人気ブログランキング |

カテゴリ:ねずさん、小名木善行( 10 )   

Korean's thick face skin, Sillan's thick face skin: An old story in the Korean Peninsula!?   

Hi, Dear Folks!

A really interesting article has been serialized in the blog of Nezusan, Yoshiyuki Onagi. This seems to be very helpful for people all over the world to know what happened between the Korean Peninsula and the ancient Japan called Yamato or Wakoku(倭国). So, I translated it into English by using the Google translator with some corrections.


韓国の厚顔、新羅の厚顔







Korean's thick face, Sillan's thick face


The top picture is on Mt. Buso.
This is a mural in a temple called "Koranji"(Goransa temple).

The pattern of the female officers of Baekje's Imperial Court who chose to die by defending chastity at the time of the annihilation of Baekje in 660 threw themselves from the Rakkagan(meaning Falling flowers' cliff) to the JinJiang river.
The Goransa temple is a temple built to comfort the souls of the shrine princesses who threw themselves.

The name of the rocky place is Rakkagan(meaning Falling flowers' cliff) because the petals seemed to flutter from the cliff.
The same thing happened as Banzai Cliff during the crushing of Saipan Island 1400 years ago.

On the right side of the picture, you can see the enemy army attacking them to drive them down.
The enemy army is riding a horse and waving his sword.
An enlarged view of this is shown below.


As you can see, there is a characteristic of the helmet.
There is a protrusion protruding from the top of the head.
This spider's protrusion is found in the Tang army and in the Silla army, but the main difference is that the Tang army is made of all metal and the protrusion of Silla is cloth.
Since the picture is clearly a metal projection, the enemy army depicted in this picture is likely to be a Tang army.

In other words, it is generally said that the battle at Baekje Castle was "The Allied Forces of Tang and Silla have attacked and destroyed Baekje", but as far as you can see, the Tang army is attacking, There is no Silla army.
This is also a characteristic of the peninsula that has not changed, 1400 years ago and now.

The peninsula is usually bigger than the Japanese, and has a great attitude, a great attitude, and is immediately intimidating. Even if it is smiling, it's really scary like a yakuza(Korean mafia in Japan) shop. They turn into people, and when they do, they have the wonder that could really corrode the people in front of them.
In other words, they are scary people.

However, when it comes to the battle, they were the same as in the previous Great War, but as soon as the enemy attacked, they shouted “Aigo” and slammed their guns.
So it cannot be used during regular battles.

In everyday life, anyone who is a normal person does not want to fight with people, wants to get along, and avoids compliments.
So, even if there is something to say, I will try to keep myself in the surroundings and melt myself into my surroundings.
However, in such a normal time, they immediately try to trick their opponents and try to pass on their words.
Suddenly, you're terrified and screaming and raising your hands, so you're scared in that sense.
In short, it is “bad”.

It is a sense of responsibility that determines the outcome of the battle.
In high school, the old bad Bancho(the leader of a group of juvenile delinquents) group was terrible people.
But in a real battle they can't use it.
Because it is bad.
Defects lack responsibility.
And those who do not have a sense of responsibility cannot be used in the war.

This seems to be a lot of people who are misunderstood, so the space battleship Yamato is easy to understand.
For example, the story of the space battleship Yamato produced by Yoshinori Nishizaki from the past, for example, “The Warriors of Love” is old and dull.
However, no matter how hard they are hunted down, Yamato ’s crew will continue to fight bravely to the last minute without abandoning the workplace and running away.
It ’s serious.
It is the emergence of a sense of responsibility to protect the place.

However, about 10 years ago, a live-action version of Yamato was made, and an animation with a very beautiful video was released.
The story remains the same.
However, it did not hit at all.
Naturally.
Whether it's the ancient hero Kodai or Mori Yuki, the main characters are drawn as just bad talents with special talents.
The captain of the anime, Okita, is just a man who is intimidating.

Our people know instinct that no matter how much special talent they have, they cannot fight those who lack responsibility.
But people who look like Japanese, speak Japanese, and don't know if they have Japanese nationality, don't know that.
So there seems to be a tendency to think that talented defects are “cool”.
But in reality, no matter how cool it is, the defect is bad.
If there are defective parts in the state-of-the-art weapons, it will be useless in the actual battle. If there are defects on the spot, the battle is impossible.

Return the story.
Originally on the peninsula, Goguryeo, Silla, and Baekje were all subordinate countries of Wakoku(the name of ancient Japan) who made a tribute to Wakoku.
The reason why I became a subordinate was that there was a conquest of the Three Hans by Empress Jin Gong.

The subordinate country must send an ambassador of morning tribute to the sectarian country (in this case Wakoku).
However, Silla attacked the messenger of Goguryeo's morning tribute and took away the items of the tribute that the messenger had.
This incident triggered the Silla conquest again in the days of Yuryaku Tennoh(Emperor Yuryaku).
Their usual practice is to escape when the battle begins.
Eventually, Silla King is captured and vows to never go to Wakoku, but it is still a rebellious act.
Untrustworthy.

So, at this time, a newly started method
“Put the prince of the king ’s trace into hostage in Wakoku”
It was a system.
If the king directs his fangs to Wakoku, the prince will be killed.
Then, because the country has no trace, the country will be destroyed.

This has become a very effective (effective) method.
This method was inherited as a method when Genji and Heike followed the surrounding Australians, and it was inherited as the system of the Great Empire of Mongolia. It was inherited by the method of killing the child as soon as the nobleman betrayed on the outside land in the castle as a guard of the nobility.
In that sense, it was an idea that had a huge global impact.

Baekje accepted two responses to the custom of taking this prince as a hostage.
The problem Silla was accepted with ease.
However, Goguryeo refused to accept it.

The reason for the refusal is obvious.
To take the prince as a hostage to Wakoku, you must pass through the territory of Silla.
But I don't know when the procession will be attacked by Silla.
So it was too risky and I couldn't accept the idea.

However, refusing to offer the prince means that Goguryeo loses the backing of Wakoku.
What Koguryo did there was a thorough strengthening of domestic military power.
This is natural, and there is no backing because the country had to be strong in order to survive.

When a spear is born in midland of China, the spear is exhausted by repeated battles with Goguryeo and will be destroyed in a short period of time.
This was the reason why Goguryeo was a military power.

From the flow so far, I think that Silla feels bad and Baekje is good people.
However, Baekje also sent a bribe to a senior official of the Imperial Court of Wakoku, and was taking a sneak peek at the direct control of Wakoku in the southern peninsula at that time.

As a result, the Emperor became very angry, and Baekje presented to Wakoku just as "I'm sorry", the Tang high monk, the Tang Buddha statue, and the Tang Buddhist scriptures.
This is what we call “Buddhism”.

There is a theory that “Buddhist tradition” is something that Baekje, who has a high culture, “has taught Buddhism” to a low-lying Wakoku.
In the first place Baekje is a subordinate country of Wakoku.
In addition, the gifts for apologizing that all of them are of Tang means that Baekje alone had no property that Wakoku could be proud of.

History is ironic.
After Baekje, who lost the trust of Wakoku, Silla once again gave Baekje a little bit, and robbed Baekje's territory little by little.
This is not a head-to-head war, but an erosion in such a way that the gangsters spread their wings.
When I finally realized, almost all of Baekje's original territory was lost, and Baekje's territory was only the land that had previously been bribed from Wakoku.
This is due to the fact that Baekje before the ruin is going south when looking at the map.

However, the territory Baekje had at that time was directly controlled by the original Wakoku.
And the inhabitants who lived here refused to pay the tax to Baekje for 100 years because they were widows.
They had advanced tax in Wakoku despite the fact that their land was registered in Baekje.
What this means is that the Baekje royal family became extremely poor and the mobilization power of troops was lost.

By the way, the tax of this era is different from the tax in modern Japan.
The tax is basically rice, but the stored rice is stored by the government office for 2 years as stockpiled food in the event of a disaster, and in the event of famine, if the supply of rice is insufficient, the government office In other words, people in the disaster-stricken area can get more than their own rice in an emergency.
In other words, the tax had the meaning of disaster insurance as it was, and anyone who pays accident insurance pays insurance money to a credible and solid non-life insurance.
In other words, the liar Baekje could not be trusted from the public's perspective.

This is actually the difference between the nationality of Silla and Baekje,
Baekje government is not violent but liar.
The Silla government is violent, but payment is good.
There seems to be a difference.

Now, under these circumstances, Tang in the midland of China will use his “Dialogue Invasion” strategy to conquer the Goguryeo that destroyed the cocoon.
It is a strategy to send Tang soldiers to Silla on the other side of Goguryeo and shoot Goguryeo from north and south.

But to do that, Baekje needs to be destroyed first.
So Tang, with Silla (only on the shape), invades Baekje and destroys Baekje completely.
The picture at this time is drawn on the mural painting of the Goransa Temple at the beginning.

It is the Tang army that comes out in front and challenges the battle.
However, it is Silla soldiers who come out after winning or losing and deceive women.
As you can see, the only way left by the women in the Royal Palace in Baekje was to jump off the cliff.

Wakoku sent troops to the peninsula in order to reconstruct Baekje.
It was confirmed that there was no reconstruction of Baekje after a full three-year battle.
In the first place, Baekje ’s Prince Hosho, who had said that he wanted to restore Baekje in the first place, sent his troops out of Wakoku, abandoned the previous war and escaped to Goguryeo. It was.

Wakoku decided to withdraw from the peninsula because it was meaningless.
While watching the Tang Dynasty, Silla suddenly struck the Wakoku and Tang troops when they tried to lift troops from Baekgang River(Hakusuki no e) to Wakoku.

Thus, Silla gained Baekje, and then, with the help of the Tang army, destroyed Goguryeo and acquired the entire peninsula.
However, it is not the efforts of Silla, but the struggle of the Tang army.
Tang finally gets angry and decides to conquer Silla.
However, this is also a good strategy for the “distance invasion” strategy.
The fact that the entire peninsula has become a part of the Silla is the country behind the Silla in Wakoku.

Therefore, Tang sends a messenger to Wakoku and asks "Let's attack Silla together".

However, an incident occurred at this time.
How even Silla,
“Tang will attack, so I want Wakoku to help.”
He asked for a relief from Wakoku.

In the first place, because Silla was a little bit bad, a big battle took place on the peninsula.
It is Silla who invited Tang.
And when the battle started, they just fled and Shira was always hidden under the umbrella of the Tang army.
When Wakoku tries to raise it after the battle, it suddenly fires both Wakoku and Silla, causing both troops to suffer great losses, and at this time the lives of 10,000 Wakoku soldiers are lost. The
That's how it is done, and a request for relief is sent to Wakoku.
There is no concept of shame.
It is always convenient.

This is also a shame for Tang, and when the battle between Wakoku and Tang ends, Silla is confident that "the whole peninsula belongs to Silla".
Tang is surprised at this, and finally Tang decides to attack Silla.

Even now, even though it has been so innocent in Japan, if it is a little financially troubled, it seems like it's easy to say “Swap me now”, but that is not what it has just started, but it was 1400 years ago It is the appearance of his country that has not changed at all.

How will you be determined if you are the political leader of Wakoku at this time?
Together with Tang, if you attack the liar Silla, you may be able to recover as much as the former territories of the former Wakoku in the southern part of the Korean peninsula.
However, when that happens, Wakoku will appear in front of Tang.
In other words, the battle between Tang and Wakoku will begin.

The answer of the Wakoku government officials at that time was clear. that is,
“Neither Tang nor Silla are on their side, and they do n’t respond to requests for reinforcements.”
It was that.
In the first place, Wakoku does not like fighting.
Also, from the background so far, I was completely disappointed with the peninsula.


Thank you for reading.



This story is the one 14 Centuries ago in the Far East around Japan Sea.

This explained why the west sea neighboring the Japanese islands is not called East Sea from Korea but called Nippon Kai, which means Japan's sea or Sea of Japan.

Because, since human beings lived in the peninsula more than 5000 years ago, the southern part of Korean peninsula was immigrated by Japanese people called Wajin (= people from Wakoku) from the north part of Kyushu island in Japan.

This country was called Wa or Wakoku (meaning Japan) and later called Mimana(任那).

Therefore, the sea in between Chosen(=Korea) Peninsula and Japan has been called Nippon kai = Sea of Nippon = Japan Sea by the Japanese.


On the other hand, the recent DNA research tells us that general and typical Korean DNAs show a half mixture of Japanese from Wakoku and Chinese from Tou=Tang(唐). Especially, from Mitochondria DNA research, the mother of Koreans came from the Japanese women while from Y-chromosome research the father of them came from Tang in the midland of China.

It is because the Wajin(=Japanese from North Kyushu) was invaded by the Chinese from Tang about 3000 years ago so that the Japanese men who were mostly farmer and agricultural general people not army nor Samurai were all killed and eaten by them while the Japanese women who were young women and wives of the Japanese men were kidnapped and raped by the Chinese army from Tang.

Then, newly the half blood people emerged so that they became dominant there, called the Korean that was called old time the Chosunese or Chosenjin(meaning people in Chosen peninsula).

Thus, the modern DNA research on Korean DNA coincides with the written history of the peninsula and Japan.

Then the age reached the age of the 1400 years ago. This is the story described in the above article of Nezu-san, Mr. Yoshiyuki Onagi.


We, the Japanese have so long long a history that the Europeans cannot believe. Sometimes we found the ancient Earthenwares or Lacquerwares in the strata of 100,000 years ago. Then, from the strata of 20,000~30,000 years ago we found Arrowheads made by obsidian stones, while the people who made these Arrowheads were called Jomon-jin.

These were also very recently found in the strata of the same age in the North America. Hence, naturally we can imagine that the roots of the Native Americans once called Indians were Jomon-jin from Japan.

Here, Jomon means Rope patterns on the surfaces of Earthenwares. Since the ropes must be made by rice stalks, they cultivated rice at that time as early as 20,000~30,000 years ago.


The Japanese are the oldest tribes on the Earth.



See you then. Have a nice day!


Iyhaya, new world has come!





Korean\'s thick face skin, Sillan\'s thick face skin: An old story in the Korean Peninsula!?_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-09-19 10:21 | ねずさん、小名木善行

On the peninsula on August 15, 1945 (women and 18 prohibited viewing)   

【Caution to read】The following includes a very scareceful contents! Therefore, do not recommend to see it for women, good children, mentally weak people, and doraemon!
On the peninsula on August 15, 1945 (women and 18 prohibited viewing)_a0348309_12512674.jpg

Hi, Dear Folks!

A really interesting article has been serialized in the blog of Nezusan, Yoshiyuki Onagi.
This seems to be very helpful for people all over the world to know what happened on the Korean Peninsula after the Great East Asia War, so I translated it into English by using the Google translator.

昭和20年8月15日の半島で(女性および18禁閲覧禁止)





On the peninsula on August 15, 1945 (women and 18 prohibited viewing)

A quote from a book.
Please read first.
The description is from the event on August 15, 1945.
(Some words are changed for blogs.)

Camellia flower(Fuyo no Hana):
A record of repatriates from North Korea
On the peninsula on August 15, 1945 (women and 18 prohibited viewing)_a0348309_09460877.jpg

===========

What does it mean that Japan lost?
Wasn't he supposed to fight even if he was alone?
To that end, we should have practiced the Naginata so hard.
If you lose, you should be crushed.
It ’s strange that Japan is lost.
The head of a 12-year-old girl has been confused.
I left my sister and went out alone.

"What will happen to the soldier's father?"
"What will happen to my older brother"
“What will happen to us in the future?”

A camellia flower that bloomed in the flowerbed of the schoolyard where I was walking while thinking about that.
It was quietly blooming in the afternoon strong sunlight.
The petals were dyed light pink, and it was as gentle and beautiful as a dream.
And the calmness of this time.
The afternoon of August 15 flowed surprisingly quietly over me.

After a while, when I went back to school, a man in a military uniform, who was in charge, started to give a little packet to everyone.

“What is this?”
"Kuronic acid potassium"

I hear such a conversation.
Ah, after all, it ’s a smashing, no group self-determination.
I'm relieved for some reason.

“The peninsula people
It is said to kill all people.
In fact, in town
By the mob
Hundreds of Japanese
It seems to have been killed.
I want you to be prepared.
If the bell is three times
を What is in this white packet
Drink me "

The man said to leave that.
People who change clothes, people who start makeup, people who start eating canned foods they bring, people who just cry.
Someone gave me and my sister a caramel.
However, me and my sister were holding their mother's hands firmly and staring at the caramel.

When the hot sunlight leans west and begins to dye the window red, you can hear something strange noise from far away.
If you listen carefully, it is the voice of a human being who has been awakening as a group.

"I am housed in this school
‘Saying the Japanese,
A lot of Peninsulars
"I'm pushing"
Information is conveyed.

"Now take some medicine."
"No, the bell is not ringing"
It becomes noisy and so on.

I was staring at the voice from the window, but as soon as I saw the figure in the distance, I felt blood from my body.
Hundreds of people come with a loud voice in their hands with bamboo baskets and stones.
Somewhere in the school building, a tremendous sound of a broken window glass echoes.
Everyone on the spot squeezed potassium cyanide, and the sound of the bell was trembling with tension.

At that time,
"Children get together!"
I heard the men shout loudly.
I shook my mother's hand who wasn't trying to squeeze my hand and walked towards the schoolyard where he was speaking.
The story of the principal started in front of nearly 20 children.

“Everyone has a request.
Please listen carefully.
Peninsular people
In front of children
Never do anything bad
People.
That's such a race.
So,
, With all of you
In front of those people
”“ Aigo, Aigo,
Help me"
Please cry. "

I heard it and went out in front of the peninsula crowd first.
And as the principal said,
"Sad, sad,
Help me.
Please do not kill.
And begged while crying.

Everyone continued to scream.
Everyone was desperate.
There is only one principal
"Congratulations on Peninsular Independence"
And waving his hand.

The voice of our “sorrow” is obsessed with Urayama.
What could this desperate cry appeal to the people of the peninsula?
Eventually they raised without causing any harm to us.

With the wisdom of only one principal, many Japanese lives were saved, and the people on the peninsula were not made mob.
This teacher's gentle and deep smile is deeply carved into my heart.

Our horror changed into joy because the life that faced "death" was saved.
I went out to the backyard of the school, embracing my heart's stillness in the cry of my “sorrow”.
The back yard continued to a small high mountain slope, where a narrow road passed.
I was walking slowly on that road alone.

The next moment, he stopped breathing and hung himself in the grass, desperately trying to scream in fear.
I couldn't suppress my trembling.

Five young men come from the bottom of the road, singing loudly like a festival.
And the naked women are hung upside down on the sticks of the men.

Each leg is tied to two sticks, and a stick sticks in the center.
The men are crouching while carrying it like a shrine.

A woman's long hair is dragged over the leaves.
The whole body is stained with blood.
And a whispering sound that can be heard faintly.

Ah still alive.

I don't remember how I got back to school.
The scene I saw at this time didn't tell anyone.
However, I vowed to my heart that I will never forget it.

This night, everyone shares their food,
"Because it's a life that doesn't even know tomorrow"
And ate like a banquet.

In the meantime, fire began to rise around the city.
Adults say Japanese houses and shrines and temples are on fire.
As one fire begins to fade, another begins to burn.

It is the first time that Japan loses while watching the fire pillars burning up.
Villagers who have been forced to kill all, men who were trying to kill one woman's voice, and people who have set fire to the shrine,

Until now, I was taught to be “devil rice,” but at that time, the word was replaced by the word “devil dog peninsula” in me.

=========

This sentence is a quotation from P.24-P.28 of Midori Tenuchi's book, “Aoi no Hana-A Record of North Korean Lifting”.
The book is now in two prints, but it will soon be out of stock, and if it is a new publication, the book will be 1300 yen, and now Amazon will be 12,980 yen.

At the end of the war, the author finally got on the train to return to Japan from Shinkyo Station in Manchuria. Spent at school.
The pattern at that time is the above sentence.

I finally returned to Japan, but this time my sister in the sentence was kidnapped by North Korea.
This book spells out the actual experience.

This book is fairly fair and details the people who were very kind to the Japanese, even those from the same peninsula.
Therefore, it is not just a book that has written a grudge.

The book also very calmly states that when returning home at the end of the war, the sister Kahoru, who had a hard time, suddenly disappeared, and it was likely that he was later kidnapped by the North Peninsula.

The sentence introduced above depicts the peninsula attacking the Japanese as a group from the day that Japan lost.
At that time, the peninsula had already been ruled by Japan for 36 years, so at least the peninsula under 42 years old were those who had received pre-war education as Japanese.
Nevertheless, as soon as he knew that Japan had lost, he instantly became a mob and attacked the Japanese in groups.

Their raid is a fierce thing that Japanese people would never imagine.
I take away everything I see.
Even when looting, we are wondering which one to choose, because we are Japanese, and in the case of peninsulas and Chinese, whether they are desks or chairs, after looting is finished, it is just after moving Like, take away everything.
At this time, women can be assaulted by older people and children.
Inserting a piece of wood or a stick into the naked woman's vagina is their traditional art.
Even if you survive, the shape of the external genitalia will change.
In recent years, I have heard that women who have suffered such sexual damage will never stop in Japan.

Even after a solid education as Japanese people, their beasts did not change.
Even if you live in Japan and receive Japanese education for 74 years after the war, it will not change.
As always, crimes like beasts are repeated continuously.

Not all peninsulas are such beasts.
I think 99.9999% are decent people.
However, in the Japanese school system with a tradition of 150 years since the Meiji period, if there was an incident where a female student's head was placed in front of an elementary school gate, all the children in Japan were subsequently moved to school. To do.
Naturally.
That is a sound and wise decision.

If there is an indecent student, even if there is only one person or one case, the entire person must be wary.
This is because it is not possible to know who is a beast with a human skin unless an incident occurs.
Then you have to be vigilant about everything.

Their propensity to forgive them if they say “sad” and cry and prowl.
Those who can only see things in a hierarchical relationship, which is up or which is down, are satisfied if they can feel that they are up.
However, they continue to check their rule for many years every day to continue their satisfaction.

There was a movie called “King of Apology” that misunderstood this psychology as if it were the ecology of the Japanese.
This is because Japanese people always have a psychology of “a tiny soul for a single insect”.

Japan, which has been regarded as an emperor by the existence of the Emperor since ancient times, has a spirit of harmony as the DNA of the people, and it is common to be equal as a person, regardless of their status, position, and vertical relationship There is psychology.
So I can't forgive me if I'm going prostrate, but I can't allow my opponent to go out, and even if I'm a nemesis, it's a common Japanese wisdom to send salt to the enemy.

And that is because it was the Emperor in Japan.
We think that we must once again recognize this as the whole Japanese society.

Dogs have completely different habits depending on their breed.
This has nothing to do with the environment in which the dog grew up.
As individuals, even if they take appropriate actions, the nature of dog breeds is completely different for each breed.

Unfortunately, humans are also the same mammals, and humans have different races and ethnicities.
This is different from the individual problem.

When thinking about society, virtues for individuals are always vices for groups.
To put it the other way around, the vices for the individual are the virtues and benefits of the group.

Even in the company, regular employees cannot attend section manager meetings.
Society is made up of discrimination.
“Don't discriminate” is an illusion.


This a real story. But similar things happened many, when the Japanese people transported from Chosun Peninsula(=Korea Peninsula)right after the Japanese Empire surrendered against the Great East Asia War and the Pacific War.

It was a totally and absolutely hell in the world.

You, the western people should know it as a real history of what happened if you lost the war in Asia.

Good luck to you all!


Oh well, close to the end of the world!

Bonus:
My homeland is far

祖国遙(はる)か




On the peninsula on August 15, 1945 (women and 18 prohibited viewing)_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-08-30 10:02 | ねずさん、小名木善行

The Tongzhou murder, the worst story of the world ever: Please read with great heart pain and tears!   

Hi, Folks!

This time I would like to memo what happened in Tongzhou(通州, Tsushu in Japanese) right before WWII in China.

It was recorded as "Experience story of Mr. S".

The Tongzhou murder, the worst story of the world ever: Please read with great heart pain and tears!_a0348309_162514.jpg
(Asahi shinbun built up the WWII for both sides such as false-flag-operations.)

I partially translated it by using Google translation as follows.

Please read with great heart pain and tears such as Hotaru no
haka.
(Sorry, no hikari but haka)

However, it was what happened at that time and then why Japan had to attack China to save lives of many Japanese there.

It was a history of the beginning of 1934.

(Preceded)

Over time, the atmosphere of the whole town, Tongzhou, which was only pro-Japanese, gradually changed.
I have come to feel something cool about Japan and against Japanese people.
I felt that I could understand somehow the meaning that Mr. T told me not to know that he was Japanese.

And I tried variously thinking why the town of Tsushu(Tongzhou) was so cold for Japan and the Japanese, but I did not understand that it was clear to me.
Choi, Korean people are prolific, and they speak Japanese bad talk and Japanese bad talk to Chinese people.

Koreans who do not know that I am Japanese say that Japan is a bad country to me, and that they make Korea their own territory and enslave them.
And Japan says that this time, we will use China as a territory and slave Chinese.
So we have to drive out the Japanese army and the Japanese from this province.
I say that Japanese troops and the Japanese must all be killed.

I tried to say that I was not thinking so, but I understood that I was Japanese and I shut up and heard what Koreans say.

Mr. T came back there and heard a lot of bad news from Japan from Koreans.
Then, Mr. T said that you are Japanese.
Then the Korean screamed, changing her face color.
I'm a Korean who is not Japanese, but Koreans always say that they will revenge on Japan.
And I talked about the story of a person named Yasune.
Mr. Anjune(安重根) killed a great villain named Ito Hirofumi(Prime Minister Mr. Ito Hirobumi).
We also say that we will kill the Japanese with Chinese and kill the Japanese army.

I couldn't help myself without thinking.
What a scary Korean.
I thought it would be difficult if there were such Koreans.
Mr. T silently listened to this Korean and did not speak until the end.

While this was repeated many times, the air of the town began to change gradually.
But the Japanese army and the Japanese don't know that at all.
I think I have to inform Japanese people about this early, but Mr. T strictly prohibits I from talking with Japanese people.

In my mind, it seemed that things were getting bigger and bigger.
I would like to say "Please be careful" when I meet a Japanese soldier while walking on the road, but the word does not come out by any means.
I make a signal with my eyes, but I cannot communicate with Japanese soldiers.
Only two or three friends of Mr. T know that I am Japanese.
As Japanese soldiers gradually returned to the inland and were transferred to other places, I almost came to know that I was Japanese.

During that time, the army of Pyongyang dong co-government government in Tongzhou has begun to act as if it has changed a bit.
Mostly this army was called the official name of the guards, but the people of the town were called the army.
The guards in this town appeared to be very friendly with the Japanese army, but after the Chiang Kai-shek started fighting with the Communist forces, the Communist army made the Chinese admirable from among the soldiers of this guard party for a while If you say that Chiang Kai-shek is a minion of Japan, there have been people who say whisperly.

From that time on, I was not able to trust the guards people so much.
You will meet Japanese people while walking to the street market.
As I was told by Mr. T, I was trying not to speak too much.
Then, while watching the back view that the Japanese passed, Koreans,
"That's a demon, a murderer,
Those guys
I have to kill it someday. "
Say to the Chinese people.

At first, Chinese people did not listen much to what Koreans say, but when Koreans repeated these things over and over again, there were also some steep things in the faces of Chinese people It has come to flow.
Especially when the guards of the guards came to say the same meaning as this Korean, it seemed that the look of the town had already changed completely.

(Omitted)

Such air became even more intense in 1955.
Then, Japanese forces have been lost in Shanghai, Japanese forces have been lost in Jinan, Japanese forces have been lost in Dezhou, and it has become known that such things as the Chinese army is a big victory.

My feelings towards Japan got worse day by day, and among the Chinese,
"All the Japanese kill, Japanese kill"
Controversy has risen.
In the words I said at that time,
"The Japanese are demons,"
It's China to beat the devil. "
It was a word.

I had to listen to such words while holding my lips still.
The children of China sang a song saying, “The demon defeated and the devil destroys”, and it was the song that the Chinese defeated the demon and demon, but of course this demon was Japan.

It was a great pain that I had to endure every day the heartache that such unbearable Japan was being deceived.
However, it was the only salvation that Mr. T encouraged her to hold back Arashi soon, be patient.
And at that time Mr. T talked about Osaka well.
As I was also nostalgic, I had a chance to write a sumo wrestling on Mr. T's words and talk all night long.

(Omitted)

And when the mind of the Chinese people gradually worsens and comes to say Japanese bad words, Koreans who have said so bad Japanese and Japanese words so much do not say bad Japanese words too much Yes.
No, I think that as the anger towards the Chinese of the Chinese people gets worse and worse, the Koreans no longer have a bad word to say.
At the same time, some Koreans have joined the Japanese army and become Japanese soldiers, so it may be that Koreans have come to think.

However, when the end of May comes, antipathy towards Japan in Tongzhou has already reached its extreme point.
Mr. T forbade me to go out at this time.
Until now, I was able to appear in the business with Mr. T, but I say that I can not do it anymore.
And I say "dangerous" and "dangerous".
So when I say to Mr. T what danger is, I would like to prepare to be able to escape at any time without knowing that the Japanese will be killed or the Chinese will be killed.

It is extremely uneasy at the end of June when somehow quiet days continue, and when you stay in the house something unrest increases.
That is why I will not run away.

And at this time, students dressed in a kind of strange clothes will gather in the town of Tongzhou, shoot at Japan, march out the town with a loud voice and march out the Japanese from the country of Chinese.

When it comes to July,
"All Japanese killed"
"Japanese people are not human"
"You kill non-human Japanese"
It marches while summoning words like that.
Some students had guns, but most had bayonets and blue dragons.

And I think that was the evening of the 8th of July.
Chinese people are making a fuss.
When I asked Mr. T why there was a fuss like that, the Japanese army was attacked by the Chinese army near Beijing and lost a great deal, and they all fled, so the Chinese were delighted to do such a fuss I say that it is.

I was surprised.
And I finally thought that something to come was coming.
However, on the second or third day, there was a war on the Minsuo Bridge near Beijing, but it is said that it is a great war because the Japanese army lost and fleed, but it also attacked with a large army.

Because it was such a thing, I will not be able to go out because I would be able to act because the students and the soldiers of the security team would act together after the middle of July.

It was around this time.
Rumors have been whispered that many Japanese were killed in Shanghai.
Rumors also flowed that many Japanese were killed even in Jinan.
The truth is that Chiang Kai-shek overthrew the Japanese army with a massive army of two million, killing all the Japanese, taking Korea, and occupying the Japanese country as well.

By this time, Mr. T was calmly calm and came to tell me to keep running at any time.
I was ready too, so I put together my personal belongings and prepared only to say that whatever was happening at any time.

There were almost no Japanese soldiers who had always been in Tongzhou at this time.
I was going to war somewhere.

(Omitted)

After eight o'clock, it's almost nine o'clock and I can't hear much of the gunshots, so it's time I'm somewhat relieved that the horrible event is over.
Someone shouts that interesting things have begun in the Japanese residence area.
As I was a little far from my house to the residence area, I didn't really realize it at that time.

Among them, somebody is saying that women and children are killed in the Japanese residence area.
I feel like I'm feeling something, but it is human emotion that I want to see something horrible.
I pulled Mr. T's hand and ran toward the Japanese residence area.

At that time, I cannot explain clearly why it went to such an action.
It seems that you are not an instinctive one.
Should I say that it was the mystery of the couple's nephew also that T's hand was pulled?

When the Japanese residence ward approached, something kind of strange smell came out.
I thought it smelled because the Japanese barracks that had a gunfight had been burned earlier, but that was not the only one.
It smells like something raw.
It is the smell of blood.

However, when it came to this point, the smell of the blood had already come to be considered natural.
Many Chinese are standing by the road.
And among them are the strange-looking students in that black dress.
Well, the students are with the Guardsmen.

At the same time, one daughter came out of a Japanese house.
It was a white girl with a color thought to be fifteen or sixteen.
It was a student who pulled out the daughter.
And I found that I was hiding and pulled out here.
The smell of human blood is coming.

The girl is fascinated by fear.
My body shook when I shook it.
The student who pulled out the daughter had a happy face like when a cat took a bribe.
And I was talking to a security guard near me.

When the soldier of the guards shook his head, the student smiled grinning and slapped five or six times with a slap while holding this daughter standing.
And I suddenly broke the clothes I was wearing.
Speaking of July in China, it is summer. It's hot.
My daughter, who was wearing thin summer clothes, was easily torn apart.

Then white skin like snow came to light.
My daughter is saying something hard to this student.
However, students do not try to listen to what the daughter says by grinning.

My daughter is putting her hands together and begging the student for something.
There were several students and guards soldiers on the students' side.
And while the gathered students and guards soldiers glaring their eyes, they see the treatment that this student adds to their daughters.

The student suddenly overthrew this girl on the side of the road.
And I took my underwear.
My daughter cried "Help me".
And that's it.

One Japanese man jumped out.
And she threw herself to cover her.

Probably it was father of this daughter.
Then, a soldier of the guards suddenly slammed the man's head with a gun butt.
I think I heard something like a gush.
My head was broken.

But still this man does not try to leave the body of the daughter.
A soldier of the security team pulled this man apart while saying something.
The blood of a person who would be this dad was flowing in the face of the daughter.
The soldier of the security team who pulled away this man shook his head with a gun again.

Something splattered all over the area. Perhaps it was the brain of this man.
And two or three soldiers and two or three students were kicking or stomping on this man's body.
I can break my clothes.
The skin comes out.
Blood flows.
I continue to step or kick without such a thing.

In the meantime, one of the guards soldiers stabbed the belly with a sword attached to the gun.
Blood splatters.
The blood also splattered on the body of the girl who was being defeated as if it was distracted.

Did not you think that it was not enough just to pierce the belly? Next I will pierce the chest area again.
If you thought it would be just that, it would still be insufficient.
I will push my belly again.
I hit my heart.
I stab it many times and many times.

There are many Chinese people watching, but neither "Woon" nor "Wa".
I'm just silently watching what this guard's soldier does.

I don't know what that cruelty is like, but do you say it's a demon beast?
Shall I say atrocious misery?
It seems that there is no word to describe that brutality.

The man is probably the father of this daughter, but the soldiers and students who kicked the rod to roll the stick to about 3 meters away from the body seem to have lost this mind I came to my daughter.
This girl is already naked.
And I cannot move because of fear.
When I came to the daughter, I spread the leg widely.
And it tries to start insulting.

Since Chinese people are saying what they want to do, they do not do the human thing before many people are looking at it, so this cannot be said to be a human thing anymore.
However, it may be because this girl had never had such an experience.
The insult does not go well by all means.

Then I extend this leg as much as three students can be spread.
Then they bring the guns that the Guard's soldiers hold and plunge into their daughter's genitals with their barrels.
If you try to stop while there are many Chinese people near it while watching such a figure, there is no one to speak out.

I just silently see the students' misery.
As I and T were standing twenty meters apart, I could not see the details of the misery from that, but I could not see my eyes very much more than they say It is

I was firmly in the hands of Mr. T.
I had my eyes closed.
Then I heard a scream called scream and a voice that I cannot say.
I was surprised and surprised when I opened my eyes.

What then? A soldier of the security team is cutting off her daughter's vulgar part while laughing.
No matter what I do, my body shook to make a rattling noise.
Mr. T hugged me in that body.
Don't look.
I don't see it, but I can not close my eyes.

If you look rattling, the soldier will now split the belly vertically.
Then I cut off my head with a sword.
He threw a poi at the body of the man who had abandoned his neck earlier.

The tossed neck rolled on the ground and stopped at the side of the man's body.
If this guy was the parent of this daughter, I was thinking somewhere in my head after the parent and the child came together in the form they did ah.

And I thought that was good for that.
However, I did not know why I thought about such things while seeing that cruel situation.
And this is a wonder of what remained in my head after all.

I was so tired that I could not stand.
And the body cannot move because it seems to be bound by something immobile.
I was staring at this atrocity.
Blood is still flowing slowly from the belly of the torn daughter.
And there is no such neck.

It is a strange scene.
My head may have been a little crazy for a scene I could not imagine.
I just forgot myself and watched these scenes.
At that time, I shook my body that Mr. T hugged as "Hey."

I returned to myself.
Then something suddenly came out of my stomach.
I had nausea.

(Omitted)


This incident of murdering Japanese led a big war called the Great East Asia War(dai tou a sen sou), which then became the WWII.


IYHY, what a hell this world is!



The Tongzhou murder, the worst story of the world ever: Please read with great heart pain and tears!_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-07-31 12:51 | ねずさん、小名木善行

「世界を見る目が変わる50の事実」:俺「まったく変わらないヨ!」その裏を考えないとナ!?   

【閲覧注意】以下には結構怖い内容が含まれていますゾ!良い子のみなさんや心の弱い人やドラエモンには見せられないよ!
「世界を見る目が変わる50の事実」:俺「まったく変わらないヨ!」その裏を考えないとナ!?_a0348309_12512674.jpg



みなさん、こんにちは。

いやはやあまりにいろいろのことが起こりすぎて再びETの手も借りたいほどですナ。

さて、これも興味深いので忘れないうちにここにもメモさせていただこうかナ。

ねずさんこと小名木善行さんのブログの記事である。

世界を見る目が変わる50の事実


詳しいことはオリジナルの方と読んでいただき、ここではその50の事実というのをメモしておこう。以下のものである。


1 日本女性の平均寿命は84歳。ボツワナ人の平均寿命は39歳。
2 肥満の人の3人に1人は発展途上国に住んでいる。
3 先進国で最も妊娠率が高いのは米国と英国の10代。
4 中国では4400万人の女性が行方不明。
5 ブラジルには軍人よりも化粧品の訪問販売員のほうがたくさんいる。
6 世界の死刑執行の81%はわずか三カ国に集中している。中国、イラン、米国である。
7 英国のスーパーマーケットは政府よりも多くの個人情報をもっている。
8 EUの牛は一頭につき一日2.5ドルの助成金を受け取る。年額にすると世界旅行が可能だ。
9 70カ国以上で同性愛は違法、7カ国で死刑になる。
10 世界の5人に1人は1日1ドル未満で暮らしている。
11 ロシアで家庭内暴力のために殺される女性は、毎年1万2000人を超える。
12 2001年、何らかの形成外科手術を受けたアメリカ人は1320万人
13 地雷によって毎時間一人は死傷している。
14 インドでは4400万人の児童が働かされている。
15 先進国の国民は年間に7キロの食品添加物を食べている。
16 タイガー・ウッズが帽子をかぶって得るスポンサー料は一日当たり5万5000ドル。その帽子を作る工場労働者の年収の38年分。
17 米国で摂食障害を患っている女性は700万人、男性は100万人。
18 英国の15歳の半数はドラッグ体験済み。 4分の1は喫煙常習者。
19 ワシントンDCで働くロビイストは6万7000人。 連邦議員1人に対し125人。
20 自動車は毎分二人を殺している。
21 1977年以降北米の中絶病院では8万件近い暴力事件や騒乱が起きている。
22 マクドナルドの黄色いアーチがわかる人は88%。キリスト教の十字架はたった54%。
23 ケニアでは家計の3分の1が賄賂に使われる。
24 世界の違法ドラッグの市場規模は4000億ドル。製薬市場とほぼ同じ。
25 アメリカ人の3人に1人はエイリアンがすでに地球に来たと信じている。
26 拷問は150カ国以上で行なわれている。
27 世界では7人に1人が日々飢えている。
28 今日の米国に生まれる黒人新生児の3人に1人は刑務所に送られる。
29 世界で3人に1人は戦時下に暮らしている。
30 2040年に原油は枯渇するかもしれない。
31 世界の喫煙者の82%は発展途上国の国民。
32 世界の人口の70%以上は電話を使ったことがない。
33 近年の武力紛争の4分の1は天然資源がらみ。
34 アフリカのHIV陽性患者は約3000万人。
35 毎年10の言語が消滅している。
36 武力紛争による死者よりも自殺者のほうが多い。
37 米国で銃を持って登校して退学になる生徒の数は、平均して週に88人。
38 世界には「良心の囚人」が少なくとも30万人いる。
39 毎年200万人の女性が性器切除される。
40 世界中の紛争地帯で戦う子供兵は30万人。
41 英国では総選挙の投票者数よりも、テレビ番組でアイドル選びに投票した人のほうが多い。
42 米国のポルノ産業の規模は年間100億ドル。海外援助額と同じである。
43 2003年米国の防衛費は約3960億ドル。 「ならず者国家」七カ国の防衛費総計の33倍。
44 世界にはいまも2700万人の奴隷がいる。
45 アメリカ人が捨てるプラスチック・ボトルは一時間に250万本。並べると三週間分で月に達する。
46 ロンドンの住民は監視カメラで1日300回撮影される。
47 毎年、西欧向けに人身売買される女性は12万人。
48 英国で売られるニュージーランド産キウイはその重量の5倍の温室効果ガスを排出している。
49 米国は国連に10億ドル以上の未払い金がある。
50 貧困家庭の子供たちは、富裕家庭の子供たちに比べて、3倍も精神病にかかりやすい。


まあ、この本の著者はまさにNWOシオニストの側の偽ユダヤ人なんでしょうナア。

なんとなく、そのショッキングな50項目を並べて非常に喜んでいるふしがある。もっとも俺はその本は持っていないがネ。

こんなことはもう30年以上前から、その筋では言われてきたことである。いわゆる

世界人類家畜化計画

または

世界人間牧場化計画

というものだ。これである。


「2014年ビルダーバーグ会議」の真っ最中:議題はずばり「世界統一政府」!?

「核安全保障サミット」の巨大カラーホログラムと三角バッジ:まさにNWOサミット!?
「世界を見る目が変わる50の事実」:俺「まったく変わらないヨ!」その裏を考えないとナ!?_a0348309_1022425.jpg


簡単に言えば。かつて欧州で黒人や東洋人が、白人ことコケイジアン=コーカソイドの前で動物園の動物として扱われたのと同じことを、地球人類全体に行おうという計画のことである。
1958年に撮られたベルギーの「人間動物園」にいるアフリカ人少女の写真(海外の反応)

19世紀から20世紀の欧米の主要都市には、アフリカ人やネイティブアメリカンを展示する人間動物園があったそうです。
「世界を見る目が変わる50の事実」:俺「まったく変わらないヨ!」その裏を考えないとナ!?_a0348309_10263360.jpg



まあ、基本的にいまも白人メンタルは全く変わっていない。だから、いま我が国に旅行と銘打ってきているおバカ白人たちもまったくこれと同じ感覚で日本を闊歩しているわけだ。

だから、動物園の中でどこでも食べ歩くように、日本国内のどこでも食べ歩き、どこにもポイ捨てしてゆく。あとは、動物園の係のお仕事でしょっていうわけだ。

ある時、北朝鮮を旅した米人女性(米国は北朝鮮と国交がある)が北朝鮮の農民を見た時にインスタグラムやYouTubeに

「あそこにいるのは北朝鮮人の労働階級だよ」

と説明。(どこの国でも本当に質の悪いのは女性の方なんですナ。)

つまり、彼ら白人どもが我が国で庭先で農園を行っている一般人を見れば、

「あそこにいるのは日本人の労働階級だよ」

とインスタグラムやバッカッターやVtubeにアップするわけですナ。

要するに、ディズニーとハリウッドと英仏映画の何が悪いっていうと、王国史観のままだということなんですナ。

いまだに王様と女王様、それに王子とお姫様の世界観で生きているということだ。

王国の王様から見初められることが人生最大の幸福だとさえ思うわけだ。いわゆるシンデレラストーリー。

翻って、チャイナもコリアもフィリピンもどこでもいまだにこの粋を出ない。

だから、コリアでも天皇をいまだに日王=日本の王様とみなしているわけである。チャイナ然り。英国然り。

おそらく、我が国だけが、その先へ行っている。

まあ、日本へ来る外人旅行者でも白人系はみなこのレベルである。

だから、動物園にもオリで囲むスタイルとサファリパーク式があるが、彼らが我が国に来て旅行する場合は、後者のサファリパーク式で歩いていると考えてほぼ100%正解である。

だから、身の安全を確保しながらの冒険旅行である。ジュラッシックパークのようなものだナ。ジャパッニッシュパークともいえるかも知れないナ。

だから白人護送船団方式で日本に入ってくるから、本当にわれわれ日本人は、上の動物園の中の黒人やインディアン、あるいは、サファリパークのキリンさんのようなものだ。丹頂鶴かもしれないナア。

まあ、彼らの心理状態や深層心理を思い描くとすれば、こういうものである。

決して彼ら外国人が同じ言葉や同じ日本語を使って話すからと言って、日本人と同じ意味や概念で理解して使っていると思ってはいけない。

たいていは正反対の意味で捉えていることが多い。

まさに最初の50の項目の理解の仕方を見ればわかるだろう。彼らには「みかけ」しか理解できないのである。いま自分の目に映るまま、いま読んで理解した内容、目や頭や意識でわかることしか理解しないのである。

まあ、これについては岡潔先生が昔からずっと論じてきたのでそういうものを見て欲しいところですナ。


いやはや、世も末ですナ。





「世界を見る目が変わる50の事実」:俺「まったく変わらないヨ!」その裏を考えないとナ!?_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-04-05 10:49 | ねずさん、小名木善行

小野田少尉「日本人は大東亜戦争開戦の目的を知れ!」→俺「韓国人は天皇陛下の開戦の詔勅を必読せよ!?」   

みなさん、こんにちは。

今日は午前中先日注文したコンタクトを買いに出かけていたんだが、かなり寒く、手袋をした手も凍えるほどだったヨ。さすがに自転車で40分先にある眼科に行くのは大変だった。しかし先日はそれに強風があったことからすればまだだいぶマシだったナ。

さて、最近の韓国と北朝鮮と支那の微妙な動き。これをみると、再び英米が裏にいて日本をそれに巻き込もうとしている印象がある。

特に韓国は完全に米国のDeep stateの手先となったんじゃなかろうか?

チャイナはイギリスの番犬だから、結局英米の表のトランプ政権ではなく、米国の奥の院のDeep stateの方が問題多く、悪魔主義的である。

とまあ、そんな韓国の政治家や韓国人はまずは、これを見たほうが良いようですナ。

要するに「開戦の詔勅」というものである。以下のものがわかりやすい。

【海外の反応】最後の日本兵が語る大東亜戦争開戦の目的を知る意味とは!靖国神社参拝をしない総理大臣に物申す!国を守るため命を捧げた仲間の思いを激白!


立派な記事は、小名木善行さんのサイトにもある。これである。

終戦の詔勅、開戦の詔勅
小野田少尉「日本人は大東亜戦争開戦の目的を知れ!」→俺「韓国人は天皇陛下の開戦の詔勅を必読せよ!?」_a0348309_14144410.jpg

私はここに、米国及び英国に対して宣戦を布告する。

私の陸海軍将兵は、全力を奮って交戦に従事し、
私のすべての政府関係者はつとめに励んで職務に身をささげ、
私の国民はおのおのその本分をつくし、
一億の心をひとつにして国家の総力を挙げ、
この戦争の目的を達成するために手ちがいのないようにせよ。

そもそも、東アジアの安定を確保して、世界の平和に寄与する事は、大いなる明治天皇と、その偉大さを受け継がれた大正天皇が構想されたことで、私が常に心がけている事である。

そして、各国との交流を篤くし、万国の共栄の喜びをともにすることは、帝国の外交の要としているところである。

今や、不幸にして、米英両国と争いを開始するにいたった。

まことにやむをえない事態となった。このような事態は、私の本意ではない。
残念なことに(内乱状態にある)中国は、以前より我が帝国の真意を理解せず、みだりに闘争を起こし、東アジアの平和を乱し、ついに帝国に武器をとらせる事態にいたらしめ、もう四年以上経過している。

さいわいに国民政府は南京政府に新たに変わった。帝国はこの政府と、善隣の誼(よしみ)を結び、ともに提携するようになったが、重慶に残存する蒋介石一味は、米英の庇護を当てにし、兄弟である南京政府と、いまだに相互のせめぎあう姿勢を改めない。

米英両国は、残存する蒋介石政権を支援し、東アジアの混乱を助長し、平和の美名にかくれて、東洋を征服する非道な野望をたくましくしている。

それだけでなく、くみする国々を誘い、帝国の周辺において、軍備を増強し、わが国に挑戦し、更に帝国の平和的通商にあらゆる妨害を与へ、ついには意図的に経済断行をして、帝国の生存に重大なる脅威を加えている。

私は政府に事態を平和の裡(うち)に解決させようとさせようとし、長い間、忍耐してきたが、

米英は、少しも互いに譲り合う精神がなく、むやみに事態の解決を遅らせようとし、その間にもますます、経済上・軍事上の脅威を増大し続け、それによって我が国を屈服させようとしている(ABCD包囲網)。

このような事態がこのまま続けば、東アジアの安定に関して我が帝国がはらってきた積年の努力は、ことごとく水の泡となり、帝国の存立も、まさに危機に瀕することになる。

ことここに至っては、我が帝国は今や、自存と自衛の為に、決然と立上がり、一切の障害を破砕する以外にない。

御名御璽
昭和16年12月8日


はじめがあれば、終りがある。

終戦時の詔勅がこれ。

大東亜戦争終結の詔勅

朕は、深く世界の大勢と、帝国の現状をかえりみて、非常措置をもって事態を収拾しようと考え、ここに忠実にして善良なる汝ら臣民に告げる。

朕は、帝国政府に、米英中ソの四国に対し、そのポツダム宣言を受諾する旨、通告させた。

そもそも、帝国臣民の安寧をはかり、万国が共存共栄して楽しみをともにすることは、天照大御神からはじまる歴代天皇・皇室が遺訓として代々伝えてきたもので、朕はそれをつねづね心がけてきた。

先に米英の二国に宣戦した理由も、実に帝国の独立自存と東アジア全域の安定とを希求したものであって、海外に出て他国の主権を奪い、領土を侵略するがごときは、もとより朕の志すところではない。

しかるに、交戦状態はすでに4年を過ぎ、朕の陸海軍の将兵の勇敢なる戦い、朕のすべての官僚役人の精勤と励行、朕の一億国民大衆の自己を犠牲にした活動、それぞれが最善をつくしたのにもかかわらず、戦局はかならずしも好転せず、世界の大勢もまたわが国にとって有利とはいえない。

そればかりか、敵国は新たに残虐なる原子爆弾を使用し、いくども罪なき民を殺傷し、その惨害の及ぶ範囲は、まことにはかりしれない。

この上、なお交戦を続けるであろうか。

ついには、わが日本民族の滅亡をも招きかねず、さらには人類文明そのものを破滅させるにちがいない。

そのようになったならば、朕は何をもって億兆の国民と子孫を保てばよいか、皇祖神・歴代天皇・皇室の神霊にあやまればよいか。

以上が、朕が帝国政府に命じ、ポツダム宣言を受諾させるに至った理由である。

朕は、帝国とともに終始一貫して東アジアの解放に協力してくれた、諸々の同盟国に対し、遺憾の意を表明せざるをえない。

帝国の臣民の中で、戦陣で戦死した者、職場で殉職した者、悲惨な死に倒れた者、およびその遺族に思いを致すとき、朕の五臓六腑は、それがために引き裂かれんばかりである。

かつ、戦傷を負い、戦争の災禍をこうむり、家も土地も職場も失った者たちの健康と生活の保証にいたっては、朕の心より深く憂うるところである。

思うに、今後、帝国の受けるべき苦難は、もとより尋常なものではない。

汝ら臣民の真情も、朕はよく知っている。

しかし、ここは時勢のおもむくところに従い、耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び、それをもって万国の未来、子々孫々のために、太平の世への一歩を踏み出したいと思う。

朕はここに、国家国体を護り維持しえて、忠実にして善良なる汝ら臣民の真実とまごころを信頼し、常に汝ら臣民とともにある。

もし、事態にさからって激情のおもむくまま事件を頻発させ、あるいは同胞同志で排斥しあい、互いに情勢を悪化させ、そのために天下の大道を踏みあやまり、世界の信義を失うがごとき事態は、朕のもっとも戒めるところである。

そのことを、国をあげて、各家庭でも子孫に語り伝え、神国日本の不滅を信じ、任務は重く道は遠いということを思い、

持てる力のすべてを未来への建設に傾け、
道義を重んじて、志操を堅固に保ち、
誓って国体の精髄と美質を発揮し、
世界の進む道におくれを取らぬよう心がけよ。


汝ら臣民、以上のことを朕が意志として体せよ。

御名御璽
昭和20年8月14日



まあ、日本が負けた最大の理由は、朝鮮人と手を結んだこと。いわゆる「韓の法則」が発動したからである。

一方、英米の奥の院の悲願とは白人による世界支配である。この場合の白人とは偽ユダヤ人のことである。

世界に隠れたユダヤ教タルムート派の人たちによる世界支配である。

そのために、主流派の白人層を利用し、白人の自意識をくすぐり、白人至上主義を利用した。

これに対して、我が国の日本人だけが、その白人種に対して堂々と人種差別撤廃を主張してきた。

そのためには、ロシア軍とも戦った。ドイツ軍とも戦った。

そして、英米とも戦った。

そうして世界は表向きだけでも人種差別が撤廃されてしまった。

こうして世界が人種問題を利用できなくなった今、欧米の奥の院に潜む偽ユダヤ人が次なる手で世界支配を目論む。それが、グローバリゼーションである。

企業のグローバリゼーション、文化の消滅グローバリゼーション、世界遺産という美名のもとに世界文化を商業化し世界支配のためのグローバリゼーション。

こうなると、人種、企業、文化、遺産、歴史、。。。すべてがグローバリゼーションのもとに崩壊する。

グローバル化した世界では、貧富の差と二極化が生まれ、持てる者と持たざる者の二層化が進んだ。

そして、いまの新たなる戦いの争点が、グローバリゼーションによってもたらされた、富裕層と貧困層との戦いになったわけだ。

残念ながら、小野田少尉のいう「英米の傀儡政権」による戦後政治が74年も続き、いまや与野党が英米の思惑通りに動く政権と化してしまった。

要するに、完全に欧米の奥の院偽ユダヤ人の傀儡政権になったわけですナ。

それが、グローバル化のTPP路線。いまやそれに反旗を翻しているのがトランプ政権の米国一国の半分のみになった。

我が方の安倍政権は、むしろ世界支配を目論む偽ユダヤDeep Stateの思うがままの政策を推進中。

とまあ、こういう悲惨な世界の中で、我が国がなぜ戦争を行ったかというその理由を今一度再考するのもまた心楽しであろう。

まあ、朝鮮人がこの天皇の詔勅を読んでもまったくなんとも思わない、感じない、反応しないの三猿なんでしょうナア。



いやはや、世も末ですナ。





小野田少尉「日本人は大東亜戦争開戦の目的を知れ!」→俺「韓国人は天皇陛下の開戦の詔勅を必読せよ!?」_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-02-15 14:37 | ねずさん、小名木善行

日本の統治は牧歌的だった!:欧米の「うしはく国」統治と我が国の「しらす国」統治は別物だった!?   

みなさん、こんにちは。

さて「現実は小説より奇なり」といわれるが、まさにその通り。特に現実の歴史とその理解ほど奇妙奇天烈なものはない。

そんなものをいくつか見つけたので、後々のためにここにもメモしておこう。


まず、アジアの歴史を語る上で無視できないのは、我が国にアメリカのペリー提督が黒船で突然浦賀に来訪した時、その頃の国際情勢がどうだったか?

それがこれだった。
ペリーの見た江戸は美しかった!!:計算されたペリー来訪
日本の統治は牧歌的だった!:欧米の「うしはく国」統治と我が国の「しらす国」統治は別物だった!?_a0348309_7592518.jpg
手前左が辮髪の支那人通訳、ペリー提督、右が江戸の役人中島三郎助

日本の統治は牧歌的だった!:欧米の「うしはく国」統治と我が国の「しらす国」統治は別物だった!?_a0348309_7591056.jpg


要するに、アジア支配に出遅れたアメリカ合衆国は、その時期残された中国北部、朝鮮と日本の支配権を求めて、最後の無傷の地である日本にターゲットを定めてやってきた。

アジアは英仏蘭西がインドから中国南部まで植民地化、北はロシア帝国が樺太、モンゴルまでもうすぐ北海道まで達する地域を植民地にしていた。

とまあ、そういう時代背景だった。


(あ)欧米白人種の植民地支配のやり方

そして、イギリスのインド支配に代表される、当時の欧州白人種による植民地政策は、だいたいこんな感じだった。

この現場の歴史映像がこれ。
British Occupation Of India In Color - Full Documentary


要するに、トップにイギリス人が提督とか総督府の総督になり、その下に英海軍、その下に現地人の最下層から作った兵隊、その下に現地人が支配される。現地人のインテリはせいぜい総督府の料理番や小間使い程度、あるいは通訳。

ちょうどこのシステムが今も残っているのが、ヒマラヤ登山のやり方。もともとイギリス人の植民地支配の名残である。現地人に案内役や物資を運ばせ、欧米人登山家が優雅に遊びながら登山し、良いとこどりする。

だから、俺はヒマラヤ登山が大嫌いなんだナア。実は世界遺産の愚策の発想がこれだ。だから、俺は世界遺産計画も大嫌いなんですナ。世界遺産は欧米白人(偽ユダヤ)による立派な「新手の植民地支配」なんですわ。

自分が食いたいんだったら、自分で牛や豚運べよ、この野郎。現地人に運ばせるな、馬鹿野郎。



(い)日本人の現地統治

ペリーの時代が我が国に来た時代は、すでに朝鮮まで欧米人が進出していた。そして、その魔の手は我が国にまで及んできた。そういう時代であった。

これが江戸末期から明治維新の時代であった。

長崎にはオランダが数百年出島経由で日本を行き来していた。

南日本がオランダ支配下にあったからこそ、イギリスとオランダは王族が親戚だから、イギリスも九州経由で入った。

一方、アメリカは東日本から北海道を狙った。だから、ペリーは浦賀経由で、横浜開港を狙い、神戸、大阪、横浜をアメリカ権としたわけだ。

これには、当然徳川家康の家臣になった、かつてのイギリス人(偽ユダヤ人フリーメーソン)三浦按針ことウィリアム・アダムスの影響があったはずである。

それに対して、アメリカ合衆国よりさらに後発の我が国がアジアに出ていった頃には、ペリーの時代よりはるかに遅かったから、簡単に言えば、戦争で乗っ取る以外に道がないというような時代になっていた。すでにアジアは欧米支配で詰んでいたわけだ。

最初に日清戦争で、朝鮮、台湾を取り、そこを独立国として統治、次に日露戦争で樺太の南半分と満州というような形で、結果的に我が国は、

台湾、朝鮮、満州、樺太を日本として統治した。


まあ、ここまでは欧米の世界植民地計画の時代の末期の時代だから、我が国も植民地支配をしたかのように見える。政治的には欧米列強の後追いをして加わったかに見える。

しかしながら、実際の現場を見ると、日本は当時の先進国であった欧米列強帝国に対しては、独自の大日本帝国のような素振りを見せて、強権的に振る舞いながらも、統治したアジア諸国に対しては、実にお優しい、親統治国的態度で統治した。

いまや朝鮮や支那の人たちにこういうことを言っても、彼らは戦後73年間の反日教育による洗脳が深いためにだれも信じることはないが、現実は奇なり、たまに昔の映像が発掘されるのである。

ところで、支那朝鮮ではそうした昔の証拠、映像は、現在の政権に適さないと判断されたらお蔵入りか、大半は焼却処分されてしまうのである。だから、歴史が残らない。

それに対して、我が国ではそういうことをしないという伝統が残っていたために、昔の証拠や遺跡や遺物や遺品や文献などなどが残っているのである。

南朝鮮では、我が国の前方後円墳の形を継承した古墳をどんどん更地にし、そこに朝鮮古墳を人造して、それが最古の数千年前からあったかのように偽装古墳に作り変えている最中である。

どうも欧米白人やアラブ人ペルシャ人も含めて、大陸の連中はこういうことをよく行う。


(う)日本の満州の統治

そうした日本の統治スタイルの映像がまたまた偶然に発掘されたらしい。今回のものは、満州のものであり、当時の統治のスタイルが、当時の欧米人の標準的植民地化の概念から大きく、予想外にズレた、突飛なものに見えたから、そういう当時のドキュメンタリ―フィルムとして公開したものだったようだ。

ちなみに、当時はテレビはまだないから、映画館に行って、世界のニュース映像を見るという時代だった。最新の世界情勢は当時は映画館で得たのである。ここを忘れてはならない。

ニュース映画というもので、普通の映画と映画の合間、あるいは、映画の始まる前に流された。


海外「日本の統治は偉大だった」 日本統治下の満州の映像に海外から驚きと感動の声
日本の統治は牧歌的だった!:欧米の「うしはく国」統治と我が国の「しらす国」統治は別物だった!?_a0348309_8451285.jpg


1932年から1945年の間、現在の中国東北部に存在した満州国。
満洲国は建国の際、満洲人による民族自決の原則に基づく国民国家であるとし、
建国理念として満洲人・日本人・漢人・朝鮮人・蒙古人による、
五族協和と王道楽土を掲げていました。

満州国建国後、日本資本の導入による重工業化や、
日本からの近代的な経済システムを導入した事で急速な発展を遂げ、
人口も建国からわずか10年で約1500万人増加しています。

ご紹介する動画では、「日本統治下」の活気ある満州の様子が紹介されています。
外国人から様々な反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。


海外コメント
■ 非常に美しいドキュメンタリーだ。
  当時としてはかなり発展した国だったことが分かるね。 ベルギー

■ オーマイ。こんな貴重な映像が残ってたのね……。 +1 中国(豪在住)

■ 今よりも当時の方が幸せそうに見えるんだけど…………。 +1 カナダ

■ 映像を観る限り、日本は素晴らしい統治をしてたんじゃないか。 +2 タイ

■ かなりの貴重映像じゃん。
  アメリカが日本の支配を好意的に伝えてるのも面白いわ。 +2 ロシア

■ 本当に貴重で興味深い歴史ドキュメンタリーだ。 +7 フランス

   ■ 基本的には日本の統治による恩恵を伝えるプロパガンダでしょ……。
     日本が土地を奪ったということに焦点は当てられてない。
     それでも間違いなく興味深い映像ではあるけど! フランス→偽仏人=韓国人

■ 満州国か。ここまで先進的な国だったとは……。  香港(米在住)

■ 中国を非難して日本を賞賛するコメントが散見されるな。
  アメリカのプロパガンダは大成功しているようだ。 オーストラリア→在豪支那人

■ 日本の影響下で中国が発展しようとしていた時か。 +3 フランス

■ 今でも過去のことで日本を非難する声が上がるけど、あれは本当に不快。
  この日本統治時代の満州を見れば真実は明らかじゃないか。
  この映像に映ってる光景は反日的な「証言」とは真逆だもん。
  でも無知な人間は真実を見ようとしない。 ポルトガル


■ WW2当時の世界情勢を知ってる人なら、
  この動画がかなり偏ったものだってことが分かるはず。
  基本的にはアメリカのプロパガンダだろうね。
  もちろん過去の映像は興味深いものではあるけど。 +1 中国(米在住)

■ この後ソビエトと中共がやってきてあの地域を破壊した。 +9 国籍不明

   ■ 日本の満州統治はかなり偉大なものだった。
     君の言う通りソビエトと共産党が来て変わってしまった。 +10 中華系→昔渡米組

   □ 日本統治下の中国東北部(満州)は、
     アジアで最も豊かで先進的な地域だったからな。 +1 国籍不明

      ■ 豊かだったって言うけど、その豊かさを享受出来たのは誰?
        満州を統治していた日本人でしょ? +6 アメリカ→偽米人=韓国人

         □ それはもちろんそうだろう。
           でもアジアで最も発展した国だったことは事実だ。
           俺は事実を事実として言ってるだけで、
           別に日本の味方をしてるわけじゃないぞ。

■ 「不毛の大地」だって? 典型的なプロパガンダだな。
  満州は元々寒いながらも美しく青々とした土地なんだよ。 +1 国籍不明→支那人

■ 満州は僕の故郷なんだ。
  地上の楽園を共産党が破壊してしまった。 +1 中国(米在住)

■ 当時の満州の本当の姿が分かる映像だね。素晴らしい。 アメリカ

■ 日本から実質的な支配を受けたことが、
  満州の利益になったって事にされてるのが悲しい。 +3 国籍不明→支那人

■ 中国の歴史の教科書では知れない情報だわ。
  でもこの映像は中国人の愛国心をさらに煽ってしまうかも。 +3 国籍不明

■ ハルビン周辺は今見てもハルビンだって分かる! ドイツ

■ アメリカが作った日本のプロパガンダ映像とは興味深い。 英国(中国在住)→左巻き英人

■ 日本の統治による近代化と繁栄の好例だね!
  もっとも、日本の傀儡国家ではあったわけだけど。
  でもあれがアジア共栄圏の姿を映してる事には代わりがない!
  グローバリゼーションの先駆けと言ってもいい!!! +27 フランス

   ■ 1990年にハルビンに行った時のことを思い出した。
     そのころにも日本人の姿を見かけたよ……。
     1930年代から続く老舗レストランもあるんだ。 +2 フランス

■ こうやって映像で観ると綺麗だね。
  本の中では恐ろしい歴史になってるけども。 +1 カナダ

■ だけど日本人は自分たちのルールや文化を押し付けながら、
  中国人のことを低賃金で働かせてたし下に見てた。
  そのやり方は地域の文化を失わせたのよ。 +3 カナダ

   ■ その証拠があるなら教えてほしい。
     歴史書を見れば分かると言うけど、
     今の歴史は戦争に勝った連合国が作ったものだろ。
     日本軍の蛮行の証拠とされる物のほとんどは、
     わずかな証言や加工された写真なんだ。
     しかも証言者のほとんどは日本軍と中国軍の軍服を識別出来てない。
     俺はそんな証言を証拠にはしたくないね。
     731部隊の件も検死の写真を証拠にしてるし。
 ポルトガル
 
    ■ 現代中国の資本家たちも低賃金で働かせてるじゃない。
      PM2.5で日本だけじゃなく朝鮮半島も苦しめてる。
      それは過去じゃなくて今のこと
だからね。 フィリピン

■ 結局は日本の傀儡国家だからな〜。
  溥傑と日本の貴族との結婚まで取り計らわれたし……。 +2 フィンランド→左巻きフィン人

■ 当時の日本人は特に製鋼の面で近代的な技術を持ってたんだ。
  でも幸か不幸かは俺には分からないけど、
  東北部を植民地にする事には成功しなかったね。 +1 マレーシア

■ WOW 当時の満州は美しい都市だったんだなぁ。 +4 国籍不明

■ この映像は、とても有益な歴史の授業みたいなものね。
  貴重な動画をシェアしてくれてありがとう。 +2 ニュージーランド


このコメント欄のような意見はたいてい出てくるが、傀儡政権、傀儡国家でも、天皇家と婚姻とか普通はしないと思うがネ。

天皇家と婚姻するということは、日本国の一因として認めるという意味である。

どうもこの部分がまったくいまだに欧米人の王族国家には理解できないらしい。

私がディズニーが嫌いなのは、基本的に世界観が、王様、女王、王子と王女の話しかないからである。

ただテーマが、大英帝国の王子王女か、小さい島国の王子か王女というだけのことにすぎない。陳腐。

一方、アメリカやフランスの大統領制は、その王政の代替版にすぎないから、やっていることは平民の王様女王様気取りにすぎない。

それに対して、我が国の天皇家というのは、我が国の民族の最初の家系の生き残りという意味の民族の象徴だから、カソリックの法皇のようでいてそれとも違うし、実際に日本人のだれにも天皇家のDNAと同じものが残されているわけである。

いわゆるYAP遺伝子である。

このYAP遺伝子の最初の起源家系を讃えているのであって、それが後に神道のような精神世界、そしてさらに政へと進展していった結果、いまのような形に徐々に2700年の間(実際はその何万年も前から)続いてきたというにすぎない。

そんな日本国に対して、近代において統治国というよりは、同じ日本の一員になるという意味で、天皇家と一体化するわけだ。

これが、小名木善行氏のいう「我が国はしらす国」であり、欧米の「うしはく国」=王政とは違うという意味なのである。

我が国では、天皇家とごく一般の下々の庶民もともに同根なのであり、だれもが天皇の子孫であるという価値観で生きてきた国民なのだから、どこかからやってきた別の民族が現地人の上について支配するという「うしはく国」ではないということなのである。

しかし、欧米人もせいぜい王国までしか知らないし、存在しない。だから、理解しようがない。

まあ、ハワイの現地人が一番近いかもしれないが、いまは米白人に支配された国である。

いずれにせよ、海外の人には我が国の国の成り立ち、国の概念が他国とはことなるということはまったく理解されていないのである。


それにしてもたった10年でここまで巨大建築を作った当時の日本人は猛烈だった。



(え)日本の朝鮮統治

同じような映像は朝鮮半島の統治、すなわち日本の朝鮮州の場合にも残されている。

海外「みんな幸せそうだ」 日本統治時代のソウルの様子を映した貴重映像
日本の統治は牧歌的だった!:欧米の「うしはく国」統治と我が国の「しらす国」統治は別物だった!?_a0348309_914999.jpg


今回は日本統治下のソウルを映した映像からです。

ご紹介する2つの映像のうち、カラーの動画は1938年に、
白黒のほうは1931年にソウルで撮影されたものになります。

カラー映像はスウェーデン人外交官のThor Wiestlandt氏が、
白黒映像のほうは、アメリカのナレーター兼映画プロデューサーの、
ジェームス·A·フィッツパトリック氏がそれぞれ撮影したものとされています。

大変貴重な映像に、外国人から多くのコメントが寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

1931年の朝鮮


1938年のソウル
Scenes from Seoul of 1938 - In Color!


おまけ
Annexation of Korea 1910-1945


【拡散希望】「コリアンが認めたがらない歴史的事実一覧」4:「銃後の朝鮮」 Home Front of Chosun (1937)
「銃後の朝鮮」 Home Front of Chosun (1937)




海外コメント

■ ウワ~。こんな貴重な映像が残ってたのか。 アメリカ(韓国在住)

■ 映ってる人が全員ハッピーな表情をしてるね :)) 国籍不明

■ 日本統治時代の朝鮮半島の雰囲気がよく伝わる良い映像。
  この映像のフルバージョンはないのかな。 アメリカ
  
■ ふーむ、どうして韓国人は日本人が嫌いなんだろうか。 国籍不明→支那人

■ ひどく貧乏な時代だった。
  一般市民が所有するものなんて何もなかったんだから。 国籍不明→韓国人

■ このドキュメンタリーのタイトルを誰か知らない?
  DVDになってるならタイトルを教えて欲しい。 ポーランド

■ 当時の朝鮮半島の人達は日本の事が好きだったんだね! ベトナム
 
■ 日本の帝国主義を許すな! 朝鮮半島に独立を! 国籍不明→韓国人

■ これは本当なの? ただのジョークだと思いたい。
  私は日本も韓国も好き。
  わざわざ嘘の映像を作るのはバカげてる。 国籍不明→韓国人

■ こういう映像大好きなんだよ俺。まさに息を呑む素晴らしさ。 アメリカ

■ 何だこれ。全部まるまるくだらないフェイクだな。 アメリカ  →韓国人

   ■ そういうことを言う時は、証拠を提示するもんだぜ。 アメリカ

■ 実際にインフラとかを整備したのは奴隷の人達だけどね。 国籍不明

■ 日本が統治する前まで、朝鮮半島では教育も十分じゃなかった。
  日本に感謝するべきだと俺は思うけど。 中国(人)

■ うーん、これはアメリカ人が撮影したものよね?
  文化の破壊なんてどこに映ってるのかしら? アメリカ

■ 日本が台湾と朝鮮半島を近代化させたのは、
  何も現地の人達のためなんかじゃない。
  大日本帝国の利益のみを追求した結果だ。 国籍不明 

■ 確かに日本は朝鮮半島を近代化させた。
  だけど、日本の統治がなければもっと発展してた可能性もあった。
  だからこそ韓国人は日本に絶対感謝しないんだよ。
  そしてこれはフェイク映像だね。 韓国

■ ネット上の日本人の中にはちょっと危険な人がいるな。
  みんなというわけではないけど。
  実際の典型的な日本人は、とても優しくて知的なのに。 韓国

■ 日本は朝鮮半島の文化、言語、政府を弾圧した。
  ……アリガトウ日本。 国籍不明  →韓国人

■ 韓国の人達は日本に感謝するべきじゃないだろうか。 ポルトガル

■ 1919年に朝鮮の人たちが独立運動を起こしてるんだ。
  統治がどんなものだったかはそれで分かるだろ。 シンガポール 

■ 日本の統治下のままのほうが良かったと思うけどなぁ。 国籍不明

■ 日本へ。君たちが語る「名誉心」なんか嘘だ。
  君たちは当時のドイツと手を組んでたんだぞ?
  伝統的な「名誉心」がどこにあるっていうんだ? ポーランド

■ どこに抵抗してる人がいるの? みんな幸せそうだ。 アメリカ

■ 統治した側は、「文明化させ、文化をもたらした」って言うけど、
  アフリカでも同じ理由付けがされたんだろうね。 国籍不明

■ 1930年代になるまで、朝鮮半島は17~18世紀のまま停止してしまった。
  中国、ロシア、日本、さらにソ連とアメリカに国を引き裂かれたから、
  国としての純潔さも失われてしまった。 オーストラリア

■ WOW こんな貴重な映像が残ってたなんて。
  あれから60年でソウルが今の姿になったなんて凄い……。 メキシコ

■ 映像に映っている子どもたちの多くが、
  12年後には朝鮮半島に巻き込まれてしまうなんて悲しいね。 アメリカ

■ どこの国だって暗い歴史があるわけだろ。
  過去のことで文句を言うのはやめろよ。時代は変わったんだ。 アメリカ

■ 物すごく平和な雰囲気ですなぁ。 ポーランド(日本在住)

■ カメラが誕生したばかりの頃にアマチュアの人が撮った映像って魅了されるよね。
  特にカラーだとかなり惹きこまれる。 アメリカ

■ 個人的にはこういう映像は白黒のほうが好き。
  いずれにしても素晴らしい映像だったけど! リトアニア 

■ なんて美しい映像なんだろう! 初めて観た!
  私の祖父母がああいう服装をして暮らしてたわけだよね!
  本当に感慨深い……。 韓国

■ 少なくとも僕には、とても平和な社会に見えるよ。 タイ




いずれにせよ、その後の73年で、日本がさんざん救って上げた国々が反日教育思想で洗脳し、ブーメラン爆弾として我が国に炸裂するわけだから、日本のご先祖さまたちが浮かばれない。

まあ、しかし、そういう歴史伝統および脳をもった人種だから、この際、今後は国交絶交、国交断絶したほうが良いのではなかろうか?

高いレッスン料を支払って学習したわけですナ。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
台湾の統治については、我が国の反日NHKがさんざんアカヒ新聞のような報道特集を組んで捏造放送、フェイク番組やファルス番組を流していたが、全部ウソだった。

日本による台湾統治は当時の1904年ごろすでにニューヨーク・タイムズの記者が台湾でいったい何が始まっているのかをつぶさにレポートしていたのである。それがこれである。
1904年NYTimes記事「日本人が変えた未開の島」:NHK「JAPANデビュー」の反日活動バレた!?1
1904年NYTimes記事「日本人が変えた未開の島」:NHK「JAPANデビュー」の反日活動バレた!?2





日本の統治は牧歌的だった!:欧米の「うしはく国」統治と我が国の「しらす国」統治は別物だった!?_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2018-04-17 09:34 | ねずさん、小名木善行

「2018年はどうなる???」8:ねずさん予言「South Koreaは、国際社会から見放される!」   

「2018年はどうなる???」8:ねずさん予言「South Koreaは、国際社会から見放される!」_a0348309_18263916.png


みなさん、こんにちは。

昨日、私の2018年予想の7番目として
「2018年はどうなる???」7:「日本の文化は世界の文化だ」が世界認識に変わる!?

をメモしておいた。

すると、今日のねずさんこと小名木善行さんのブログにも似たような趣旨の予想が出されていた。面白いので、これをメモしておこう。以下のものである。

ジグソーパズル

たった70年余で遅れたのなら、次の70年で取り返せば良い。
すでに門は開かれたのです。
これからは日本の時代です。
「2018年はどうなる???」8:ねずさん予言「South Koreaは、国際社会から見放される!」_a0348309_8422764.jpg


(前略)

しかし本当にそうなのだろうかと思って、いろいろ調べてみると、全然違う世界がそこにある。
古事記や日本書紀も同じです。

先日の倭塾でお話したことですが、「人類社会は進歩する」というのは、実はとんでもない幻想です。
いまの日本人は、千年前の日本人よりも、千年遅れてしまっている。

けれど日本人には、日本人にしかないDNAがあります。
そして天皇もご健在です。
日本には、まだまだ復活のチャンスがあります。
すでに門は開かれたのです。
これからは日本の時代です。


そうそう。
在日のことにもすこし触れて置かなければなりません。
彼らが戦後の日本でのしあがったのは、38度線という東西世界の境界線があったからです。
South Koreaの経済的成長と、社会の進化が、東側世界への大きな壁とされてきたから、South Koreaの経済成長があったし、国際的地位の向上があったし、その後背地に位置する日本における在日Koreanの横暴も許容されてきたのです。
彼らにとっては、それによって日本の猿に少々の被害があったとしても、世界全体の秩序維持に、それは不可欠の要素とされてきたのです。

ところが国際情勢は変わりました
彼らを助けることは、国際社会の中で、もはや百害あって一利なしとされるようになったのです。
つまり、South Koreaは、国際社会から見放されるということです。
そして、そうなると日本国内に限らず、世界中でKoreanは、これまでのような横暴が通用しなくなります。
犯罪は犯罪とされるようになるのです。
今年、そのことがあきらかになります。


お読みいただき、ありがとうございました。


本文は結構長いのでねずさんのサイトを見てもらうことにして、後半だけ引用した。

この一番最後の部分、「ねず予言」といっていいだろう。

在日韓国人、半島の韓国人、

いわゆる朝鮮民族は世界から目の敵にされるだろうというのである。

まあ、悪いことさえしなければいいのだが、これまでのような「甘え」は一切白人には通用しない。

そういう時代に切り替わったというのである。


火病を起こそうが、泣き喚こうが、大騒ぎしようが、もはや許されない。


ましてやこんな民族が、核ミサイルと核爆弾をもつ北朝鮮と統一国家になる?

こんなことはもはやありえないことだということになったのである。


核を持つ北朝鮮と火病国家の南朝鮮とがいっしょになれば、もはや世界が壊滅しかねない。

ならば、韓国経済を潰し、韓国人を消滅させる。

いいかえれば、アラブのISISと同じく、韓国はテロ民族指定を受けた、ということなのである。


まあ、大分前から、アメリカのズビグニュー・ブレジンスキー
「2018年はどうなる???」8:ねずさん予言「South Koreaは、国際社会から見放される!」_a0348309_8532772.jpg

が言っていたわけだ。
米国民主党の外交・安全保障問題の指導者であるブレジンスキーが韓国を見捨てる
「2018年はどうなる???」8:ねずさん予言「South Koreaは、国際社会から見放される!」_a0348309_8551113.jpg

「有事の際は日本へゴー」?:平成最大の日本の危機到来!「平成朝鮮進駐軍」か?

ズビグニュー・ブレジンスキーの言葉

「近い将来、中国とインドが浮上し、米国は衰退する」

「米国の衰退は韓国に苦渋の選択を迫るようになるだろう」

韓国には「中国による東アジアの覇権を受け入れ、中国とさらに接近する」道と「歴史的な反感にも関わらず、日本との関係をさらに強化する」という二つの道が選択肢として提示されている。

「米国の強い後押しがない場合、日本が中国に対抗できるかは疑わしい。米国の衰退で、米国が提供してきた“核の傘”への信頼が低下すれば、韓国と日本は(米国以外の)新たな核の傘を求めるか、あるいは自国での核武装を迫られるだろう」

「中国は韓半島(朝鮮半島)統一問題にも決定的な影響を及ぼすと考えられる。その場合、韓国は“中国が後押しする統一”と、“韓米同盟の縮小”などを取り引きせざるを得なくなるかもしれない」

「韓国の将来に決定的な影響をもたらす国際情勢の変化の時期」について「中国が経済面と軍事面の双方で米国を追い越すとみられる、およそ20年後」と予想した。

「たとえ韓国が米国との同盟を強く望んだとしても、米国が韓半島(朝鮮半島)から手を引く時代は少しずつ近づいている」
同時に「そうなれば韓国は中国に頼るか、あるいは日本と手を結ぶかという選択を迫られる」

「中国は韓国統一の過程で決定的な影響力を行使すると予想される。その場合、“韓米同盟の縮小と中国による統一支援”を取り引きせざるを得ない状況になる可能性がある」

「韓国と米国は共に血を流し合った血盟関係だ」などと強調してきた。しかしその一方で米国は、韓国が現在あるいは将来の国益をかけてどのような決断を下すかに注目しており、それに伴う対応策についても慎重に検討を進めてきた。

「韓国・台湾・日本・トルコなどは、米国の拡大核抑止力に安全保障を依存しているが、米国の衰退はやがて、米国が提供してきた核の傘の信頼性に危機をもたらすだろう」と語った。米国が国内問題によって特定地域から徐々に手を引くようになり、これらの国々が「米国が自分たちを守ってくれる」という確信を持てなくなれば「よそ(elsewhere)」に安全保障を求めざるを得ない。

「よそ(elsewhere)」について
「自ら核兵器を持つという道か、あるいは中国・ロシアなど他国の核パワーの保護下に入るという道、この二つ以外にない」

韓半島(朝鮮半島)統一の時期が来たときには、韓国が中国の支援を得るために、米国との安全保障同盟のレベルをある程度格下げするという決断を余儀なくされるとの予想も示した。そして「韓半島に平和的統一の雰囲気が形成されるころには、中国のパワーは今よりもはるかに大きくなっており、南北統一の際にも中国は中心的な役割を果たすだろう。韓国は“中国の支援を受けた統一”と“韓米同盟の縮小”が、トレードオフの関係(一方を追求すれば他方を犠牲にせざるを得ないという二律背反の関係)にあると考えるだろう」

米国の衰退によって「地政学的リスク」に直面する8カ国として、グルジア・台湾に続いて韓国を挙げ「韓国は、中国と日本の間で選択を迫られることになるだろう」

「中国の地域的優位を受け入れ、核武装した北朝鮮の手綱を握るため、さらに中国に依存するか、または平壌や北京による侵略に対する懸念と民主的価値を共有する日本と、歴史的反感に堪えながら関係を強化していかなければならない」

歴史上唯一の「スーパーパワー」だった米国が王座から陥落した後、中国など特定の国が単独でこれを継承し「戴冠式」を行う可能性は小さい。

「かつてソ連が崩壊した際、米国には(世界ナンバーワンとしての)役割が委ねられたが、同様の役割を遂行できる国は、2025年になっても現れないだろう」

「各地域のパワーとグローバルパワーの間で、多少混乱気味に力の再分配が起こる可能性が高い。この過程では、勝者よりも敗者の方がはるかに多くなるだろう」


グッバイ・コリア、”さよなら”韓国、僕たちは忘れない!:南朝鮮人国終焉か!?

さて、そんな南朝鮮国、別名「大韓民国(=韓国)」は、いまや世界でも、政治的にも文化的にも経済的にも風前の灯火のようである。

結論から言えば、3つの選択しかないと考えられているようである。
1。親中共路線:「中国による東アジアの覇権を受け入れ、中国とさらに接近する」
2。親日路線:(反日行為をやめて) 「歴史的な反感にも関わらず、日本との関係をさらに強化する」
3。消滅路線: 「北朝鮮の一部になる」

オバマ大統領のメンター、ブレジンスキー博士は最初の2つしか取りえないと言っているらしい。


これはもう6年も前の話である。


というわけで、
李明博(いみょんばく=りみょうばく=りーあきひろ)
「2018年はどうなる???」8:ねずさん予言「South Koreaは、国際社会から見放される!」_a0348309_9251320.jpg
(大阪出身の在日)
朴槿恵(ぱくくね=ぼくきんえ=ぼくきみえ)
「2018年はどうなる???」8:ねずさん予言「South Koreaは、国際社会から見放される!」_a0348309_928264.jpg
(金正日の第四婦人)
文在寅(むんじぇいん=もんざいいん=ぶんあるとら)
「2018年はどうなる???」8:ねずさん予言「South Koreaは、国際社会から見放される!」_a0348309_9291775.jpg
(髪の毛染めた?)

と三代の大統領の間にのらりくらりと無視して生きた米NWOネオコンのシナリオがついに炸裂しかねない状況になったわけである。

逃げて〜〜、朝鮮人!


というわけだろうが、もはや日本人になりすまそうが、何人とハーフになろうが、現代分子遺伝学の科学の手から逃げることはできない。

皮膚、唾液、髪の毛、陰毛、精液、体液、。。。。

たった一粒でも残れば、いまや遺伝子解析であっという間に犯人が朝鮮人かどうかわかってしまう。

もう朝鮮人特有の遺伝子はデータバンク化されているのである。

もはや世界中どこにも逃げ場はない!


あとは、改心するか、

死んで生まれ変わるしかない

が、改心はできないだろうから、生まれ変わりのほうは、二度と人間に生まれ変われるはずもない。

たいていはゴキブリか、虫、せいぜい家畜になるのだとか?


今度、家畜を見たら、その名前を呼んでみろ。

おい、金日成!

そうすると、め〜〜〜って応答するはずだ。



最近死んだ、ズビグニューとか、デービッド(ロックフェラー)とか、偽ユダヤの大悪の名前を呼んでも反応するかもナ。





いやはや、世も末ですナ。



「2018年はどうなる???」8:ねずさん予言「South Koreaは、国際社会から見放される!」_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2018-01-12 09:15 | ねずさん、小名木善行

【拡散希望】「コリアンが認めたがらない歴史的事実一覧」1   

みなさん、こんにちは。

いや〜、ねずさんこと小名木善行さんの今日の記事は永久保存版の価値がある力作なので、ここにもメモしておこう。以下のものである。

コリアンが認めたがらない歴史的事実一覧
【拡散希望】「コリアンが認めたがらない歴史的事実一覧」1_a0348309_134201.jpg


元記事:【拡散希望】コリアン(朝鮮民族、韓国人・北朝鮮人)が認めたがらない歴史的事実一覧


・稲作が九州から朝鮮半島に伝わったこと
・唐辛子が日本から朝鮮に伝わったこと(足袋(たび)に入れて足を温めるものとして朝鮮半島に持ち込まれたのが唐辛子)
・半島南部の先住民が日本人(倭人)であったこと
・新羅の建国時の宰相が日本人(倭人)であり、王家の二つが倭人系統であること、また始祖の朴赫居世についても日本人説(倭人説)があること
・百済、新羅が大和朝廷に対し従属的地位にあったこと
・大和朝廷による任那(伽耶)地域の支配があったこと(半島南部における多数の前方後円墳の存在)
・朝鮮半島における文化的独自性が欠落していること(あらゆる分野での古典の不在)
・属国として歩んできた歴史であること(漢民族・モンゴル民族・満洲民族のどの民族からも朝鮮民族は格下扱いされてきた)
・中国の属国になってから、みずから改名して、中国語の姓名であること
・秀吉の朝鮮出兵が日本と明の戦争であったこと(李氏朝鮮の軍は明の軍の指揮下に入り、和平交渉も日本と明の間で行われた)
・李氏朝鮮王が、中国の地方長官の地位でしかなかったこと
・清から、李氏朝鮮が琉球とベトナムよりも格下に扱われていたこと
・李氏朝鮮の前の高麗では、元の命令で、王妃が代々モンゴル人であり、モンゴル人の母親から生まれた息子しか国王になれなかったこと
・朝鮮半島の国が、歴史上一度も、単独では戦争に勝ったことがないこと(朝鮮民族と組んだ国も戦争に勝てない。高麗と組んだ元の元寇、大韓帝国を併合した大日本帝国の大東亜戦争)
・朝鮮民族が雑多な民族の集まりであること
・ハングルで表記できない発音がいくつもあること
・チマチョゴリが、子を産んだ女性は胸を露出して着る服であったこと
・朝鮮半島に唐辛子が広まったのは、塩の代わりの調味料だったこと
・李氏朝鮮の時代に、木を丸くする技術がなくて、二輪車がなかったこと
・秀吉が朝鮮に出兵した時に、秀吉側について明と戦った朝鮮人がたくさんいたこと
・馬に乗って戦っている倭寇がいて、日本人じゃない倭寇がいたこと
・日本に文明を教えてあげたと主張する王仁博士の出身地に、王仁博士の一族の末裔も王という姓の人もいないこと
・竹島が古代から一貫して日本の領土であったこと
・テーブルで肉を焼く料理法は戦後、日本から韓国に伝わったこと
・文盲だった朝鮮人にハングルを教えることにしてハングルを広めたのは日本人であること
・高麗の時代には、済州島は元の直轄地で、元の領土だったこと
・朝鮮戦争前はむろん、朝鮮戦争後もずっと、韓国人は白米を常食にできなかったこと
・朝鮮半島の国は中国の国に朝貢するにも朝貢する文物がないので女性を献上していたこと
・大韓帝国(李氏朝鮮)の外国からの莫大な借金を、日本が代わりに支払ってやったこと
・大韓帝国(李氏朝鮮)の李王家の帰国を大韓民国(現在の韓国)が拒否していて、大韓帝国と大韓民国は別の国であるので、大韓帝国併合については韓国人(大韓民国人)には言及できないこと
・2000年近い朝鮮半島の歴史の中で、朝鮮半島を統一した独立国家としての歴史は、936年から963年までの高麗の27年間と、1895年から1910年までの李氏朝鮮(1897年から大韓帝国と改称)の15年間しかないこと
・朝鮮という国名にしたのは明だが、他国に自国の国号を決めてもらった世界にただ一つの国であること
・百済と新羅の時代に朝鮮半島に住んでいた日本人が文明人として他の民族から尊敬されていたこと
・百済と新羅から帰化した人からの朝鮮語の伝搬が見られないことから、帰化人とは朝鮮半島に住んでいた日本人であったこと(帰化人を渡来人というのは誤り。文字通り帰ってきた人達。朝鮮半島からの帰化人は引き揚げ者)
・昔から今まで常に日本列島が朝鮮半島よりも文明文化が進んでいたこと
・済州島には朝鮮民族とは別の言語・風習を持っていた、朝鮮とは別の民族が住んでいたにもかかわらず、済州島を併合してしまったこと
・1948年に、済州島の民族を大虐殺したこと
・済州島の民族の言語とアイヌ語に共通な語があって、済州島には日本列島と同じ民族が住んでいたこと
・元寇の兵の大半は高麗人(朝鮮民族)だったこと(韓国では元寇を元の「日本征伐」としていて、高麗人が元寇の主力兵だったことを教えていない)
・民族が到達しやすくても脱出しにくいのが半島だが、そもそも朝鮮半島には日本人が住んでいて、後から別の民族がやってきて、それが朝鮮民族になったと考えられること
・民族は敵性民族がいなければ暖かい所に移動するので、朝鮮半島の朝鮮民族は北のほうから南下してきたと考えられること
・朝鮮民族が南下してきたといっても単一の民族としてではなくて、満洲民族、モンゴル民族、漢民族、北方のツングース民族等が南下して朝鮮民族になったと考えられること
・韓国では中国を親の国、韓国を兄の国、日本を弟の国だと教えているが、それ自体が韓国の属国思想であること(日本は独立国だったので、そういう発想がない)
・宦官制度が新羅の時代から1894年の甲午改革で廃止されるまであって、去勢された男子の宦官がいたこと
・朝鮮民族は漢民族・満洲民族・モンゴル民族に従属していて格下の民族とされていたこと
・清朝の冊封体制の中で李氏朝鮮の地位は低く、朝鮮使臣のみが丸首の衣で歩いて裏門から入ったこと(朝鮮使臣のみが礼服と籠に乗ることと正門から入ることを禁じられていた)
・昔の李氏朝鮮の大極旗には清国属国旗と記されていること
・遣隋使、遣唐使、日明貿易の時代にも朝鮮を通さずに日本は交易していること
・李氏朝鮮の時代も、水田の灌漑施設がなかったこと
・1000年にわたる売春立国であること
・遣隋使、遣唐使、日明貿易はあったが、遣高麗使、遣朝使のような朝鮮半島との貿易はなかったこと
・朝鮮の漬け物の発祥地は中国の重慶であること
・高麗の青磁は中国の殷が起源、李氏朝鮮の白磁は中国の北斉が起源であり、どちらも朝鮮半島の発祥の文物ではないこと
・日本の歴史は事実・真実のままで世界に誇れる立派な歴史であること(歴史を偽造する韓国に配慮して日本の教科書を記述することなどとんでもないことである)
・韓国の教科書には「〇〇を日本に教えてあげた」という記述が山のようにあるが、そのすべてが偽造・ねつ造であること(韓国は、日本発祥のものでさえ教えてあげたと記述する傲岸不遜な国。教えたも問題だが、教えてあげたという表記は無礼千万)
・朝鮮半島発祥の文物で日本に影響を与えたものは一つもないこと(朝鮮民族がいなくても日本の文明文化は発展していた)
・朝鮮半島に存在しないDNAの稲が日本だけにあること(稲作は中国雲南省あたりから海路で九州に伝わったから)
・新羅も百済も日本(倭国)のことを文化大国として敬仰していたこと(朝鮮半島初の統一国家である新羅の基礎づくりを指導したのは日本列島から渡ってきた日本人(倭種)だった。「第四代新羅王の解脱(タレ)は、倭の東北一千里にある多婆那国の生れ」(三国史記新羅本記)、多婆那(タバナ)国は、丹波、あるいは但馬と考えられている)
・日本国は九州北部と朝鮮半島にまたがっていたこと(鉄資源を採取するための拠点が朝鮮半島南部にあり、そこから南が倭国(日本)と認識されていた。「韓は帯方郡(魏の直轄地・現ソウル付近)の南にあり、東西は海、南は倭と接す」「倭に至るには(海岸に沿って水行し韓国を経て、あるいは南し、あるいは東し)その北岸、狗邪韓国に至る。(そこから)はじめて海を渡ること千余里、対馬国に至る・・」(魏志「韓伝」および「倭人伝」)
・日本は朝鮮半島南部の拠点を通じて、1世紀ごろには中国大陸と直接交流していたこと
・戦前の朝鮮史研究では、新羅4代王が日本列島の出身者であることなど常識であったこと
・新羅16代の王のうち半数が日本人であったこと(半島古史研究で基本資料とされる『三国史記4』(東洋文庫)に全文間違いの訳注がある。日本人(倭種)は4代目のみとする訳注を書いたのは韓国人の鄭早苗)
・新羅と百済の同時代の『唐書』に、「新羅も百済も倭国(日本)を大国として敬仰している。それは倭国には優れた品々が多いためで、常に使節が倭国に赴いている」との記述があること
・日本の皇室が世界で一番古い家系であること
・青森県の大平山元遺跡が「世界最古」の遺跡であること
・日本の神道のような信仰は世界中にあったが、今は日本にしか残っていないこと
・日本の前方後円墳は3世紀に出現したが、朝鮮南部の栄山江から発見された前方後円墳は5~6世紀のものであること(日本人が朝鮮半島に住んでいた証拠であると知った韓国人は朝鮮半島の前方後円墳を爆破した)
・百済では1世紀になって初めて稲を作るべしとの王令が出たこと
・日本の農業用語に朝鮮由来の言葉がないこと(朝鮮から伝来していないから)
・日本書紀が書かれたのは8世紀だが、朝鮮の三国遺事が書かれたのは13世紀であり、日本の神話が朝鮮の神話よりも古いこと(日本の神話が朝鮮の神話を真似たというのは嘘。朝鮮神話が5000年前の熊太郎(檀君)神話を実話として教科書で教えているのは荒唐無稽)
・朝鮮が属国だったから、朝鮮からの使節が外交使節でなく朝鮮通信使とされたこと
・現在ソウルの城門のあった場所には「独立門」というものが建てられたが、昔その場所には『迎恩門』という門があり、それは「朝鮮王が9回頭を地面に叩きつけて擦りつけ、ひれ伏して清の使者を迎える」という・屈辱的な隷属の象徴の門だったこと
・朝鮮国王は 中国の王朝の皇帝によって任命されたこと
・朝鮮国内の事件は全て皇帝に報告しなければならなかったこと
・朝鮮国王の地位は、中国の王朝の廷臣よりも下だったこと
・朝鮮政府には、貨幣の鋳造権すら与えられてなかったこと
・朝鮮政府には清国への食糧、兵士提供の要求権もなかったこと 朝鮮は清国に細かく定められた貢品を出す以外に、毎年、牛3000頭、馬3000頭、各地の美女3000人を選り抜いて貢がなければならなかったこと
・新羅が日本の属国であって、新羅の王子が日本に人質にとられていたこと
・白村江の戦いとは、日本の属国から唐の属国になって寝返った新羅をめぐっての、日本と唐の宗主国同士の争いであったこと
・ハングルが日本の阿比留文字の真似であること
・朝鮮通信使が、朝鮮の王から、日本から技術を学んでくるように言われていたこと
・併合前の大韓帝国がアジア最貧国だったこと(1910年のインドよりも、1910年の朝鮮半島は貧しかった)
・李氏朝鮮の王の即位の年には、「朝鮮国、権署国事、臣李某」から始まり、「国事をかりに処理する臣下の李」と、李氏朝鮮の王から清への書状に書かれていたこと
・「朝鮮」とは朝貢物の少ない国という意味であること(鮮は少ないという意味)
・現在の朝鮮民族と古朝鮮とは民族の連続性がないこと(現在確認されている朝鮮古語は180語しかない)
・満州国国歌を韓国国歌にしていること
・李氏朝鮮が男尊女卑の社会であって女は子を産む存在でしかなかったこと
・韓国は東北から北海道の緯度にある寒冷地帯であって、南方の食べ物である稲が育つはずがなくて、1980年代まで韓国人は雑穀を食べていたこと
・朝鮮半島には価値ある文化、富や食、豊かな土地などまったくなかったという理由で、中国の王朝が朝鮮半島を自国領にしなかったこと
・トンスル(人糞酒)があること(犬、猫、鳩の糞の酒もある)
・百済時代には、百済を含めた朝鮮半島の南部から中部まで日本の文化圏だったこと
・遺伝子(DNA)鑑定によれば、現在のコリアンの多くが北方系民族で、日本人の系統とはまったく異なること
・朝鮮半島の歴史上、最も繁栄したのが日韓併合時代であったこと(インフラが整備され、人口は倍増、学校が作られて教育水準も上がった)
・病人のまねをする病身舞があったこと
・戦後、障害児を海外に養子に出して捨てていたこと
・朝鮮半島ではオルドス式銅剣もそれを製造する鋳型も見つかっていないこと(中国大陸と日本列島では発掘されている)
・朝鮮半島では大陸性の青銅ナイフが見つかっていないこと(日本では見つかっている)
・朝鮮は外部世界と隔絶した秘境で、文化がなかったこと
・朝鮮半島には布を染色する技術がなくて、住民は色落ちした白い服しか着れなかったこと
・高句麗が、日本を格上の国として、日本に朝貢していたこと
・高句麗も渤海も朝鮮民族の国とは言えないこと
・李氏朝鮮の李氏が満洲民族だったこと(韓国が李氏朝鮮の初代の李成桂の歴史ドラマを作らないのは李成桂が満洲人だから)
・父親の大便を息子がなめて健康を見るのが孝行息子とされていたこと
・明の皇帝の衣装が龍9匹、皇族が8,7匹、大臣級が6,5匹、地方の役所の長が4,3匹なのだが、朝鮮王は龍3匹の衣装だったこと(龍3匹の衣装にも赤と青があるが、格下の青い衣装だった)
・李氏朝鮮には1882年まで国旗がなかったこと(属国だったから)
・李氏朝鮮の首都の漢城(現在のソウル)に、道路すらろくになかったこと
・鼻が曲がりそうな糞尿の悪臭が朝鮮半島全土をおおっていたこと
・家が竪穴式住居に近いものであったこと
・朝鮮では中国の貨幣を使用していたが、庶民には流通せず、庶民は5日おきに開かれる市場で物々交換していたこと
・李氏朝鮮時代に、性的奉仕を行う「妓生キーセン」がいて、身分は奴婢であって、妓生こそが性奴隷だったこと
・大韓帝国併合時、朝鮮に公立学校は約100校しかなかったが大日本帝国が1943年までに4271校まで増やしたこと(それらは当時日本列島にもなかったコンクリートやレンガ造りの三階建て校舎などだった)
・韓国は高句麗と渤海を朝鮮民族の国としているが、高句麗は日本を兄の国として外交使節を送ってきて、高句麗の後の渤海は日本を「父の兄、伯父(おじ)」の国として外交使節を送ってきていたこと
・キムチが人糞を混ぜて発酵させる食品だったこと(人糞の臭みを消すために唐辛子をどっさり入れた)
・キムチに使われる白菜も日本から伝わったこと(大正時代に名古屋の野崎徳四郎が栽培に成功した)
・役人が薪にするため柱を切ってしまうので、持っていかれないように、柱に人糞を塗ることがあったこと
・李氏朝鮮の李氏は明・清の後ろ盾で朝鮮王を名のっていただけであり、朝鮮半島は実質は無主地だったこと
・大日本帝国の民間銀行「第一銀行韓国総支店」が1902年に第一銀行券を発行したが、それが韓国で初めての紙幣であったこと
・男尊女卑で、女性は男性の食べ残しを食べていたこと
・ハングルは表音文字なので、「放火」と「防火」が同じ、「素数」と「少数」が同じ、「祈願」と「起源」が同じになってしまうこと
・李氏朝鮮・大韓帝国に鉄道がなかったこと
・李氏朝鮮・大韓帝国が禿山ばかりだったこと
・キムチがもともと中国の酸菜(冬季用の漬物)が三国時代に韓国に伝わったものである(白いキムチ)と中国最古の詩篇「詩経」に記載されていること(それに唐辛子を加えたのが今の赤いキムチ)
・李氏朝鮮・大韓帝国には2階建ての建築物がなかったこと(外国人の建築物を除く)
・英語その他のヨーロッパ語の辞書が作られたのは日韓併合後であったこと
・朝鮮人小学校の年間平均学費が1人7円30銭であったのに対し、日本人小学校の年間平均学費が平均40円であったこと(日韓併合時代、日本は朝鮮人を優遇していた)
・大日本帝国軍の将校であった多くの韓国人が創氏改名をしなかったこと(もし創氏改名が強制されたものであったとしたら、朝鮮半島出身の将校こそ、手本を示すために創氏改名させられたはず)
・李氏朝鮮518年、日韓併合時代、1945年以後の南北分裂時代の3つの時代を比較して、もっとも人命が尊重されて人口が増えたのは日韓併合時代だったこと
・朝鮮の残虐な刑罰を廃止したのは日本政府であったこと
・大韓帝国併合を要請したのは大韓帝国側であったこと
・車輪を作れなかったので、李氏朝鮮・大韓帝国には馬車・牛車・人力車、農業用の水車がなかったこと
・朝鮮民族には入浴する習慣がなかったこと(大日本帝国時代、朝鮮半島に銭湯が作られて、日本人と朝鮮人の浴槽は別々であったが、朝鮮人の女が入浴に来た例はなかった)
・朝鮮半島の諸国が日本の管轄下にあったことを南宋の順帝が公式に認めていたこと(宋書は、倭王・武の順帝宛上表文の「海を渡って平らげること95ヶ国)を認め、順帝から「武を使特節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事、安東大将軍、倭王に叙した」とする)
・広開土王碑文には「391年、倭が百済と新羅を破り臣民とした」とあること
・鉄の産地は主に新羅地域だが、隋書に「日本人(倭人)が鉄を採掘している、という『韓伝』の転載」があること
・752年の奈良大仏開眼供養には、アジア各国からの参列者があって、日本の勢力は隆盛だったこと(導師はインド出身の僧菩提僊那で、従者には胡人(イラン人)も混じり、日本、唐、高麗の楽舞が大仏に奉納された。1万数千人もの参列者の名簿が正倉院文書にある)
・百済の時代に、日本に70近くの国分寺、国分尼寺が建立されていたこと(仏教が百済から伝わったというのは嘘)
・野糞が普通だったこと(どの道も糞尿だらけだった)
・少女キーセン(性奴隷)がいたこと
・私有財産が保障されていなかったこと
・大韓帝国併合後は、洪中将、金少将など、朝鮮人を分け隔てなくして、日本人兵士に対して命令できる軍の高位に抜擢したこと
・朝鮮の女性には名前がなかったこと
・平均寿命が24歳だったこと(大韓帝国併合後には平均寿命が56歳に上がった)
・朝鮮人女性の性奴隷を禁止したのは大日本帝国政府であったこと
・現代の朝鮮民族の風習がロシアのエヴェンキ族に酷似していること(古代の朝鮮とは別の民族)
・朝鮮には木を丸くする技術がなかったので桶(おけ)も樽(たる)もなかったこと
・朝鮮民族は犬を食べるが、時間をかけて犬を苦しめて殺していたこと
・元寇の兵士の大半が朝鮮民族だったが、占領した対馬の住民に対して、男は皆殺し、女は掌に穴をあけて縄を通して船につるしたこと(日本兵が矢を射られないようにした)
・在日韓国籍コリアンの多くが、戦後、済州島から日本に密入国してきた人であること(戦時中の強制連行どころか、戦争が終わって大韓民国ができてから自分の意志で日本に来た)
・韓国語に「おもいやり」の単語がないこと(韓国人は「人をおもいやる」ことがないから)
・朝鮮半島は、ソウルでさえ浮浪者が集落を作っているに過ぎず、何の文明もなかったこと
・朝鮮半島は「羅生門」の時代よりも悲惨な状態だったこと
・朝貢が少ないと文句を言う清王朝の機嫌をとるため、収穫物・生産物のほぼすべてを両版(リャンバン)が収奪していたこと
・1910年の時点で朝鮮の住民の94%が文盲だったこと(ハングルも読めなかった)
・対馬の領土化を狙った李氏朝鮮の対馬侵略が1419年の「応永の外寇」だが、対馬の守護や主力兵が不在の時期を狙って17285人の軍勢を対馬に侵攻させたにもかかわらず、対馬の留守を預かる600人程度の日本の武士に李氏朝鮮が10日ほどで完敗したこと(戦死者が日本20人、朝鮮2500人以上)
・「応永の外寇」の結果、対馬が日本であることを李氏朝鮮が再確認させられたこと
・李氏朝鮮が対馬に朝貢していたこと(李氏朝鮮は明治になるまで、毎年大量の米、麦、野菜などを対馬に献上していた)
・大日本帝国は1895年に台湾を、1910年に朝鮮半島を併合したが、1910年の朝鮮半島が1895年の台湾よりも非文明地域だったこと
・創氏改名を要請したのは朝鮮人の側だったこと(朝鮮民族は漢民族・満洲民族から格下扱いされていたので、日本名を名乗って日本民族を詐称することを朝鮮民族が望んだ)
・伊藤博文を暗殺したのは安重根ではなかったこと
・秀吉が朝鮮から連れてきた陶器職人を、江戸時代に家康が朝鮮に帰してあげようと言ったところ、全員が断ったこと(日本の暮らしのほうがずっと良かったから)
・李氏朝鮮は清の属国だったが、清に日清戦争で勝って李氏朝鮮を独立させたのが大日本帝国であること(李氏朝鮮の宗主国・清に勝った国を弟の国と呼ぶのは支離滅裂)
・李氏王朝を廃止したのは李承晩(韓国初代大統領)だったこと(李氏王朝は大韓帝国併合後も存続していた)


(つづく)



【拡散希望】「コリアンが認めたがらない歴史的事実一覧」1_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2017-05-01 13:20 | ねずさん、小名木善行

やっぱり東芝に「韓の法則」発動!:「韓の法則の恐ろしさ!」&ユダヤ資本の悪魔の金融エンジン!?   

みなさん、こんにちは。

我々中高年にとっては5年6年前と言ってもちょっと前のことにすぎない。下手をすれば40年前や30年前のことでもつい最近のことのように覚えていることも多い。かといって、忘れたことを思い出そうとして、まったく思い出せずに悲哀を感じて涙目になることも多い。

が、5年6年といえば、小学生の女子が立派な女へと成長したり、あの小学生サッカー選手がU18の日本代表クラスへと立派な戦士に成長するほどの長い年月でもある。

だから、我々がちょっと前に書いたからといって怠ければ、今成人になろうとしている若者や新成人や30台前の人たちには、「いったい何の話だ」という事になりかねないのである。

10年前に「韓の法則」「Kの法則」「法則発動」とさんざんメモしたからとって、それが今の若者たちに知れ渡るほど地球人は賢くはない。だから、繰り返す他ないのである。生きている限りにおいて。真実や事実は繰り返し語り継がねばならない。というのは、そういうわけだろう。

そこで、また今回典型的な「韓の法則」が発動されたので、それをメモしておこう。以下のものである。

「韓の法則」発動の数々!?:韓国人に関わると良いことは何もない!?
「法則発動」とは「韓の法則」のことだった!:「除鮮」あるのみか!?

“これはちまたでは「ネトウヨ」の表現の一つだと見られているものらしいが、よく「法則発動か」とか、「法則発動」というような言葉を目にするはずである。

私もあまりその定義は知らなかったので、「ああ韓国人の火病の発動か」くらいに考えていた。しかし、どうもそうではなく、もっと深い問題、そして、もっともっと面白い歴史的問題とも密接につながった法則だったということを知った。「ねずさん」こと、小名木善行さんの記事である。これは非常に重要な視点である。これをメモしておこう。以下のものである。本文は長いので、そちらで読んでもらって、ここには一部のみメモさせてもらおう。

(あ)南北朝鮮と同盟を組んだ国はことごとく敗れ去った歴史

南北朝鮮と同盟を組んだ国はことごとく敗れ去るというお話

元寇/対馬の虐殺
やっぱり東芝に「韓の法則」発動!:「韓の法則の恐ろしさ!」&ユダヤ資本の悪魔の金融エンジン!?_a0348309_959441.jpg

元寇とは日本に敵対していた朝鮮人がモンゴルに滅ぼされる代わりにモンゴルの支配下に入り、その勢力を利用してモンゴル兵の名を語って起こされた日本侵略行為である。韓国人は朝鮮人が日本を襲ったことは一度もないなどという嘘をついているようだが、それこそ大嘘で、元寇の2回はみな朝鮮人がモンゴルをそそのかして起こした侵略戦争であった。対馬の漁民や農民は突然の襲撃で全員虐殺され、当時の食料現地調達のシステムのために朝鮮人の食料となったのである。それが対馬の虐殺という史実である。朝鮮人は対馬で女子供を死ぬまで陵辱し、死んだら煮て焼いて食ってさとやったのである。


不思議なことに、南北朝鮮と同盟を結んだ国は、ことごとく敗れさっています。
これは2010年にこのブログについたコメントからご紹介させていただいたものですが、たいへんおもしろいものなので、再掲してみたいと思います。
一部原文を修正しています。

=======
南北朝鮮と同盟を組んだ国は、ことごとく敗れ去っています。

【白村江の戦い】
唐・新羅(勝者) VS 日本・百済(敗者)

【タラス河畔の戦い】※注1
アッバース朝(勝者) VS 唐・高句麗(敗者)

【文永の役、弘安の役】
日本(勝者) VS 元・高麗(敗者)

【応永の外寇】
対馬・九州探題 (勝者)VS 李朝(敗者)

【サルフの戦い】
後金(清) (勝者)VS 明・李朝(敗者)

【シャンギャンハダの戦い】
後金(清)(勝者) VS 明・李朝(敗者)

【アブダリ・フチャの戦い】
後金(清)(勝者) VS 明・李朝(敗者)

【丁卯胡乱】
後金(清) (勝者)VS 李氏朝鮮(敗者)

【丙子胡乱】
後金(清)(勝者) VS 李氏朝鮮(敗者)

【日清戦争】
大日本帝国(勝者) VS 清・東学(敗者)

【大東亜戦争】
米英など(勝者) VS 日+台+朝鮮(敗者)

【朝鮮戦争】※注2
北朝鮮・中国(勝者) VS 米・韓等(敗者)

【ベトナム戦争】
越・中・露(勝者) VS 米・韓など(敗者)

※注1 当時、高句麗はすでに滅亡していますが、唐軍を指揮したのは高句麗出身である高仙芝である。
※注2 勝敗はついていないが、韓国は開城を北朝鮮に奪われてしまったため、事実上敗北と言えるでしょう。李承晩も停戦協定に不服として、協定に不参加。
=========

なぜ、不逞朝鮮族と組むと、戦いに負けるのでしょうか。
その答えは、責任感にあります。
=======

この後はどんどん続く。
【日韓ワールドカップ】
ブラジル+ドイツ(勝者)VS 韓国+日本(敗者)

【スマホ】
アップル(米)+ソフトバンク(在日)(勝者)VS サムスン(韓)+docomo(日本)(敗者)

【政治】
自民党(日本)+公明党(創価)(勝者)VS 民主党(在日)+民団(韓)(敗者)

【メディア】
ネット(勝者)vsテレビマスゴミ(日本+在日+韓国)(敗者)

【学校教育】
富山+秋田(勝者)VS 対馬+広島+静岡+滋賀+沖縄(朝鮮通信使祭り)(敗者)

【テレビ】
テレビ東京+TBS(勝者) VS フジテレビ(韓)+NHK(韓)(敗者)
最近は
テレビ東京 VS フジテレビ(韓)+NHK(韓)+TBS(韓)(敗者)

【新聞】
産経+東京(勝者)VS 朝日(韓)+毎日(韓)(敗者)

最近は
産経VS 朝日(韓)+毎日(韓)+東京(韓)+日刊ゲンダイ(敗者)

【大学】
慶応(勝者) VS 早稲田(韓)(敗者)
東大(勝者) VS 京大(韓)(敗者)

【鉄道】
JR東京+JR九州 (勝者)VS JR西日本+JR北海道+組合(韓)(敗者)

【航空会社】
ANA(勝者) VS JAL+大韓航空(敗者)
最近は
JAL+ANA(勝者) VS 大韓航空+アシアナ(敗者)

【電機メーカー】
ソニー+松下(勝者)VS サンヨー+シャープ+サムソン(韓)(敗者)

【パソコン】
アップル(米)+富士通(勝者) VS シャープ+サムソン(韓)(敗者)

永遠に続く。”


そして今回の名門東芝と来た。
【電機メーカー】
ソニー+松下(勝者)VS サンヨー+シャープ+東芝+サムソン(韓)(敗者)


「東芝サムスンストレージ・テクノロジー韓国」に破産宣告

東芝の非連結子会社「東芝サムスンストレージ・テクノロジー韓国」(韓国・水原市)は、10月12日付でソウル中央地方裁判所より破産宣告および破産手続開始決定を受けたことが明らかになりました。

同子会社は、東芝とサムスン電子(韓国)の合弁会社「東芝サムスンストレージ・テクノロジー」の子会社として2004年に設立。コンピューター機器向け光ディスク装置の開発・販売を手掛けていたものの、市場縮小や単価下落で業績が悪化したため、5月11日付で回生手続(日本の民事再生法に相当)の開始を申請し再建を目指していました。

しかし、ソウル中央地裁は回生手続を継続しないことを決定したため、同子会社はスウォン地方裁判所へ新たな回生手続の開始を申請しているものの、今後はスウォン地裁の判断如何で破産が確定する可能性があります。

負債総額は約90億円です。


韓国と提携した企業は傾く ー 東芝

やっぱり東芝に「韓の法則」発動!:「韓の法則の恐ろしさ!」&ユダヤ資本の悪魔の金融エンジン!?_a0348309_938569.jpg

ところで東芝も「法則発動」という記事を読んで、なんのこと?と思ったら、やはり東芝も韓国のサムソンと提携していた。

ソニーもパナソニックもシャープもサムソンと提携して没落していった。「Kの法則」発動続きだ。

しかし東芝はKの法則よりも歴代社長が「チャレンジ」などというきれいごとの言葉、つまり「ノルマ」を社員に課してつぶしたようなもの。田中社長がシレッとして逃げの発言をしていたのには怒りを覚える。


まあ、「壊し屋、潰し屋、崩壊屋、疫病神」これが韓国人についている名称である。

いわゆるワールド支配層の白人のヤクザ、ユダヤマフィアの連中は、朝鮮人がこういう特質を持っているということをよく知っているわけである。

だから、やっつけたいと思っている企業に対して仲間の株主を使ってわざと韓国企業と提携させる。すると、数年で傾く。そうなって株価が低迷しておバカ素人が放棄する時に一気に買って乗っ取り、自分の資産に加える。

とまあ、私が考える「金融エンジン」「金融のカルノーサイクル」である。

熱力学エンジンには、等温過程と断熱過程の二種類が存在する。
やっぱり東芝に「韓の法則」発動!:「韓の法則の恐ろしさ!」&ユダヤ資本の悪魔の金融エンジン!?_a0348309_1034849.gif

ところで、下図の人、間違っていますよ。反対周りにすると冷蔵庫になりますよ。冷却過程になる。
やっぱり東芝に「韓の法則」発動!:「韓の法則の恐ろしさ!」&ユダヤ資本の悪魔の金融エンジン!?_a0348309_102612.gif

そして熱と温度というものが存在する。

熱→金
温度→価格
体積→経済
仕事→利益

と対応させると、等温とは価格一定ということになる。断熱とは、断金つまり金しぶりとなる。

つまり、等温過程は価格一定過程となり、断熱過程とは断金過程に相当するわけだ。

熱力学的エンジンとは、一定の熱を供給しながら高い温度のままで膨張させ、一旦断熱にして温度を下げる。今度は一定の熱を放散させならがら低い温度のままで圧縮させ、一旦断熱にして温度を上げてもとへ戻す。

これを金融の言葉に変えると、経済学的エンジンとは、一定の金を供給しながら高い価格のままで経済成長させ、一旦断金して価格を下げる。今後は一定の金を引き締めながら低い価格のままで経済破綻させ、一旦断金して価格を元へ戻す。

この1サイクルで熱力学エンジンは外部に仕事をすることができる。同様にこの1サイクルで金融エンジンは外部に金をもたらすことができる。つまり、このシステムから金を吸い取ることができるのである。

まあ、これはカルノーサイクルという無限時間かかる理想的な可逆サイクルの熱力学理論に基づく話だから、現実のエンジンにはそのまま適用できない。同じく、現実の金融エンジンは時々刻々と変動するものだから、そのままでは通用するはずもない。が、原理できなエッセンスは正しい。

というわけで、この金融サイクルを起こす場合、価格を高く維持する場合は日本企業にやらせ、価格を下げて破綻させる場合には韓国企業と組ませる。これを繰り返せば、ユダヤ株主は未来永劫この日本企業エンジンから金を抜き続けることができるのである。

まさに悪魔の金融エンジンですナ。


まあ、経済理論なんてこんな程度のものにすぎないのサ。命かけるには値しないナ。


いやはや、世も末ですナ。



やっぱり東芝に「韓の法則」発動!:「韓の法則の恐ろしさ!」&ユダヤ資本の悪魔の金融エンジン!?_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2017-01-24 09:58 | ねずさん、小名木善行

逆説「中国とは国交断絶せよ」→それが中国人から尊敬される道!   

「お客様は神様です」本当の意味とは?


みなさん、こんにちは。

いやはや、Mac OSX El Capitanを入れた結果、それまでのTexShopがまったく使い物にならなくなった。以前、Marvericsに乗り換えた時も似たような問題が起こり、いろいろやってやっと正常に使えるようになったのだが、今回のEl Capitanの場合はアップルが抜本的にいじわるしたらしく、まだTeX創作者たちがそれに追いついていないために、今必死でやっているが、振り落とされつつあるようだ。だから、そのまま使えるには大分先のようである。

そんなわけで、私は結局El Capitanから2世代前のMarvericsまでタイムマシン機能を使って昔のシステムをリロードする形を取るほかなかった。El Capitanは若干スピードはましたが、体裁が幼稚化したため、俺の好みではなかった。

やはり、マーベリック=離れ牛=一匹狼である俺にはMarvericsの方が合っている。

というわけで、結局こんな感じの作業になった。
news.usで自動ポップアップする
→トレンドマイクロのウィルスバスター入れる
→Add-onを試しに使ってみる
→Time Machine用HDD認識されず
→ウィルスバスターやAdd-onを破棄
→電気屋でHDD診断→問題なし→OSX El Capitanを推薦される
→OSX MarvericsからOSX El Capitanへ
→一日経ってもOSX El Capitan入らず
→13億時間必要メッセージが出た
→Command + Rでクリーンインストールし直す→これまたフリーズ
→二度目のCommand + Rで何とかインストール完了
→TexShop2011動かず
→TexShop2015探す
MacTex2015見つける
→MacTex2015ダウンロード
→TexShop2015ダウンロード完了
→「OS X El CapitanでTeX環境をゼロから構築する方法」発見
→これを見て設定完了
→しかし以前のTextが「文字化け」、タイプセットできず
→TexShopのさまざまな修正
→しかし機能せず、文字化け
→Tex創作者のHPがまだ未完成
→システムバックを決断
→Time MachineでバックアップからMarvericsへ戻す
→一応、元に戻る
→TexShopが問題なく使える←今ここ


こんなことからも、アップルがジョブズ亡き後、かなりレベル低下している観が否めない。つまり、今の経営者はホモだから、ホモは製品やクリエイティビティーより、その製品作ったりクリエイトしている「男」の方に興味が移りがちなのである。それが、製品の品質管理の弱点を生む。本来製品つくりに時間を掛けるべきところが別の方にいってしまうためだ。同様に女性が社長になっても同じようなことが起こる。マクドナルド、ヤフーなど女性社長になった途端に経営難になり、今では倒産の危機である。ちまたでは米ヤフーはもう倒産は時間の問題という報道があったヨ。女性社長は良い男の方に興味がある。ストレスを男につぎ込む。やはり、仕事はちゃんとした家庭を持つ男でしょ。どうやらそういう復古主義的と言われたことのほうが正しかったらしい。これについてはまたいつかメモすることもあるだろう。


さて、商売の世界では中国人の「春節」による「爆害」じゃなかった、「爆買い」で浮かれつつあるらしいが、そうした結果、いつしか、日本は台湾やベトナムやミャンマーや沖縄のようになるという。そんなジョークのような真実をメモしておこう。

(あ)まずは「春節」爆害のお話。これである。
たくさん買って帰る…爆買い中国客「熱烈歓迎」

逆説「中国とは国交断絶せよ」→それが中国人から尊敬される道!_a0348309_10213553.jpg

 中国の旧正月にあたる「春節」を挟んだ大型休暇が7日に始まり、静岡空港も多くの中国人観光客でにぎわった。

 中国経済の減速で、観光客数の減少を懸念する声もあったが、空港で出迎えた静岡県観光振興課の職員は「春節時期としては、ほぼ例年並みの観光客数で、大きな影響はなさそう」と話した。

 「化粧品や家電製品など、質の良い日本製商品をたくさん買って帰りたい。富士山を見るのも楽しみ」

 初めて日本に来たという上海の会社員女性(35)は、空港の到着ロビーで笑顔を見せた。

 上海や武漢など中国10都市との定期便がある静岡空港。到着ロビーでは、同課職員ら4人が「熱烈歓迎」と書かれたのぼり旗を持って出迎え、富士山をあしらった中国人観光客向けの絵はがきセットを手渡した。

 絵はがきにはQRコード(2次元バーコード)があり、携帯電話のアプリなどで県の専用ページに登録できる。県は、県内にある観光名所への感想を書き込むと、化粧品などが当たるキャンペーンを行っており、アプリの活用で登録者の拡大を目指す。県は観光情報を登録者に発信することで、集客拡大につなげたい考えで、春節の休暇が終わる13日までに、空港やホテルなどで絵はがき計2万5000セットを配布する。

 中国人観光客による「爆買い」への期待も高い。御殿場プレミアム・アウトレット(御殿場市)の担当者は、「春節期間に前年同期比で8割増の売り上げを期待している」と話す。7日は例年並みの中国人観光客が訪れたという。春節時期をにらんで、外国人向けの割引や、中国など海外への荷物配送サービスなどを実施し、集客に知恵を絞っている。

 ホテルなどの宿泊施設も、春節休暇中の中国人観光客に期待している。浜松市のホテルは、「株安など中国経済の影響を心配していたが、予約数は昨年とほぼ同じ」と胸をなで下ろしている。伊東市のホテルによると、春節時期の予約は「満室の日もあり、平均8割は埋まっている」という。


まあ、我が国の戦後70年の伝統は、かの三波春夫の「お客様は神様です」精神で汚染されているから、だれもなんでもかんでもお客様は大歓迎する。そういう文化圏ができている。

最近の欧米人やら害人はそれに非常に喜んで、今や年に2000万人も我が国に旅行(という名の「収奪」)に来る。

旅行者はいわば「トロイの木馬」のようなものである。だから、旅行者の買い物程度だと思わせて入国し、その間に性犯罪、略奪、盗難、火事、居座り、なりすまし、殺人などありとあらゆることを行うわけである。

害人がノービザで3ヶ月も国内にいるということは、匿名の無法人が3ヶ月も居座ることに等しいのである。

今のところ、法務省も一般人のその怖さを分かっているようには見えない。だから、大歓迎するわけですナ。

ところが、まだ基本的にキリスト教圏の西洋系であればまだしも、超絶反日プロパガンダに染まる中国支那人の場合、あるいは、韓国人の場合は、そうではない。そこが大問題の潜む場所である。

韓国人なら、日本は敵国とみなしているわけだから、入国する時、人の目のあるときには、それなりの態度でいるが、日本人の目のない場所では様変わりして、神社仏閣や墓を破壊し、仏像や狛犬や木を盗み、火を放つ。万引きなどお手のものだ。

中国人なら、入国しに換金する中国元が本物かどうか?犯罪組織から買った極めて本物に近い偽札である可能性が高い。それを脳天気な日本の税関で円に換金して、爆害する。

だから、後で中国元を円に換金できないし、ましてや今ではドル建てになっていない。

つまり、爆買いどころか、爆奪なのだ。

とまあ、俺はそう予想しているんですナ。

支那人と関わっていいことなど何もない。ましてや韓国朝鮮人はいわずもがな、である。

そんなわけで、もし中国人を歓待してあげたらどうなるか?→今の沖縄のようになる。

この問題の「本質」を例によってねずさんこと、小名木善行さんが見事にまとめているので、それをメモしておこう。本文は長いので、ここではこの話の本質に近いものだけ、メモしておこう。以下のものである。

(い)中華人民共和国は「国家」ではない!
国境と国家
逆説「中国とは国交断絶せよ」→それが中国人から尊敬される道!_a0348309_11212431.png

こうした思考は、いまの中共政府も同じで、そもそも中共政府の元の紙幣には、複数の言語で金額の表記がされています。
言葉の違いは関係ないのです。
つまり、彼らの考え方に従えば、自国の影響下に入った国は、すべからく彼らの国の領土です。

ですから、日本にいて、中共政府の手先になっている人が増えれば、日本は中共の一部になるわけです。
そのためには、ほとんどの国民にそのような自覚がなくても、明らかに中共バンザイと唱える人の声が大きくなれば、事実上、当該国は中共の影響下に入ったことになり、影響下に入れば、そこは大昔からの中共の領土だという認識になります。
これが、彼らの考え方です。
その意味では、中共は国家とさえもいえない、つまり中共も支那にある軍閥のひとつでしかないのですが、困ったことに、戦後、米国がそのようないい加減な中共を、政府として承認してしまったわけです。
つまり国家としての能力を持たない支那共産党という政治団体が、統治能力もないのに勝手に政府を名乗っていたものが、国際的に国家として承認され、いまに至っています。

そしてその中共政府は、清朝などの歴代支那王朝と同じで、「影響下にあるエリアは、全部、自国の領土だ」と考えます。
それが中華人民共和国です。
どのような言語が話されていようが、どのような通貨が使われていようが、どのような文化があろうが関係ないのです。

ですから翁長知事という親中政権ができた沖縄県は、中共政府の考え方からすれば、すでにそこは中共の領土の一部です。
台湾も、ついこのまえまでの馬政権は親中政権ですから、その間は、中共の一部です。
ところが資金的に詰まり、影響力の行使ができなくなってきたから、沖縄の宜保市の選挙では、反中市長が誕生し、台湾でも反中総統が誕生しました。
つまり、支那共産党の影響を外れました。

要するに、日本人にとっては、
「国境があって国家がある」ですが、
支那においても西洋においても、
「国家があって国境がある」のです。


ですから国境は、太ったり痩せたりします。
それが「あたりまえ」というのが、彼らの認識です。

全文はそちらを読んでもらいたいが、この小名木善行さんの指摘通り。現中国は、中国共産党が支配している、ゆえに、それが国家を形成している。だから、中国共産党が支配する場所はすべて中国になる。

これが彼らの論理なのだ!!

ここを踏まえておかないと、我が国は中国の支配下に置かれるわけですナ。


つまり、最初のニュースの静岡空港のように、日本人の気の良さから、中国人のためにと脳天気に思って、中国人好みの配色や看板や言語で接待すると、彼ら中国は
「静岡県は我が国に入った」
と認識するということなのである。

そういう論理構造しかないのである。口で説明してどうこうなるものではない。

それが大陸の人間の習慣なのである。だから、戦争や抗争が絶えないのである。

今現在のヨーロッパの難民問題もまさにこれが原因である。

場所の問題ではなく、だれが大多数となってその地で優勢になったかどうかで、その地がどの国に入るかが決まるのである。だから、中東のISIS国のように、勝手に思想的に支配したから、そこは自分の国だと言い張る事が可能なのである。

これが、我が国や英国のように、海を境界として国境がある文化圏の国民とはまったく発想が違っているのである。

国境は文化圏や言葉の違った勢力による抗争によって定まるから、「文化に染まる」=「属国になる」という意味なのである。

だから、大陸の中でも最大の国家であるロシアは、大統領も首相も人前では笑わない。だから、ロシアのプーチン
逆説「中国とは国交断絶せよ」→それが中国人から尊敬される道!_a0348309_10543951.jpg

も他国民を睥睨して睨むのであって、決して笑わないのである。

だから、世界の(日本の外の)政治にあって、スマイルなんていうことはあり得ないのだ。
スマイル=相手を迎合するか、あるいは、そいつが馬鹿かのいずれか
となるからである。


というわけで、最近の銀座でも「中国人は金色が好き」→「だから、金色にすれば爆買いしてくれる」と思って、それなりの対応をしたというが、これこそ大馬鹿ものである。

「銀座は中国の一部になった」と解釈し、勝手に日本の倒産したりしかけた弱小バス会社を買い取った支那人が銀座であろうがどこであろうが自由気ままに日本の法律など無視して何十台ものバスを発着させるのである。
逆説「中国とは国交断絶せよ」→それが中国人から尊敬される道!_a0348309_11294680.jpg



要するに、「中国人には迎合しない」「中国人は差別しろ迫害しろ」→「これが逆に中国人の尊敬を集める」のだ!

というわけで、結論は、
中国との国交断絶
である。

ちなみに、アメリカのオバマ大統領が中国の習近平やロシアのプーチン大統領と面談して最恵国待遇で中国と付き合った結果、中国人はアメリカ人を馬鹿と見なすようになったのである。すなわち、アメリカは中国の属国だと勘違いしてしまったのである。

もうそろそろ、アメリカ人も我々日本人が言うところの、この3千年間の歴史から勉強してもらいたいものですナ。

この3千年間、中国人は人食い人種だったってヨ!


いやはや、世も末ですナ。

PS:
まあ、ちょっと物騒な預言をメモしておこう。俺の守護エイリアンによれば(→俺の世見ジョーク)、中国大歓迎している安倍晋三首相政権は、この中国人問題によって崩壊するのだと。これもまた、在日支那人ミンス党林議員と結婚した首相補佐の売国奴世耕議員
逆説「中国とは国交断絶せよ」→それが中国人から尊敬される道!_a0348309_1133995.jpg
の差金らしいが、甘利大臣を更迭したり、政権運営を後ろで謀略しているのがこやつらしいですナ。いずれにせよ、大の親中二階俊博議員の家来なんだろうヨ。ここまで迷走し始めたらもうはや安倍政権は終わりですナ。いずれにせよ、このまま中国の爆買いをさせたら、日本は終了である。きっと保守層が黙っていないヨ。




逆説「中国とは国交断絶せよ」→それが中国人から尊敬される道!_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2016-02-08 11:11 | ねずさん、小名木善行