人気ブログランキング |

カテゴリ:サッカーU20W杯2019( 10 )   

FIFA女子W杯フランス大会第一ラウンド終了:USAがタイに歴史的大勝!?13-0   

みなさん、こんにちは。

女子サッカーW杯フランス大会の第1戦目。ついに優勝候補筆頭の大本命、パーフェクトUSAが登場。アジアの女子4位のタイに13−0の大勝で出発。タイ女子に屈辱を味わせた。

なでしこジャパンにはこういう冷酷さがないんですナ。

百獣の王ライオンはどんな動物に対しても全力でぶつかる。決して手を抜かない。それが弱き者に対する礼儀である。

とまあ、そういう感じですナ。

弱い相手にへらへらやって手心を加えてというのが、日本の大和撫子の人の良さ。相手に自信を植え付け、未来の最大の敵になる。

かつての旧日本軍や大日本帝国のようなものだ。

朝鮮や志那に対して変な手心を加えた。この結果、いまの日本の苦境がある。

大英帝国や米国はどうか?

徹底的な植民地支配で手心を一切加えなかった。インド支配、志那支配。アジア支配。徹底していた。

それが逆にいまだに尊敬の念を抱かせる。

とまあ、世界の常識は日本の非常識。日本の常識は世界の非常識。

世界は日本とはまったく違うっていうことをそろそろ日本人は肝に銘じよ!


https://www.fifa.com/womensworldcup/
a0348309_1005359.png


グループE

9.【ハイライト】ニュージーランドvsオランダ FIFA 女子 ワールドカップ フランス 2019グループE→1−0でオランダ勝利


New Zealand v Netherlands - FIFA Women’s World Cup France 2019™


10.【ハイライト】カナダvsカメルーン FIFA 女子 ワールドカップ フランス 2019グループE→1−0でカナダ勝利


Canada v Cameroon - FIFA Women’s World Cup France 2019™→1−0でカナダ勝利



グループF

11.予測では3−0でUSA勝利だったが。
アメリカ対タイ| FIFA女子ワールドカップ2019 | FIFA グループFの予測FIFA 19→3−0でUSA勝利


実際は13−0でUSAの勝利。
【ハイライト】アメリカvsタイ FIFA 女子 ワールドカップ フランス 2019グループF→13−0でUSA勝利


USA v Thailand - FIFA Women’s World Cup France 2019™


12.【ハイライト】チリvsスウェーデン FIFA 女子 ワールドカップ フランス 2019グループF→2−0でスウェーデン勝利



アメリカはドイツで日本と決勝で負けた時のメンバーと、カナダで日本に勝った時のメンバーがほとんど残っている。

左サイドの俊足ラピノー、前線のモーガン。

優勝候補筆頭まちがいなし。

体の大きさ、強さ、うまさ、あらゆる面でなでしこの優勝はない感じですナ。

これにダークホースのスウェーデン、優勝候補のドイツ、ホームに強いフランス。

下手をすれば、日本は予選リーグ敗退かもしれませんゾ!

そうなると、高倉監督は首。また佐々木則夫監督になるかもナ。


それにしても、勝つと思うな、思えば負けよ、っていう勝負の鉄則。どうも日本人にはこの鉄則が似合う。

勝ったと思うと、ふざけるんだナ。手を抜いちゃんうだヨ。あるいは、弱い相手に勝ってもしょうがないと思い込む。日本人の場合は。

逆に、相手が弱いと、自分が得点王になる最大のチャンスだと肯定的に捉える。それが白人。やる気が失せたタイに対しても全然手を抜かなかった。白人恐るべし。



頑張れ、なでしこジャパン!



e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-06-12 10:06 | サッカーU20W杯2019

サッカーU20W杯ポーランド大会準決勝:日本に勝ったコリアまさかの決勝進出!   

みなさん、こんにちは。

女子のW杯はなでしこJAPANがグループ最弱のアルゼンチンとまさかの引き分けだったが、早々に敗退したU20日本代表のU20W杯の方は、韓国がまさかの決勝進出となってしまった。

やはり、PK獲得にせよ、公式スポンサーにヒュンダイ(現代自動車)が入っていることが決め手のようだ。

韓国の笛

である。

勝てば官軍。

この点、日本のスポンサーは国際社会では、まったくでしゃばらず。国内大会ばかりでしゃばってくるという、内弁慶のところがある。

もしこの大会に昨夜のエルサルバドル戦で初デビューした久保健英選手を当初の予定通りに出していれば、おそらく韓国との一戦では楽に勝利したはずである。

世界ランク93位とか71位とかの相手とお遊びみたいな試合をしようが、キリンとアディダスなどの創価学会(北朝鮮系)と統一教会(安倍の清和会とパチンコの南朝鮮系)のための消化試合でしかない。

そんなものに久保選手の一生が台無しにされてしまったわけである。

エルサルバドル戦は得点しようがしまいが、FIFAの公式戦ではない。

若者のための登竜門である、そして実質上サッカー選手として最も素早く動ける時期のU20で活躍しなくてどうする?

久保健英選手もこっちに出たいと主張すべきだったよナ。

とにかく、この大会こそが売り手市場。ここで名前を残せば、即欧州入りできたはずなのだ。

今のままでは、キリンの思惑通り、そしてキリンの意向通りに動く日本サッカー協会と日本代表の森保監督のために、柴崎岳のようにどうでもいいような貧乏クラブへの移籍すら強要されそうだ。

本来は、久保健英選手は、U20W杯に出て、ベスト4以上を狙い、その実績で欧州のバルサへ戻るべきだったのである。

まあ、朝鮮資本の支配下に入ったキリンとアディダス日本のせいで、そういう日本人の理想は台無しにされたわけだ。

逆に、最弱と言われた韓国がヒュンダイの金と政治力で決勝まできてしてしまったわけだ。キリンコリアは大喜びのはず。


FIFA U-20 World Cup 2019 in Polish

a0348309_750262.png


49.MATCH HIGHLIGHTS - Ukraine v Italy - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→1−0でウクライナ勝利

a0348309_759249.png
a0348309_759075.png


50.MATCH HIGHLIGHTS - Ecuador v Korea Republic - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→1−0でコリア共和国勝利

a0348309_8027.png
a0348309_755882.png


まあ、昨夜の女子バレーもそうだったが、最近の選手にはいわゆるガッツがない。気合が入っていない。なにかのほほんと試合を楽しみたいとか言っているわけですナ。

長谷川唯もそうだった。試合前に観客をわかせたいと言っていた。しかし実際の試合では、スーパープレーもできず、ミスショットで得点も入らずまったくわかせられなかった。

なにかが間違っているんちゃうか?

いわゆる、ゆとり世代

この悪弊がスポーツにも出ている観がありますナ。


他の国々の選手たちは、家族を食わすためにしにものぐるいでやっている。

貧しさから脱出するために仕事でやっているわけだ。趣味ではやっているわけじゃない。

これが、いわゆるハングリー精神というやつだ。

フィギュアの羽生結弦選手がなぜ強いか?

彼は311の生き残りである。あの大津波大地震で命からがら生き残った。

言い換えれば、幾多の同級生の死や家族の死に面してきた。

だから、強いのである。


一般に、日本人は家族が死んだりすると強くなる。父の死、母の死。こういう経験をした選手が大試合で活躍することが多い。

こういうメンタルトレーニングの問題がどうやらいまの若者には必要かもしれない。


男子サッカーもそうだ。

PK1本外した結果、未来のタイムラインは180度ずれてしまったわけだ。

イタリア戦、エクアドル戦のあのラッキーなPK。それを外した。

その結果、今がある。


頑張れ日本!





e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-06-12 08:31 | サッカーU20W杯2019

サッカーU20W杯ポーランド大会ベスト4決まる:日本に勝ったコリアまさかの準決勝進出!キリン大喜び!?   

みなさん、こんにちは。

女子のW杯も開幕しもうすぐなでしこJAPANの出番だが、早々に敗退した日本U20代表のU20W杯の方は、ようやくベスト4が決まった。PK戦も多かったが、韓国がまさかのベスト4入りとなってしまった。

やはり、PK獲得にせよ、公式スポンサーにヒュンダイ(現代自動車)が入っていることが決め手のようだ。

韓国の笛

である。

この点、日本のスポンサーは国際社会では、まったくでしゃばらず。国内大会ばかりでしゃばってくるという、内弁慶のところがある。

もしこの大会に昨夜のエルサルバドル戦で初デビューした久保健英選手を当初の予定通りに出していれば、おそらく韓国との一戦では楽に勝利したはずである。

世界ランク93位とか71位とかの相手とお遊びみたいな試合をしようが、キリンとアディダスなどの創価学会(北朝鮮系)と統一教会(安倍の清和会とパチンコの南朝鮮系)のための消化試合でしかない。

そんなものに久保選手の一生が台無しにされてしまったわけである。

エルサルバドル戦は得点しようがしまいが、FIFAの公式戦ではない。

若者のための登竜門である、そして実質上サッカー選手として最も素早く動ける時期のU20で活躍しなくてどうする?

久保健英選手もこっちに出たいと主張すべきだったよナ。

とにかく、この大会こそが売り手市場。ここで名前を残せば、即欧州入りできたはずなのだ。

今のままでは、キリンの思惑通り、そしてキリンの意向通りに動く日本サッカー協会と日本代表の森保監督のために、柴崎岳のようにどうでもいいような貧乏クラブへの移籍すら強要されそうだ。

本来は、久保健英選手は、U20W杯に出て、ベスト4以上を狙い、その実績で欧州のバルサへ戻るべきだったのである。

まあ、朝鮮資本の支配下に入ったキリンとアディダス日本のせいで、そういう日本人の理想は台無しにされたわけだ。

逆に、最弱と言われた韓国がヒュンダイの金と政治力でベスト4入りしてしまったわけだ。キリンは大喜びのはず。


FIFA U-20 World Cup 2019 in Polish

a0348309_8212913.png


45.MATCH HIGHLIGHTS - Colombia v Ukraine - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→1−0でウクライナ勝利
a0348309_8274227.png


46.MATCH HIGHLIGHTS - Italy v Mali - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→PK戦4−2でイタリア勝利
a0348309_8313915.png


47.MATCH HIGHLIGHTS - USA v Ecuador - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→2−1でエクアドル勝利
a0348309_837423.png


48.MATCH HIGHLIGHTS - Korea Republic v Senegal - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→3−3でPK戦でコリア共和国勝利
a0348309_852955.png



初戦で日本と戦った優勝候補の呼び声高かったエクアドルはやはり強かった。

しかしこれを忘れてはいけない。

a0348309_8444524.png


つまり、日本がいたグループBは「死のグループ」であり、上位3チームのうち、2つが準決勝に残った。

ベスト16で日本に辛勝したコリア共和国も準決勝に残った。

だから、日本の選手がPK外しさえしなければ、ベスト4に来れたわけだ。

日本はイタリアとエクアドルと引き分けだった。

もしこのチームに久保健英がいたら?

たぶん圧倒的な勢いでベスト4まで来たはずだ。あるいは、優勝もできたかも知れない。

森保監督が余計なことさえしなければ!!!

キリンと日本サッカー協会のクソ野郎共!

切腹せよ!


ほんとクズですナ!


キリンが公式スオンサーであり続ける限り、こんなことが日常茶飯事、永遠に繰り返されるのだ!

この国民あってのこの自公政権あり。

と同じように、

このサポーターあってのこの日本代表あり。

このスポンサーあってのこの日本代表あり。

というわけですナ。



いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-06-10 08:53 | サッカーU20W杯2019

サッカーU20W杯ポーランド大会ベスト8決まる:フランスまさかの敗退、日本やっぱりコリアに負けた!?   

みなさん、こんにちは。

FIFA U20 W杯もベスト16が終了し、ベスト8が決まったようだ。日本は予想通り韓国との後味の悪い試合でここで終了。

サッカーU20W杯ポーランド大会ベスト16始まる:コロンビアがNZ、伊がポーランド粉砕し準々決勝へ!


また後味の悪い、負傷者だらけ。負けたら、韓国国旗振り回し、猿真似ポーズとか、確実に日本を侮辱するだろうナア。

乱闘は確実だろう。


いつも言ってきたように、いまのJユースあがりの選手をベースにした場合、彼らは試合慣れ、負け慣れしすぎていて、勝者のメンタルが育だっていないため、試合の展開の流れの中で、ここぞの頑張りというものが出ないのである。簡単に負けを受け入れてしまう。

というのも、次がある。まだ先がある。こう思ってしまうからだ。

しかし、現実は、

チャンスは一度

なのだ!

これをどう教育するか?これが今後の我が国のサッカーの決めて、最重要課題になるだろう。

サッカーは野球に比べて裾野が広い、門戸が広い。だから、チャンスが大きく開かれているかのようにみえる。しかし現実にはサッカーも野球同様に一握りの才能のためのものである。


https://www.jfa.jp/national_team/u20_2019/u20_worldcup2019/schedule_result/

FIFA U-20 World Cup 2019 in Polish

a0348309_7471093.png
a0348309_7471316.png


39.MATCH HIGHLIGHTS - Ukraine v Panama - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→4−1でウクライナ勝利
a0348309_863876.png


40.MATCH HIGHLIGHTS - Argentina v Mali - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→PK戦5−4でマリ勝利
a0348309_843745.png


41.MATCH HIGHLIGHTS - Uruguay v Ecuador - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→3−1でエクアドル勝利
a0348309_853994.png


42.MATCH HIGHLIGHTS - Senegal v Nigeria - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→2−1でセネガル勝利
a0348309_823399.png


43.MATCH HIGHLIGHTS - France v USA - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→3−2でUSA勝利
a0348309_895282.png


44.MATCH HIGHLIGHTS - Japan v Korea Republic - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→1−0でコリア共和国勝利
a0348309_8141917.png


南米対決はウルグアイをエクアドルが勝利。
やはりエクアドルは優勝候補だった。日本はそこに引き分けたわけだ。その経験が生きなかった。

優勝候補のフランスにUSAがまさかの勝利。ソトという選手が実に良い。

アフリカ対決はセネガルがナイジェリアを一蹴。どっちも速い。

そして、極東対決は、韓国が勝負強さを見せた。

シュートは日本の方が多かったが、やはりオフサイドトラップ破り、攻撃と守備の切り替えの速さ。だらだらと上がり、だらだらと下がるという、基礎体力の不備が露呈したようだ。

Jユースのこの代表では、青森山田の1年生のクリア基準1500m4分45秒以内もクリアできていないのではないか?

やはり国際大会は高校サッカー部の選手を中心に組むべきだ。Jユースの子たちはパパママの送り迎えで過ごしてきた「あまちゃん」である。そんな子たちにここぞの一発逆転の頑張りを期待しても無理だ。

見た目でも大人の大会に少年チームが混じっている感じだったヨ。そうでなくても、アフリカ人は成長が数年速い。アフリカ人や西洋人はもうトップチームでも十分通用する。ちなみに、コリア人も日本人より3年早く成長する。


どうしてもコリアに勝てなないが、これこそ、これで良いんだという、キリンビールの願いだったに違いない。

だから、キリンジャパンなんですナ。

というのも、当初の予定では、このチームに久保健英選手が加わる予定だったが、大会直前に南米の親善試合に回されてしまったわけだ。コリア押しのキリンビールとしては、日本がコリアより上に行ってほしくはなかった。それで、久保がいればベスト4まで行けた日本代表が、コリアにあえなく負けたというわけだ。

これがキリン仕込みですナ。

キリン、アディダス、ナビスコ等の創価、統一協会系が公式スポンサーである限り、こういうことが永遠に繰り替えされるのだ。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-06-05 08:24 | サッカーU20W杯2019

サッカーU20W杯ポーランド大会ベスト16始まる:コロンビアがNZ、伊がポーランド粉砕し準々決勝へ!   

みなさん、こんにちは。

さて、今日は高校総体サッカーの県予選、徳島市立vs徳島北の試合を徳島市営球技場まで見に行ってきた。昨年から市内の田宮グラウンドが修復工事で、どうやら今も改修工事の真っ最中だとか。それゆえ、いつも年末の高校サッカー選手権の会場になる市営球技場で行われたらしい。

a0348309_1857859.jpg

結果は

徳島市立3(2−2, 1−0)2徳島

昨年に続き、市立が優勝。

ちなみに、女子は

11(7ー0, 4ー0)0徳島商

見た感じもかなり実力に差があったネ。来年に期待。チアでは勝ったが。


ところで、FIFA U20W杯もいよいよ決勝トーナメントのベスト16が始まった。これに勝てばベスト8である。

37.MATCH HIGHLIGHTS - Italy v Poland - FIFA U-20 World Cup Poland 2019 - Match 37→1−0でイタリア勝利


38.MATCH HIGHLIGHTS - Colombia v New Zealand - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→1−1PK4-3でコロンビア勝利


a0348309_1837536.png


このニュージーランドは強かった。しかし、PK戦でちびったようだ。
a0348309_1834218.png


ニュージーランドの若手育成がかつてのオーストラリアのようにうまく行っているということだろう。今後侮れない国になりそうだ。

一方、地元ホームのポーランドは再三再四得点のチャンスがあったが、ロシアW杯のレバンドロスキーのように、外しまくった。勝てた試合を落としてしまった。
a0348309_1828451.png


不思議と白いユニフォームが負けるんだよナ。



明日3試合。明後日も3試合。日本は明後日に韓国との因縁の対決。

また後味の悪い、負傷者だらけ。負けたら、韓国国旗振り回し、猿真似ポーズとか、確実に日本を侮辱するだろうナア。

乱闘は確実だろう。

心して行け、U20日本代表。



頑張れ日本!




e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-06-03 18:40 | サッカーU20W杯2019

サッカーU20W杯ポーランド大会ラウンド3続き:韓国は2勝1敗で日本と対戦!日本の暗雲!?   

みなさん、こんにちは。

昨日の第三試合の続き。

https://www.jfa.jp/national_team/u20_2019/u20_worldcup2019/schedule_result/

FIFA U-20 World Cup 2019 in Polish
a0348309_16125116.png



グループE

33.MATCH HIGHLIGHTS - Mali v France - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→3−2でフランス勝利


34.MATCH HIGHLIGHTS - Saudi Arabia v Panama - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→2−1でパナマ勝利



グループF

35.MATCH HIGHLIGHTS - Korea Republic v Argentina - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→2−1で韓国勝利


36.MATCH HIGHLIGHTS - South Africa v Portugal - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→1−1で引き分け


a0348309_1552305.png


優勝候補アルゼンチンに韓国がまさかの勝利。日本の対戦相手になってしまった。

クリロナ母国のポルトガルはまさかの予選敗退。
a0348309_1641353.png
サッカー選手に次はない!日本人選手はこの姿を見よ!

地元ポーランドがイタリアと対戦。



日本は、ベスト16で韓国との因縁の対決。宿命の一戦。また後味の悪い試合になりそうですナ。

どうも日本には疫病神がいるのかネ?

所詮のエクアドル戦でPKを決めてれば楽に1位通過できたものを。イージーなミスで引き分けにした。

こういう安易な感覚がJユース出身者の感覚なんだナア。試合慣れしすぎているんですナ。

まあ、韓国に勝つしかないが、この大会の公式スポンサーにヒュンダイが入っていることを

忘れるな!


韓国は審判買収もいとわない奴らだ。

正々堂々と蹴散らすほかはない。お仕置きよ〜〜!やっつけろ!




頑張れ日本!




e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-06-01 16:05 | サッカーU20W杯2019

サッカーU20W杯ポーランド大会ラウンド3:日本は伊と分け決勝T進出! 嫌な予感韓国とやりそう!?   

みなさん、こんにちは。

U20W杯ポーランド大会は第三試合に入った。

FIFA U-20 World Cup 2019 in Polish
a0348309_971561.png


グループA

25.MATCH HIGHLIGHTS - Senegal v Poland - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→0−0で引き分け


26.MATCH HIGHLIGHTS - Colombia v Tahiti - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→6−0でコロンビア勝利



グループB

27.MATCH HIGHLIGHTS - Ecuador v Mexico - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→1−0でエクアドル勝利


28.MATCH HIGHLIGHTS - Italy v Japan - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→0−0で引き分け



グループC

29.MATCH HIGHLIGHTS - New Zealand v Uruguay - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→2−0でウルグアイ勝利
New Zealand 0 vs 2 Uruguay u20 All Goals And full Highlights resumen y goles


30.MATCH HIGHLIGHTS - Norway v Honduras - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→12-0でノルウェー勝利



グループD

31.MATCH HIGHLIGHTS - Nigeria v Ukraine - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→1−1で引き分け


32.MATCH HIGHLIGHTS - USA v Qatar - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→1−0でUSA勝利





優勝候補ウルグアイは着実に勝利。

ベスト16には各グループの上位2チームの12に加えて、3位でも勝ち点で上位4チームが出られるようだ。だから、ノルウェーは3位抜けになるかもしれない。

このノルウェーの“オランダ人”を意味するホーランドは、12−0勝利のうち一人で9得点の新記録達成。完全に大会得点王は間違いないだろう。一方のホンジュラスはまったくやる気なし。なんかこのあたりの高校サッカーの県予選一回戦を見ている感じだった。

日本は2位抜けしたから、Fグループの2位と当たる。雰囲気的には、韓国が来そうだナア。

やはり1位になっておくべきだった。あるいは、3位でも良かったかもしれないネ。しかし日本の得点力では3位抜けは難しかっただろう。

このあたりが、どうなることか?

今日の試合で相手が決まる。

くわばら、くわばら。韓国だけは避けたい。

韓国は他には負けても日本にだけは勝ちたいという特殊人種だからヨ。



頑張れ日本!




e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-05-31 09:55 | サッカーU20W杯2019

サッカーU20W杯ポーランド大会ラウンド2続き:韓国は1勝1敗!サウジは敗退!   

みなさん、こんにちは。

昨日の第二試合の続き。

FIFA U-20 World Cup 2019 in Polish
a0348309_823342.png


グループE

21.MATCH HIGHLIGHTS - Panama v France - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→2−0でフランス勝利


22.MATCH HIGHLIGHTS - Saudi Arabia v Mali - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→4−3でマリ勝利


グループF

23.MATCH HIGHLIGHTS - Portugal v Argentina - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→2−0でアルゼンチン勝利


24.MATCH HIGHLIGHTS - South Africa v Korea Republic - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→1−0で韓国勝利



優勝候補フランスとアルゼンチンは着実に勝利。

韓国は首の皮一枚つながった。サウジは勝てた試合を落としたようだ。


日本は、優勝候補のイタリアと第三戦目。


頑張れ日本!




e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-05-29 08:07 | サッカーU20W杯2019

サッカーU20W杯ポーランド大会ラウンド2:日本はメキシコに快勝で1勝1引!次は強豪イタリア戦!   

みなさん、こんにちは。

2019U20W杯ポーランド大会は、予選リーグの第二戦がほぼ終了。


FIFA U-20 World Cup 2019 in Polish
a0348309_15405118.png


グループA

13.MATCH HIGHLIGHTS - Poland v Tahiti - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→5−0でポーランド勝利


14.MATCH HIGHLIGHTS - Senegal v Colombia - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→2−0でセネガル勝利



グループB

15.MATCH HIGHLIGHTS - Ecuador v Italy - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→1−0でイタリア勝利


16.MATCH HIGHLIGHTS - Mexico v Japan - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→3−0で日本勝利



グループC

17.MATCH HIGHLIGHTS - Honduras v Uruguay - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→2−0でウルグアイ勝利


18.MATCH HIGHLIGHTS - Norway v New Zealand - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→2-0でNZ勝利



グループD

19.MATCH HIGHLIGHTS - Qatar v Ukraine - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→1−0でウクライナ勝利


20.MATCH HIGHLIGHTS - USA v Nigeria - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→2−0でUSA勝利


グループE


グループF




それにしても、ニュージーランドは強いナア。


次は強豪イタリア。これに負けれると、ほぼ決勝トーナメントは絶望だろう。



頑張れ日本!





いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-05-28 16:13 | サッカーU20W杯2019

サッカーU20W杯ポーランド大会開幕!:日本は引き分けスタート!早く久保健英参戦してチョ!?   

REPLAY - FIFA U-20 World Cup Poland 2019 - Draw Ceremony


みなさん、こんにちは。

久しぶりにサッカーのことをメモしておこう。令和初のサッカーメモである。

さて、どうも我が国の日本サッカー協会は何かがおかしい。前よりはましになったかも知れないが、やはり何かが間違っている。

まあ、思わせぶりに書く必要はない。その理由は、「キリンジャパン」問題ということだ。

つまり、日本サッカー協会の公式スポンサーが一貫して固定。キリンとアディダスである。

したがって、長年のうちにそこには立件民主党等の言葉で言えば、サッカー協会側からスポンサー企業への「忖度」ができる。また、持ちつ持たれつの関係というものが構成されただろうということになる。

こうして、25年経つと、サッカー選手はスポンサー企業への一種の「貢物」のような感じになる。

国内の有望株は海外組に招聘され、海外組になると、日本代表入りとなり、日本代表になると大手メーカーのためのCM俳優入りになる。

国内有望選手→海外移籍→海外組→日本代表→大手CM出演

とまあ、こういう「持ちつ持たれつ」の関係ができる。

これは海外選手でも同じことだが、我が国のサッカーの伝統とは相容れない。侍は人々の守護のために命をかけたわけだから、一部の金持ちだけのために自分の命を差し出すことはない。

侍ジャパンとか侍ブルーとか侍を名乗るのであれば、有名スポンサーであろうが、筋が合わなければ、それに背く気構えが大事である。

さて、すでにこういうスポンサー企業とサッカー協会の持ちつ持たれつの関係ができて久しいから、最近現れた天才選手に対して、初の取り組みになるが、はっきり言って彼らはどう扱ったらよいかわかっていないらしい。

それで、久保健英選手あ使い方に関しては、右往左往している按配に見える。

日本A代表に入れるなら、もっと前のロシアW杯のときにすればよかったものを、その時はスルーし、いまJリーグ首位になった今年になって南米選手権に入れる選択をした。

CONMEBOLコパアメリカブラジル2019

しかし、どうやらこのコパアメリカは北中南米の大会で、FIFAの公式のものではないらしい。つまり、公式戦ではなく、あくまで親善試合にすぎない。だから、公式記録に残らない

そこへちょうどFIFAのU20W杯が重なった。こっちは公式の世界大会である。だから、すべて公式記録に残る。だから、本来は、そして久保選手自身も、こっちの大会に出る予定にしていたわけだ。


FIFA U-20 World Cup Poland 2019



ところが、この大会直前になってコパカップのためにA代表招集されてしまったわけだ。

これを私は久保の悪運と感じたわけですナ。代々、久保という名字のサッカー選手は、悲運になく選手が多い。久保健英選手には輝かしい栄光の人生を歩んでほしい。

だから、天才はスポンサー企業のCM作り、営業というような目先のために早く結果を出すのではなく、日本がW杯初制覇という偉業を達成するためにじっくり時間を掛けて成長していってほしいわけだ。

逆に、朝鮮資本に乗っ取られた経団連および日本の大企業は、日本に偉業を達成されたくない。だから、天才潰しをこれまでことごとく行ってきたわけだ。

かつて釜本邦成選手が当時世界トップレベルだったイタリアセリエAのアジア初のプロサッカー選手になれるという時に、釜本選手は急性肝炎でイタリアセリエA入りできないままサッカー人生を終えた。今思えば、これも我が国にいた韓国系の組織に狙われたとしか思えないわけである。

だから、久保健英選手が将来的に日本代表の中心メンバーとなって、W杯初制覇するためには、天才であるがゆえに、じっくり鍛え上げなければならない。だから、私はまずは不屈の精神性や勝者のメンタリティーを育てるには、柴崎岳選手が出たような青森山田のような高校サッカーのユニークなトレーニング法で有名な高校サッカー部へ進学させ、そこでじっくり時間を掛けて体質改善や基礎体力をつけるべきだと考えた。だから、ここでは高校進学時から、都内の高校でへ進学しFC東京のユースではなく、青森山田への進学を勧めたわけだ。

伸び悩む久保健英選手!:俺「青森山田に転校しなさい!」ここからは肉体改造あるのみ!


青森山田には、卓球の福原愛選手とか、他のスポーツのトップも多い。だから、クラスメートからいい意味のメンタルの刺激を受けられるわけだ。
A Happy New Year Aomori Yamada!:「青森山田サッカー部の秘密!」「地獄のトレーニングとは?」

ところで、高校サッカーの場合、たぶん高校野球などもそうだが、教育の一環として行っているため、名物監督が一世風靡するときしか良い指導を受けられない。人は年を取り、体が動かなくなるから、名物監督の体が健康で動く時期しか指導を受けられないのである。特にサッカーは走る距離が長いから、野球やバスケなどと違って、指導が難しいスポーツなのである。

いまは青森山田の監督の円熟期。それにあわせてそこへいけば良かったのである。かつては、東京の帝京高校や長崎の国見高校、福岡の東福岡や石川の星稜高校。こうした高校サッカー部の名門から、後の日本代表の核となる選手が出てきた。

精神的核に育つには、やはり部員数の多い、基礎練習の厳しい高校サッカーの方が、良いのである。

最近のデータサッカーの面から言っても、あらゆる面でユースから来た選手より、高校サッカーから来た選手のほうがサッカー選手としての基礎体力があり、長持ちする。精神的な強さもある。

ところが、久保健英選手はこれまでことごとく、私が思ういい方向の道とは反対側の道を選んできた。ここに何かあるのかな?


いやはや、大分前置きが長くなってしまったが、世界サッカーへの登竜門であるU20W杯ポーランド大会はすでに始まり、一次予選リーグの熱戦が行われている。これをメモしておこう。以下のものである。

FIFA U-20 World Cup 2019 in Polish

a0348309_10555031.png


グループA

1.MATCH HIGHLIGHTS - Poland v Colombia - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→2−0でコロンビア勝利


2.MATCH HIGHLIGHTS - Tahiti v Senegal - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→3−0でセネガル勝利


グループB

3.MATCH HIGHLIGHTS - Mexico v Italy - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→2−1でイタリア勝利


4.MATCH HIGHLIGHTS - Japan v Ecuador - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→1−1で引き分け


グループC

5.MATCH HIGHLIGHTS - Honduras v New Zealand - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→5−0でNZ勝利


6.MATCH HIGHLIGHTS - URUGUAY v NORWAY - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→3-1でウルグアイ勝利


グループD

7.MATCH HIGHLIGHTS - Qatar v Nigeria - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→3−0でナイジェリア勝利


8.MATCH HIGHLIGHTS - Ukraine v USA - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→2−1でウクライナ勝利


グループE

9.MATCH HIGHLIGHTS - France v Saudi Arabia - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→2−0でフランス勝利


10.MATCH HIGHLIGHTS - Panama v Mali - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→1-1で引き分け



グループF

11.MATCH HIGHLIGHTS - Argentina v South Africa - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→5-2でアルゼンチン勝利


12.MATCH HIGHLIGHTS - Portugal v Korea Republic - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→1-0でポルトガル勝利



ポーランド!

確率論の専門家からすれば、ポーランドといえば「ポーランド空間」を思い出すだろう。

左翼界隈からすれば、ワレサ委員長。

映画人なら、「鉄の男」。

ポーランドと言えば、親日国。我が国の「Youは何しにニッポンへ」でも大半の白人がポーランド人。それほど異常に日本が好きな民族であるようだ。日本ストーカー民族と言えるほどだ。

そんなポーランドでサッカー大会があるわけだ。どうして我が国の天才久保を出さなかったのか?

ほんと久保健英選手には運が無いナ。彼をそういう悪運、悲運の星の選手にしてはならない!


意外だったのは、ニュージーランドとアルゼンチンの強さだナ。ニュージーランドは台風の目になりそうな感じ。


日本は次の試合に負けたらもうほぼ予選敗退である。

頑張れ日本!

今からでも遅くない?久保健英招集すべきだナア。もう遅いか。

どうも日本サッカー協会は物事の優先順位を正しく見つけられないらしい。



いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-05-26 11:44 | サッカーU20W杯2019