人気ブログランキング |

カテゴリ:阿南&徳島( 24 )   

古事記を知ろう!:阿波古事記「天照大神は阿南で生まれた!?」   

みなさん、こんにちは。

さて、いよいよ新元号の令和が始まる。今上天皇が譲位し、新天皇が生まれる。

さすがに毎年2000万人も旅行者が訪れる時代には、我が国の神話を知らないと、外人や害人も我が国の神話を知りたいはずであり、そういう害人さんたちの素朴な疑問に答えられず、白人や黒人から馬鹿にされかねないというわけだ。

今年の秋にはさらにラグビーのワールドカップもある。だから、新天皇誕生は地球上のあらゆる国の人が知っているわけで、そういう国々から我が国に来れば、またまた我が国の成り立ちや神話を知りたがるだろう。

この意味では、ホテルや旅館に、古事記や日本書紀を置いておくのもいいアイデアなのだろう。

そういう俺自身あまり古事記や日本書紀のことを知らないから、一応ここにいくつかそういうものをメモしておこう。


(あ)むっちゃんこと第73世武内宿禰の竹内睦泰さんのYouTube番組。

古事記の暗号1 竹内睦泰 日本歴史文化研究機構


古事記の暗号2 竹内睦泰 日本歴史文化研究機構


古事記の暗号3 竹内睦泰 日本歴史文化研究機構


古事記の暗号7(邇邇芸命~木花佐久夜)



(い)ねずさんこと小名木善行さんのYouTube番組。

私達はなぜ神話を学ぶのか【CGS ねずさん 古事記のセカイ はじめに1】


古事記と日本書紀の違いとは【CGS ねずさん 古事記のセカイ はじめに2】


島の始まりは淡路島(国生みと神生み)【CGS ねずさん 古事記のセカイ 第三章 5話】



(う)四国徳島の阿波古事記

実はここ徳島は古くから阿波の国と呼ばれたが、

なぜ阿波の国なのか?

という疑問がある。

実は、古代イスラエルの失われた10氏族の一部が、日本列島で一番最初にたどり着いた場所が諫早湾で、そのあと瀬戸内海を通って淡路島(あわじしま)にたどり着き、それから、一番最初に定住した国が、阿波の国であった、という阿波の古事記の話がある。

日本で一番最初に誕生した国家、それが「阿(あ)」「ん」の「あ」から始まる

阿の国=阿南

それから、二番目に誕生した国=「伊」の国こと阿波徳島、そして、三番目に誕生した国「予」の国こと伊予の愛媛、。。。、という伝説がある。
古事記に書かれている阿波
a0348309_1703291.gif

 日本最古の歴史書といわれる,太安万侶によって712年に書かれたという古事記を読んでいると不思議なことを感じる。
 古事記に書かれる国生みには,「イザナギとイザナミが,淡路島・四国・九州・壱岐・対馬へと国を創っていった。」と書かれ,国生みが,阿波の周辺から始まったと書かれているにもかかわらず,古事記の物語は,九州(宮崎県)や出雲(島根県)の話であるかのごとく教え込まれ,そう思い込んでいる。阿波に住む人でさえも,阿波に存在する事実を日々見て暮らしていても,古事記と阿波は何の関係ないと思い込んでいるか,または古事記に書かれることは架空の話か作り話であると思わされている。しかし,仮に古事記の話に事実が書かれてないとしても,古事記には,阿波の周辺から国生みが始まったと書かれている以上,そこに着目して古事記を読み,書き進めていこうと思う。


これがこの地方に古くから伝わる奇書、古書、幻の書と知られる

「阿波古事記」

というものである。

この書には、ここへ来た者たちが、古代イスラエルのエフライム族とガド族とマナセ族であったとはっきり記されているんだとか。

また、古代では、木造建築や木製品が腐敗しないように、ヒ素を含む朱色に塗ったが、そのヒ素を含有する岩石を

辰砂(しんしゃ)
a0348309_16331237.jpg

と呼ぶ。が、その辰砂の出る地方は、日本では非常に一部の特定の場所しかでない。そのためそういう土地は古代から高貴な場所であり、かなりの権力者しか、そういう朱色の建物を建てることができなかった。

実は、ここ阿南には最近そういう辰砂の古代の発掘した痕跡がでてきたのである。日本で辰砂の出る地層のある場所は、出雲と阿南しかないのだとか。

それで、この地方の古代歴史家は、阿波古事記こそ本当の古事記であり、古事記や日本書紀に出てくるゆかりの地名、それがすべて実際に存在し、古事記のすべての出来事と一致するルートなどが存在するのが、ここ阿南だという話である。

イザナミが沐浴した場所、それが打樋川であるという。
a0348309_16323531.jpg

ちなみに、この打樋川は徳島市と阿南市の2つある。

とまあ、そういう阿波古事記の地元の研究者の話もメモしておこう。

阿波古事記探検隊 辰砂採掘場所を探る「中国史書 其山有丹」


卑弥呼の朱 日本で最古発掘現場は 徳島県阿南市の若杉山で発見、、


『出雲が解ると?阿南は帝都だった』邪馬壹国研究会会長土佐野 治茂様


『天照大御神は阿南で生まれた』阿波古事記研究会 副会長三村 隆範様


他多数


私がここ最近毎春お花見をするのがこの打樋川。その近くには実際に天照大神の生誕を祝った神社もある。

さくらの花見四回目:桜の花見で「もくもぐタイム。そだね〜〜!」 3

a0348309_16125430.jpg



さらにその帰りに、昨日までの公園にも寄ろうかと思ったら、

その途中になんと桜のある神社を発見。お参りすることにした。

a0348309_1646726.jpg


a0348309_16461889.jpg


5つの面のある正五角形柱の墓石。正面は天照大神とある。
a0348309_1652452.jpg


阿南市中心に古事記にまつわる地名がすべて存在し、一般の通説である国産みの淡路島に対応する「淡島」があり、私はいつもその淡島を眺めながらジョギングしている。

淡路島は琵琶湖から飛び出したと考えられるほど、お互いの形が似ている。実はサナート・クマラー(隕石)が琵琶湖に直撃し、その時にぶっ飛んだ土が淡路島になったという説もある。

が、淡路島より、淡島の方が、古事記のぶどう子になった不完全に生まれた子供にはぴったりなのである。
淡島海岸
a0348309_16432684.jpg


辰砂は出るわ、淡島はあるわ、イザナミの沐浴の川である打樋川があるわ、アマテラスの生誕の地もあるわ、まさに本来の神話の場所が、ここ阿南なのである。
墓穴:パチンコ「アマテラス」に安倍晋三首相と元警視庁局長が献花!

阿南は野球のまちだけではなかった、国産みのまち、神話の町でもあったというわけですナ。

もっともこれを知る日本人は0%だろうナア。
a0348309_1648180.jpg

地元民も知らないからナア。


いやはや、世も末ですナ。








e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-04-23 17:01 | 阿南&徳島

いや〜〜日本人で良かった!:徳島城公園の夜桜のお花見見参!   

夜桜お七




みなさん、こんにちは。

おとといは奥さんといっしょに徳島で初めての徳島城公園の桜の夜桜見物に行ってきた。まあスマホではないから相変わらず解像度は悪いが、それでもある程度の美しさは写っているのではなかろうか?

a0348309_933516.jpg


a0348309_933250.jpg


a0348309_9331249.jpg


そういえば、私が公園の夜桜の花見に行ったのは、おそらくまだ大学院生の最後の頃に九州大学で物理学会があり、それが終わった後に九州を一周したときだったと思う。

まず学会中は大学からかなり離れた太宰府ユースホステルに宿泊していた。そして、学会が終わると、卒業記念を兼ねて、九州一周を企てたのだった。

まず長崎見物をしてから、長崎ユースホステルで宿泊、熊本は駅で停車して乗り換えだけ。鹿児島に行き、長崎鼻だったかな、開聞岳に登った。それから桜島にも行き、桜島ユースホステルで泊まり、火山灰の雨も体験。その後、鹿児島の指宿のユースホステルに泊まる。それから宮崎の高千穂ユースホステルに宿泊し、さらに大分の別府ユースホステルに泊まり、そうして福岡の箱崎だったかな、九州大学に戻ったわけだ。

最初に学会中に知り合った九州大学の大学院生の研究室にお別れに挨拶に行ったら、その気の良い九州男児の院生から今晩大濠公園の花見に行くからいっしょに行こうということになって、一緒に参加したのだった。研究室の秘書連といっしょのどんちゃんさわぎで大変よい思い出でになった。そしてその晩は、その院生の下宿先に泊めていただいた。

今思えば、いい時代だったんだナア、と思う。この頃のみなさんは元気にしているのだろうか?

それ以来だから、30数年ぶりの夜桜見物ということになるかな。

私の記憶と一昨日の記憶を比べると、やはり九州の大濠公園の夜桜見物客の方が元気が良かったナア。

どこでもおおさわぎしてゲームをやっていた。我々もすぐにいろいろなゲームをやることになり、負けると酒かビールを一気飲み。今ではご法度かも知れないが、幸いみな酒に強かった。ほろ酔い気分で私は秘書さんをおんぶせよのラッキーカードを引いた。とても美人な博多美人だった。

それと比べたら徳島城の方は、粛々と仲間で飲食しながらおしゃべりという感じかナ。

それでも古い桜の大木の下で夜桜を見るというのは日本の風流である。

まだ外人が少ないのも良かったが、それでも少なからず留学生などを中心に増えつつあるようですナ。


この週末は暖かく天気が良かったので、今週で桜は終わりになるのだろう。昨年が1週間で一気に開花してあっという間に桜吹雪になったのと比べると、今年は2〜3週間、寒い中をだらだらと長いこと咲いてくれたから結構長い間桜を見ることができてよかったのではなかろうか。

さくらは栄養分を1年間蓄えて春になって一気に咲く。だから花が散った桜はすぐに葉っぱを出して1年後に備え始める。一方、一般的な他の木々はまず栄養分を葉っぱで蓄えたらすぐに花が開く。

この蓄えに蓄えて、使うときは一気に使うという感じもまた日本人に似ている。お金を貯めに貯めて溜まったところで一気に使う時には使う。例えば、娘の花嫁衣装のために一生をかけてお金をためて、娘の結婚式で和服や結婚式代に一気に使う。

米人は貯まればすぐに使う。だから、その月の稼ぎはその月に使い切る。こういう人がほとんどである。

ほんと不思議だ。日本の動植物も日本人に似ている。

我が家でよく言うことだが、なんでも日本で育つと丸くなる。スイカ、ピーマン、豆、人間の顔や頭に至るまで、日本で育つと丸くなる。人間の性格まで丸くなる。

これは何が原因なのだろうか?

オバマが欧米ではいつも邪悪な顔をしているのに日本に来たときだけは穏やかな平和な顔をしている。レディーガガ然り。イニエスタ然りだ。ハリウッドのセレブもそうだ。その子が日本で育てばもっと丸くなる。

人種によってはそうならない人種もいる。たとえば朝鮮族だ。

こうしてみると、やはり遺伝子に何か問題があるということだろう。


いやはや、世も末ですナ。






e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-04-08 10:16 | 阿南&徳島

おめでとう富岡西!:富岡西応援団、初の応援団最優秀賞受賞!   

富岡西応援団、初の応援団最優秀賞受賞!
a0348309_994286.jpg

a0348309_945161.png
(ちなみに、この制服は森英恵さんデザイン。私の妻の時代から始まる。MVPの石川選手がじっと見ているナア。)


みなさん、こんにちは。

さて、今回はめったにないことが起こったので一応メモしておこう。


今年の春の選抜甲子園大会は愛知の東邦高校が5度目の優勝を遂げた。準優勝は千葉の習志野高校だった。

ここ阿南からは地元の公立進学校の富岡西高校が120年目の初の甲子園出場を果たした。それも21世紀枠。四国3位であった。

そして対戦くじ引きでいきなり優勝候補筆頭の東邦を当てた。

そして、開催4日目の第三試合で優勝することになる東邦と対戦。1−3で惜敗。何度かの大チャンスに一発がでなかった。あと一発。それがこれだった。

第91回センバツ 東邦ー富岡西 ダイジェスト


この試合、富岡西は攻守三回あるタイムを一度も取らなかった。というのも、監督の

ノーサイン

を売りにしたチームだったからである。選手同士でサインを出し合う。監督は試合では何もしないで見ているだけ。

準優勝の習志野は1球ごとに監督が指示を出すチーム。優勝の東邦もそうである。

ところが、まあ初戦で相手の東邦もあまりまだ実力通りではなかったのかも知れないが、富岡西の浮橋選手のボールをとらえきれず、3点しかとれなかった。一方、富岡西は、3塁ベースまでが2回。1死満塁のチャンスもあった。

ここで一打でれば、相手ピッチャーの石川選手が崩れるかも知れないという場面が何度もあった。

とまあ、こんな富岡西が善戦した緊迫した好ゲームだった。


富岡西の応援は初戦敗退だから、このたった1ゲームだったわけだが、なんと

昨日の表彰式で、富岡西の応援団が初の最優秀賞に輝いた。これである。

徳島・富岡西に最優秀応援団賞 
接戦、東邦戦に大きな力与える


a0348309_8264711.jpg

3日閉幕した第91回選抜高校野球大会の最優秀応援団賞に、21世紀枠で初出場した徳島県の富岡西高校(阿南市富岡町)が選ばれた。

 優勝した東邦(愛知)と接戦を演じた3月26日の1回戦で、一塁側アルプススタンドを埋め尽くした3000人の応援が富岡西ナインの大きな力になった。

 選抜大会で県内の高校が最優秀応援団賞を受賞したのは2010年の川島高校以来、2度目。

【祝】最優秀応援団賞!【2019センバツ】富岡西高校・アルプス席と同点シーン!(2019.3.26東邦高校戦)




富岡西高校のど迫力の大応援団



【祝】最優秀応援団賞!【2019センバツ】富岡西・応援歌メドレー3曲+阿波踊り♪(2019.3.26東邦高校戦)

(富岡西は私の妻の出身校で、長男の出身校でもある。だから、我が家も一応富西に寄付しておきましたよ。)


富岡西にはもともとチアリーダー部はなかったから、急遽女生徒たちが様々のクラブから集まりチアリーダーを作ったようだ。

だから、大会前に相当に練習したはずである。

7〜8年前に私の次男が徳島商業と富岡東が高校サッカー選手権の県予選決勝で戦ったときも、富岡西も富岡東もチアリーダーはまだなかったと思う。相手の徳商のチアリーダーが有名でしっかり応援していたのだった。

やはり歴史ある野球やサッカーの全国大会に出場するというのは、その高校にとり大きな勢いをつけるのである。

ところで、ここ徳島県の高校には、独特の応援団の文化が根付く。私が出た山梨県には存在しないものである。

それは、各高校の体育祭の時、その高校へ進学した生徒の地域で別れて、「団」というものを作り、「1団」「2団」「3団」「4団」と分けて、お互いに「団」同士で応援合戦をするのである。そして、応援の戦いを行い、順位を決める、という伝統がある。

だから、徳島県は総体的にだれもが応援団がどういうものかわかっているのである。したがって、応援という時に応援団員の中で一体感が生まれやすいのではなかろうか?

どの高校にもこれがあるので、かつて川島高校が初の甲子園の時も受賞したわけだ。

そこに当然「阿波おどり」も入る。

ちなみに、阿南アグリスタジアムで応援する60歳以上のシニアのチアリーダーも参加した。


いずれにせよ、120年目の初出場で、いきなりこの応援団はなかなかできるものではないというのは確かだろう。

富岡西は、美爆音の習志野、横浜の桐蔭学園、大阪の履正社、大阪桐蔭の友情応援の東邦、米子東などの超有名高を抑えての最優秀賞だったので、驚きの快挙と言えるだろう。

かなり高野連が富岡西に好感を持ってくれたに違いない。

めずらしく、サンクス高野連。GJ高野連ですナ。


夏目漱石の坊っちゃんの時代に始まり120年の歴史のある、徳島県下の特に県南の公立進学校の富岡西も、いまでは阿南ではナンバー2の進学校になってしまった。いまは富岡東の方が中学からの進学では難関になってしまった。

最初に中高一環校を目指す企画を出したのが富岡西だったが、それが富岡東に渡り、富岡西は理数科を置くことに変わったのである。

そのせいか、勉強だけの子供は富岡東に行くようになり、文武両道、あるいは、スポーツ好きの男子が富岡西に集まるようになった。

そうして何年かすると、富岡西は女生徒の方が男子生徒よりも増えてしまったというわけだ。昔の商業高校のような感じになった。野球部員もそれほど多いわけではない。

しかし、数年前に富岡西に進学する阿南中学が県の中学野球大会で優勝したのである。その選手たちがおそらくほとんどそのまま富岡西に進学した。そういうことができるようになったのだろう。その子達がいまの選手層を担っている。

今回の対戦相手が優勝したという経験はいまの富岡西の選手たちに大きな自信を与えたことだろう。こういう経験は大きい。将来的には人生の自信になる。

ちなみに、富岡西は女子新体操が強く、我が家の近くの市の体育館で毎日練習している。日本代表クラスにも選手を出している。だから、女子新体操の選手たちもチアに加わったのかもしれない。剣道も強いが、そういう他の部の女子もチアに加わったという。



おめでとうございます!富岡西応援団のみなさん。


頑張れ、富岡西校。


e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-04-04 09:13 | 阿南&徳島

アイラブジャパン:「勝浦の桜フェスとビッグひな祭りを見る!」→日本人で良かった!?   

みなさん、こんにちは。

さて、先週もここ徳島のビッグひな祭りで有名な勝浦の桜を見に行ったということをめずらしくメモしたが、今回は今度は昨日のお花見に行った話をメモしておこう。

本当は土曜日に行く予定だったが、土曜は大雨の暴風雨だったために止めにして、1日様子を見ていたら、昨日は幸い快晴になった。そこで急遽早めに花見を見に行くことにしたのである。

勝浦のしだれ桜
a0348309_8135477.jpg


桜船に乗る
a0348309_8172196.jpg


その桜フェスティバルの横にはビッグひな祭りの会場あったが、そこの最終日だったのでついでに見ることにした。

ビッグひな壇
a0348309_81755100.jpg


恐竜もいた
a0348309_8212538.jpg


そういえば、あめご釣り、塩焼きもあった。

ういろう、ぜんざい、あめご塩焼き、しっぽくうどん、肉うどん、結構食べまくったヨ。


というわけで、まだ外人のいない我が国のお花見ができた。

ほんと白人がいると、雰囲気が他国の観光地のようになってしまうから風流も台無しになる。大食いで、食い歩いて散らかしっぱなしになるし、風体がでかくじゃまになる。ほんと地球の百害である。


最近はここ阿南に来た頃のオジサンオバサンがどんどん老化し、おじいさんおばあさんになり、年々その数が減っている。空き家ばかりになりつつある。

ところで、世界人口は75億人を超えたとか国連やWHOは言うが、これは本当なのだろうか?

どうもだいぶ前から私はそれがフェイクだと思うようになったわけである。実際にはすでに35億以下に減っているんじゃないだろうか?

これは実際に旅行したものでないとわからないが、それぞれの国で大都市の人口はそこそこ増えているだろうが、地方はほとんど人がいない。ブラジルもそうだったし、飛行機から見たロシアも大半が人の住めない土地だった。

EUも大半は山か農地だし、人口は各国で減っている。日本も例外ではない。韓国も減っている。アフリカだって減っているわけだ。にもかかわらず、統計だけがどんどん増えている。

というわけで、どうもなんか変だ、というのが最近の私の直感なんですナ。まあ、これについてはまたいつか。



いやはや、世も末ですナ。







e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-04-01 09:48 | 阿南&徳島

祝「ぼっちゃん高校」120年目で甲子園出場!:ここ阿南の富岡西が120年目の甲子園!   

みなさん、こんにちは。

今回はここ徳島阿南の話をメモしておこう。というのも、地元の公立高校の富岡西高校の野球部がなんと

120年目の甲子園

120年めにして初の甲子園出場を決めた!からである。

富岡西(徳島)初の甲子園 
創部120年 センバツ21世紀枠

a0348309_9523218.png



この富岡西高校は徳島で二番目にできた旧制中学校で、最初が徳島尋常中学校第一分校(後の脇町中学、現高校)、その次が徳島尋常中学校第ニ分校(後の富岡西中学、現高校)であった。

その古さは、あの夏目漱石の坊っちゃんの時代、夏目漱石の「坊っちゃん」のモデルになった教師がこの富岡西高へ赴任したことからわかる。

その当時からその「坊っちゃん」先生のモデルが好んだうどんが、阿南の「ぼっちゃんうどん」である。
坊っちゃんが「坊っちゃんそば」を食べる!:坊っちゃんのモデル弘中又一が通った福助

では、そのモデルはいたのか?

というと、それが、弘中又一という、漱石の親友であった。この人である。

弘中又一
a0348309_9575633.jpg



【略歴を説明しよう】・・・

1873年(明治6年)  夜市(やじ)川の上流に広がるのどかな湯野温泉・山口県都濃郡湯野村第287番地で、
父・弘中伊亮、母・タメの長男として生まれる。
萩藩の重臣・堅田 就政 の旧家臣の家に生まれ、地元の湯野小学校に入学する。
高学年になると、桜田小学校(現在の 戸田小学校)の中等科を卒業。
1890年(明治23年) 京都の同志社普通学校(現在の同志社大学)に入学。
私塾時代の漢文の先生が京都に住居を構えたことから、 慕って京都の学校へ進学した、という説がある。
1894年(明治27年) 同志社普通学校を卒業。柳井小学校代用教員となる。
1895年(明治28年) 5月に、愛媛県松山尋常中学校の英語の教師に赴任する。
そこで、夏目金之助、後の夏目漱石と職場を共にする。
1896年(明治29年) 愛媛尋常中学校東予分校に転任し、その年に徳島県尋常中学校第二分校に転任する。
1900年(明治33年) 埼玉県尋常中学校第二分校(旧制熊谷中学時代)に着任する。
1912年(明治45年) 同志社中学校に転任する。
1932年(昭和7年)  同志社中学校を退職する。
1938年(昭和13年) 8月6日、京都に住んで数学などの研究をされていましたが、死去する。


というのも、この弘中の赴任は、その徳島県下で二個目にできたばかりの尋常中学校の新任として学校の立ち上げに貢献することだったのである。

時は、1896年。

以来幾多の戦争を超えて、県下の俊雄、秀才たちがこの尋常中学校に集まった。

その後、戦前の富岡西中学、そして戦後の富岡西高校へと変化した。

今現在徳島の中高年のリーダーの大半はこの富西出身である。

しかしながら、県下随一の進学校であったがゆえに、甲子園どころか、サッカーの選手権の出場もなかったのである。

ところが、高度成長期のあたりに阿南にもう一つの進学校が登場した。

富岡東高である。

ここは最初は男子校の富西、女子校の富東として誕生した学校だったが、どういうわけか、徳島県教育委員会と阿南市教育委員会がことごとく伝統の富西を弱体化させ、新興の富東に肩入れし、後発の富東が進学校の地位を奪い取った。

数年前、それに業を煮やした富西は中高一環教育への舵をとったが、その最初の発案者の富西が後から名乗りを上げた富東にその計画を乗っ取られてしまったのである。

以来、富東こと富岡東高が中高一環のナンバーワンの進学校になり、伝統の富岡西がナンバー2の辛酸をなめてきた。いまや逆に女子が多いのが富西になり、いまでは女子学生の方が男子学生より多くなる始末である。つまり、女子高化していると聞く。

ところが、女子高化するということは、ある意味では、商業高校化するというようなものだから、男子の場合も勉強よりスポーツが得意というものが増える傾向にあるわけだ。

どうやらそれが幸いし、野球の上手な選手が増えたようである。


また、10年ほど前に新市長が誕生し、その市長さん、サッカーより野球が大好きで、とにかく野球に力を入れ、それまでは、青色発光ダイオードの街「ひかりの阿南」だったものが、いつの間にかトップレベルの野球場までつくり、合宿所やトレーニンルームまで完備させ、いまや「野球の街阿南」に唯我独尊してしまったのである。

だから、いまや市内のいたるところでキャッチボールはしている子供はみるが、ボールを蹴る子どもたちは見なくなってしまったのである。

この市長ができる前、我が家は私が自分の息子たちを幼稚園時代からすこしずつサッカーボールを蹴らせて、いつの日かここ阿南で県優勝を目指して、

県南サッカーに革命を!

のスローガンでやってきて、コーチとして阿南高専、息子たちのサッカー部の父兄として、阿南中学、富岡西、富岡東のサッカー部と関わり、ついに

阿南高専初の全国高専大会ベスト8

富西戦後初のベスト8

富東戦後初の準優勝


までこぎつけ、なんとか県南サッカーの灯火を灯したのだった。

が、それもついにこの市長により消し飛んだのであった。

富西、富東ともに出ると負けの一回戦ボーイになった。


が、しかし逆に野球は盛り返したというわけだ。


まあ、日本全国で唯一いまだ公立高校しか、甲子園出場とサッカーの選手権に出場のない県というのがここ徳島県である。私立高校より、公立高校の方が強い県。

最後の砦である。


言い換えれば、いまだに地元の子どもたちが普通に学区で通い、そこで鍛え、学び、そこで強くなる。たいした環境でもないのに、創意工夫で頑張る。こういう高校が甲子園に出るのは意味がある。

大阪桐蔭とか、青森山田とか、東福岡とか、こういう高校とは正反対の純日本的スタイルのごく普通の高校である。


だから、言い換えれば、

地産地消

の高校である。

地産地消でも努力すれば全国に行ける。進学校でも、公立校でも甲子園に出られる。


こういう例はすばらしい。


頑張れ、富西。


俺も息子のサッカーの練習試合のときには何度も富西のグランドに行ったものだ。

ちなみに、我妻も富西出身。デフテックのシェンの義理の母も富西出身。私の息子の長男も富西、次男が富東。

まさに地産地消である。

まあ、トレンドとしては最高の学校へ行くというも一つの方法だろうが、地方が衰退しないためには、やはり地産地消で発展させるということが大事であろう。さもなくば、ゆくゆくは地方が外人師弟だらけになる。あるいは、廃校になる。

ちなみに「ブラック学校」なんていうのはまやかしである。「生徒が多すぎて〜〜〜」というのは都市部の話であって、地方はどんどん廃校か合併である。

この富西、富東も奥さんの時代の半分の生徒数しかない。だから、教室が空く。

なぜ先生が忙しくなったか?これについてはまたいつか?


おめでとう、富西野球部!

まずは甲子園1勝初戦突破を目指せ!

頑張れ、富西野球部!

ちなみに、富岡西の学校カラーは早稲田色=ベージュ=茶色である。







e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-01-28 10:35 | 阿南&徳島

ここ徳島の新しい世代のスター登場!?:サッカーの塩谷司とJPopの米津玄師   

みなさん、こんにちは。

毎年新年の駅伝が行われるが、私の出身の山梨と妻の出身のここ徳島は、いつも40位前後で張り合う。最下位の沖縄よりはマシだが、これってやる意味あんの???

要するに、何十年もやって上位に上がれないというのは、それにはそれなりの理由があるわけだ。

つまり、遺伝的に持久力がない→ミトコンドリア遺伝子の性能が持久力向きではないのである。

まあ、オリンピック同様、駅伝にも「参加することに意味がある」という考え方があるのかもしれないが、俺に言わせれば時間の無駄=金の無駄であろう。

山梨や徳島や沖縄。。。など駅伝の下の方の地方にはもっと別の道があるはずだ。

相撲とか、野球とか、重量挙げとか、柔道とか、砲丸投げとか、バレーとか、ゴルフとか、。。。

要するに、瞬発力を中心に据える競技に特化するべきだろう。

私の観察範囲でも、徳島の子供は走るのが苦手である。つまり、嫌いなんだな。

ところが、京都あたりの子供は、あの山を登ったり下ったりの地形の中で、走り回って遊んでいる。

だから、京都はいつも駅伝上位である。

また昔の飛脚が住んでいた東海道沿線の地方には健脚の子孫がいるから、

千葉、東京、神奈川、静岡、愛知、滋賀、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡

などでは、結構健脚が生まれる。実際、駅伝もサッカーも強い。よく走るスポーツはみな強い。

上に行けばいくほど、レベルが上がればがるほど、人は遺伝の影響を受ける。かならず、あるレベル以上になると、向き不向きが出てくる。それはやってみるまでわからないが、やっていくうちに自ずと自己の限界が現れる。

残念なことだが、それを痛感したら、潔く方向転換すべきである。

プロサッカー選手になったのに1点も取れないとか、ボールにさわれないとか、こういう選手はサッカー向きではない。

むしろ、マラソンや中距離選手に進むべきだ。

逆に駅伝で弱くてももっと長距離のフルマラソンとかトライアスロンとか100kmマラソンとか。。。こういうものに適性があるかもしれない。

事実、駅伝には弱い徳島と山梨から、海外の何日にも渡る自然界を徹夜走行する過酷なレースで世界チャンピオンが1人ずつ生まれている。

まあ、駅伝は中距離のせいぜい1万mの適性を見るだけだから、中途半端で有害だというのが俺のかねてからの見解である。

むしろ、サッカー選手に駅伝を走らせるべきである。

サッカー選手にとり、1試合で12km走るとすれば、練習ではその2倍の24km走る必要がある。俺の経験でも、試合で足をつらないでできるためには、実際の倍は練習で走れるようにしないとまずいのである。

だから、フルマラソンで優勝したければ、1日午前と午後に42kmを1本ずつ走る必要がある。事実、シドニー五輪で優勝した高橋尚子選手はその前に1日2本フルを走り、昼飯と夕食にはギャル曽根並に食っていた。

錦織圭が5時間のゲームを連戦して優勝するためには、1日その倍の10時間の練習が必要になり、それに耐えられるようなトレーニングが必須となる。さもなくば永久に優勝は不可能だ。

さて、大分前置きが長くなってしまったが、かつて山梨には野球の堀内恒夫いわゆる18番を作った男と、サッカーの中田英寿というスーパースターが生まれた。

一方、徳島には、ゴルフのジャンボ尾崎、野球の徳商の板東英二と池田の水野雄仁、男子体操の畠田好章(いま娘さんが女子体操にいる)、マラソンの弘山晴美、水泳の源純夏、 俳優の大杉漣、。。。などのスーパースターが生まれた。

そして、いまもその伝統が引き継がれ、いまはサッカーでは日本代表の

塩谷司
a0348309_10153889.jpg


と、紅白にでた

アンジェラアキ
『手紙~拝啓 十五の君へ~』


と米津玄師
米津玄師 MV「Lemon」


米津玄師まさかの経歴と学歴が凄すぎた…「Lemon」を紅白歌合戦で熱唱…
が現れた。


人にはそれぞれの才能がある。どんなにたわいないものでもその人にしか備わっていないものである。だから、それぞれに価値がある。

それをうまく活かす。

保江邦夫さんの恩人であったシスター渡邉和子さんは、それを

「置かれた場所で咲きなさい」
a0348309_10395253.jpg

と言ったらしい。

昔の人は、「一隅を照らす」とも言ったが、おそらく同じような意味だろう。

人には持ち場がある。

それが主役であろうが端役であろうがエキストラであろうが、その持ち場で咲く。

仲代達矢も三船敏郎も石原裕次郎もケビン・コスナーも。。。

みな最初はエキストラや死体役だったという。

しかし、「そこで」咲いたか、枯れたかの違いがその後を変えた。

仮に枯れていたとして、監督の目には止まらなかったとしても、そこに枯れて存在したということには意味がある。

一世風靡することは素晴らしいことだが、一世風靡できなかったとしてもその人の世界は続くのだ。人にとって、成功不成功は数多くの出来事の一コマにすぎない。

ワンシーン撮ったって映画にはならない。

ワンシーンを特別のものにするには大半の普通のシーンが必要だ。そして何よりも大事なことは、映像をフィルムに取り続けることであろう。さもなくば映画が完結しない。

どんな選手でもいずれ引退の時が来る。どんな偉人でもスーパースターでもいずれお別れの時が来る。

だから、一喜一憂せず、一休和尚が言ったように「罪なく死す」の六字の偈が大事なのである。

とまあ、とりとめなく、徒然草的なメモしなってしまったが、徳島の新しい才能たちの活躍を期待したい。


頑張れ、徳島!頑張れ、山梨!

頑張れ、日本!





e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-01-24 10:40 | 阿南&徳島

大相撲阿南場所へ行ってきましたヨ:俺「もう阿南場所は二度と来ないヨ!?」   

みなさん、こんにちは。

さて、昨日は図書館に行きすがら、もし当日券があれば、「冥土の土産話」にと、大相撲阿南場所を見てきたのである。これを一応メモしておこう。

幸い、当日券2階の一番遠い4列目7000円の固定席があった。一番安いパイプ席は満杯だった。が、結果的にはこれが良かった。

このサンアリーナは、我が家から歩いて十数分。自転車なら数分で行ける場所にある。

私は10数年ほど前まで毎日水泳に行っていたところで、持病の腰痛と花粉症改善のためにとせっせと毎日通っていたわけである。だから非常に馴染みのある場所で、だいたい中がどうなっているか知っていた。

だから、22000円支払って土俵横に座るより、2階席から見るほうがよく見えるだろうと想像していたから、もし一番安い2階の当日券ならまだあるかもなと思って行ったのだ。が、やはりその通りだった。

ところで、まずはその土俵を普通の体育館内にどうやって作るのか?

その準備に1週間くらいかけてするのか?と思っていたところ、なんとわずか当日の1日前に作業が始まった。こんな感じ。

a0348309_9442799.jpg
a0348309_9444661.jpg

だから、一昨日に準備が始まり、その翌日の昨日の8時開場であった。

私が行ったのは10時半ごろだから、ネットではチケットはすべて完売となっていた。だから、その現場に行ってみるまでわからないという状況だった。

そして手に入れたのがこれ。
a0348309_9471281.jpg


幼稚園の先生たちが写真を取っていたので、俺もつい。
a0348309_9475513.jpg


ちなみに、今回の阿南場所では、幼稚園から高校生まで無料。阿南市がバックアップしたと阿南市長の岩浅嘉仁がご挨拶。
a0348309_951829.jpg


ところで、その前まで、土俵上の稽古
a0348309_9515113.jpg
(竜電と豪栄道)

と土俵入りがあったんだが、他のひとが稽古中に一人力士を背負って黙々と屈伸している力士がいたんだな。
a0348309_952292.jpg


こういうのは、広く見渡せる貴賓席のような場所でないとわからない。

そこでいったいどいつだ?と注目していると、竜電だった。
a0348309_9552655.jpg


竜電は伸びますよ、みなさん。

この屈伸3ラウンドはきついと思うがラクラクとこなしていた。


サッカーや野球でもどんなスポーツでもそうだろうが、サッカーは試合前のアップを見るべきだ。

なぜならアップを見れば、すでにどっちが勝つか分かるのである。

競馬でも馬のアップをみれば勝敗が分かる。

相撲然り。

試合前のアップや稽古をみれば、だれが好調か不調か一目瞭然である。


この阿南場所では、むろん、こういう巡業は稽古のためにやっているので、場所そのものは「やらせ」の興行である。だから本気の取り組みはない。怪我したら本場所に響くから、怪我しないように大相撲らしく「みせて」いるにすぎない。

遠藤は人気ものだが、精彩を欠いた。しかし、竜電はオーラがあった。まるで横綱の雰囲気が出ていたのである。

土俵上の稽古でもみずから一番多く胸を貸し、相手の胸を押し返したのが竜電だった。そして、その後で「膝を強靭にするために」屈伸をしていたわけだ。

まあ、こういうのは、現場に行ってみないとわからないわけですナ。

だから、サッカーでも、現場に行って、アップから見ろという鉄則が生まれる。むろん、野球も同じである。

はっきりいって、このアップをみるだけでも、チケットの元はとれるのである。特に若者にはそうだ。

アップの仕方、練習方法、技術水準、こういう情報が若者を伸ばすからである。若者には肌で感じるものがある。

老人には、冥土の土産でしかない。


さて、この地方巡業で一番興味深かったのは、
初切
a0348309_1081472.jpg


相撲甚句
a0348309_1073760.jpg


相撲太鼓
a0348309_1093596.jpg


というやつだった。

中でも、相撲甚句を歌った力士の歌声のすばらしかったこと。すぐにでも演歌歌手になれそうだ。力士の才能より、歌の才能の方が勝っているんちゃうか?

そして、この後力士の土俵入り
a0348309_10165567.jpg

と横綱の土俵入りがあった。今回は鶴竜と稀勢の里だけ。
a0348309_10173976.jpg
a0348309_10175828.jpg

白鵬はたぶん手術のせいで来れなかった。

阿炎と遠藤
a0348309_10195678.jpg

これより三役
御嶽海と逸ノ城
a0348309_10324529.jpg

豪栄道と栃ノ心
a0348309_1031468.jpg

稀勢の里と鶴竜
a0348309_10314672.jpg



そして、最後の弓取り式
a0348309_10335953.jpg


これで打ち止めとなった。


さて、今回のこの相撲の地方巡業という興行で感じたことは、やはり

商売上手

ということだろう。すでに相撲興行として歴史が長く、だれがどこでやっても同じ結果が得られるように、システムが完成しているわけである。

土俵際の席が22000円。一番安い席が6000円。それで全部で2100人入った。大雑把に平均して1席1万円とすれば、この半日の巡業で2100万円獲得したわけである。110人の力士である。力士1人20万円分ほどになる。

これが主催者側にいくら入るのかは知らないが、市が補助しているとすれば、相撲協会にはほとんどそのまま行くのだろう。


さて、問題は、我々の科学分野もこれを真似できないか?真似すべきではないか?

そういうことだろう。

ノーベル生理医学賞受賞の山中教授は研究費獲得のために、フルマラソンを走っては寄付金を集めるという。

しかしこれでは個人の力、個の力にすぎない。

大相撲の地方巡業のように、大学の医学部とか、理学部とか、建築学部とか、そういう学部が、その学部を代表する学者たちやその弟子たちから大学院生や学部生まで代表チームを組んで、出前興行を行うのである。

つまり、大学の理学部の物理学科では、ふだんどんなことをやっているかをそっくり地方巡業するのである。

福岡に行って、福岡の小中高校生やその教師たちに見に来てもらう。

論文づくりの作業、研究のやり方、コロキウムの雰囲気、ゼミの場面、

こういう日常大学で行っているコンテンツを「見せる」ことで、お金を取るのである。あるいは、お金を取りに行くのである。

あるいは、大学のグループでそれをやってもよいし、ノーベル賞候補の呼び声の高い研究者とか、若手の旗手とか、そういう学者さんに、中高生や教師やPTAの人に「見せること」で集金する。

文科省を頼ってばかりではなく、自ら山中教授のように積極的に研究費や若手の経費のために動く。


とまあ、相撲の地方巡業を見ながら、こんなことが頭によぎったんですナ。


やはり、何事も現場主義が大事である。その現場に行って目撃者になることである。


いずれにせよ、もう私が存命中に阿南場所が来ることはないだろうから、やはり無理しても行ってよかったということになるだろう。

ここでは何度もメモしてきたように、物事は、またいつか同じチャンスが訪れるだろうと油断して、せずにすましてはいけない、ということである。

不思議なことにチャンスというものは、いつもまた同じようにチャンスが来るような雰囲気で訪れるのである。チャンスはめったに現れない、のではなく、チャンスはそれがチャンスに見えないくらいにごく普通に訪れるのだ。

チャンスというのは、映画のように、あるいは、通販CMのように、「今がチャンスだ」とばかりに仰々しく訪れるものではないのである。実に静かにごく普通の顔して訪れる。だから、自分が見逃すのではなく、気にもとめないくらい当たり前にしかみえないのである。

だから、「チャンスを逃す」というのは、チャンスを見逃してチャンスを失うのではなく、チャンスがまた来ると思ってスルーしたためにチャンスを逃すのである。

こういう実にしょうもない形でチャンスを失う事が実に多いのである。

俺はこの事実をブラジルW杯に行ったときに痛感したんですナ。実感できたのである。なるほどってヨ。

だから、一応「せっかくだから」(俺は大相撲は八百長で嫌いなんだが、それでも)このチャンスに見ておこうかと当日券を買いに行ったというわけだヨ。

昨日見に行かなかった多くの普通の人は、また何年か後に来るからその時でいいさと思って、行かなかったのである。ただそれだけの差。しかし、俺は阿南場所がもう二度とないということを知っている。だから行ったのだ。

あらゆる条件が整ったから阿南場所が開かれたのであって、その同じ条件が今後揃うことはまずないのである。

現実とはそういうものなのだ。


いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2018-10-24 11:03 | 阿南&徳島

アイムバック!:光ファイバー通信は意外に脆かった!?   

I'm back...
a0348309_1427246.png



みなさん、こんにちは。

アイムバック!

いやはや、台風21号のせいで、最後の台風情報
台風21号通過中:「みんな飛べないエンジェル〜〜〜!」もうすぐ上陸開始!?

おまけ:
さあ〜、来ましたよ。今が最盛期だ。これはひどいどしゃぶりだ。

この1時間が勝負だろうか?

では、みなさん、さようなら〜〜〜!!!

をメモした後、いきなりネットと電話が不通になって、本当に「さようなら」になってしまった。

我が家のダメージは大したことはなかったのだが、NTTの光ファイバーが風で折れたのである。

問題はその後、この丸1週間、NTTの工事担当は同じような損害を受けた企業や組織や個人宅の修理で、今日やっと我が家にも修理が回ってきて、今日の昼頃にやっと修理が終わった。


というわけで、台風21号の2日後に北海道の大地震が起きたのだったが、私はまったくネットで分析できなかった。実に残念であった。

HAARPモニター観察:8月下旬の500nTの地震電磁波到来!?


この地震でお亡くなりになれた方々のご冥福をお祈りし、被災した方々への哀悼の念を捧げたい。


今回は北海道の地震についてはいまのところ何も言えないので、台風とネットに関してのみ、これについてメモしておこう。

つまり、実際に本当の災害が起きた場合、
光ファイバー通信はあまり当てにならないのではないか?

ということである。

今回、この辺は台風21号の50m/sの暴風雨に見舞われたが、その後台風21号の暴風雨が関西地方にいくことは私がメモしたとおりだった。

台風21号通過中:「みんな飛べないエンジェル〜〜〜!」もうすぐ上陸開始!?

最新
a0348309_10534611.png
(午後には本体が大阪にも行きそうですナ)

四国全域から中国地方と京阪神も要注意ですナ。


その結果、関空が水没した。

まさかの水没。

予想外、想定外の事態だったにちがいない。


風に関しては、やはり「防風林」というのが実に重要であると思う。

我が家も少なからず周りに生えている木々により、かなり暴風雨が軽減されている。

この意味で、関空には防風林に相当するものや、高波に対する備えがなかった。

海の上だから、全体をもっと高い土地にするか、南東に防風林か、あるいは、風車群のような風対策を行うべきだった。


さて、問題の光ファイバー網は、やはり光ファイバーはガラスでできているため、ストレスに弱い。

したがって、ファイバーが暴風雨や地震で強い衝撃が加わった場合には断線するリスクが高い。

今回、ここ徳島は、ケーブルテレビの普及率全国一だったのだが、逆にそのケーブルテレビが光ファイバーやケーブルで繋がれていたために、台風で遮断されると、何も情報を得られなくなるという現象が多かったようだ。

逆に固定電話のアナログ回線が一番災害に強かった。

我が家でもアナログ回線は普通の銅線の電線ケーブルだから、こっちの方は問題なく電話が通じた。

北海道の場合は、そもそもの電源が落ちたわけで、ひとたび電力供給がなくなると、全部消えるという不測の事態を引き起こしたのである。


風、水、地震

まるで風水のような感じで、災害が来ると、意外にもハイテク製品は役に立たないのである。


携帯の場合はどうかというと、今度は、主局が一極集中のために、大勢が一気に利用するとパンクするのである。

今回の台風でわかったことは、NTTにもこれが起こった。

台風21号一過。みなが自分の会社なり、家なりを見回ると、電話の光回線が切れていることに気づく。

すると、それに気づいたものからNTTへ電話する。

すると、NTTの事故対応の部門がパンクした。

台風21号が過ぎ去ったあとから、私もNTTに電話したが、電話はつながるのだが、テープで

「このままお待ちしても30分以上待になります」

という自動応答が繰り返されるばかりで、そのプログラム通りに「プッシュ1しろ、プッシュ2にしろ」というようなやつを聞いていると、ちょうど3分の通話料を取られる格好である。

この間、NTTと接触できないのである。

つまり、こうなると、自分が被災して死にそうな状態になったとしても、さまざまの人たちの電話への応対で、肝心の情報伝達ができないのである。


なぜこうなるか?

といえば、これはNTTの工事対応などの顧客サービスの窓口が一箇所しかないからである。つまり、顧客サービス部門は全国で一律の窓口が、どこかに一箇所(たとえば、東京か福岡とか)しかないからであると考えられる。

実際、NTT西日本の阿南支局に連絡できる部門がないかと行ってみれば、もはやオフィスそのものがなかったのである。窓口がない。だから、利用者であるこちらの状況を電話でも連絡できなければ、口で伝達することもできなかった。

ただ待つのみ

となったのである。


結局、丸一日NTT西日本と連絡できず、翌日にアナログ回線の事故対応部門に電話がつながった。幸いその女性が親切な人で、ディジタル部門につないでくれ、そこからこちらの携帯に電話してもらい、やっと修理の日取りを決めることが出来たのである。

それが今日だった。


修理工に聞いてみると、このところ毎日修理で大忙しらしい。もちろん、修理工はNTT西日本の下請けさんである。

なんでもかんでも現地の下請けに任せるというような、丸投げ経営ではなく、やはり自社内にその筋の専門家を雇っておくべきではなかろうか?


さもなくば、もし現地の田舎に下請けがいなければ、修理できないのではないだろうか?


とまあ、この1週間かこんな案配で、さぞかし、ご心配した方もいたのかもしれないが、俺は元気にやっていますぞ。


ところで、この1週間ネットに触れないと、自分の仕事がはかどる。このところ続けてきた翻訳本の校正が一気に2章もはかどった。

この意味では、ネットにへばりつくのはかなりの時間のロスの感ありですナ。


この経験をもとに、ここにメモするのは1週間に一度くらいにするか?

その方がずっと自分の仕事がはかどるに違いない。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2018-09-11 14:29 | 阿南&徳島

さげちん「今年は総踊りなしよ」:さだまさしが関わると必ずダメになる!?   

眉山
(さげちん、さだまさしが関わると必ずダメになるらしいなあ)


みなさん、こんにちは。


今日は8月15日だから、お盆の最終日。つまり、阿波おどりの最終日でもある。

昨日メモした事情

さ・げ・ち・ん、遠藤市長
a0348309_15474949.jpg

だれも伝統を止めることはできない!:総踊りのない阿波踊りはスジャータのないブッダに等しい!?

から、今夜の阿波おどりの最終日には「総踊り」は行われない。

というようなわけで、昨年の久しぶりに黒字化した時の阿波おどりの総踊りの模様をメモしておこう。

阿波おどりファン必見!総踊り4Kフルバージョン!踊り子さんの笑顔がすてき!徳島市阿波おどり2017初日総踊り!! Awaodori in Tokushima Japan



今年の阿波おどりはこれだ。

12日
本場徳島阿波おどり・娯茶平_藍場浜演舞場_20180812 Awaodori in Tokushima Japan


13日
阿波おどり2018 ♪娯茶平 - フィナーレのトリです!! Awa Odori "Gojyahei"


14日
【4K】阿波踊り2018 【阿呆連から娯茶平まで】藍場浜演舞場


それぞれの連は幼少の子供から小中高生、大学生、社会人から老人まで、みなさん踊りが好きでやっているわけだ。

だから、毎日毎日1年掛けてこの4日間のために練習して踊りこんできている。

だから、下半身も見事に鍛えられている。

それがいわゆる「阿波女」であるという。

和三盆「阿波女」
a0348309_15233921.jpg

a0348309_15234412.jpg

ひねった紙をほぐすと
まるで恥ずかしがる女のように2つに割れる。
口に入れるとふわりとあまく舌に溶けている。
阿波女の味である。


なんともエロチックな和三盆。淫靡な和菓子。

冗談はよし幾三。


徳島市長がその地元の400年の伝統をないがしろにする。それも徳島新聞社だけの利益のためにヨ。

これは遺憾ですナ。

市長の越権行為。不正行為である。


まあ、子供時代からずっと大人になるまで練習して初めて本場の阿波おどりが完成するのである。

しかもその費用は全部自分たちで工面している。

要するに、ボランティア行為である。

阿波おどりの連のメンバーは、自分たちを「踊る阿呆」だと思って金のことなどまったく気にしていないのである。

本来なら、120兆円の利益の大半が協会に渡るべきものだが、ほとんど雀の涙程度で、大半が徳島新聞とその配下にある四国放送に行ったわけだ。

それに電通の魔の手が忍び込んだ。

最近、にわかのタレントがやたらと多いなと思っている矢先に、赤字になった。

要するに、四国放送がタレントや偽芸人に媚を売ったからだ。

タレントの下手くそな踊りなど誰が見るか?

芸能人は来るなヨ!来なくて良いんだヨ!

それでもなぜ来るか?お呼びもしないのに来たがるのか?

といえば、四国放送や徳島新聞社が横抜きした金にまとわりつくからである。


赤字は徳島新聞が払うべきもので、そのつけを協会にかぶせるのは人道に反する。

外道ですナ。


阿波おどりの人たちは、徳島新聞不買運動したらいいんちゃうか?

どうせろくな記事はない。


俺なんか、せいぜいイニエスタの記事を切り抜く程度。あとはどうでも良い。ネットで全部判る。


ところで、今年の阿波おどりは観客が超少ないらしい。

たぶん、巨額の赤字になるのではないか?


ということは、遠藤市長の肝いりでできた「新阿波おどり協会」=徳島新聞の傀儡協会の運営の大失敗ということになるのではないだろうか?

ということは、遠藤市長はその責任を問われる。

まあ、徳島県民はおとなしいから、何もしないだろうが、他の地方なら大変なことになるんちゃうか?

大阪の岸和田とか、福岡の山笠とか、厳しい男の祭りの地方では大変なことになるだろうヨ。


ブラジルのサンバでもそうだろう。

つまり、リオのカーニバルで、リオ市長がカーニバルの総踊り大行進を禁止したとしたら、どうなるか?

たぶん100%暴動が起こるだろう。

そして、市長はだれかに射殺されるはずだ。

かのコロンビアのエスコバル選手やメキシコの政治家のようにナ。

日本の徳島で良かったですナア。

400年も続く阿波おどりが、徳島新聞社の社長の米田豊彦の鶴の一声で潰されるとは?


あげまん、があれば、あげちん、もあるように、
さげまん、があれば、さげちん、もある。

どうやら遠藤市長とさだまさしは「さげちん」だったようだ。



いやはや、世も末ですナ。






e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2018-08-15 15:53 | 阿南&徳島

だれも伝統を止めることはできない!:総踊りのない阿波踊りはスジャータのないブッダに等しい!?   

みなさん、こんにちは。

今度はこの話題をメモしておこう。

徳島

といえば、

阿波おどり

ブラジルのサムバよりずっと古い。

その阿波踊りが徳島市長となった元四国放送のアナウンサーでワークスタッフのCM塔、タレント事業の営業マン、「朝鮮ハゲ」のとっちゃん坊やの遠藤市長、
a0348309_1152543.jpg
(たぶん半島出身の人ですナ。)

この人物が市長になったとたんに、それまでさんざん四国放送アナウンサーとして阿波踊り協会にお世話になっておきながら、手のひら返しで阿波踊り利権を協会側から徳島市側にぶんどってしまった。

この一連の流れは一般人には謎でしかない。

もっとも、ここ阿南は「阿南の夏祭り」が7月20日に始まり、徳島県下でも一番最初に阿波踊りが開幕する。だから、あまり徳島市の阿波踊りがどうであろうが関係ないのである。

徳島の阿波踊りは最初に南や北や西の方から始まり、そして地方で踊った連が最終的にお盆に徳島の阿波踊りで集結する。

そして、最後の最後にみんなで

踊る阿呆に見る阿呆 同じ阿呆なら踊らにゃソンソン

と総踊りを行うのが伝統になっている。

伝統

すなわち慣習というものは法律を超えるのである。

文字になくても慣習は、いわゆる「慣習法」といって、無文書、口伝、。。。、不文律というもので、イギリス憲法は文書としては存在しない。多くの判例から憲法精神を維持するのである。

我が国も大英帝国と似たところがあり、書かれていないから良い、書いてないからだめ、というようなことはなく、これまで通り、従来どおり、慣例だから、伝統だから、そういう習わしだとか、しきたりだとかこういうことが生きてきた社会なのである。

そこが、米国とは違う。

法律に書かれていないから犯罪ではない

この発想はチャイナ人やコリア人やユダヤ人の思考法である。

同様に、

神聖な土俵に女性は登るな

という慣習や伝統があるのに、わざわざ女性が土俵を横切る。

わざと楯突くのである。人が嫌がる姿を見ると興奮してスカッとする。これもまた、コリア人の思考である。

土俵を十分に避けて回り込んで患者に行くことが出来たのに、土足で土俵に上る。狂っていますナ。


ちょうど今回の阿波踊りの協会側に対する遠藤市長の感覚がこれである。

2016年までに赤字が4億円だったが、(ちょうどこの赤字は徳島新聞社が好き勝手にダマスゴミ相手に俳優やタレントや吉本無芸人を集めたからできただけの分のことだが)、2017年には改革が進んで黒字化した。

その矢先に、無能の遠藤市長がいきなり協会側を悪者にして阿波踊りから追放したのであった。

キチガイ遠藤である。


アナウンサー時代もお調子者で、きもい男だったが、市長になってどうしようもなく事大してきた。


とまあ、これが俺が観察してきた流れだが、これをうまく証明するようなものを見つけたので、一応メモしておこう。以下のものである。

【阿波おどり混乱】徳島市長が中止を命じた「総踊り」場外で強行 市長「誠に遺憾」 協会理事長「これが庶民の声」
a0348309_1211428.jpg


12日に開幕した徳島市の阿波おどりで、今年は市主導の実行委員会が、毎晩最後に行う最大の見せ場「総踊り」をなくす予定だったことに対し、反発する一部の踊り手グループが13日夜、独自に総踊りを行った。実行委は総踊りの開催自粛を求めていたが、踊り手側が強行した形で、運営を巡る混乱が表面化した。

 阿波おどりは昨年まで市観光協会と徳島新聞社が主催していたが、ずさんな運営で4億円を超す累積赤字が表面化し、今年は市主導の実行委が初めて主催した。

 実行委は、収支改善を理由に総勢1800人の踊り手が1か所の有料演舞場で踊る「総踊り」を中止し、計4か所の有料演舞場に踊り手を振り分けることを決めたが、主要な踊り手グループでつくる「阿波おどり振興協会」(山田実理事長)が反発。協会は「楽しみにしているファンは多く、観客の要望に応えたい」として、13日夜、所属の全14グループ約1400人が、有料演舞場近くの歩行者天国の路上で約30分間、総踊りを行った。

 総踊り後、協会の山田理事長は「多くの観客の熱気を受け止められ、本当にやって良かった。これが庶民の声だと市長にわかってほしい」と話した。阿波おどりは15日まで続くが、14日以降は総踊りは行わないという。

 一方、総踊りの自粛を要請していた実行委員長の遠藤彰良・徳島市長は13日夜、「再三にわたり実施しないよう求めていたが、それを無視して行われたことは誠に遺憾。今後の対応については実行委で協議したい」とのコメントを出した。

2018年08月13日 23時40分
YOMIURI ONLINE
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180813-OYT1T50055.html
a0348309_12112621.jpg


■他ソース
中止求めた実行委に反発 阿波踊り「総踊り」場外で強行
https://www.asahi.com/articles/ASL8F3D6XL8FPTIL00P.html



この遠藤は市長になれば何でもできると思ったらしく、阿波踊り400年の歴史伝統をチャラにできる、わやにしてよいと思ったらしく(この瞬間にこいつが朝鮮人であることの証明のようなものですナ)、総踊り中止を宣言した。

ほんとよく言えるなあ。

市長になる前さんざん総踊りの司会やレポーターさせて美味しい思いさせてもらったはずなんだがナア。


ということは、こいつがボスではないということになる。

こいつの裏の真の悪、それが黒幕である。

というわけで、本当の

黒幕は誰か?


これについて、上の記事に書き込まれたものが面白い。

一応メモしておこう。これである。

50: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 00:31:47.43 ID:2rw4HJEQ0.net
ギコ持ってきた

★わかりやすいまとめ★

阿波踊り共催は観光協会(市の非営利外郭団体)と徳島新聞(県内シェア75%で日本一)
来客数120万人、経済効果100億円の大イベントに成長

観光協会の不明朗会計で40年間の累積赤字が4億円だと発覚

不明朗会計の原因は徳島新聞グループの利権
随意契約(チケット、広告、貸倉庫)で儲けまくり。観光協会赤字

観光協会は非営利団体なので儲けるのはダメ
でも赤字解消の為に経営改革開始。徳島新聞グループと随意契約の見直しを計画

利権を持つ徳島新聞が激怒!子会社四国放送の人気アナウンサーを市長に立候補させて当選

観光協会の経営改革大成功!2017年は2,500万円の黒字、累積赤字解消のめどが立つ

市長が徳島新聞グループの利権を守るために累積赤字・不明朗会計を理由に
観光協会を一方的に破産手続き、解散に追い込む


徳島新聞が3億円を市に寄付し、徳島市と徳島新聞が阿波踊りの主催者に
徳島新聞グループ派の市長が実行委員長になる
徳島新聞グループとの随意契約は温存。利権を守り抜く

市長が観光協会寄りの振興協会(踊り手の最大組合)が行う、総踊り(阿波踊りのメインイベント)中止を一方的に決定

振興協会(踊り手の最大組合)がボイコットを決断
振興協会独自に総踊りを開催しようとするも市長に阻まれる

阿波踊りのチケットが売れない 

今夜10時過去最大の総踊り決行 ← NEW☆


169: 名無しさん@1周年 2018/08/14(火) 00:40:38.31 ID:RVah4VCD0.net
シャキーン>>50
それに加えて、破産程度続き中の踊り見物用桟敷の売却方法もきな臭い
普通は競売にかけて最大限の債権回収を図るべきなのに
ナゼか破産管財人の中西弁護士はそれをせずに徳島市に売却


要するに、パヨク新聞、徳島赤旗新聞こと、徳島新聞が黒幕だったんですナ。

四国放送は徳島新聞の子会社のようなもの。

徳島新聞
a0348309_12181060.jpg


この遠藤さんは、徳島新聞の所轄の株式会社スタッフクリエイトや四国放送で働いていたわけだから、まさに徳島新聞の犬。小間使い。

小間使いが市長になるということは、徳島市役所はすでに徳島新聞の子会社のようなものだということになろう。

徳島市の乗っ取り完了

というわけですナ。

これでは、伝統ある阿波踊りが泣く。

乗っ取り完了を祝して、徳島新聞社の社長さんをメモしておこう。

徳島新聞社、阿波おどりの振興基金創設を提案
米田社長会見「赤字には道義的責任はある」


a0348309_12253369.jpg
(顔が朴さんだった!)

徳島市で開く阿波おどり事業で4億円を超える累積赤字が発生している問題で、事業を徳島市観光協会と主催してきた徳島新聞社は12日、阿波おどりの振興に向けた基金の創設を徳島市に提案した。同社は基金の原資として3億円を寄付する。同日、記者会見した徳島新聞社の米田豊彦社長は「協会の債務に対する法的な責任は無いが、主催者の一員として道義的責任はある」と語った。
記者会見で阿波おどりの累積赤字への責任に言及した徳島新聞社の米田豊彦社長(12日、徳島市内)

2017年5月末に阿波おどりの累積赤字問題が浮上して以降、徳島新聞社のトップが公の場で会見するのは初めて。米田氏は「将来の阿波おどりの安定的な運営や振興のため」と、基金創設を提案した理由を述べた。

3億円の寄付については「1回の阿波おどりの開催の運営費が約2億8000万円。これを基準にした」と説明。「阿波おどりで収益を上げている事業者にも基金に寄付をしてもらう機運につながる」と語った。一方、「これは(協会の)赤字解消のための原資ではない」と強調した。

今年夏の阿波おどりの運営では徳島市が中心になり新しい運営主体となる実行委員会を近く立ち上げる予定。徳島新聞社は当初案にはメンバーに入っていないが、米田氏は「徳島市からの正式な要請はまだない」と明かした上で、「我々は長年の運営でノウハウを持っている。要請があればどんな協力でもしたい」と語り、今後の運営参加に意欲をみせた。

徳島新聞社から提案書を受け取った徳島市の遠藤彰良市長は「阿波おどりの振興に関する貴重な提案をいただいた。阿波おどりの振興や市民の負担軽減のため寄付金の活用を十分に検討したい。また、同社の経験・知識を今後活用させていただくことを考えている」とコメントした。



ビンゴ!

黒幕はこいつですナ。

パヨク新聞徳島新聞のドン、米田豊彦。
a0348309_12283417.jpg
(こいつが遠藤に司令を出すんですナ。大川隆法の幸福の科学が徳島新聞買収しちゃったら?)

まあ、徳島新聞は、電通ネットワークの末端にすぎない。

日本のマスゴミの支配相関図:ハブはやはり電通だった!!
a0348309_831218.jpg

来年以降を予想させるいくつかの話3:「日本のマスゴミ」はいまや世界の笑い者!?
ブーメラン:「偽ニュースの横綱デーブ・スペクターと池上彰がNHKで偽ニュース特集をする」


というわけで、本当の黒幕はもっともっとタレントに貢げという司令を出す、悪の総合商社、電通と博報堂なんですナ。

その手下が吉本であり、徳島新聞であり、四国放送であり、スタッフクリエイトであり、。。。そして、遠藤市長であり、徳島市役所であり、というわけである。


これにて一件落着。

やはり、一度東京直下型大地震で博報堂と電通も潰れたほうが良さそうですナ。

もう俺も保江先生も東京死守するの止めにするかな〜〜!

地震予想出すの止めだ〜〜!


冗談は吉本無芸人


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
要するに、日本大学アメフト部、ボクシング協会、レスリング協会、とまったく同じような構造になっているわけですナ。徳島新聞社が戦後73年の間に阿波踊りの利権を貪り食ってきた。それを電通に狙われ、いつしか電通のシス帝国に徳島新聞も四国放送も狙われて乗っ取られていたというわけですナ。





e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2018-08-14 12:36 | 阿南&徳島