カテゴリ:阿南&徳島( 13 )   

「いま阿南が熱い!」:蘇る真の古事記の地→阿波古事記の真実がいま蘇りつつある!?   

みなさん、こんにちは。

さて、大麻(おおあさ)と大麻(たいま=体魔)の違いがわかったところで、やっと徳島には「大麻比古神社(ooasahikojinja=おおあさひこじんじゃ)」
a0348309_1381935.jpg

というような神社があり、天皇家の新天皇誕生時に「大嘗祭」が徳島から大麻(おおあさ)を献上することで始まるという意味が理解できる。
『大嘗祭と麁服調進』阿波御殿人 (みあらかんど)三木信夫氏


それにしても、日本政府や日本の警察が麻薬の「体魔」を「大麻」と書く習慣からえらく徳島は風評被害を受けているわけですナ。天皇家からクレームがでないのだろうか?

そんなわけで、せっかく、ここ徳島および阿南が真の天孫降臨の場所、すなわち、高天原、天照大神の誕生の地であるという真の歴史、阿波古事記の話をメモする時が来た。


(あ)「日本の建国と阿波忌部」

まずはこれから。

「日本の建国と阿波忌部」 出版記念講演全編 2007.06.10


(い)阿波古代史プロジェクト

次は地元のケーブルテレビの歴史番組から。

第一回 阿波古代史プロジェクト「高天原から伊耶那美眠る高越山」~東阿波ケーブルテレビ局制作番組



第二回阿波古代史プロジェクト~ 天照大神生まれし阿波の橘


第三回 阿波古代史プロジェクト「天岩戸は神山で開いた」~阿波に広がる古事記の世界~

第四回 阿波古代史プロジェクト「八岐大蛇は高志のオロチ」 ~阿波に広がる古事記の世界~

第五回阿波古代史プロジェクト 「蒲生田の素兎と大国主」 ~阿波に広がる古事記の世界~

第六回 阿波古代史プロジェクト「天孫降臨 高千穂峰は気延山」~ 阿波古代史プロジェクト


(う)天照大御神は阿波の阿南市で生まれた

次は地元で開催された阿波古事記研究会の話。

天照大御神は阿波の阿南市で生まれた。阿波古事記研究会副会長 三村 隆範氏

天孫降臨 阿波古代史研究家 宮本雅司氏



というわけで、いま四国徳島の阿波、すなわち阿波の国=阿国(あのくに)=日本最古(一番最初)の国、その阿南が熱い。

古事記に書かれた古史古伝のすべての現物が存在する町。

ここ阿南(=阿波の南)こそ、イザナキとイザナミが打樋川で沐浴し、国つくりを行った場所なのである。


剣山は古い。

いま阿南が熱い。


しかしながら、こうした歴史は中臣氏、後の藤原氏の陰謀により、歴史の闇の彼方へと葬り去られたのである。


それが今こことに蘇りつつある。


日本の神話は単なる神話ではないのである。



そんな事も知らずに、古事記を語る。





いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-05-05 13:10 | 阿南&徳島

昨日発掘救済したBriller old classic cruiserでツーリング:AK47数台分は救ったのでは!?   

みなさん、こんにちは。

さて、いまこの辺は暴風雨になっているが、昨日は実に清々しい良い天気だった。特に午前中。

そんなわけで、昨日廃棄物から復活させたBriller自転車でこの性能を確かめるために、海までツーリング。といっても、自転車で10分でしかない。

a0348309_16482542.jpg

a0348309_16481788.jpg
(昨日は5段変速だと思ったが、よく見ると6段変速だった)

実に快適だった。

やはり理論と実践。

何事も自分の頭で考えたものと実際にやってみたものとでは若干の違いがでる。

昨日は完璧だと思ったことでも、いざ実践すると、まだハンドルに遊びがあり、山登りのときにかなりの力が入ると、ハンドルが動いてしまった。家に帰ってからそこもきっちり締め直す。

あとは後ろのギアの軸が少しずれているようで、ギアチェンジのときに引っかかるような音が出る。運転には実際上問題はないのだが、チェーンがはずれるリスクはある。

どんなものでも作るのには非常に時間が掛かるが、潰すのは一瞬である。

こんな素晴らしい自転車が、あのままゆけば、潰されてスクラップになり、北朝鮮か中国に行って、かのAK47に変わって、人殺しの武器として再利用されたかもしれない。

AK-47 あべりょう ~日本へのミサイル攻撃の戦時放送~

北寇「パイレーツオヴ日本海」:北朝鮮のAK47vs日本人の丸腰!?天然痘より炭疽菌の方が怖い!?


これで少なくともAK47の自動操縦の数台分は救ったことになるのでは?



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-04-14 17:03 | 阿南&徳島

さよなら宮脇書店阿南店!:アマゾンまた一つ阿南の本屋を潰す!   

みなさん、こんにちは。

さて、今日は久々の清々しい良い天気だったので、郵便局に行って100均ダイソーで輪ゴムを買おうと思って外出したんだが、先にダイソーへ行くか、先に郵便局へ行くか迷ったんだが、ダイソーのあるスーパーは10時開店だったから、先に郵便局経由で行くことにした。

今度ダイソーへ行くその道すがら、いつも通る自転車屋の廃棄処理、廃棄自転車置場に、ちょっと気になる自転車を発見。サドルなし、ペダルなし、スタンドなし。だから、だれも乗ることができない。その他にごく普通の廃棄自転車が3台ほど。

そこで、先にその自転車をもらっていいか確認したところ、OKが出た。

というわけで、用を済ませてから、その自転車を確保。そして、今乗ってきた自転車を我が家に乗って行き、そして歩きでその自転車に舞い戻る。そして、そこでその自転車に周りの廃棄自転車の使えそうなパーツを頂いて、合成自転車、ハイブリッドを生み出して、それに乗って帰る。

とまあ、今日の午前中はそんなことをしていたから、大幅に予定が狂ってしまったが、実に嬉しいサプライズだった。自転車屋さんとしては、廃棄処理の手間が減るから大助かりだ。みなせっせと新作自転車を組立てている。その間こっちは、廃棄物処理を行っている。

そうやって今回誕生したハイブリッド自転車がこれである。

ロングハンドル、5段変速、太めのタイヤ
a0348309_1582194.jpg


しめて0円。

工具は全部馴染みの自転車屋さんに貸していただいた。ありがとう。

というわけで、今現在、私のストックは、乗れるものが4台ある。写真は最近作の3台。

3段変速2台、5段変速1台。
a0348309_1582714.jpg


奥さんにいわせると、やはり職人遺伝子だという話。甲州宝石加工業の血筋が生きているらしい。


さて、帰りにこの辺の畑を見渡すと、桜の花見も終わり、もう今日で完全に田植えが完了したようだ。こんな感じ。

a0348309_158245.jpg


今日見たあの桜の公園は、もうすぐ5月のツツジのピンクの花の蕾が見て取れた。今度はツツジの花見で昼飯が食べれそうである。



さて、自転車を作ってからの本当の用事は、実は本を注文することだった。

ここ阿南には、3つほど大きな書店がある。我が家に近い順で、附家(TSUKIYA)、平惣、宮脇書店。

そこで、まず附家(TSUKIYA)に行って、例のテオドール・シュベンクの本
a0348309_15264471.jpg

が注文できるか聞きに行った。

現在は上の1986年の初版は廃版。代わりに次の改訂版があるようだ。
a0348309_15274163.jpg


附家(TSUKIYA)には本屋に在庫がない。そこで出版社に問い合わせるという。

そこで、じゃあ、他の書店も見て回り、もしどこも同じ状況だったら、ここに戻って注文すると言って場を去った。

次は、平惣。ここも書店には在庫がない。それで本社ネットワークを見る。在庫がないか、1時間後にわかるという。

それで、じゃあほかも見て回って決めると言って、最後の宮脇書店に行った。ここでは、私がいつも本を注文しているところである。

結局、ここにもなかったが、おどろきもものきさんしょのき。

四国の老舗の阿南店、もうすぐ閉店。


ところで、もう5年も前になるのか?私がニコラ・テスラの本を出した時、こんなメモを残していた。
2013-11-15 11:22ここ阿南には「ニコラ・テスラの風は吹いていなかった」!?
先日、
「ニコラ・テスラの風が吹いている」?:いよいよ「謎の科学者」の本が明日から発売!
ということで、一応昨日ここ徳島阿南の大きな本屋(平惣と宮脇書店の2つしかない)を見てみたが、「新刊本は翌日到着予定。だから明日からだ」ということであった。

そこで、雨が降っている中を用事の道すがら、再び同じ大きな本屋を訪れたのである。そして、「新刊書はどこにありますか?」と聞いてみると、「こちらのコーナーです」と教えてくれた。

そこで、見てみると、拙著の「せ」の字もない。「ありゃ〜〜」ということで、「昨日発売の新刊書は今日店頭に並ぶって、昨日聞いたんだけど」というと、「なんていう書名の本ですか?」と聞く。「いや〜〜、ニコラ・テスラの本なんだけど。ヒカルランドの」というと、「まだ入っていないですね」と女子店員が答えた。

そこで、「ニコラ・テスラが本当に伝えたかった宇宙の超しくみっていう本なんだけど、まだ来てないのかな?」と私が聞くと、「ありました〜〜、一冊!!!」。そして、「お買い上げですか?」って聞く。「いや〜〜、ちょっと確かめに来ただけだよ。著者は俺だから」というと、「うそ〜〜?」というような顔で「へ〜〜」と叫ぶ。「うそじゃないよ」という顔をして「本当だよ」と言って、平惣書店を出た。

そして、次は宮脇書店を見ていくと、同じことの繰り返し。もっと悪いことに女子店員が「ご注文ですか?」、「必要ならお取り寄せしますけれど」と私に聞く。「いや〜〜、著者は俺なんだよ」と答えると、びっくしりして情けなさそうな、気の毒そうな顔をして「すみません」という。徳島県最大の本屋の宮脇書店阿南支店には「0冊」であった。

そして、たったいましがた帰ってきたというわけですナ。
外は雨。これはテスラの涙雨か?

いやはや、なんともお粗末な話。

先週末に阿南高専の学園祭があったから、元教え子たちに拙著を見せて、「順調に行けば、来週ぐらいには店頭にならぶはずなんだが」と教えてきたばかりだった。だから、私も何冊かは阿南の本屋にも並ぶのかと思っていたのである。

ところが、こんな案配であったというわけですナ。


さて、実は拙著に関してアマゾンで謎の動きがあった。店頭販売される前日にすでに「中古本」が出ていたのである。それも2倍の値段でだ。しかも2件あった。

どうしてか?

と私も不思議に思っていたのだが、今回この状況を知って、なんとなくその答えがわかってきた。だいたいこんなことだろう。

たとえば、徳島の阿南というように地方の市町村がある。こういう場所にも一応は県内の大手書店の支店がある。ところが、こういう地方の老舗の本屋さんは、あまりリサーチするわけでもなく、得意でもない。

今度の本が売れ筋なのか?
いまどの本が話題をさらっている本か?
販売前の書籍ランキングはどうか?

というようなデータ分析などお構いなしである。

店員はせっせと与えられた日常業務をこなすだけ。新刊書の入れ替え作業、レジ、本の整理整頓、そんなことをするだけである。

ところが、大都市部に住んでいる人にはインターネットと大書店と時間がある。だから、大書店に出向いて早めに買うことができる。こうなると、ネット上では非常に話題になっている本を10冊ほどすぐに買うことができる。まるで株屋の時間差攻撃のようなものである。

一方、地方には早くても1日遅れで店頭にならぶ。場合によっては(というより、ほとんどは)店頭には並ばない。徳島の中央の県庁所在地の徳島市内の大書店なら、多少は並ぶのかもしれないが、そういう場所から離れた、県で2、3、4位規模の市町村には並ばない。

しかしながら、そういう都市にも少なからずインターネットで本を見るものはいる。おそらく、こういう人は、多少高くても早く欲しいと思うのかもしれない。中にはそういう人もいるだろう。すると、大都市で10冊ほど手に入れて、それを2倍の値段で売れば、1万円ほど利益が出る。

とまあ、ひょっとしたら、こんなことをしている連中が存在するということだろう、ということになる。

それにしても、平惣や宮脇書店など徳島県の本屋さんは、リサーチが甘いのではなかろうか?その著者がどこにいるか? どこで書いたのか? これを見れば、だいたい何冊くらい売れそうか?ということが即座に分かるはずなんだが。そういうことには無頓着である。

著者の俺が平惣の1冊を買ってしまえば、それで消えてしまう。私が他の人に買ってやることもできないというわけですナ。私の知人や元生徒さんたちも私の奥さんの友達もみんな買ってくれるって言っていたんだけどな〜〜。

いやはや、こんな販売の仕方をしているようでは、地方書店が沈没するのは当たり前なのかもしれませんナ? 結局、アマゾンの一人勝ちになるわけですナ。


実はこれをメモした日、「その宮脇書店のアルバイターに、本を注文したら3日以内にここに来るようにしないと、宮脇書店はアマゾンに負けて10年以内に潰れるよ」って俺はアドバイスしたんですナ。

たぶんそのおばさんバイト、それを店長にも社長にもいわなかった。

すると、ここ最近は、あの時のおばさん顔見ないなと思っていはいたのだが、とっくの昔に解雇されていたんですナ。業績悪くて。

そして、ついに閉店となってしまった。

なあ、俺の言ったとおりだろってサ!

だいたい俺の脳コンピュータがはじき出したアドバイスはよく当たる。

10年以内どころか、5年だったナア。残念。

俺は彼らにとっては知らない人かもしれないが、人のアドバイスには耳を傾けるものだ。

そういう態度が積み重なる。

笑って無視し、適当にハイハイ言って茶を濁すような態度応対では結局こういう悲惨な結果になる。


しかし何でこんな事が起こったか?

結論から言うと、書店の流通ネットワークが古すぎて、もはやアマゾンの流通システムに勝ち目がない。

とまあ、そういうことになる。


さて、問題はというと、すでに書店はアマゾンにどっぷり支配されている。

まず本があるかと聞けば、検索。

その検索の仕方を見ていると、検索システムもその本屋の検索システムではなく、外部のアマゾンを使う。

まずインターネットのアマゾンを開き、我々が見るものと同じものをみる。

たぶんネットにつなぐだけだからその方が安い。

そこで、本情報を仕入れ、ISBNを見つけてコピーし、それを今度は本屋の社内システムで検索する。

そして、在庫の有る無しをチェックする。

もし在庫がなければ、出版社に注文取り寄せ。
もし在庫があれば、本店から取り寄せ。

いずれにせよ、本屋に本が届くまで1〜2週間かかる。

もう言うまでもないだろう。

書店がアマゾン使うんだったら、最初からアマゾンで注文した方が早い。

アマゾンなら、注文した段階で2〜3日で家に本が届く。

したがって、1〜2週間経って本屋まで本を受け取りに行く必要がない。


かたや自宅に3日以内、方や本屋に2週間前後。ともに検索はアマゾン検索。

勝負あり。


もうアマゾンに勝つには、本の3Dプリントしかないですナ。

もうpdfから本が直に出来上がる。

アマゾンに注文する必要なし。Kindleも要らない。

だれか、本の3Dプリンターを発明してくれや〜〜!

宮脇書店は、俺の言ったことちゃんとリサーチしないからこういう惨めな結果に終わるんだゾ!



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-04-12 15:59 | 阿南&徳島

さくらの花見四回目:桜の花見で「もくもぐタイム。そだね〜〜!」 3   




みなさん、こんにちは。

今日は外出する用事があったので、

そのついでにここ数日花見をしている公園に行こうとしたんだが、

その前に「もぐもぐタイム」の弁当を買っていこうかと、

いつもとは違う道を通ったところ、

なんとこのところの公園の桜よりはるかに素晴らしい場所を見つけてしまった。

a0348309_16122189.jpg


そんなわけで、今日は昨日までとは違う川沿いの桜並木で「もぐもぐタイプ」とあいなった。

a0348309_16121577.jpg


お昼が終わると、この川に沿って、

川の中を眺めたり、桜並木を眺めながら散策した。

川には、40cmくらいの大きな魚がいたヨ。たぶん鯉。
a0348309_16294033.jpg


亀もたくさん生息。
a0348309_16295627.jpg


カルガモもいた。
a0348309_16293186.jpg


カラスか何かの鳥の巣もあった。
a0348309_1630363.jpg



a0348309_16125430.jpg


そして、橋を渡り、さらに別のサイドへ歩いていく。

a0348309_1612723.jpg


a0348309_1612212.jpg



さらにその帰りに、昨日までの公園にも寄ろうかと思ったら、

その途中になんと桜のある神社を発見。お参りすることにした。

a0348309_1646726.jpg


a0348309_16461889.jpg


5つの面のある正五角形柱の墓石。正面は天照大神とある。
a0348309_1652452.jpg



お参りは終わると、例の公園でちょっと休憩。

家からもっていったチョコとみかんを食べながら

できたばかりの拙著「有理熱力学」の原稿に赤入れ。


そして記念撮影して帰る。
a0348309_16512531.jpg



すでに若干花びらが飛び始めたものもあったから、

花が散るのはもうすぐかもしれませんナア。


桜に乾杯!




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-03-29 16:58 | 阿南&徳島

さくらの花見三回目:桜の花見で「もくもぐタイム。そだね〜〜!」 2   


春よ来い!「お花見众記(ギン記)」:日本にはサクラの歌の名曲が多い!

a0348309_11105716.jpg

父の言葉(My father's words)

a0348309_15215931.jpg

日本人が櫻が好きなのは其の散り際が潔いからである。
(The reason why the Japanese people love Sakura is the way of the great grace moment when Sakura's flowers are scatteredly falling by the wind.)
−− 数学者 岡潔(Dr. Kiyoshi Oka, a Great Japanese mathematician)

数学者 岡潔思想研究会岡潔「創造の視座」:「西洋人は第二のこころがあるのを知らない」


みなさん、こんにちは。

さて昨日もいい天気だった。

そこで、阿南図書館に

Theodore Shwenk
Sensitive Chaos: Creation of Flowing Forms in Water and Air
a0348309_8455462.jpg

という古い本の著者の
テオドール・シュヴェンクさん
a0348309_9125030.png

の日本語版
カオスの自然学―水・大気・音・生命・言語から
a0348309_8492071.jpg
を予約しに行ったわけですナ。

この本の中に何か自然の形態形成の秘密が書かれている
という話を別の本で見たからである。

ところで、ドイツには自然派というか、
ゲーテ主義というか、ゲーテが終生ニュートンに批判的だったというように、
ドイツ人には、非常に神秘主義というのか、自然主義というのか、そういう伝統がある。

一説では、「森の人」という伝統、
つまり、言い換えれば、土着のケルト民族から受け継いだ伝統
だという話もある。
高橋良典さんのいう「カラ族」「クル族」「ケル族」の「ケルト」である。


かのナチスの空飛ぶ円盤を作ったヴィクトル・シャウベルガーも
そういう神秘主義者、自然主義者だった。

ナチスのUFO開発計画:「20世紀最後の真実」は真実だった!
a0348309_8544356.jpg


まだシュヴェンクさんの本は手にしていないから分からないが、
英語の方の本には、シャウベルガーの言葉の引用があるようだ。

a0348309_8524735.jpg



流体運動の中で生まれる形態と、
自然界のクラゲとか、さまざまの生命体の形態が非常に似ている。

これはかなり前から知られていたことである。

どうしてこういうことが可能なのか?

これがこういった人々の素朴な疑問だった。

が、未だに解明されていない。


さて、横道に大分それてしまったが、その帰り道、また例の公園で
桜の花見の「もぐもぐタイム」。

今回は、おにぎり3個とアンパン一個とカルピスソーダの日本食であった。

昨日は花見客が大分増え、先客も何人もいた。
a0348309_97494.jpg



もぐもぐタイムが終われば、記念撮影。

a0348309_914435.jpg


そして、またフィボナッチ探索だ。
a0348309_914689.jpg



昨日はもう8〜9分咲き。

この分だと今日明日には満開になり、終末には散ってしまうかもしれないですナ。




いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-03-29 09:20 | 阿南&徳島

さくらの花見二回目:桜の花見で「もくもぐタイム。そだね〜〜!」   



みなさん、こんにちは。


昨夜やっとC. TruesdellのRational Thermodynamicsの日本語訳の索引が完成し、
なんとか一応書籍のスタイルβ版が完成。一仕事終えることができた。

はて、この売れない本作成のために何ヶ月費やしただろうか?

そんなわけで、今朝から非常に気分爽快だったし、一段落したし、
しかも今日は天気が良かった。

それで、

そうだ、
今日は花見をしよう!


ということで、近くのスーパーで昼飯を買い、毎年花見をしている近くの公園で

花見の昼飯だ〜〜!

と洒落込んだ。


その公園に行くと、今日は平日だから空いているだろうなと思っていたが、

案の定、というか、予想通り、

だれもいなかった。

a0348309_17514812.jpg


そこで、たった1人で、
新築スーパー「ダイレックス」で買った花見食

巻きずし、いちご、アンパンと三ツ矢サイダーと日本製品で
a0348309_17515090.jpg


もぐもぐタイム。
そだね〜〜


とすることにした。

最初はコカコーラもいいなあ、と思ったが、いやいかん、綾瀬はるかにだまされんぞって
いう感じで、サイダーにした。

実際、サイダーの方がうまいダーだった。

食べ終えたら、まずは花見写真
a0348309_1753472.jpg


先日はまだ4分咲きだったが、
やっと徳島の桜も開花:今日は爽やかな一日だったナア。。。
今日は7〜8分咲きだった。


今回ほど桜の花そのものを眺めたことはなかったように思う。

だれもいないからそういうことができたんだが、
見ている内にふと岡潔並に、

花弁が5枚だから、ひょっとして、

雄しべはフィボナッチか?

と頭をよぎった。

それで30分ほど片っ端から、花を近接で眺め続けていたら、

いつしかおばちゃんが周りにいたんですナ。

最近になく、桜の花を近接撮影できた。

むろん、私はスマホではないから解像度は1/10000である。
a0348309_17515368.jpg

ところで、スマホや携帯の写真の空の色と俺が見ている空の色が大分違うように思うんだが。俺の目のほうが空はもっと淡い。どうもスマホや携帯の感度は色を良くしすぎているんちゃうか?


面白いのは、桜の雄しべはフィボナッチではなかったが、ランダムでもなく、
しかし、長いやつと短いやつと混成して生えていた。

同じ長さではないんですナ。


はじめてこれに気が付きましたヨ。


また、桜が遠くから見た場合にピンクに見えるのは、

花の根本のがく片や花柄の部分
a0348309_18135274.gif

のピンクが、花全体がピンクかかってみえるだけで、

花びらそのものは、非常に白いホワイトなんですナ。

ソメイヨシノの花びらは非常に白い。支那朝鮮のものとはまったく色合いが違う。

やはり別種ですナ。



いや〜〜、やはり日本の花見はよろしいおすナア。



それでもこんな田舎の農民公園にも、去年は外人がいたんだよ。


このさくらも今週末には満開になり、来週には散り始めるでしょうナア。




いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-03-27 18:24 | 阿南&徳島

やっと徳島の桜も開花:今日は爽やかな一日だったナア。。。   



みなさん、こんにちは。

今日は実に爽やかな小春日和だった。そこでこの近辺の公演の桜はどうかと見に行くと、やっと花が咲き始めていた。関東より徳島の方が開花が遅いというのが実に不思議である。

a0348309_20353574.jpg

a0348309_20371425.jpg


まだ4分咲きというところですナ。

たぶん来週には満開になるだろうナア。


では、桜咲く。桜に乾杯!




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-03-25 20:52 | 阿南&徳島

ついに我が家の上空で「銀色の葉巻型UFO」撮影に成功!?2:羽のないジェット旅客機のようだった!   

みなさん、こんにちは。

さて、一昨日自然農法の火付け役、故福岡正信さんのことをメモした。
福岡正信「50年前にユダヤ人から聞いた話」:いかにして日本人を殺すかの戦略!

が、このYouTube番組の中で、福岡さんが手にしている本は何の本だったのだろうか?それを知りたいのだが、今のところ分からない。

ところで、上の拙メモの中で、
最先端の科学技術を持つ連中は、反重力の乗り物に乗って自由にただで行き来している。

と書いた部分、この証明をメモしておこう。

以前もここにメモ
ついに我が家の上空で「銀色の葉巻型UFO」撮影に成功!?
a0348309_10253710.png
したが、どうもここ阿南上空はその飛翔体のルートになっているらしく、つい最近の2月上旬にも私は同じような物体が飛んでいるのを見たのである。

あまりにも堂々とジュラルミンに輝きすばやく目の前を飛行していたから、最初は「ただの飛行機だ」と思って見逃したが、近眼の私がもう一度目を凝らして見ると、「どうも何かが変だ」「両翼がない」ということに気づき、すかさず携帯カメラで4枚撮影したのである。幸いにして一応その物体が写っていた。

一応それらをメモしておこう。以下のものである。
2017/02/03 10:24撮影
a0348309_10264860.jpg

a0348309_1027031.jpg

a0348309_1027513.jpg

a0348309_10271162.jpg


もうこんなやつが自由自在に飛行できているんですナ。

俺も乗せちくれ!

はたして誰が乗っているのか?どこの所属のやつか?

一度、我が家の上でホバリングしてくれないかな?

まあ、原理として拙訳本でも論じたように、電磁運動量を使ったテスラ型のFlying Vehicleでしょうナ。

超高周波高電圧を下に、直流高電圧を上にかけ、進行方向に電磁運動量(ポインティングベクトル)を放射して運行する方式のものだろう。

まったく時空の歪みはないから、普通の飛行機のようにジュラルミンの光沢が出る。


いや〜、あれに乗れる新人類になるか、あの乗組員の餌になる旧人類になるか、それはあなたの心がけ次第というやつですナ。


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-02-25 10:38 | 阿南&徳島

阿南の歌劇団「夢創」:「自分たちの、自分たちによる、自分たちのための芸術」   

みなさん、こんにちは。

”いける、いける”

というのは、阿南弁、徳島弁で

”大丈夫、だいじょうぶ”

という意味である。

”だいじょうぶかい?”

という場合には、

”いけるで?”

と聞く。

さて、今日偶然、地元の阿南テレビ作成のオールメイドイン阿南の歌劇団「夢創」の昨年の演劇を見たのだが、非常に面白かった。そこで、記念して一応メモしておこう。以下のものである。

いける、いける Don't worry, be happy!
a0348309_19355128.png


【特別インタビュー】演出家:遠藤吉博さん(劇団夢創 公演『いける、いける、Don’t Worry, Be Happy』)
a0348309_20162944.jpg


このYouTube版もクリップもまだないようだ。


この「夢創」という阿南市内の劇団は、私の記憶が正しければ、およそ10年ほど前に始まった。メンバーも演劇振り付け、音楽などすべて阿南市民が行う、あるいは、阿南出身者が行うという

地元の、地元による、地元のための劇団

である。

一番最初の開始時期は、我が家の息子たちの友達がメンバーにいたり、まだ試行錯誤だったりで、それほどレベルが高かったとは言えない。学芸会の演劇かそれに毛が生えた程度のレベルだったと思う。

それが年々経験を得て、さまざまに学習し、どうやら最近では非常にレベルが上ってきたようである。

劇団メンバーも地元阿南の子どもたちや青少年やその母親たち。

特別に美人美男がいるわけでもない。ごく普通の容姿の子どもたちや出演者たちである。

しかし、自分たちで自分たちの夢を創る。すなわち、それが夢創なのである。

だから、純粋に演劇や歌に集中して、一生懸命に励む。それが素晴らしい。

美形だからテレビに出る。美男や長身だからイケメンだからテレビに出る。演劇に出る。

いまやこういう風潮がテレビ・マスコミに蔓延してしまった。だから、もしそうでなければ、生まれた姿に手を加えてもテレビに出たい。金を稼ぎたい。こういうことになる。

むろん、この風潮を全世界に蔓延させたのは、ハリソン・フォードのいるハリウッドである。

しかしながら、これでは本末転倒である。

阿波の阿波踊り同様に、踊る阿呆に見る阿呆。同じ阿呆なら踊らにゃソンソン。

これでいいのである。

演劇や歌劇があるのなら、出なきゃそんそん。

別に自分の姿形や容姿などどうでも良いのである。純粋に演劇に集中し、観客を笑いと涙と感動の渦に巻き込めばそれでいいのである。

一生懸命に練習し、一生懸命に無心で演じる。

この姿が、見るものを感動させるわけだ。


とまあ、そんなわけで、これまでの演劇の一部がYouTubeにあるようなので、それを一応メモしておこう。以下のものである。

夢つむぎの詩2011 - うを座、夢創 合同ミュージカル


夢つむぎの詩2100



夢見竹のかくれんぼ〈ダイジェスト〉


劇団〈夢創〉カッコちゃんと素敵な仲間たち!



夢創以外にもこんな劇団もある。
徳島県那賀郡那賀町!劇団もんてこい丹生谷2013 "もんてきた息子"



さらには、AJET英語ミュージカルという、徳島に英語教師などで来ている外国人の若い先生たちが創る英語ミュージカルもある。これも我が家の子どもたちがまだ3,4歳の頃に出来たのだが、もう10数年も続く。20年近い。これも一応メモしておこう。

「AJET徳島」英語ミュージカル 今回は徳島版「アナ雪」、県内6ヵ所3月上演 2015/2/28 10:19
a0348309_202554.jpg



AJET徳島ミュージカル~アワ・ヒーローヘラクレス~


Tokushima 2012 AJET Musical Part 3/11



いつも思うことだが、そこだけでやっている。そこに行かなければ見れない。これが大事である。

阿波踊りは徳島に来なければ見れない。一緒に踊れない。

夢創を見たければ、阿南に来なければ見れない。あるいは、いっしょに演じたければ阿南市民になるしかない。

これが地の利。本当の意味の価値なのである。

演劇も歌も音楽も別に電通のためにあるわけじゃない。CMのために演じるわけでもない。演劇は演劇のためにある。歌も歌のためにある。商売のためにあるわけではないだろう。

今一度、本義に戻るべき時代到来のようですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-01-17 20:07 | 阿南&徳島

ついにきた「阿波踊りGO!」:阿南の夏祭り最高潮で閉幕!来月の徳島の阿波踊りへ!   

みなさん、こんにちは。

さて、ここ阿南は子どもたちの夏休みに入った21日からこの3日間、
光の街阿南の夏祭り
a0348309_10145755.jpg
だった。一昨日は阿波踊り、昨日は
花火大会
a0348309_1016413.jpg
があった。

私と奥さんもいっしょに参加して、恒例のたこ焼きとイカ焼きを食べたが、この祭りにはここ阿南に引っ越してきた20年前から我が家の息子たちといっしょにほぼ毎年見てきたわけだ。

その頃幼稚園児だった子どもたちがいまや成人し大学卒業の時代を迎え、今ではあの女の子が見違えるばかりの美女に様変わり。

思わず、今度デートしようかなどと口からでまかせがでてしまいかねないほど変わったわけである。

イカ焼きの夜店の店員も、すでに3代目の孫の世代が手伝い始めた。ほんの何年か前にはベビーカーに乗せられて店の横っちょにいた赤ん坊が、いまでは「はい、どうぞ」ってイカ焼きを渡してくれる。

いや〜〜、なんか俺の中ではあまりに時間の過ぎ去り方が早い。

とまあ、そういう感じがするわけですナ。

それもそのはず、俺個人はこの20年間まったく変わっていないどころか、いまや30年前の大学院生の時代にすら舞い戻ったかのように物理に集中できるほど若返っているわけだ。

いったいどうなっちゃているんだ?

というわけだ。

剣山のてっぺんで出会った知人たちもみな一様に老けていたが、俺と奥さんだけが若返っていた観がある。

まあ、もちろんその理由は俺だけが知っている。

ナイアシン効果である。

ナイアシンがテロメアに作用して、テロメアを保護するからだと俺は予想しているわけだ。

そして、それを促すのが、ナス科を食わないことだ。

「ナス科は人に食わすな!」:「若返ろうと思って食べて早く老ける!」の疑惑あり!
「オキシエリートプロ」で肝炎発症とか!?:ナス科が関節炎を悪化させるらしいナ!
「ナス科は人に食わすな!」2:偉大なアスリートはみな野菜嫌いだった!
「私の辞書にナス科の文字はない」:偉大なスポーツ選手ほど野菜嫌い!?生野菜で老化が早まるか?

この記事に従って、ナス科をご法度にしたのが、2013年であった。

この3年間、私は一切のナス科、すなわち、トマト、ナス、ピーマン、唐辛子、きゅうり、じゃがいも、の類を一切食べないできた。奥さんもほとんど食べていない。

おかげで、体重は減っていないのに、身体が自然に引き締まり、ぶよぶよしなくなった。

内村航平選手を見たら分かるだろう。体操選手にしてはスマートである。

イチロー選手、中田英寿選手、内村航平選手、山口蛍選手、

こういった超絶野菜嫌いの選手たちが、身体がスリムで、筋肉質で、それでいて、怪我に強いというのはよく知られている。だから、内村航平選手が5連覇なんてやってのけられるわけだ。

逆に生野菜大好き、さらには肉と生野菜大好きというタイプは、清原和博選手のようにけっこうぶよぶよになるのである。だから、マクドナルド通はみなデブになる。しかも怪我しやすくなって、選手寿命が短くなる。普通の人は心臓が弱くなり短命化する。

ちまたに出回る健康メソッドに従う人ほど早死するわけだ。

ましてや、70年代の高度成長期に誕生した冷蔵庫を売りたいがために流された生野菜主義のために、いったいどれだけの中高年がいま関節異常やらパーキンソン病やら変な病気のお世話になっているか?

なぜならサプリメントは不必要に取り過ぎて、残留サプリの処理で体内がてんてこ舞いになり、内臓に負担が来る。それで不調を起こすわけだ。

トッププロで仕事で死んでも良いというような人種でもない限り、サプリなんていうものは不用である。

普通に昔からの伝統に従って普通の食事が一番なのである。


外人がぶよぶよなのもそうだ。健康サラダブームで生野菜食い過ぎ、それもブルーチーズなんていう恐ろしい毒入りチーズなんぞを食って喜んでいる。だから、目の周りにクマができる。

ブラジルなんぞは、ほとんど不毛の地だったから、出回っている野菜はすべてモンサント、ブラジルのオレンジが良いっていったって、モンサント。ブラジルのトマトが良いって言ったって、デルモンテ。

モンサントやデルモンテの米巨大企業が全部牛耳っているわけだ。2014年ブラジルW杯に行ってそれをこの眼で見てきたからよく分かる。

どこへ行っても、飲み物は、ペプシかコカ・コーラの製品しかない。ペプシがロスチャイルドならコカコーラがロックフェラーである。どちらも偽ユダヤの製品だ。

ブラジルはNWOシオニストによって完全支配が行われたことはまず間違いない。

もちろん、ブラジルだけではなく、南米、中米、北米と全体がそうである。

だから、みな短命で顔色が悪い。俺にはゾンビにすら見えた。

コロンビア人とか、メキシコ人とか、ペルー人とか、チリ人とかみんな顔色が悪い。特に眼の周りが黒ずんでいて、どうみてもキョンシーかゾンビに見えるのだ。

たしかに南米には美人に見える者も多いが、どう見てもゾンビ人だ。

これも食べるものが悪いからである。

それが、どういうわけか、世界中から観光客として我が国に来て、3ヶ月ほど住んでいると、みな健康になる。顔色が良くなる。

なぜか?

我が国の食べ物だけが、世界唯一の麹菌主体であり、味噌、納豆、つけもの、豆腐、日本酒、みな身体にいいものばかりだからだ。

世界中で、野菜であれ、果物であれ、肉であれ、魚介類であれ、一番種類が多く、豊富なのは、日本だけだ。

体中にブツブツができた欧米白人が味噌醤油の寿司中心の日本食を食べるだけで、ぶつぶつが取れ、ぶよぶよがとれ、健康的になっていく。

事実、米白人女性で味噌中心にしたという人は、極めて本来の西洋人女性の美しさが現れる。

モンサントやデルモンテではそうはならない。

また、食べ物はそういう身体のハードの面の変化に過ぎないが、言葉である日本語を話せるようになると、まず発声の仕方が違うから、顔の筋肉の付き方から違ってくる。

一言で言えば、マイルドになる。可愛くなる。日本的な顔形になるのである。

アメリカの黒人であれば、ゴリラと間違わんばかりの獰猛観漂う人間が、我が国で日本語を話すようになると、かつてのダッコちゃんのようなクロマティー顔に変わるのである。

白人でも同様だ。みな日本的な柔和な顔になる。

あのオバマ大統領ですら、我が国滞在中は笑顔が耐えなかった。

それがアメリカに帰国した途端にゾンビのような顔に戻る。

なぜか?

なぜかは分からないが、そういうふうに変わるのである。

言葉、食、自然、人、あらゆるものが相乗効果をあげて、害人が外人になり、外国の人に変わるのである。むろん、言うまでもなく変わりようがないのが、ニダヤこと、在日朝鮮人と韓国人だけだ。


モンサントやデルモンテは偽ユダヤ人の大富豪は所有しているわけだから、やはり日ユ同祖論なんていうのは都市伝説にすぎない。まっかなウソだ。

むしろ、世界の中心が日本発だったという古神道の古古事記、あるいは竹内文書にあるような神代文字の時代の方が先で、そこから一端全世界に文明が波及し、その後、再輸入されたという考え方の方が真実に近いのである。いずれにせよ、西洋人やユダヤ人はずっと後の3000年前程度から登場したにすぎない。

他のどの国にもある特産品や特産菌の他に、他のどこの国にもいない麹菌、納豆菌、などなど、そういった生命が存在しているというだけでも、我が国がいかに古く、最初であるかを証明しているといえる訳だ。

だいたい昔は良かった

と言えるということ自体が、我が国の昔の良さやふるさを物語る。他の国々には昔は存在しない。アメリカとて450年前には先住民以外に何もなかったわけだ。南米もそうだ。

とまあ、阿南の夏祭りの話から大分話が別世界へ移ってしまったが、毎年外国人がここ阿南の夏祭りに参加する人数が増えた。今年はかなり白人種が来るようになった。

徳島の阿波踊りは阿南で開幕する。これが前哨戦となって、8月12日〜15日の4日間で徳島で最高潮となるわけだ。サッカーで言えば、W杯本戦を前にするアルガルベハイ、あるいはコンフェデレーションズカップのようなものである。阿南の夏祭りで練習の成果を見て、そこで問題点があれば修正して、8月お盆の徳島の阿波踊りに向けるのである。

また、阿南の阿波踊りは参加者と一般客の距離が非常に近い。

今年は、白人女性の踊り子が何人も入っていた。たぶん英語教師として赴任してきた女性たちだと思うが、阿波踊りの魅力にハマったのだろう。


きっとこの外人教師たちも、母国に戻れば、逆カルチャーショックに見舞われるのかもしれないですナ。


**写真もたくさんとったが、剣山用にたくさん使い果たしてここにアップできないので文字だけとなった。失礼。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-07-25 10:13 | 阿南&徳島