

これが相撲の「八百長」扱いされて問題になったわけだが、これは人がやるものだからある程度の星の貸し借りはしょうがない。

ところが、日本人は星の貸し借りというものが八百長認定されてしまったから、別の部屋の日本人力士は宿命のライバルとして本気でガチンコ勝負しなくてはならなくなった。

その一方で、外人力士が増えてくると、言葉がわからないことを良いことに、異なる部屋所属の外人同士でも星の貸し借りをやっているわけである。

だから、モンゴル人力士が増えすぎた結果、別の部屋のモンゴル人力士がその同部屋の仲間であるはずの日本人力士を場所前にわざと怪我をさせる。そうやって、他の部屋にいるモンゴル人力士の昇進に協力するわけである。

だから、あれほど弱かった日馬富士、鶴竜ですら、横綱になれた。

敵は別部屋の手下のモンゴル人力士によって事前に場所前に怪我させるわけだから、場所が始まる頃には不調なライバルだけになり、簡単に星を稼げるわけである。

おとといの日馬富士と稀勢の里の一戦でも、普通日本人力士なら土俵を割る寸前の稀勢の里に対してあの体制から下に叩きつけるということはしない。

稀勢の里 対 日馬富士 大相撲13日目 稀勢の里にアクシデントが。。。
a0348309_10243016.png


あえて土俵に叩きつけて怪我させることを目的としたわけだ。

怪我を知った後の日馬富士がさすがにモンゴル人だった。

NHKのインタビュアーの質問にもまったく動じず
「勝負事ですから」
といってむしろ嬉しそうだったからすごい。

これでは日本の神道の神技から来たというようなことは一切言わないほうが良いだろう。

彼らモンゴル人にとって日本の大相撲は「単なる金儲けの勝負事」にすぎないのである。


はっきりいって、そろそろモンゴル人力士、外人力士は入門禁止にすべきであると俺は思う。


別に相撲は支那人や朝鮮人やモンゴル人やロシア人やブルガリア人のためにできたものではない。

単なるスモウレスラーのための金儲けや出世のためのツールにすぎないのであれば、プロレスに入門させるべきである。

こういうのが行き過ぎた結果、昨日の大関復帰をかけた大事な一戦の琴奨菊に対して、金と勝負ごとに眼のくらんだモンゴル人照ノ富士の右に代わってスッテンコロリン戦法が繰り出されるわけである。
照ノ富士 対 琴奨菊 大関復帰に負けられない琴奨菊と2年ぶりの優勝に向けて落とせない照ノ富士の一番。大相撲春場所14日目(2017年3月場所)

手っ取り早く楽に一勝を手にしたほうが得。

ただそれだけのことになる。

照ノ富士には厳重訓戒、イエローカードかレッドカードを掲げるべきだろう。

サッカーでは非紳士的プレーには審判からイエローカードが出される。2枚で退場。累積3枚〜4枚で次試合出場禁止。

もし大相撲が金儲けのためのスモウレスリングであるとすれば、サッカーと同様にイエローカード、レッドカードを導入するべきかもしれないですナ。


鳥取だったか日本海側の高校の相撲部の監督さんヨ、宇良や石浦のような選手ならいいが、照ノ富士だとか、逸ノ城だとか、金のために関取を目指すような貧乏モンゴル人の力士は入門させるなヨ!

排除せよ!

金のために大相撲入り目指す外人の入門お断り

そうするべきである。

その鳥取の高校の相撲部は全国大会出場禁止処分、相撲部監督は資格執行させるべきですナ。まあ、四国高知の白鵬や朝青龍を出した明徳義塾の相撲部にも同じことが言えるがナ。

こんな八百長スモウばかり見せられたんではたまったものではない。


もう一度、大相撲以外の相撲リーグを作ったほうが良いのではなかろうか?

天皇家が多少は相撲に口出しすべきですナ。

卑怯な相撲は見たくないってサ。


外人が増えすぎると国が乱れる。

これが偽ユダヤ人の計略なんだが、偽ユダヤ人はそれぞれの国の中に「治外法権」の自分の国家を持っているわけだ。バチカン市国、ロンドンシティー、ニューヨークのコロンビア特区。ベルギーのブリュッセル、スイスのジュネーブ。

知らぬはゴイムばかりなり。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-03-26 10:29 | モンゴル・蒙古・相撲

ついに相撲界に『天才』登場!:宇良投げ!牛若丸ならぬ「宇良若丸」の登場である!?   

みなさん、こんにちは。

モンゴル相撲というと、朝青龍、白鵬、日馬富士、鶴竜に代表される「暴力相撲」である。

張り手→パンチやウェスタンラリアート
カチアゲ→エルボー
喉輪→チョーク
あたり→頭突き

すべて神事であるべき相撲技がモンゴルレスリングと化した。

白鵬が日本人の記録を全部書き換えてしまったが、横綱が避けるわ、フェイントするわ、卑怯な相撲のオンパレード、このおかげで琴桜も嘆くほどの卑劣極まる大相撲と変わり果てた。

相撲は単に懸賞金を集め、モンゴル銀行に送金する、送金システム、すなわち
モンゴル銀行化
したのである。

そんな中、石浦、宇良という小粒な日本人典型の倭人相撲がいよいよ登場してきた。
宇良投げ
a0348309_108433.png

石浦投げ
a0348309_1013585.jpg


中でも最近出てきた「アクロバティック相撲」の宇良関はなかなか興味深い。

運動神経抜群。体操の床の連続技ができ、レスリングや柔道の技もでき、それでいて相撲もよく知っている。

実に面白い力士が登場したようである。

172cmといえば、私と同じ身長である。

そんなわけで、いくつかYouTube番組をメモしておこう。以下のものである。

2017大相撲春場所 八日目 宇良 対 琴勇輝


2017大相撲初場所 えび反りで大逆転! 宇良 対 豊響


2017大相撲初場所02日目 宇良vs.青狼 解説者・勝負審判泣かせの宇良、なんじゃ!こりゃ!?珍技『首捻り』で、開幕2連勝!


新十両の宇良にインタビュー !空中で一回転!の面白い話が聞けます。平成28年5月13日


【今話題のアクロバティック力士‼】宇良和輝のありえない凄技と得意のありえへんラップを披露‼



いや〜〜、久しぶりに興味深い力士が出てきたようである。

それに応じて、観客が若くなった感じがするが。


頑張れ、宇良関。


頑張れ、日本。

モンゴル出身の関取によって怪我させられないように祈る。

やはり日本人は技を磨かないとナ。


おまけ:
オレ個人の観点から言えば、大相撲が今のような性格のデブの押し相撲に陥った理由は、吉幾三そっくりの元北の富士
a0348309_10164212.jpg
とその解説をもっともらしく吹聴したNHKの責任が大だと思う。自分が大柄で、組み合って回しを取って正攻法で押せばいいという有利な相撲が取れたからというただそれだけの理由でそれ以外の組みてや取りてを邪道だという解説を続けてきた結果が今のようになったのである。相撲には多種多様な技がある。大柄力士には大柄に有利な回しをとる取り組みがあるように、小柄力士には小柄の回しを取らせない取り口もある。それを一律になんでも大柄な横綱の取り口だけが正攻法だという間違った観点を流布したのである。舞の海、石浦、宇良、こういう個性派も推奨しなければ大相撲は退化の一途を遂げてしまうのである。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-03-21 10:07 | モンゴル・蒙古・相撲

白鵬立ち会い変化で36回目優勝:「こんな相撲はもう他所の国でやってくれ」   

みなさん、こんにちは。

白鵬関がついに36回目の優勝を果たしたという。これである。
白鵬36度目V「変化で決まり申し訳ない」一問一答

(相撲協会自体が白鵬と結託しているようだな。どう見ても左へ変わってのはたき込み。これが「突き倒し」だってヨ。どこにも突いていないんだがナ。)

<大相撲春場所>◇千秋楽◇27日◇エディオンアリーナ大阪

 横綱白鵬(31=宮城野)が4場所ぶり36度目の優勝を決めた。横綱日馬富士(31=伊勢ケ浜)との立ち合いで右手をかざしながら左に変化して左で突き、日馬富士はそのまま土俵下へ。突き落としで14勝目を挙げ、1差で追う大関稀勢の里(29=田子ノ浦)を振り切った。父ムンフバト氏が母国で年1度開催されるモンゴル相撲の大会で6度優勝しており、年6場所の大相撲に換算して目標にしてきた36度目Vを達成。優勝インタビューでは、厳しいヤジもあり、温かい拍手もあり、涙を流す場面があった。

a0348309_8333584.png

a0348309_8335450.png

a0348309_834172.png

a0348309_8344062.png

a0348309_8341251.png

a0348309_8341774.png

(あっけなく終わったんじゃなく、そういうシナリオ通りのヤラセだよ。モンゴルマフィアの陰謀ですナ。まあ、日本の相撲も日本人も舐められていんだよ。向こう10年モンゴル人力士は入門禁止あるのみ。
https://www.youtube.com/watch?v=Uz49XLFLrYg

まあ、すべての原因はこいつのせいですナ。キチの里
a0348309_8413120.png
何をトチ狂ったか、こやつの馬鹿な色気のせいだ。モンゴルマフィアにはジャパニーズマフィアで対抗する他はない。にも関わらず、日本人同士で横綱取りを邪魔しあう。この日馬富士のように一生懸命に簡単に負けてやらなきゃ〜〜いかんな。琴奨菊がほんと哀れ。もう二度と横綱はない。琴奨菊の嫁さんに謝っておけ。このキチガイ。


白鵬は優勝しすぎだ。本来なら朝青龍と一騎打ちでやっていたはずだから、せいぜいその半分以下が良い所だっただろう。もう十分だから早く引退して欲しい。他の力士はもうやる気を失っている。

いまの相撲界にあるレベル以上の力士が育たなくなったということである。

それもそのはず、平幕やせいぜい三役の脇役が相撲部屋の親方になっているわけだからだ。

だから、技も身につけたこともなければ、横綱の精神的心理的プレッシャーも感じたことがない、そういうアマチュアのような力士が新弟子に稽古する。そんなものが稽古と言えるだろうか?かなり疑問である。

いわゆる「相撲株制度」というやつで、部屋の株を取得すれば、平幕力士でも相撲部屋を作れるというのが災いしたようである。

さて、私個人のアイデアとして、日本相撲協会はすでにモンゴル相撲協会のようなものである。だから、一番優勝回数の多い力士の国で相撲を開催するようにしたらいいのではなかろうか?

横綱、大関になっても、横っ飛びしたり、頭突したり、急所(=顔面、鼻、口)を殴ったり、これでは相撲ではない。

禁じ手をやっても銭は欲しい。

目の前に貧乏国出身力士とっては大金がある。国の父ちゃん母ちゃんも
「なんであっさりきめんかった」
というに違いない。
立ち会い変わって相手を転がせ。勝負は勝負。


そうすれば、大金が来る。

電話で前日になれば、
立ち会い変化して絶対に賞金ゲットしろ。お願い。そうすれば、いとこの兄さんに新築できる。日本の温かい電動トイレウォッシュレットも欲しい。

いつもこんな会話しているはずだ。

自分が横綱なんて関係ない。すべては母国のため
「銭だ、銭だ。賞金だ〜」
こうなるはずである。

だから、あまりに貧乏国出身者を力士にしてはいけない。相撲は神事である。金儲け、銭儲けではない。

琴櫻、聞いてるか?あんたのせいでもう我が国の相撲はめちゃくちゃだ。


でかいデブのぶつかる、醜い、東洋式おしくらまんじゅうだ。

技もへったくれもない。精神性など見る影もない。

緊張。硬直。自滅。相手に律する動きをしてしまう。

緊張しすぎると相手が見えなくなる。

琴奨菊、KTの里、栃煌山。

毎度のように、白鵬が左手を顔に張れば目をつぶる。相手を見なくなる。

だから、ねこだましまで食らう。

知能指数ゼロ。


二ヶ月おきにこんな日本人の不甲斐ない取り組みをNHKの有料放送で見せられたらたまったものではない。が、海外には無料で四六時中垂れ流す。

狂っている。


というわけで、俺個人の意見としては、甲子園の優勝旗のように、最後に優勝した力士の出身国で、次回の場所を始めるようにすればいいのである。

我が国の力士が優勝できれば、次の場所は我が国の相撲会館で行う。ブルガリアの力士が優勝すれば、ブルガリア場所で始める。モンゴル人が優勝すれば、モンゴル場所で始める。

10年ぶりの日本人力士の優勝となってやっと相撲が我が国に帰ってくる。

どうだい?こんなアイデアは?琴櫻ヨ。

いずれにせよ、外人が多すぎてもはや相撲ではない。

関取なのに、合気道も空手も柔道も学ばない。学ぼうともしない。スマホでゲームするだけ。白鵬のように昔の双葉山のような歴代の横綱のビデオみて研究しない。

立ち会い前のウォーミングアップでルーティーンばかりで、相手を想定した立ち会いの練習をしない。やっているのは白鵬やモンゴル人だけだ。

だから、白鵬の押しに勝てない。

こんな相撲はもう他所の国でやってくれヨ。これが俺の願いである。


おまけ:
「卑怯横綱」「ひきょ鵬」
【動画】白鵬の卑怯相撲に館内大ブーイング、優勝インタビューで涙の謝罪
1_1
(やっぱり元寇モンゴル人には相撲精神は無理だナア。横綱になっても序の口だ。)





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-03-27 19:50 | モンゴル・蒙古・相撲

「大相撲は日本の雛形」:日本人が外人の「尻拭い」をする、1億総活躍社会!?   

みなさん、こんにちは。

我が国は「日本は世界の雛形」と言われたように、我が国の「大相撲は日本の雛形」なのである。

つまり、大相撲に現れた現象はまさにこの日本社会に現れた現象そのものなのである。そういう意味である。

大相撲の世界を見れば分かるように、「プレーヤー」は国際的、各国の(特に貧しい国家の)格闘技界から来ている。すなわち、裏社会やマフィアと関与するスポーツ界からやってくる。

にも関わらず、相撲世界の裏方はほとんど日本人が占める。つまり、相撲の奴隷となっている。

行事、水汲み、会場作り、塩運び、賞金運び、力士の回し回し、風呂整備、風呂番。果ては力士の便所の尻拭き、肛門拭い、尻拭い。

こうしたテレビに見えない一番やりたくない作業や仕事を日本人が安い金で誰も文句言わずに懸命に働いている。本当に頭が下がる。

だから、プレーヤーであるところの外人力士が大金を稼げる。

これぞまざに21世紀型現代社会の縮図である。

民間企業では、非正規社員(日本人)が正規社員(在日外人)のために懸命に働いている。

つまり、偽グローバリゼーションのために、金さえだせばだれでもどこの民族でもどの国の人種でも国内で起業できるために、資本提供するだけで自分は何もせずとも「良いとこ取りできる」。これがタルムートユダヤ人こと、偽ユダヤ人の作ったビジネスモデルである。

一方逆に、国公立組織では正規職員(日本人)が非正規職員(在日外人)のために懸命に働いている。

つまり、公的組織でも外人を入れろというお馬鹿な政治家や官僚のために、ろくに文字も読めず歴史や習慣も知らない外人がたくさん入ったために、そういう連中が起こす大中小さまざまの問題の「尻拭い」を日本人の正規職員だけがさせられている。

おかげで、日本人の正規職員は結婚もできず、家庭も犠牲にしなくてはならないほど忙しくなる。なぜなら、外人非正規や非正規職員はもらう給料分以下の仕事しかせずにさっさと帰ってしまうからだ。

どうやらこれが現実らしい。

「一億総活躍社会」なんていう「絵に描いた餅」を信じる馬鹿は、「韓国が世界のリーダーになった」というに等しいほどにバカバカしい話にすぎない。

ほんの2000万人の外人のために、残る1億人が犠牲になれ。これが安倍政権の中にいる脳天気な政治家や官僚の考えることである。

ましてや、明清党こと民進党などもっとひどい。「1億人は支那の奴隷になれ、韓国の属国になれ」だから、もはや論外である。はやく活動できないようにしないと、無駄に税金が流出するだけだ。

こんなわけで、「大相撲」という体系を維持したいがために、多くの日本人が外人たちの尻拭いをさせられているのと全く同様に、我が国自体もまた「戦後日本」という「平和憲法のある日本」という体系を維持したいがために、多くの日本人が外人(=在日朝鮮人)の尻拭いをさせられているのだ。

どうせ「尻拭い」するなら、こっち
a0348309_9143270.jpg

a0348309_914397.jpg
大相撲 幕内力士のお尻ランキング
よりは、こっち
a0348309_9221270.jpg
a0348309_11195413.jpg
にしたい。
(身体不満足の乙武君の気持ちは解る。)


まさに、「大相撲は日本の雛形」なのだ。俺はそう思う。

まあ、これが戦後レジームというやつなのだろうが、そろそろ抜本的にむしろ革命的に復古しないと、もはや日本は「桜散る」に終わりかねませんナア。



いやはや、世も末ですナ。






e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-03-24 08:28 | モンゴル・蒙古・相撲

ジョーク一発:「キチの里、モンゴル銀行にまたまた協力」この八百長野郎め!   

みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif


「モンゴル銀行」化した大相撲、昨夜のキチの里vs白鵬の一番。やはり俺の予想通りの展開。歴史的八百長疑惑があってあまりにひどすぎるので、一応ここにもメモしておこう。これである。
稀勢の里 対 白鵬  注目の一番


なぜこの一番が八百長かと言えるか?

まあ、広義の定義で言えば、明らかに八百長=やらせ=仕込みということである。

なぜなら、せっかく横綱昇進のチャンス到来の琴奨菊に対しては、突進型の最大の弱点は「注文相撲」であるから、立ち会いに変わって出し投げする、立ち会いの変化を行った。にも関わらず、同じく今度は自分の優勝の最大のチャンスである昨夜の白鵬戦では、立ち会いの変化をしなかったからである。

こうなると、明らかに白鵬を優勝させて、琴奨菊を消せ、というどこぞの指令を受けたと考えられるからだ。たぶん、稀勢の里は裏社会と関与しているんじゃないかいな?そういう疑惑の今場所である。

第二は、琴奨菊戦や他の立ち会いでは、目をパチクリすることをしなかったにもかかわらず、この白鵬ではたった一回それをやった。これだ。
蛇に睨まれたカエル
a0348309_741676.png

ここで白鵬に立ち会い変わらないよと目で合図
a0348309_741466.png

一回目の立ち会い→注文相撲できずふてくされたキチの里
a0348309_7451070.png

敵に背を向け白旗あげて合図→これじゃ勝てないヨ
a0348309_7465842.png

目の合図通り、立ち会いで何もせず自分から負ける
a0348309_749162.png

モンゴル相撲への協力、お勤めご苦労さん
a0348309_7545787.png


いやはや、絶句。

こんなやつを大関にするから相撲が面白くなくなる。


これがモンゴル銀行という意味。
こうやってまた円が海外流出する
a0348309_7564917.png
(白鵬の両手に余る大金だ)



まあ、いずれにせよ、少子高齢化の時代、新弟子検査とか高度成長期型の入門制度では将来偉大な日本人横綱になるような若者は入門しないだろう。プロ野球のように、入団時に「プロ契約」で契約金1億円出すとかそういうことでもしないかぎり、ただのデブの大飯ぐらいしか相撲界には入らんだろうナア。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-03-24 07:59 | モンゴル・蒙古・相撲

「稀勢の里」というよりは「KYの里」か「キチの里」だナ!:日本相撲協会はもう解体しろ!   

みなさん、こんにちは。

お次はこれだ。モンゴル銀行こと大相撲。

何か勘違いした稀勢の里の「注文相撲」。今場所はアンタが主役じゃね〜〜んだヨ。
稀勢の里 対 琴奨菊 日本人横綱目指す 両大関対決


a0348309_14323416.png
a0348309_1434684.png

a0348309_14263933.png
(こういうやつを力士にするとホント困る)


いやはや、どうしてこういうことをやるかね〜〜????

日本人同士で昇進の邪魔しあってどうする稀勢の里!!!

せっかく10年ぶりで日本人横綱挑戦しているのに、なんでこういう注文相撲で邪魔するんだヨ!

知能ゼロかいな?

こういう時は適当に本気みせて負けてやるんだヨ。

モンゴル勢がやっているようにナ。

白鵬対鶴竜なんて、白鵬が優勝しそうな時は鶴竜が自分から土俵割っているじゃね〜〜か。

どうもこの稀勢の里って野郎は、気に入らね〜〜奴だ。

白鵬にはコロコロ負けるのに、わざわざ正々堂々と真っ向勝負を迫っている琴奨菊に対してこういう八百長相撲をやるとは?

まさに

押し稀勢の里

あるいは、

KYの里

あるいは、

キチの里

ですナ。

これで稀勢の里が白鵬や鶴竜や日馬富士とやった時に簡単に負けたら、どうみても売国奴の八百長ってことだろうナア。

出来レースだ。

これじゃあ、いくら日本人力士が頑張ったって邪魔されるんだから10年も優勝できないわけだヨナア。


負けてる相手を後ろから突き飛ばす白鵬がいるわ、足に不安あるから立ち会いで頭突きのパッチギやる日馬富士はいるわ、大関で序の口のような立ち会い逃げる大関がいるわ、ほんと大相撲はキモい。

日本相撲協会はもう解体しろ!

いやはや世も末ですナ。



おまけ:
なあ、俺の言ったとおりだろ!一瞬で稀勢の里が負けただろ。なんで白鵬の時に注文相撲しないで、ころっと自分から下がって負けるんだヨ。この八百長の糞野郎。引退しろ!
(モンゴルの犬、こいつがいる限り、日本人力士は横綱にはなれないナア。親分にあいつを殺せと言われたらその理不尽な親分をやっつけるのではなく手を貸すいじめられっ子のメンタルですナ。)




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-03-24 07:24 | モンゴル・蒙古・相撲

大相撲を神道なんて言うもおこがましい。「モンゴル銀行」で結構だ。   

みなさん、こんにちは。

いやはや、昨日の大相撲、白鵬がまたまたやらかしたナ。これである。

(あ)白鵬の復讐→リベンジ・オブ・白鵬
井筒審判長が救急搬送…白鵬に投げられた嘉風と激突
[2016年3月20日19時45分]



<大相撲春場所>◇8日目◇20日◇エディオンアリーナ大阪

結びの一番を正面土俵下で審判長を務めた井筒審判部副部長(54)が、とんだ災難にあった。

横綱白鵬(30=宮城野)の厳しい土俵際の攻めで、寄り切られた関脇嘉風(34=尾車)がたまらず、井筒審判長を目がけて飛んできた。体をやや右にひねりながら、避けようとした同審判長だが、脚を中心に左半身に148キロの嘉風の体が直撃した。

その場にうずくまり、しばらく動けない。弓取り式を終えても状況は変わらず、車いすが土俵下まで運ばれ、同審判長は乗せられた。そのまま医務室に運ばれ、しばらく様子を見た後、救急車の到着を待って、体育館の駐車場へ。その間「念のために」と病院に救急搬送されることを報道陣に語り、愛弟子の横綱鶴竜(30)には「レントゲンを(撮りに行く)」と告げた。

車いすからストレッチャーに移される際は、体を動かされるため顔をしかめ、痛そうな表情を浮かべたが、最後はカメラマンのフラッシュの放列に、右手を挙げて応えるなど、痛みをこらえながらも気丈に振る舞っていた。大阪警察病院でエックス線など精密検査を受けると思われる。

nikkansports.com
http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1619501.html

a0348309_1054090.jpg
(もう大きく土俵を割って静止した瞬間のダメ押しだったヨ。)


朝青竜にしてもそうだったが、モンゴル、特ア三兄弟の支那、韓国、北朝鮮の連中というのは「恩を仇で売る」のがその遺伝的性質である。だから、いくら横綱になろうがこの気質は変わらない。

というわけで、さんざん白鵬の土俵上の態度にクレームをつけてきた井筒親方(元逆鉾)に対して、すでに土俵を割って負けた嘉風を白鵬が意識的に投げ捨てぶつけたのである。

ざまあみろ!

というところだろう。

その結果、元関脇の逆鉾(さかほこ)である井筒審判長が怪我をして負傷退場と相成った。


いや〜〜、これぞモンゴル人。


この際だから、相撲に対する俺個人の常々思ってきたことをメモしておこう。普通の人とは違っている見方だから、ここから先は普通の人はスルーして欲しい。


(い)モンゴル銀行

まず、最近の大相撲は確実に
「モンゴル銀行」
a0348309_12434757.jpg
と化している。力士のご祝儀や懸賞金はすべて貯金し引退時にゲットできるシステムとなっている。そこで、それまでの10年〜20年の間力士は自分の指定する銀行に貯金するはずだ。モンゴル人ならモンゴル銀行に貯金するだろう。

日本の円からモンゴルの通貨「トゥグルグ」
a0348309_12423879.jpg
(ちなみに、俺の顔はこの通貨の顔とそっくりらしい。耳もそっくりだ。)
に変えるときには、何十倍にもその価値が上がるはずである。
だから、朝青龍はすでにモンゴルの大資本家になっている。

こういう意味では、我が国出身の日本人力士がご祝儀や懸賞金をもらうのと話が違うわけである。

だから、力士への懸賞金はモンゴル人にとっての銀行の役割をする。

かつて旧日本軍が大陸で従軍売春婦(=公娼(こうしょう)=法的に認可された娼婦=売春婦)へ行くことを
「韓国銀行に貯金する」
と言っていたように、経営者は朝鮮人、売春婦は一番多いのが貧しい農村出身の日本人、その次が現地の支那人、一番少なかったのがブサイクな朝鮮人だったと言われている。日本人が一番きれいだったからだ。
(小野田少尉の証言)「私が見た従軍慰安婦の正体」小野田寛郎:娼妓は稼ぎまくっていたようですナ!
朗報拡散:ついにUSAが「従軍慰安婦の捏造(妄想)」を完全証明した!

それと同じで、いまやモンゴル人力士、特に横綱にとっては、大相撲は
「モンゴル銀行へ貯金に行く」
感覚なのだ。これは非常に由々しき事態だと俺は思う。

(う)モンゴル人が多すぎる
すでに大相撲の力士の半分がモンゴル人となっている。

これではアンフェアーである。

相撲は部屋同士の戦いだから、援護射撃をするという意味では、大部屋ほど有利なのだが、それがモンゴル人脈で各部屋にモンゴル人力士が優勢となれば、モンゴル人が上位へ進むのは当然だ。

かつて貴乃花、若乃花兄弟の「若貴フィーバー」が起こった時代、20年前の1990年代、この頃は若貴の親である貴ノ花とその兄である若ノ花がそれぞれ別々に大きな相撲部屋を持っていた。これらの部屋が互いに切磋琢磨して力士が強くなり、さらに同部屋力士同士は戦わないということから、あっという間に若花田、貴花田が上位に進出したのである。

そして、先に弟の貴花田が横綱になった頃、親と叔父の両部屋が合体して大所帯になり、ついに若花田も横綱になった。

このように、部屋中心の対戦の仕組みは大所帯ほど有利になるという大相撲特有の昇進システムを生んだ。

ところが、これに新たにモンゴル人が加わり、どの部屋にもモンゴル人が入り込むと、各部屋の有力そうなそして今後のライバルになりそうな日本人力士を練習中に大怪我をさせるというマフィア的なやり方も可能となったのである。

おそらく、俺の推測では、場所前になると大怪我をして不調になる力士というのは、こういうモンゴル人や外国人力士によるものだろうと見ている。すでに日本人力士はマイノリティーなのだ。

これと同じことは女子サッカーや男子サッカーでも行われてきた。天才の名を欲しいままにした若い京川舞選手がロンドン五輪出場直前に韓国人選手によって大怪我をさせられて、その後無理できずにいつのまにか凡選手になってしまった。
なでしこジャパンの将来有望な京川舞選手が大けが!:戦いはすでに始まっている!?
同じように、天才岩渕真奈も大怪我を直前になると負わされている。

こういう黒マフィア的なことは欧米やアジアでは当たり前のようなものだから、まだ公正の概念や法の前に平等という概念に乏しい第三世界出身のモンゴル人や支那人や朝鮮人のような力士の場合には、すでに場所前に根回して日本人力士つぶしが行われていたとしても何ら不思議はないのである。

この意味でも、モンゴル人力士の数は全体の10%以下にすべきである。害人力士は全体の4割以下にすべきである。

(え)永谷園は追放せよ!
日本の最近の大相撲を非常に悪くしている企業に「永谷園」がある。

会社の金をどんどん力士の懸賞金につぎ込むのは結構だが、斎藤とか、逸ノ城とか、照ノ富士とか、まだ相撲のすの字も理解できていないような入ってばかりの力士をいきなりCMに出して、金の味を覚えさせる。こうして、まだまだこれからの力士を腐敗させてしまうのである。また、序の口に毛が生えた程度のアマチュア力士出身の斎藤などの若い選手に多額の懸賞金をつけて腐敗させる。

最近これが目に余る。
永谷園は日本人の敵である。
a0348309_1241146.jpg

我々日本人のスポーツマン感覚とは相容れない。たぶん、朝鮮人に乗っ取られているはずである。

というわけで、永谷園は大相撲から追放すべきであろう。

だいたい永谷園の製品など不味すぎて日本人には食えない。地元の地産地消の物のほうがよほどうまい。せいぜい味覚音痴の害人が喜ぶ程度だろう。日本文化に成りすまし企業にすぎないと思うゾ。

(お)大相撲はもっと本物の日本人をスカウトせよ!

近年大相撲の力士を見て分かることは、少子高齢化のために、昔なら大相撲にも来たであろう「運動神経の良く頭のいい」千代の富士のような日本人力士がまったくお目にかかれなくなったということである。

要するに、これまでマイナーだった、バスケットボールやバレーボールにも大型で運動神経の良い選手が沢山行くようになった結果、サッカーや野球をするには身体が大きすぎてイマイチと言う選手がバレーやバスケに行けるようになった。さらにはラグビーやアメフトにも行くようになった。

その結果、大相撲に行かなくてすむようになったのである。というより、カスレベルのデブしか相撲には行かなくなったのである。

野球の大谷選手やオコエ選手のようなものが、新弟子検査に入れば、あっという間に横綱だろう。それほどまでに才能のレベルが違いすぎる。

我が国の日本人力士はカスしか行っていないのに、モンゴル人の場合は、かのモンゴル相撲のチャンピオンの息子が来ているわけだ。レスリングで五輪チャンプになっても金にはならんから日本のスモウレスラーになれといって来ているわけだ。白鵬や朝青竜の親や祖父は軒並みモンゴル相撲の有名選手である。

つまり、モンゴルからはオリンピックでレスリングや柔道で優勝できるくらいの才能や運動神経やメンタルを持ったものが大相撲に来ているのに、我が国では、他のトータルスポーツには通用しないカスのただの大飯ぐらいだけが入っているのだ。

知能指数で100以下のバカで大飯ぐらいとモンゴル闘魂界のトップ選手が対戦すれば、モンゴル人が上に行くのは当たり前である。物覚えが違うわけだ。

白鵬は一度教えればすぐに覚えるが、日本人選手は何度教えても覚えない。

これでは勝ち目がない。

(か)琴櫻に責任がある。

実は世界中を巡業してその間に相撲を広める名目で外人力士をスカウトし始めたのは、かつての
琴櫻
a0348309_11502687.jpg
であった。

この部屋が「佐渡ヶ嶽部屋」なのだが、ここがブルガリア人の琴欧州もスカウトした。

結果、どんどん外人、モンゴル人力士が入ってきて現在の形になる。

ウクライナ人、ロシア人、グルジア人、みな元旧ソ連邦の共産主義圏出身である。こうした国々にはこれといった産業もなく貧しいために、五輪選手になっても結局欧米に移民できない限りは金持ちになれない。そこで、我が国にスモウレスラーとして進出してきたのである。

当然、モンゴル銀行同様に裏にはそれぞれの国のマフィアもいるわけだ。

我が国の「神道」の伝統を残す大相撲に他国のヤクザがはびこる格闘技界の選手を入れれば、八百長麻薬ギャンブルの不祥事が出るのは当たり前のことである。

結局、ここ20年の流れでみれば、こういう傾向を助長したという意味では、琴桜の責任は非常に重い。

その結果が、今回の白鵬にあらわれている。

本来なら琴櫻は野球やサッカーやバスケやバスケットやラグビーやアメフトなどの選手を見て回って、その競技をするには肩を壊してピッチャーは無理になったり、その競技には身体が重すぎるというような子供を大相撲にスカウトすべきだったのである。

そういう地道な努力を相撲界が怠った結果が今である。俺はそう思う。

ここ徳島にもアマチュアの中で身長は低いが怪力の持ち主というのはかなりいるのである。200kgを平気で持ち上げる豪腕が何人もいるのである。別に高知出身の
豊ノ島
a0348309_1211620.jpg
だけではない。

(き)親方は最低大関か横綱しかなれないようにすべきだ!

どういうわけか、最近の相撲部屋は誰でもなれるという感じがするが、いかがなものか?

私の知る限り、昔は相撲部屋を運営できるのは横綱だけの特権であり、それ以外はせいぜい「ちゃんこ鍋屋」になれる程度だったはずである。

それが今では、関脇以下でも部屋を開ける。

だいたい関脇や平幕に相撲技の何を教えられるというのか?

ねこだましか、肩透かしか、横っ飛びとか、そんな技くらいだろう。後の先なんていうのは白鵬クラスにならないと教えられない。だから、結局、馬鹿みたいにブクブク太って両手押し位しかできない素人のような力士ばかりになるわけだ。

横綱でもやっと相撲の何たるかがやっとわかりはじめた位のレベルだから、平幕や関脇程度の力士が相撲部屋を開いて「親方」を名乗るというのは我が国の伝統に反すると俺は思う。

だから、冒頭の「関脇」逆鉾でしかなかった井筒審判員長が横綱の朝青竜や白鵬や鶴竜や日馬富士にクレームをつけるということが、モンゴル人横綱の面々の腹を煮えくり返らせるのである。

モンゴル人の横綱からすれば、番付がすべてである。ましてや白鵬は35回優勝の世界記録保持者である。

そんな偉大な歴史的横綱
白鵬
a0348309_12102618.jpg
に対して、関脇ごときが何言ってるんだということになる。俺に文句言うのは、横綱以上だとなるわけだ。当然である。相撲は階級社会である。

これは軍隊でも一般社会でも当然の慣習である。どこの国でもそうだ。

(く)そろそろ白鵬やモンゴル人力士の腕をへし折るような本物の日本人力士を投入せよ!

「どっちが上か下か」でしかものを見ないのが、大陸の人間である。朝鮮人、支那人、満州人、モンゴル人すべてそうだ。

K1の武蔵とか、ボクシングや柔道の無差別級の五輪チャンピオンになった小川選手のような日本人選手を大相撲にスカウトすべきである。歯が折れても足が折れてもなんとも思わないような五郎丸のようなラグビーの選手を大相撲に入れて、多少モンゴル人力士の腕や足を簡単にへし折るような日本人力士を入れるべきである。

だいたい大相撲教会のお偉方が知らなければならないことは、外人力士が日本人に勝つことは「英雄行為」とみなされているということである。反日の韓国、支那、北朝鮮にとって、外人力士が日本人力士を血祭りにすることは、もっとも痛快きわまりないできごとらしい。

だから、平気で顔を殴る反則技を繰り出すのである。昨夜の白鵬の嘉風関殴打張り手はさすがに反則技に近い。ほとんどグーパンチに近い張り手だった。

日本人力士には何をしても構わない
a0348309_16425532.png
これが最近の害人力士の間で流行っている裏言葉だろう。日本人力士には恐怖を植え付ければいい。これだ。

やはりサッカーやラグビーや野球の大型選手を相撲にスカウトして、すこしモンゴル人に焼きを入れなければいけないのではないか?

俺はそう思う。



いやはや、大相撲を神道なんて言うもおこがましいですナ。「モンゴル銀行」で結構だ。


おまけ:
ところで、この人も売国奴だったんちゃうか?
青州市に到着
a0348309_12261650.jpg
(良い年こいてハニートラップか?)

山東省青州市は,魏の皇帝・曹操が制圧した黄巾賊の本拠地だった。
『魏志倭人伝』は,この黄巾賊からの伝聞だ。
その後,青州市は,慕容(ボヨウ)氏が建国した南燕国の首都となった。
慕容(ボヨウ)一族の故地は,遼寧省の朝陽市(柳城)だ。朝陽市(柳城)は,百済の最初の都で、帯方郡の故地。
こう見てくると,青州市が「日本の建国」の秘密に迫る重要な歴史を経てきたことが分かるだろう。
その青州市に,ワシは,いま,ゐる!


おまけ2:
白鵬には5日間の出場禁止処分がいいんじゃなかろうか?
だいだい行事が軍配刺し違えでも3日間出場禁止だから、白鵬にもそのくらいの処分が必要だ。
まさか、何もなしっていうんじゃなかろうな?
駄目押し、白鵬を厳重注意…土俵下の審判長重傷
伊勢ヶ浜審判部長(元横綱旭富士)は打ち出し後、白鵬を審判部に呼び、駄目押し行為を厳重注意した。


 横綱は8日目の嘉風戦で勝負がついた後、相手を土俵下に突き飛ばした。ぶつかった井筒審判長(元関脇逆鉾)は左太ももを骨折し、全治約3か月の重傷。9日目から休場し、審判長の職務は、九州場所担当部長の二所ノ関親方(元大関若嶋津)が代役を務めた。

 審判部は、これまでも師匠を通じて駄目押しなどを注意してきたが、本人に直接注意するのは異例。審判部長は「危険だから、しっかり意識してもらいたい」と話した。横綱は「申し訳ない気持ちでいます」と語った。
逆鉾は白鵬を告訴すべきですナ。命に関わる傷害罪だよこれは。

だいたいこういうことは、自民党政権の安倍首相がどこへ行ってもヘラヘラしているから起こるのだ。一国の首相はヘラヘラするな。こういうことが起こったら則声明を出して、モンゴルにお灸を据えるのが常識だ。北朝鮮のようにマッチポンプで公明党の機嫌とっているからこういうふうに支那やモンゴルや韓国や北朝鮮に舐められんだ。首相失格。まあ、奥さんがあっちの人だからナア。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-03-21 12:27 | モンゴル・蒙古・相撲