<   2016年 04月 ( 56 )   > この月の画像一覧   

「パナマ文書」:【真相深入り!虎ノ門ニュース】有本香×竹田恒泰   

新語「パナマる」

「パナマる」とは「タックスヘイブン(=脱税地)」に本国のエイリアス会社(=ダミー会社)を設けて巨額の脱税を行うという意味。さらに、脱税地をリンクしてマネーロンダリングを行い、他国の土地企業買収に使われたり、北朝鮮やISISなどのテロ国家に資金援助される場合があり、重大な危険を伴う。類語に「租税回避」がある。


みなさん、こんにちは。

いやはや、いまでは電通もパナマる。フジテレビもパナマる。セコムもパナマしてますか?だった。

「パナマ文書」は5月に完全バージョンが出るらしいから、いまは嵐の前の静けさなのかもしれないですナ。

いずれにせよ、我が国のマスメディアが「ダマスゴミ」だったことはもうB層の人たちですら周知の事実になっただろう。

また、ここ20年ほど我々「陰謀暴露論者」「真実究明士」が調べてきた世界の陰謀の数々が100%事実だと分かったのではないだろうか?

別に陰謀論は学研のムーのためにあるわけでも、飛鳥昭雄のエンターテイメントのためにあるわけでも、たけしやところや中居のためにあるわけでも、吉本興業のためにあるわけでもない。

すべてリアル。この実社会、現実社会における「現実」なのである。

さて、最近テレビ番組より、インターネット放送の方が昔のテレビ、すなわち、日本人がやっていた頃のテレビ局の放送でやっていたような優良なものが多いようである。

その1つが最近メモした「虎ノ門ニュース」。最近のものをメモしておこう。
4/8(金)〜有本香×竹田恒泰〜【真相深入り!虎ノ門ニュース】【Toranomon NEWS】

【社会】パナマ文書が暴露!タックスヘイブンで“税金逃れ”していた日本の大企業に電通の名前も…政府マスコミは調査に及び腰★49


ついでに武田さんのお話をいくつかメモしておこう。以下のものである。
竹田恒泰 日本はなぜ世界で一番人気があるのか


韓国はなぜ、ああなのか?竹田恒泰がスッキリ解説。


竹田恒泰「韓国なんて、どうでもいい国」&「韓国とは付き合うな」


それにしても、世界の人たちは、
・韓国(大韓民国)が1953年7月27日朝鮮戦争後に建国した建国50年の国でしかないこと、
・韓国は戦前日本国であり、朝鮮兵は旧日本軍所属であったこと、
・それゆれ、韓国人は敗戦国民であったこと、
・当時「従軍慰安婦」とは歌手や芸能人の事を意味し、性的慰安婦は「合法高級売春婦」であったこと、
・中国(中華人民共和国)が1949年10月1日建国の国であること、
・日清戦争、大東亜戦争で日本軍が戦ったのは清国崩壊後の支那人パルチザンであったこと、
・南京虐殺は国民軍兵士が恐怖のあまりに行ったこと、
・中国5千年の歴史、韓国4千年の歴史というのは、第二次世界大戦後に我が国の3千年の歴史に対抗するためのプロパガンダでしかないこと、
などなど
をいつになれば知るんでしょうナア。



いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-04-14 09:29 | パナマ文書

「ピッチ・パーフェクト」&「帰ってきたヒトラー」:我が国も「帰ってきた諭吉」なんでどうだ!   

みなさん、こんにちは。

「パナマ文書」のことは我々庶民にはまったく夢のような天文学的金額の話だが、我々は最近では映画代の2500円程度でも躊躇する今日このごろですナ。そろそろシニア割引とか、50歳割引とか運用して何とか見ることができるというような感じである。だから、ここ最近はまったく映画館で映画を見なくなってしまった。

我々の年齢になれば、若者と違って1〜2年はあっという間だ。ちょっと1〜2年もすればすぐにテレビで見られるとなるのだから、映画館には行かない、となるわけだ。

さて、そんな映画、まったく最近どんな映画があるかも気にしていなかった。

(あ)小名木さんのご推薦「ピッチ・パーフェクト」(ビッチ・パーフェクトではありません)
ところが、我らがねずさんこと小名木善行さんのブログに、最近のアメリカの若者映画の話があった。これが意外に面白そうだ。これである。
散文です。
a0348309_135411100.jpg


Pitch Perfect Bellas Finals


Pitch Perfect Soundtrack FULL


(前略)

さて、今日お話するのは、レンタルで観た映画のことです。
ストレスの解消にと、借りてきたビデオに、『ピッチ・パーフェクト2』という映画がありました。
どういう映画かというと、ある大学のダメダメな、唯一の武器は強烈な個性しかないというガールズたちのアカペラ部が、みんなの気持ちがひとつになったとき、信じられないハーモニーが生まれ、全米選手権で優勝するという物語です。

最初の「1」は、2012年にアメリカで公開されたのですが、全米で扱ってくれたのはわずか335の映画館だったのだそうです。
「売れない」と思われたのですね。
ところが公開されると、週末の3日間で、なんと520万ドルを超える興行成績となり、即座に全米拡大が決定し、世界的な大ヒット映画となったのだそうです。

ヒットの理由は、ティーンを中心とした世代の口コミで、全米中に“ピッチ"旋風が吹き荒れたのだそうです。
ヒットしたということは、そこに共感があったということです。
面白いのは、この映画、アメリカという国の社会を反映して、女性たちの出身国が実に様々な設定になっていることです。
そして、それぞれの人種や民族の、アメリカ人たちが理解している特徴を、極めて象徴的に、笑いの中に本音で、語られています。
ストーリーも秀逸ですが、それ以上に、人種や民族の特徴が、見事に表現されているのです。

たとえば「1」では、主演の女性が大学の寮生活を始めるのですが、同居の女性が韓国人という設定です。
とにかくこの韓国人女性が排他的で、意図的に寮の部屋の同居人である主演女性に対して嫌がらせを行います。
そして自分を正当化する。
悪さを仕掛けているのは自分なのに、あたかも自分が被害者であることを装う。
主役の女性は、その韓国人女性の横暴に、ひたすら我慢を強いられるという設定です。

また、ガールズの女性のグループには、支那人女性がいます。
ニコリともしない女性で、ある日、みんなで自分の人に言えない秘密を暴露しあおうということになったとき、この支那人女性は「妹を食べた」と、しらっと告白します。

「2」にも、この支那人女性は登場します。
そしてここでも、「私の歯は、全部他人のもの」と、恐ろしい事実を告白します。
また、ラストの世界大会で、アナウンサーが、
「いまは、韓国のグループの出演ですが、誰も見る人などいませんね」
「パクリばかりだからでしょう」
と、韓国人をおもいきり笑い飛ばしています。

なんだか中共や韓国の大使館からクレームが付きそうなくらいですが、この映画は、特に支那人や韓国人だけを笑い者にしているわけではなくて、オーストラリア女性、英国系、ユダヤ系、ドイツ系、メキシコ系、アフリカ系など、さまざまな人種が登場し、それぞれが、いわば「ぶっ飛び」を大げさに演じている、笑いあり感動ありのパロディですから、苦情の申し立てのしようがない。
笑いの中に本音をチラホラさせているわけで、これに生真面目に苦情を申し立てれば、かえってそれを認めたことになってしまいますので、苦情の申し立てようもないわけです。

つまり、いまアメリカやヨーロッパ各国が知っている支那人や韓国人の持つイメージが、ひとことでいえば、人食い人種と、協調性のカケラもないわがままな嫌われ者であるということです。
そしてそうした描写が、世界の多くの若者達の共感を得たからこそ、この映画のヒットがあったのではないかと思います。

韓国は、自国民がいかに立派であるかを韓流ドラマなどの映画を通じて、莫大な予算をかけて世界に宣伝しています。
韓国が、「誰も知らない東洋の小国」であるうちは、そういう「つくられたイメージ」も通用します。
ところが米国在住者の数が増えてくると、つくられたイメージとは異なる、本当のその国の民衆の姿が、露わになるわけです。

そしてこの映画でわかることは、コリアンは全米の若者たちからの嫌われ者になっているということです。
いくら、見栄を張り、カネをばらまいて、政治的にイメージを作ろうとしても、若者たちはちゃんと見抜くのです。

(以下省略)


というわけで、この映画は、

支那人=「人食い人種」
韓国人=「嘘つきで自分がしたことを人に被せる成りすまし人種」

を描いていたらしい。

それが空前の大ヒット!

正義が勝つ!

タイプの映画らしいですナ。必見。


(い)「帰ってきたヒトラー」
次がこれまた奇想天外な設定の独裁者の映画「帰ってきた酔っぱらい」ならぬ「帰ってきたヒトラー」。次のものである。
映画『帰ってきたヒトラー』予告編


1945年に死んだはずのアドルフ・ヒトラー。そのヒトラーがタイムスリップして未来の現在にやってきた。

とまあ、そういう設定らしい。


「仁」の逆バージョンですナ。


我が国でも、「帰ってきた東条英機」とか作ってみたらどうか?

まあ、韓流、親中、反日、左翼のダマスゴミでは無理だろうが。

「帰ってきた東条英機」でもいいし、
「帰ってきた昭和天皇」でも良い。
「帰ってきた福沢諭吉」でも良い。

俺は、「帰ってきた福沢諭吉」が一番面白いのではないかと思う。


未来の今に帰ってきた福沢諭吉がみた現在の日本とは?

「脱アジア論」=「脱亜論」を唱えた福沢諭吉が、
はあ〜〜、韓流???? ナンセンス。→俺は「脱亜論」て言ったろ!
カタカナエイゴ?はあ〜〜?→俺が苦労して英語を漢字に直したのに何それ?
明治時代が予想した100年後の日本→あんまり進歩しなかったナ。
なぜみんな俺の顔のついた紙を持ち歩くんだ?


こんな感じで
昔の日本の方が良かった
という論調で現在に文句を言う。

どうでしょうか?


いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-04-13 14:15 | マスゴミ・ダマスゴミ

「パナマ文書」データベース、ついに日本人の住所公開!2:キャッシュがあったヨ!   

みなさん、こんにちは。

いやはや、悪い奴は抜け目がない。

「パナマ文書」データベース、ついに日本人の住所公開!:いや〜阿南にも2人いたヨ。
の中の以下のものが早速消されていたので、一応キャッシュを保存したものから引用してメモしておこう。

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org809356.txtのキャッシュ


File STDIN:

"29552";"OFFICER";"Ibizcube Japan Ltd";"Ibizcube Japan Ltd ";"";"";"NA";"";"";"";"";""


において先ほどメモしたものをよく見ると、ごく一部だった。

どうやら削除した側があたかもそれが本物かのようにして、電通など主要な企業を削除して編集したもののようである。

そこで、一応私が保管しておいたものをここにもメモしておこう。以下のものである。
a0348309_1335882.png

a0348309_13351424.png

a0348309_13351869.png

a0348309_13352233.png

a0348309_13352626.png

a0348309_13353377.png

a0348309_13354096.png

a0348309_13354682.png

a0348309_13355045.png

a0348309_13355651.png

a0348309_1336020.png

a0348309_133677.png

a0348309_13361458.png

a0348309_13362062.png

a0348309_13362934.png

a0348309_1337242.png

a0348309_13372955.png

a0348309_13373451.png

a0348309_13374030.png



いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-04-13 13:09 | パナマ文書

ジョーク一発「タックスヘイブンでセコムしてますか?」:「日本脱税徴収党」や「パナマ党」を作れ!   

a0348309_847756.jpg

【画像】2ちゃんの職人による「タックスヘイブン5 -奪われた20年-」架空の映画ポスター、クオリティーが高すぎると話題にwwwwwwwwwwより


みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif


今回は俺個人の妄想のようなものである。普通の人は痛〜〜い話だからスルーを。


さて、今回の「パナマ文書」に関して、その利用者は壮絶を極めた。大半の大企業や富豪た著名人が含まれている。

全部「脱税」犯だから「確信犯」である。
a0348309_8503748.png

マッテマシタ━━゚(∀)゚━━!!【パナマ文書】黒い人がタックスヘイブンの穴を指摘!日本の税制は甘くなかったwwwwwwwwww

a0348309_8565593.jpg

【サヨク悲報】 タックスヘイブン、民進党(元民主党)が優遇を行い巨大化したことが判明


まさに「マルサの女」の出番の世界である。

しかし、マルサというのは東京国税局にすぎないから、人材も数も足りない。

そこで、いま不甲斐ない犯罪者の弁護や擁護をする政府自民党
利いてる効いてる
a0348309_913783.jpg
(たぶん7月解散総選挙になるんちゃうか?)
や公明党に代わり、また支那人と南北朝鮮人帰化人政党である「明清党」や「共産党」や野党に代わり(「日本のこころ」だけが日本人の政党)、この巨額脱税を徴収するためだけの政党が出来たとする。

例えば、

「日本脱税徴収党」あるいは「パナマ党」

が出来たとする。

公約は
「タックスヘイブン」で失われた税金を回収し、脱税者を投獄する。
これだけ。

絶対に受ける。

実際、このタックスヘイブンで失われた国民の財産を考慮すれば、

正社員、保育所、学校支援、無償奨学金、公共事業、阪神淡路大震災、東日本大震災支援などなど

あらゆるものが出来たはずなのである。

企業優遇税制、大企業優遇政策、金持ち優遇税制などなどあらゆる利便が得られてもなおかつ脱税していたわけだ。

これが「格差社会のエンジン」だったのである。

社会が2001年以降急速の格差社会に落ちいた時期とタックスヘイブンの時期が見事に一致するのである。
脱税地利用数変移
a0348309_931929.jpg

世界の悪徳富豪数→日本は2位(大半が在日)
a0348309_933665.jpg

脱税地
a0348309_9341100.jpg


要するに、正社員を減らすために「人材派遣」を行い、有害な在日朝鮮人や在日支那人や害人旅行者を増やして日本に凶悪犯罪を増やし、それを「セコムしてますか」と言って警備会社を増やしたが、そのセコムが社長と会社自らが「タックスヘイブンにセコムしていた」。

つまり、金持ちの「セコム」=「タックスヘイブン」だったというセコい話だった。
飯田亮(セコム取締役)
戸田寿一(セコム元取締役)
内藤一彦(東宣取締役会長)
内藤俊彦(東宣取締役社長)
電通
バンダイナムコ
シャープ
サンライズ
大日本印刷
大和証券
ドリームインキュベータ
ドワンゴ
ファストリ
ジャフコ
ソニー
ファーストリテイリング(ユニクロ)
やずや
みずほFG
三井住友FG
JAL
石油資源開発
丸紅
三菱商事
商船三井
日本製紙
双日
オリックス
三共
東レ
日本郵船
大宗建設
ドリテック
ジー・モード
トキワ(化粧品)
千代田リース
アーツ証券
山一ファイナンス
シャープ
三共
東レ
パイオニア
ホンダ
KAORI INTERNATIONAL
KAWAGUCHI TECHNOLOGY
楽天ストラテジー
ソフトバンクグループ
SBI
セコム

パナマ文書に出ている日本人がヤバすぎる!! 公開されたら大衆の怒りが世界に革命を起こす


というわけで、いよいよ「パナマ党」を作って、革命を起こすべき時がやってきたようですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-04-13 09:12 | ジョーク一発

「パナマ文書」に喝!:武田教授、ケント・ギルバート、青山繁晴吠える!   

みなさん、こんにちは。

「パナマ文書」はこの5月に恐るべき「完全バージョン」が出されるらしいが、すでにこのほんの数日間でも大量のメリットや成果が出てきたようである。

世界の政府の中で対応を全くせず、
a0348309_913783.jpg
梨の礫なのは我が国の政府自公政権のみ。やはり、自民党はともかくとして創価学会母体の公明党には「パナマ文書」で出てくると困る事情があるからに違いない。

公明党は本来なら「ミンス党」=「ミンスン党」こと民進党といっしょになるべきものである。また自民党は本来なら「日本のこころ」党(まあ、名前を「日本保守党」とか、わかりやすいものに変えたほうが良いだろうが、元「次世代の党」とか何付け方が悪い)といっしょになるべきである。

さて、そんな「パナマ文書」の成果。そんな一例がこれ。
ナチ略奪モディリアーニ押収、パナマ文書で発覚

【ジュネーブ=笹沢教一】ジュネーブの司法当局は11日、第2次世界大戦中にナチス・ドイツが略奪したとみられるモディリアーニの絵画を押収したことを明らかにした。

 AFP通信が伝えた。「パナマ文書」から所有先が判明したという。

 絵画は、「つえをついて座る男」という1918年の作品。96年、パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」がタックスヘイブン(租税回避地)を利用して設立したとされる法人が競売で落札、ジュネーブの税制優遇特区に秘密裏に保管していた。この法人の所有者は明かされていなかったが、文書によって判明。保管場所も分かった。

 絵画は、39年にユダヤ美術商からナチスが奪ったとされ、2500万ドル(約27億円)相当の価値があるという。

第二次世界大戦中にナチス・ドイツが略奪したイタリア人画家モディリアーニの絵画が、スイス・ジュネーブで司法当局に 押収された。各国首脳らのタックスヘイブン利用疑惑を暴露した「パナマ文書」が契機となり、これまで明らかにされていなかった絵画の所有者が判明したという。AFP通信などが4月11日に報じた。
27億円の名画、パナマ文書きっかけで見つかる モディリアーニ「つえを突いて座る男」
パナマ文書でナチスが略奪し行方不明だったモディリアーニの絵画(27億円)の現所有者が判明→押収

押収された絵画は「つえを突いて座る男」
モディリアーニ「つえを突いて座る男」1918年
a0348309_7314178.jpg
(これにも「ジャポニズム」の影響が見て取れる。)
という1918年の作品で推定価値は2500万ドル(約27億円)。

時事通信ニュースによると、ナチス・ドイツが第二次世界大戦中に、パリでユダヤ人収集家から没収。 その後、行方不明になったとの見方が強いという。

ブルームバーグによると、絵を奪われたユダヤ人収集家の孫は、その行方をカナダの団体「モンデックス」に依頼。 この団体は略奪された美術品を本来の所有者に返還するための活動をしている。

1996年に絵画はロンドンで競売にかけられ、パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」 が設立を手掛けたとされる法人「IAC」が落札した。この法人の所有者は公にはされていなかった。

AFP通信によると、モンデックスは2011年以降、ユダヤ人収集家の孫が絵画を取り戻せるよう 、アメリカ当局に協力を要請していたが、アメリカ当局も現在の所有者を特定できなかったという。

ところが、「モサック・フォンセカ」から流出した「パナマ文書」によって、絵画を落札したIAC唯一の株主が、 ユダヤ系の富豪で著名美術品収集家のデービッド・ナーマド氏だと判明。 絵画がスイス・ジュネーヴの倉庫に保管されていることも分かり、ジュネーヴ司法当局が先週末に絵画を押収した。

BBCによると、ナーマド氏は「私が略奪品を所有していることを知ったなら、夜も眠れないだろう」とカナダのラジオ局に語った。また、ナーマド氏の顧問弁護士リチャード・ゴラブ氏は「ナーマド氏と今回の件は無関係だ」と述べた。

■ナチス略奪物の返還に向けた「ワシントン原則」とは?
第二次世界大戦期、ナチス・ドイツは支配下に置いたヨーロッパ各地で美術品を略奪した。 その中には戦災で焼失したり、戦中・戦後の混乱で行方不明になったものも多い。 1998年12月、スイスを含む世界44カ国の代表者とNGOは「ワシントン原則」を採択し、 ナチスによって奪われた財産を本来の所有者や遺族ににできる限り返還すべきだと定めた。 これを受けてイギリスやドイツなどは、自国の美術館や博物館は、
ホロコースト時代に略奪された被害者から美術品の返還請求を受けた際、 裁判手続きを経ることなく返還すべきかどうか議論し決定する審査会制度を設けた。 2013年には、ナチス・ドイツが略奪したピカソ、マティス、シャガールなどの絵画約1500点がドイツ・ミュンヘンの アパートで発見され、話題となった。


このニュースの面白いのは、まさに「ユダヤ人を迫害したのがユダヤ人のヒトラーだった」というように、「ユダヤ人富豪の高価な絵を奪ったのがユダヤ人富豪だった」というところである。

双方、「ナチスが略奪した」という噂を流してナチスの悪行にしていたわけだ。しかし、その間ちゃんと「脱税地」(「租税回避地」というのは、武田教授に言わせると、「捏造日本語」らしいナア)に回していたわけだ。

要するに、足がつかないように、パナマの脱税会社を経由して、実際は自分の地元のスイスに保管していた。名義だけを脱税会社に書き換えていたわけである。

おそらく、他のほとんどの会社も同じことをしているはずである。

別にパナマやケイマン諸島などの場所に金品や現物が輸送されるわけではなく、現物は実際には自宅にあるが、その所有者の名義だけをタックスヘイブンのダミー会社のものという形にしているわけである。

だから、「パナマ文書」で記載された我が国の個人および法人の持つ資産は実際には我が国内に存在する。

ゆえに、脱税犯から資産を差し押さえするのは実に簡単なのである。別にケイマン諸島まで行く必要もない。

とまあ、こういうことが分かる。

こういうことから、戦後70年我が国の在日韓国人朝鮮人の「在日特権」やら「受験優遇制度」やら、「やったほうが被害者面した」やらせ行為が行われてきたことがわかってきたように、またその裏で我が国の在日韓国人朝鮮人が徹底的な「反日プロパガンダ」で我が国民に「自虐史観」を植え付けてきたように、西洋では、偽ユダヤ人がユダヤ人を名乗ってその「ユダヤ特権」やら「受験優遇制度」やら、「やったほうが被害者面してきた」ことが徐々に明白になるのではなかろうか?

まさに「日本は世界の雛形」なのである。

ナチス・ヒトラーによる「ユダヤ人600万人の虐殺」、
日本軍による南京大虐殺、
日本軍による従軍慰安婦、

こういったものはあまりに根拠薄弱なウリナラファンタジーにすぎないのである。今後ますます、偽ユダヤ人、朝鮮人、支那人のブーメランが飛ぶのではなかろうか?

実際、いま「パナマ文書」のし掛け人と言われているジョージ・ソロシュは「偽ユダヤ人」(=人種的にはユダヤ人ではないがユダヤ教徒を名乗るもの、および、ユダヤ人だが悪魔教を信じるもの)である。ソロシュは第二次世界大戦中、ドイツ人になりすまし、逃げ惑うユダヤ人から金銀や宝石貴金属を買い付けることで財をなしたと言われる人物である。

これまた偽ユダヤ人である、いまの英ロスチャイルドはフランス革命時代にイギリス人に嘘の噂を流して株価暴落させてそれを買い占め、次に嘘だと分かって値が上がった時に売り返して財を成した「裏切り」「だまし」の家系である。

こうした手口も我が国の在日韓国人朝鮮人とよく似ているわけである。

「ユダヤとニダヤの同祖論」これは100%確実なのだ。


さて、いよいよ武田教授も「パナマ文書」に食いついた。これである。
4/11(月)〜武田邦彦・半井小絵・居島一平〜【真相深入り!虎ノ門ニュース】【Toranomon NEWS】
a0348309_7493642.png


さらにモルモンの侍ケント・ギルバートさんと青山さんの「パナマ文書」対談もあった。これである。
【ケント・ギルバート×青山繁晴】パナマ文書が生む血の粛清!?


それにしても我が国のマスゴミはもはや100%自分で自分が「ダマスゴミ」だと証明しているようですナ。

テレビ会社がやっていたなら謝って「すみませんでした。税金返却致します」と言って脱税分と追徴課税分を支払えばいいわけである。

上のモジリアーニの絵画に見るように、確実に犯罪に使われていたわけだから、今後ますます税金逃れの犯罪性が分かるに違いない。

そして、もし政府自民党の内部、自民党や公明党の国会議員から「パナマ文書」に名の挙がる「脱税者」が出てくれば、衆院解散を余儀なくされるのではなかろうか?

こうなると、夏は衆参同時選挙せざるを得なくなるだろう。


早く出てこい、公明党の「パナマ議員」。

民進党にチャンス到来か?

とはいっても、民進党の方がはるかにタックスヘイブンのご利益を受けたはずである。なぜなら、朝鮮人政党なんだからヨ。朝鮮人がまともなことやるはずがね〜〜。

山尾しおりを見れば分かる通りだ。東大卒だ、元検事だ(とはいっても、卒業者名簿にその名がなく、ひょっとしたら経歴詐称という噂も経っているらしいが)ですらあのざまである。

ほんと偽ユダヤ(ユダヤ)と偽日本人(=ニダヤ)と偽支那人(アルか)

アルかニーダの連中はメンタルが似ている。これは今後研究していく興味ある点ですナ。

今後の研究を待とう。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-04-13 08:16 | パナマ文書

アイ・ラブ・ジャパン:JaponismeジャポニズムからZaponismザパニズムまで!?   

みなさん、こんにちは。

まず今現在の外人の若者がゴッホの時代の「ジャポニズム」を最近知ったという話を見つけたので、これをメモしておこう。以下のものである。
海外「ジャポニズムの象徴だ」 『日本がゴッホに与えた影響』に外国人が感動

ゴッホ、モネ、マネ、ドガなど、多くの印象派・ポスト印象派の画家たちに、
多大な影響とインスピレーションを与えた日本の浮世絵。
特に日本を理想郷のように考えていたゴッホは多数の浮世絵を収集し、
また浮世絵を模写した作品も数点残しています。

今回ご紹介する映像はオランダのゴッホ美術館がフェイスブック上に投稿した、
『日本からのインスピレーション』というタイトルのもので、
「浮世絵はゴッホが最もインスピレーションを受けた芸術の1つ」という点と、
「浮世絵はゴッホに世界の新しい見方を教えた」という点が紹介されています。

その上で「しかし、浮世絵の影響で本当にゴッホの作風は変わったのだろうか」
という疑問が挟まれますが、その答えとして、弟のテオに送った手紙の中の、
以下の一文が紹介されています。

「私の全ての作品は、多かれ少なかれ、日本の芸術の影響を受けている」
a0348309_7443913.jpg


映像には海外から多くの反応が寄せられていましたので、一部をご紹介します。
Inspiration from Japan



海外の反応

■ どれも本当に美しい作品ね……。 +9 オランダ

■ ジャポニズムは20世紀初頭に多くの芸術家に影響を与えた。
  中でもその象徴はやっぱりゴッホだったよね。 +1 フィンランド

■ ゴッホと日本の強固な繋がり。素晴らしいね。 +5 アメリカ

■ ゴッホは芸術の歴史の中で最大の天才の一人なのに、
  人生は失敗続きだったという事実は悲しすぎる! +1 アメリカ

■ 今ちょうどジャポニズムを勉強してるところなの!
  ゴッホの作風に影響を与えてたなんて素敵!♥ +1 ブラジル

■ 特に橋に降りかかる雨の絵は天才的だと思うよ。
  ゴッホ美術館で本物を見たときは、
  絵の前でしばらく立ち尽くしてしまった。 +4 フランス

a0348309_745526.jpg

■ 日本人もゴッホが大好きだって聞いたことある。 ロンドン

■ 日本の芸術は素晴らしい! 私も大好きです。 イタリア

海外「世界で守るべき芸術」 友禅染の作業光景に外国人が感動

■ ゴッホは日本の浮世絵から多大な影響を受けていた。
  動画を観ればそれがはっきりと分かるね。 +8 台湾

■ そうなんだよ。
  ゴッホが日本の様々な文化に感化されたのは有名な話 :) +30 ブルガリア

■ ゴッホは「日本人が羨ましい」って言ってたんだ。 +4 イギリス

■ ゴッホの心は日本人だったと言っても大げさじゃない。 +9 アメリカ

■ 日本の芸術はゴッホだけじゃなくて、モネにも影響を与えたよ。
  モネの自宅には浮世絵が沢山あった。 +2 アメリカ

■ ゴッホは日本に憧れるあまり、日本のような強い太陽の光を求めて、
  アルルに引っ越して「黄色い家」に住んだのよね……。 +2 メキシコ

■ ゴッホは確かに浮世絵を模写したかもしれないけど、
  彼の作風に影響を与えたとはまったく思わない。 ヨルダン

■ 日本もゴッホも大好きな私には最高の動画でした。 +3 ブラジル

■ スウェーデンのカール・ラーションもそう。
  日本の浮世絵から大きな影響を受けている。 +2 スウェーデン

(※著書の中で、「日本は芸術家としての私の故郷である」とも述べている)
 
■ ゴッホは本当に日本から影響を受けたの? 韓国

■ ゴッホとジャポニスムの関係性は有名な話。 +15 フランス

■ こんなに興味深い話は初めてってくらい感動した。
  知らなかった話だったけど、影響は明らかだね。 +1 イギリス

■ こんなに魅力的な話は滅多にない。
  ゴッホは印象派の中で一番好きな画家だし、
  日本の浮世絵も一番好きなアートの1つ。
  ゴッホと日本の間に橋がかかってたという事実は、
  私にとってはそこまでの驚きじゃない! +5 アメリカ

■ 10年ちょっと前くらいにこっちで浮世絵の一大ブームが起きたんだ。
  価格はまさに天井知らずという感じだったよ。
  今ではだいぶ落ち着いたけどね。
  それでも今も、所有している喜びも味わえる、
  素晴らしい投資先であることには変わりがない。 +1 イングランド

■ 皆さん、ライデンにあるシーボルトハウスにも、
  是非足を運んでみてくださいね ^_- +1 オランダ

■ ゴッホが浮世絵を集めて、模写していたのは知っていた。
  ジャポニズムは、日本がメイジ時代に西洋と交流を始めた1868年、
  まずフランスで巻き起こった現象なんだよね。 +12 国籍不明

■ どの作品も美しい……。
  オランダと日本の融合に感謝します。 +1 アメリカ

■ 面白い関係性だよね。
  日本のアートを模したゴッホの作品は僕のお気に入りなんだ。 オランダ

■ 当時多くの画家が浮世絵に影響を受けていたし、
  もっと言うとそれは現代でも変わらない。 アメリカ

■ 日本が芸術を愛する世界中の人たちを驚愕させた!!!! ブラジル
 ■ 「花咲くアーモンドの木の枝」を初めて見たとき、
  あまりよく理解できなかったんだよ。
  だけど後で作品に日本の技術が使われてることが判明して、
  僕の中でこの作品に対する理解が深まったんだ。 カナダ

a0348309_7463676.jpg

■ フィンセント・ファン・ゴッホ?
  いいや、ゴッホじゃなくて、ゴッドだ! +2 ブラジル

■ ゴッホの作風に日本が影響を与えてたなんて嬉しい!♥ +2 ペルー

■ 絵画に携わっている人は、ゴッホとホクサイ、
  どちらをよりリスペクトしてるんだろう。 国籍不明
   ■ 僕はどちらも大好きだし、リスペクトしてるよ :) ブルガリア

■ 天才は天才を知るってわけだよね!! メキシコ

■ 浮世絵が印象派に与えた影響の大きさは、驚嘆に値するね。 アメリカ

これに対する我が国の反応

■ ゴッホは本当に日本から影響を受けたの? 韓国
キターッ!!

■ ゴッホは本当に日本から影響を受けたの? 韓国
まー否定したいよなぁw

写楽は韓国人www
って言って無かった?

済州島に浮世絵の自生が発見されたニダ

韓国人って本当に哀れだな・・・
こんなに有名な事も知らずに現在を生きてるってオカシイだろ?

韓国:ゴッホは本当に日本から影響を受けたの?(ぐぬぬ。。ちょっぱりめ・・)

調査したら日本の浮世絵と同じ構図の韓絵を発見したニダ!
日本の浮世絵は、この韓絵を模倣したものニダ!
浮世絵の起源はウリナ(ry

安定の南鮮人

韓国は確か既に浮世絵も起源主張というか
韓国が日本に影響を与えただとか言ってたような

(以下省略)


これは、西洋人型の前頭葉型教育というものがどういうものであるかを示す点で面白い。

ユダヤ型の西洋人思考は、いわゆる「ミーイズム」というものである。「自分が知ったことは世界初」「自分が知らないことは存在しないこと」という思考である。

だから、ユダヤ物理学者に支配されてしまった最近の物理学の世界では、「観測しないものは存在しない」「宇宙は人間(ユダヤ人)のためにある」という学説までまかり通っている。決して彼らはそれを疑うことはしない。


(あ)「第1次ジャポニズム」の時代
さて、近代において最初に日本が西洋世界に紹介され始めたのは、やはり明治維新(1868年)から22年ほど経って明治政府が確立した1889年以降のことだろうか。おそらくこの時期の西洋世界の芸術家たちが受けた衝撃は計り知れないものがあった。それが
ジャポニズム
Japonism
だった。

この時代が上のゴッホの時代であり、ゴーギャン、モネ、ピカソに至るまで西洋の美術工芸品全体に多くの影響を与えた。こんな感じ。
a0348309_759274.jpg

a0348309_7592218.jpg
a0348309_80841.jpg

a0348309_75999.jpg

a0348309_7591755.jpg

a0348309_7593985.jpg

a0348309_759467.jpg


(い)「第2次ジャポニズム」の時代
その後、太平洋戦争が終わり、日本はいまのアラブ世界のように破壊し尽くされたから戦後の復興は不可能に思われたが、朝鮮戦争特需、米ソ冷戦時代に突入した。戦後の復興として
1964年の東京五輪
a0348309_72733100.png


2020年東京五輪
a0348309_9104212.png
の時期が、「第2次ジャポニズム」の時代。

この時代は、我が国の武道の空手、柔道、合気道、近代バレーボールの元祖の東洋の魔女の「回転レシーブ」が世界に拡散した時代。
記録映像1964東京五輪女子バレーボール金■東洋の魔女、鬼の大松博文、日紡貝塚、回転レシーブ



(う)「第3次ジャポニズム」の時代
それから所得倍増計画、高度成長の時代を経て、バブル全盛時代の1970〜1980年代に突入した。この頃、すなわち、明治のジャポニズムの時代から100年後がおそらく「第3次ジャポニズム」の時代と言えるかもしれない。

この時代が、「マハラジャ」に代表される。
横濱MAHARAJA 夏祭り1989年



この時代に雑誌モデルで登場したのが、
阿部寛
a0348309_88111.jpg
である。


(え)「第4次ジャポニズム」の時代
そして、それからさらに在日朝鮮人帰化人小泉純一郎/竹中平蔵の「狂牛病肉骨粉の骨太の方針」の「空白の20年」を経た40年後の今、これが「2020年東京五輪」を目指す時期に当たる。が、ご承知の通り空前の日本ブーム。これが「第4次ジャポニズム」の時代と言えるだろう。日本のさまざま場所が世界遺産、世界文化登録されてしまったために、来なくていい人までやってくる時代になった。

そうなると、今度は「ジャポニズム」に成り済ます芸能人まで出てきたらしい。これである。
ジャポニズムの「荒らし」
Zaponism
a0348309_8134317.jpg
(君らは在日だから、Japonismではなく、Zaponismだろうが。)


おかげで、いま「ジャポニズム」で検索すれば、ちっとも本来の「ジャポニズム」が出てこない。困ったことだ。荒らしのは正確に「ザポニズム」と名前変えして欲しい。

また、山梨韮崎出身の小林一三が作った「宝塚歌劇団」でもジャポニズムが登場。これである。
a0348309_813288.jpg

a0348309_8152984.jpg
(まあ、こっちも団員は大半が帰化人だろうが。日本人は倭人。日本女性はあまり背が高くないのが普通だから。)


いずれにせよ、ちゃんとした本を読んで欲しいものである。
ジャポニスム―幻想の日本
a0348309_820681.jpg
のようなものを見るべきだろうヨ。

我が家にあるのは、これだ。
a0348309_8272220.jpg

a0348309_833887.jpg


いやはや、在日朝鮮人の「日本人成りすまし」は図に乗りすぎですナ。


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-04-12 08:36 | アイラブとてつもない日本

「パナマ文書」すぐ虫がわくな!:これが「電通仕込」だ!とダウンロードサイトもナ!   

もし生まれ変われるのであれば、朝鮮人や韓国人を根絶やしする殺ヒトモドキウィルスとしてこの地球に戻ってきたい。
−−井口和基博士


みなさん、こんにちは。

かつて2001年9月11日のトウィンタワービルの爆破工作、いわゆる「同時多発無差別テロ」。これが、実はNWO・ネオコン・シオニスト側のインサイド・ジョブだった。つまり、内部犯行の偽旗作戦だったということを世界中のジャーナリストやネットユーザーや米退役軍人会などが暴きだした頃、必ずのように「虫が湧いた」。つまり、「そんなわけね〜だろ」という蒸し返しの火消し役が登場した。

また、2011年3月11日のいわゆる「東日本大震災」がやはりNWO・ネオコン・シオニスト側の起こした「人工地震津波」によるものだと我々が解明した頃、これまた「虫が湧いた」。つまり、「そんなわけね〜だろ、デマだ。デマだ」という蒸し返しの火消し役が登場した。

今回も「パナマ文書」のリーク情報が本物だということがわかってくると、これまた「虫が湧いた」。これである。

「パナマ文書」にJALや電通が載っているという情報はデマ
a0348309_1823796.png


まあ、中身を読む必要はないが、このサイバーメガネ君(おそらく馬鹿さ加減から在日)は、[Panama papers]=「パナマ文書」と「国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)のオフショアリークスのデータベース情報」
https://offshoreleaks.icij.org
とは別物だ。だから、違う話と言いたかった。

しかし、それは間違いだ。

どうもこのサイバーメガネ君は英語が読めないのかな?

まあ、結論から言うと、「パナマ文書」というのは、1970年から2015年(ほぼ現在)までのパナマの
Mossack Fonseca
という商会(=会社)が扱ったオフショア(タックスヘイブン)の関わる会社の情報を集めてドキュメント(総合報告)化したものである。

だから、確かに2013年にリークされた上のoffshoreleaksと最近の「パナマ文書」は日時が異なる。

それは当たり前のことで、それまでのすべてのリークを集めて総合報告にしたわけだから、最近出た「パナマ文書」とは見かけも情報も同じではない。言い換えれば、「パナマ文書」の方がパワーアップしているのである。

その証拠がこれだ。以下のものは、「パナマ文書」のダウンロードサイトである。
Panama Papers: ICIJ Offshore Leaks Database Documents Download [Complete]

Panama Papers: ICIJ Offshore Leaks Database Documents Download: Recently, the biggest leak in the journalism world in the history took place. It was done by Panama Papers. PP has reportedly leaked some of the very confidential and significant documents about Mossack Fonseca firm which is situated in Panama. (check: Wrestlemania 32 Results.)

As per the reports leaked, the company has helped investors to escape paying tax, launder money, and such stuff. Among the various people of the world, there are 500 Indians mentioned on the list which includes Amitabh, Aishwarya Rai Bachchan, KP Singh, Anurag Kejriwal, and others.

(以下省略)

そしてこのサイトの下にこうある。
Download the Panama Papers: ICIJ Offshore Leaks Database

OffshoreLeaksDatabase_archive.torrent    23-Mar-2014    10:40    6.4K
OffshoreLeaksDatabase_files.xml                23-Mar-2014    10:40      2.0K
OffshoreLeaksDatabase_meta.xml              23-Mar-2014     10:40         1.9K
edges.csv                                                             15-Jun-2013     10:34           72.2M
edges.csv_meta.txt                                           15-Jun-2013     10:34           2.4K
nodes.csv                                                            15-Jun-2013      11:00           48.6M
nodes.csv_meta.txt                                           15-Jun-2013      11:00         2.4K


Various leaks have taken place in the history.
In 2015, the Swiss Leaks/International Consortium of Investigative Journalists (ICIJ) extracted 3.3 GB data.
In 2014, the Luxemburg Leaks/ICIJ had 4 GB volume of data.
In 2013, the Offshore Leaks/ICIJ had 260 GB data.
In 2010, the WikiLeaks / Cablegate had 1.7 GB of data.


この最後に「In 2013, the Offshore Leaks/ICIJ had 260 GB data.」とあるように、この部分だけが2013年のオフショアリーク時の情報である。それに2010年、2014年、2015年のリークと合体させた情報が「パナマ文書」なのだ。

というわけだよ、サイバーメガネ君。

きみ〜〜嘘ついちゃイカンぜよ。

この「パナマ文書」は「神文書」。

脱税会社は土下座して謝るべきだろうな。

たぶん、バドミントンの違法賭博で騒いでいるのは、電通仕込。一番の犯罪者電通がこの「タックスヘイブン」の最大の受益者だということから国民の目を反らせたいからである。

バドミントンなんてどうでもいいんだよ。所詮は世界のマイナースポーツにすぎない。羽根つきで世界が動いているわけではない。世界が動いているのはサッカーだけだ。

そのサッカーのイタリアのインテル。長友のインテルが脱税していたわけだ。

ちなみに、電通は「ニシダマサキ」という個人1人とリンクしている。これだ。
a0348309_18265937.png
そのニシダマサキさんを通じてオフショアの
SUHOM MOBILE INFORMATION CO. LIMITED
という会社とリンクしている。これだ。
a0348309_18284428.png
このオフショア会社の証書がこれ。
a0348309_14262728.jpg

http://loophole4all.com/?id_i=135274&id_e=156489&company=SUHOM+MOBILE+INFORMATION+CO.+LIMITED

次にそのSuhomをクリックすると、そこにカネを流入させた個人や会社名がどどどどどっと登場する。これだ。
a0348309_18325626.png

まあ、朝鮮人ですナ。

以下同文。同じようにして一網打尽となる。

いまCIAが動いているらしいゾ。

逃げて〜〜〜朝鮮人のみなさま!


どうだサイバーメガネ君、オフショアリークデータベースの威力は?


これが大人の世界だ。子供は関わるな。糞して寝てろ。

以上。

くわばら、くわばら。

いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-04-11 18:36 | パナマ文書

「パナマ文書」またもブーメラン:「またお前か!」やはり空き缶菅直人のせいだった!   



みなさん、こんにちは。

当分の間「パナマ文書」で盛り上がっていられる今日このごろですナ。

この「パナマ文書」に関して、我が国政府も「重い腰」を上げざるを得なくなりそうだ。

「嘘つきすぎると口が曲がる」

ことわざ通り、口が曲がってしまった麻生大臣ですら、こうおっしゃる。
【パナマ文書】 課税逃れの企業個人に莫大な追徴課税がほぼ決定キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 麻生財務大臣がパナマ文書の調査を表明!!!

a0348309_1145176.jpg


麻生財務相“租税回避防止”取り組む考え

 いわゆる「パナマ文書」が流出し、各国の政治家らが課税逃れなどの温床とされる「タックスヘイブン」を利用していたことが明らかになった問題について、
麻生財務相は「疑惑が事実なら、課税の公平性を損なう」として、租税回避や脱税の防止に積極的に取り組む考えを示した。

 麻生財務相はこの問題について、「疑惑が事実であるとするなら、これは課税の公平性を損なうということになりますので、問題だと思っています」などと述べ、
国際的な課税逃れを防止するため、各国と連携して税務当局間で情報交換を行う環境を整えていることを強調した。その上で、今後は途上国などにも広く国際的な基準を守るように促すことが重要だとの考えを示した。
さらに、日本が租税回避や脱税の防止に積極的に取り組む考えを示した。

 政府は国際的な租税回避や脱税の防止について、来月の伊勢志摩サミットでも議題の一つとするよう調整する方針。


とはいっても、あくまで麻生大臣は「防止に取り組む」といっただけで、別に「脱税を回収する」とは一言も言っていなかった。

自民党落選!崩壊!決定!

でしょうナ。

国家予算に匹敵する「巨額脱税」事件だからして、もしそのタックスヘイブンを取り仕切る1個人の日本人がいたとすれば、そいつは日本国並みかそれ以上の国家を作ることができるからだ。

電通一社で年7兆円の取引がある。
同様に、パチンコ産業だけでも年7兆円を取引している。
以下同様。

これらが、ケイマン諸島の架空のダミー会社(ペーパーカンパニー)に渡り、そこから我が国内の個人の元にあるとしたらどうなる?

そいつはいつでも我が国を乗っ取ることが可能だろう。

というわけで、やはり自民党は「自公政権」というように、創価学会の朝鮮人とつるんでいるわけだから、「同じ穴のムジナ」。

同様に、民主党も同じ穴のムジナ。

実は、民主党こと「民進党」や「共産党」は、自公政権と敵対しているようで本当は裏でも表でも繋がっているわけだ。

いわゆる、マッチポンプのお仲間同士。

当然である。

自民の安倍の参謀の「狂牛病の方針」を作った
竹中平蔵
a0348309_11502590.jpg
(パソナのオーナーとか)
は個人資本家でもあるから、もちろん、最初は慶大の経済学教授にすぎなかったものが、朝鮮人の小泉純一郎政権下入りして、インサイダーな株の譲渡を受けて資産家になったわけだ。マクドナルドの未公開株を受けた。こんな話は常識。

だから、国会で反目しているかのようなのは表向きのことに過ぎず、自民の竹中はイオンの株を持っているだろうし、我が国内企業の上位100位の長者番付の大半が在日朝鮮人社長の企業なのだから、当然そういった企業の株を政府自民党やら官僚やらは相互取得しているわけだ。

要するに仲間。ケツの穴のムジナにすぎない。お互いにカマ堀っている仲というやつだ。

さて、そのイオン民主党。実はこれまたあの菅直人政権時代に「やらかしていた」。それがこれだ。
【サヨク悲報】 タックスヘイブン、民進党(元民主党)が優遇を行い巨大化したことが判明

不透明な資金操作の舞台・タックスヘイブン―民主党政権が対策税制緩和、大企業・富裕層を優遇
タックスヘイブン(租税回避地)が、企業の不透明な資金操作の舞台になっています。巨大化、投機化した世界の金融市場を民主的に規制することが求められているときに、民主党政権は逆に、タックスヘイブン対策税制を緩和し、大企業・富裕層への優遇税制を拡大しました。

a0348309_1119377.jpg

問題はこの朝鮮ウリナラ・アカヒ新聞の記事にあるこれである。
a0348309_11205317.png

菅直人
a0348309_11214755.png


ところで、昨日のウリナラ・ファンタジーのNHK「五郎丸」じゃなかった「真田丸」でも、
騙された人が悪いのです
なんていうセリフを堺雅人演じる真田信繁が言っていましたナア。本当にこんな奴だったのか?真田信繁は。

というように、朝鮮系の価値観は「騙す方より騙さる方が悪い」というものである。

だから、違法賭博問題でも「賭博の元締めよりも賭博する方が悪い」と政府自民党やミンスン党は考えるわけである。当然、在日警察庁も同様である。

しかし、我々物理学者は「因果律」を信じるから、それは間違いだと考えるわけですナ。

やっぱり、
「騙される方より騙す方が悪い」
「賭博する方より賭博の元締めの方が悪い」


なぜなら、事件の元がなければ、事件そのものが起こらなかったわけだからだ。当然である。どんな事件であれ、そういう事件が起これば、その対処でおおわらわ。大変めんどくさいわけだ。

面倒がりの俺なんぞ、絶対に元を斬る。

同様に、「タックスヘイブン(=租税回避地)」事件も、菅直人が首相の時代の2010年に「租税回避地」に会社を作ることで得られる利益に対する租税を値切らなければ、だれも「租税回避」しなかったわけだ。

つまり、

自民党前政権、麻生太郎首相時代
→ タックスヘイブンの租税高かった
→ 民主党政権時代
→ 菅直人が税金を下げた(2010年)
→ 大半の会社個人がタックスヘイブンへ逃げた
→ 安倍晋三自民政権になって
→ 「パナマ文書」でタックスヘイブンが暴露公開!

なんていうことはない。

麻生首相時代までちゃんとしていたものを、菅直人が崩壊させたわけだ。

だから、今また麻生大臣になったわけだから、そりゃ〜〜租税に厳しい麻生さんは脱税回収命令するかもしれませんナ。

まあ、麻生大臣に期待する他はない。

しかしやっぱりこいつだったのか?
a0348309_11383514.jpg

空き缶こと空き菅直人
a0348309_12175076.jpg

菅直人政権の”未来”は?:おそらく日本経済破綻、日本破滅!
「ご神木が倒れる」菅直人政権:全分野で動く日本解体計画。いずれ天皇家も普通の人になるだろう!


今思えば、2011年2月に徳島の太龍寺の「ご神木」やら日本中の「ご神木」が倒れたのは、2011年3月11日を予見していたのかもしれませんナ。
民主党政権になってから各地で倒れる御神木を偶然と思われる方も、必然と感じられる方も下のランクリお願いします。より


まさに「疫病神」「悪魔の手先」ハンベーダー菅直人。

朝鮮ゴキブリの化身だ。いや支那南京虫か。まあ、どっちでもいいが、除鮮あるのみ。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
日本の常識は世界の非常識。
我が国のダマスゴミがどう隠蔽しようがしまいが世界は動く。
どうやら北朝鮮とタックスヘイブンがリンクしていた
 北朝鮮もタックスヘイブン利用=英国人関与、核開発費調達か-パナマ文書で英紙報道

a0348309_10391791.jpg

 北朝鮮で約20年の勤務歴を持つ英国人男性が2006年に出資した会社が、タックスヘイブン(租税回避地)の英領バージン諸島でフロント企業を設立し、核・弾道ミサイル開発に関与していたことが分かった。タックスヘイブン利用者の情報を暴露した「パナマ文書」を基に、英ガーディアン紙が7日までに報じた。米政府は13年、出資会社とフロント企業を制裁対象に加えており、北朝鮮は核・ミサイル開発の資金調達を目的にバージン諸島を利用していたとみられる。
 この英国人男性はナイジェル・コーウィ氏。ガーディアンなどによると、コーウィ氏は1962年に生まれ、英エディンバラ大学を卒業後、英金融大手HSBCの香港支店などで約10年間勤務。中国語や韓国語を操り、95年ごろから平壌の銀行で働き始めた。米財務省が13年6月に制裁対象に加えた北朝鮮の大同信用銀行(DCB)で98年から11年まで働き、最高経営責任者(CEO)も務めたという。(2016/04/07-15:23)
せいで、本腰で米軍、CIA、NSA、MI6、モサドなんかが「パナマ文書」を解析しているらしいゾ。電通の裏金屋はやばいな。もう地球上に生きる場所はない!我々日本人は在日朝鮮人との心中だけは避けたい。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-04-11 11:47 | パナマ文書

「パナマ文書」世界のエリートたちの犯罪2:エリートたちの黄昏!?   

(つづき)

(さ)北朝鮮の場合
タックスヘイブンが北朝鮮の核開発資金だった!
 北朝鮮もタックスヘイブン利用=英国人関与、核開発費調達か-パナマ文書で英紙報道

a0348309_10391791.jpg

 北朝鮮で約20年の勤務歴を持つ英国人男性が2006年に出資した会社が、タックスヘイブン(租税回避地)の英領バージン諸島でフロント企業を設立し、核・弾道ミサイル開発に関与していたことが分かった。タックスヘイブン利用者の情報を暴露した「パナマ文書」を基に、英ガーディアン紙が7日までに報じた。米政府は13年、出資会社とフロント企業を制裁対象に加えており、北朝鮮は核・ミサイル開発の資金調達を目的にバージン諸島を利用していたとみられる。
 この英国人男性はナイジェル・コーウィ氏。ガーディアンなどによると、コーウィ氏は1962年に生まれ、英エディンバラ大学を卒業後、英金融大手HSBCの香港支店などで約10年間勤務。中国語や韓国語を操り、95年ごろから平壌の銀行で働き始めた。米財務省が13年6月に制裁対象に加えた北朝鮮の大同信用銀行(DCB)で98年から11年まで働き、最高経営責任者(CEO)も務めたという。(2016/04/07-15:23)

北朝鮮はタックスヘイブンでカネを回収して「核開発」に使っていたんですナ。まあ、創価学会やパチンコマネーがそういう方向から流入しているわけだヨ。


(し)南朝鮮の場合
OINKの韓国。世界最悪の国家「韓国」

Don't Korea!

さすがに韓国メディアは伝統の「斜め上目線」で、我が国や中国など他所事報道しまくってごまかす。

これぞ、「朝鮮脳」「放射脳」ですナ。
【韓国崩壊】パナマ文書問題が韓国にも飛び火 【じみゆま】



【韓国経済崩壊】パナマ文書問題が韓国にも飛び火www あの「重要人物」がリストアップされてることが発覚し 大 発 狂 クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!!www



(す)日本の場合
ついにネットメディアも「電通」報道しまくる!
パナマ文書が暴露! タックスヘイブンで“税金逃れ”していた日本の大企業とは…文書に「DENTSU」の名前

 ロシアのプーチン大統領の「金庫番」側近は総額20億ドル(約2200億円)。他にも、中国の習近平国家主席の親戚や英国のキャメロン首相、シリアのアサド大統領、ウクライナのポロシェンコ大統領、サウジアラビアのサルマン国王の関係者がタックスヘイブン(租税回避地)を利用した租税回避行為を繰り返していた──。
 この事実を明らかにしたのはパナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」から流出した「パナマ文書」。「モサック・フォンセカ」はタックスヘイブン(英領バージン諸島、ガーンジーなど)での会社設立を代行するビジネスを展開しており、その顧客情報が内部リークもしくは外部ハッキングで流出し南ドイツ新聞を通じて「国際調査報道ジャーナリスト連合」(ICIJ)に渡ったのだ。
「パナマ文書」は「モサック・フォンセカ」の40年に渡って記録した1100万件以上の文書で、データ量は、2.6テラバイト(2600ギガバイト)にのぼり、現在確認されただけでも、各国の首脳や首脳経験者12人を含む政治家など140人がタックスヘイブンを利用して金融取引などを行っていたという。
 こうした行為は税法の抜け穴を巧妙に利用した「租税回避行為」であり、刑事罰の対象にはならない。しかし、名前が明らかになれば、自国の税金を免れようとする銭ゲバぶりに、社会的な信用はガタ落ち必至だろう。
 実際、これをうけて、2008年のリーマンショックで自国が金融危機に陥るなか資産隠しをしていたと報道されたアイスランドのグンロイグソン首相は4月5日、辞任を表明した。今後、各国でまだまだ騒動は広がっていくだろうと思われる。
 そして、それは日本も例外ではない。報道されているように、このパナマ文書には、日本人、日本企業の名前も多数含まれていた。
 いったいどういう企業や企業経営者が税金逃れをしているのか。すでに、警備大手のセコムの創業者や親族がこのパナマ文書に記載があり、「700億円」を超す大量の株式をタックスヘイブンに移転していたことが、事実として確認されている。
「複数の法人が1990年代にタックスヘイブンにつくられ、創業者で取締役最高顧問の飯田亮氏と元取締役最高顧問の故・戸田壽一氏の保有するセコム株の一部が移転していた(当時の取引価格で計700億円を超す大量のセコム株)。さらに、それらのセコム株が二人の相続人が関係する別の法人に移転するスキームが作られていた。法人の税制が軽減されているタックスヘイブンでの移転で日本の相続税や贈与税を免れようという意図があったのでしょう」(新聞記者)

まあ、我が国で真っ先にこれを救い上げたのはこの俺だけかな?今では日に何万人も見に来ているようだヨ。
a0348309_10491799.png


ところが、我が国の政府自民党の菅官房長がついに馬脚を表した。これである。
パナマ文書の衝撃 菅官房長官「軽はずみなコメント控える」
a0348309_1052493.jpg
可哀想だが菅さんは次の選挙で落選決定!イルミナティの犬だった証明だよ

 菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、パナマの法律事務所から流出した内部文書で世界の政治家や著名人がタックスヘイブン(租税回避地)を利用して資産隠しを行っているとされた問題について、「文書の詳細は承知していない。日本企業への影響も含め、軽はずみなコメントは控えたい」と述べた。「世界全体で租税回避について連携している中、今回新たにこうした実態が報道ベースで発表された」とも指摘した。日本政府として文書を調査する考えはないという。

租税回避の実態を明かした「パナマ文書」、日本政府がまさかの調査しない方針を明らかに

世界を揺るがしている租税回避者リスト「パナマ文書」。しかし日本政府がその調査を行わない方針を明らかにしています。

パナマの法律事務所から2.6テラバイトにも及ぶ大量の内部文書、通称「パナマ文書」が流出したことによって、同国のタックスヘイブン(租税回避地)を利用して世界中の政治家や著名人、セレブリティに大企業が資産隠しや課税逃れを行ってきた疑惑が次々と浮上してきました。

産経新聞社の報道によると、菅義偉官房長官が6日の記者会見でこの問題に触れ、「文書の詳細は承知していない。日本企業への影響も含め、軽はずみなコメントは控えたい」と述べ「世界全体で租税回避について連携している中、今回新たにこうした実態が報道ベースで発表された」と指摘しました。

しかし、各国政府が調査に乗り出すことを明言し、既にアイスランドでは関係を指摘されたグンロイグソン首相が辞任に追い込まれるなど大きな問題となっているにも関わらず、菅官房長官は日本政府として文書を調査する考えはないとしています。

実際には非居住者向けのオフショア企業に資金を保有すること自体は違法ではありませんが、そこで問題になってくるのはごく一部の富裕層や大企業が租税回避地に資金を置くことで、本来なら支払わなければならないはずの税金を回避し、国が取れるはずの税収が減少していること。

現在日本では諸々の社会保障の削減問題、格差と貧困の問題、保育士や介護士の賃金問題など、財源確保が必須な案件が山盛りとなっています。そうした中で、富裕層や大企業が自らの資産をタックスヘイブンに逃がすことで徴税を回避し、足りない分を逆進性の高い消費税の増税で国民から賄おうとするのであれば、それは極めて不公平と言わざるを得ません。

資産隠しや課税逃れをしっかりと調査し、支払うべき税金を支払わせ、必要な問題の財源に当てられるようにしていただきたいところです。


いやはや、これは重症ですナ。

たぶん、このパナマ文書で菅さんは落選。安倍は入院。麻生は犯罪者として訴追されるんちゃうか?

もちろん、ミンスン党の連中も訴追されるだろうヨ。

もっとも我が国のマルサ、警察、検察、司法のエリートも全部「租税回避地」の恩恵を受けている可能性が高い。だから、だんまりで時が過ぎ去るのを待っている観ありですナ。


いつも俺がここで
「いやはや、世も末ですナ」
って最後につけてきた理由がやっと分かったかい?本当に、今の地球はその通りなんですナ。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-04-10 11:03 | パナマ文書

「パナマ文書」世界のエリートたちの犯罪1:エリートたちの黄昏!?   

偽ユダヤ・ジョーク集パナマ文書
a0348309_10443195.jpg

全世界のリーダーたちが「パナマ文書」のリークにより自分たちの不正脱税をさらされてしまった。各国のリーダーの対応が始まった。

アイスランド首相「すまん、紳士淑女の国より先に退陣する」
英キャメロン首相「大英帝国の名にかけて、真っ先に退陣したいがちょっと待って」
米オバマ大統領「パナマ文書を仕組んだのは俺だ」
独メルケル首相「脱税の取り戻しに全力尽くすから許して」
仏オーランド大統領「英独首相の動きをみたい」
伊レンツィ首相「イタリアンマフィアと相談して決めたい」
露プーチン大統領「パナマ文書はアメリカの陰謀にすぎないさ」
中国習近平主席「だれも何も見ていない。いったい何のこと?」
インド首相「インドもケイマン諸島と似た立場にある」
アルゼンチン大統領「何が何でも不正はない。何かの間違いだ」
ブラジル大統領「アルゼンチン大統領の対応を真似たい」
日本安倍首相「日本の首相にそんなカネはない」


みなさん、こんにちは。

この世には「真実に見えるジョーク」もあれば「ジョークに見える真実」もある。むしろ後者の方が多い。

今回の「パナマ文書」の公開に合わせて世界各国のリッチな国々で起こりつつある動きの方が日本の朝鮮マスゴミのダマスゴミテレビよりずっと興味深い。

そこで、いくつかそういう動きをメモしておこう。この動きの広がりはISIS問題よりもっと深刻だから、今後世界がどうなるか皆目見当がつかない。


(あ)アイスランドの場合
ロンドン=渡辺志帆2016年4月6日04時20分
アイスランド首相、辞任へ パナマ文書の租税回避疑惑

a0348309_9562521.jpg

 パナマの法律事務所の内部文書から、タックスヘイブン(租税回避地)の英領バージン諸島に妻が会社を保有していたことが明らかになったアイスランドのグンロイグソン首相が5日、辞任の意向を示した。多くの政治家や著名人の名前が挙がった「パナマ文書」をめぐり、一国の首脳が政治責任を取るのは初めて。

アイスランドのグンロイグソン首相が一番乗りで退陣。

(い)フランスの場合
さすがにフランスは芸術の国。抗議活動も「芸術的」だった。以下のものである。
「パナマ文書」抗議デモ、ATMペンキまみれに 仏パリ Protesters in Paris demonstrate against Panama Papers
a0348309_1052921.png
a0348309_1053480.png

a0348309_1053837.png


(う)アルゼンチンの場合
泣く子も黙る警察国家アルゼンチン。大統領とて例外ではなかった。
「パナマ文書」スキャンダル、アルゼンチン大統領にも捜査の手

a0348309_108156.jpg

【4月8日 AFP】世界各国の要人や著名人らがタックスヘイブン(租税回避地)を利用していた事実が暴露された「パナマ文書」スキャンダルで、アルゼンチンの検察当局は7日、マウリシオ・マクリ(Mauricio Macri)大統領のオフショア金融取引に関する捜査に乗り出した。この問題で、また新たな国家首脳に捜査の手が伸びた格好だ。

 パナマの法律事務所モサック・フォンセカ(Mossack Fonseca)から1000万点を超える内部文書が流出したことに端を発したこの一大スキャンダルでは、すでにロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領や中国の習近平(Xi Jinping)国家主席らの名前が取り沙汰されている。そこに、中南米で勢力を強めつつある右派のシンボル的存在になっているマクリ大統領が加わった。

 ただ、プーチン大統領や習国家主席については、両首脳に近い人物らの関与が明らかになっているのに対し、マクリ大統領は本人がオフショア企業2社の取締役になっている。1社はバハマ、もう1社はパナマで登記されている法人だ。

 アルゼンチンのフェデリコ・デルガド(Federico Delgado)連邦検事は、同国の公人に求められている宣誓した上での資産公開を、同大統領が「悪意を持って怠った」のかどうかを見極めるため、国税当局と腐敗対策機関に対し情報提供を要請するよう、判事に指示したことを明らかにした。

 マクリ氏は、2007年にブエノスアイレス(Buenos Aires)市長、昨年12月に大統領に就任した際にそれぞれ資産公開を行っているが、いずれの場合も当該2社の存在には触れていなかった。

 大統領選挙に出馬した際、腐敗との闘いを公約していた保守派の同氏は、両社共に実業家で富豪の父親が設立したもので合法的な事業活動を行っているとして、いかなる不正も否定している。(c)AFP/Paula Bustamante


(え)イギリスの場合
キャメロン英首相大ピンチ。
「税金払え」「恥を知れ」 ロンドンでキャメロン英首相の辞任求め大規模デモ

 【ロンドン=岡部伸】タックスヘイブン(租税回避地)の金融取引をめぐる「パナマ文書」報道で、亡父のファンドに投資して利益を上げたことを認めたキャメロン英首相に辞任を求めるデモが9日、ロンドン中心地で行われ、千人以上の市民らが首相官邸前などで気勢を上げた。

 「出ていけ」「保守党統治を許さない」などと書かれたプラカードを持った人々が「税金を払え」「恥を知れ」などと口々に訴え、市内を練り歩いた。

 キャメロン首相は当初、亡父がパナマで開設したファンドに投資して利益を得ていたかについて明言を避けていたが、7日に一転して認めた。野党の労働党が辞任を要求し、追及を強めている。

 ロイター通信によると、9日、首相は保守党の集会で、「今回の問題にうまく対処すべきだった」と語った。欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票を6月に控え、求心力低下も避けられそうにない。
a0348309_1010581.jpg


「パナマ文書」にキャメロン英首相亡父の名、政府は調査着手へ

a0348309_10114141.jpg

 4月4日、パナマの法律事務所から流出した機密の金融取引文書、いわゆる「パナマ文書」に、亡父の名が挙がったキャメロン英首相(写真)が批判にさらされている。写真はワシントンで3月撮影(2016年 ロイター/Joshua Roberts)


(お)イタリアの場合
サッカーの強豪インテルの会長、お前もか?
インテル会長と前会長も、「パナマ文書」疑惑に関与か?

a0348309_1013858.jpg

『Corriere dello Sport』は「インテルの会長を務めるエリック・トヒル氏の弟が、『パナマ文書』の中に暴露されていた人物の一人だった」と報じた。

先日大きな話題になった「パナマ文書」。タックス・ヘイブン(租税回避地)を使って多額の税金の支払いを逃れていた人物の名前が暴露されており、各国の有名人が名を連ねていたことで世界中のメディアを賑わせた。

サッカー界も例外ではなく、バルセロナのFWリオネル・メッシも関与を疑われており、それ以外にもUEFAがスイス警察の捜索を受けるなどしており、波紋が広がっている。

そして、インテルの会長を務めているエリック・トヒル氏の弟であるガリバルディ・トヒルも、この「パナマ文書」関連の事件に関与していたと暴露されている人物の一人だ。

さらに、記事によれば、この文書の中には元インテル会長のマッシモ・モラッティ氏、そしてエリック・トヒル氏の「どちらかが含まれている」とのことだ。

これらについてはまだメディアの報道に過ぎないものの、ここまで大きな話題になれば、書類に書かれている人物に対しては捜査のメスが入ってくることは想像できる。

果たして、それを受けることになるのはモラッティ氏なのか、トヒル氏なのか・・・。もちろん、どちらでもないという結末を願いたいところだ。


(か)独の場合
ドイツのメルケルとフランスのオランダはゲルマン起源で結構仲良しだったのか?
脱税摘発に全力=独仏首脳
a0348309_10162458.jpg

オランド仏大統領(右)は7日、メルケル独首相(左)と仏北東部メッスで会談しタックスヘイブン(租税回避地)利用者の情報を暴露したパナマ文書問題を受けて国境をまたいだ脱税の摘発に全力を挙げる方針を確認した。


(き)アメリカの場合
「パナマ文書」により、世界ダントツの租税回避会社&個人のいるアメリカ合衆国。パナマ文書をメディアが完全スルーだとか。オバマは習近平と同レベルの極悪非道人だった。だれだ〜〜?オバマが「光の天使だ」なんて言ったバカは?東北のヒーラーか?

「パナマ文書」問題がアメリカでは大騒ぎにならない理由

 パナマの法律事務所モサック・フォンセカが作成した、膨大な機密文書の暴露、いわゆる「パナマ文書」問題では、アイスランドのグンラウグソン首相の辞任を求める声が高まっています。また、イギリスのキャメロン首相については、亡くなった父親がリストに含まれているという暴露があり、その他にもウクライナのポロシェンコ大統領や、サウジのサルマン国王などの名前も挙がっています。

 また、中国の習近平主席の親族の名前や、ロシアのプーチン大統領の友人の名前も出ているそうです。またサッカーのスター選手である、アルゼンチンのリオネル・メッシ選手(FCバルセロナ)については親族の名前が出ているそうですし、そのサッカーに関してはFIFA(国際サッカー連盟)のスキャンダルに関係した暴露もあって、各国はその対応や報道で大騒ぎになっているという状況です。

 要するに「オフショア」、つまり「タックスヘイブン(租税回避地)」を利用して課税を逃れていた「顧客名簿」と、その関連資料が流出しているのですが、一部報道によれば総数は1150万件であるとか、関係した企業は21万社などという規模に及んでいるようです。

 資料のリークについては、まずドイツの新聞社「南ドイツ新聞」に持ち込まれ、その後、多くの国のジャーナリストの協力によって解析が進み、今月3日に報道が始まりました。なお、資料の解析はまだ続いているようで、5月にはさらに詳細の暴露があるという情報もあります。

NYタイムズですら蚊帳の外、「パナマ文書」に乗り遅れた米メディア
アメリカで「世紀のリーク」の扱いが小さかった背景には、米大手メディアの調査報道不参加がある。今後の暴露は生データを握るメディアに注目だ

まあ、アメリカのメディアは、偽ユダヤシオニストNWOが仕切っているわけだから、乗り遅れたんじゃなくて、「パナマ文書」で自分らが告発される方だから、だんまりを決めこんだんでしょうナア。我が国の朝鮮電通支配のマスゴミと同じだ。

(く)ロシアの場合
さすがにロシアのプーチン。ラス・プーチンである。
プーチン氏、パナマ文書疑惑に反論 「ロシア弱体化狙う試み」
a0348309_10272013.jpg

[サンクトペテルブルク 7日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は7日、パナマの法律事務所から流出したタックスヘイブン(租税回避地)に関する内部文書「パナマ文書」に記載がある友人について、不正行為には関与していないと反論した。

パナマ文書に基づく報道によると、この友人はチェリストのセルゲイ・ロルドゥーギン氏で、オフショア取引に関連した事業を人知れず拡大し、こうした取引にはプーチン大統領が関与する可能性も指摘されている。

サンクトペテルブルクで支持者らを前に語ったプーチン氏は、パナマ文書について、汚職をでっち上げることでロシアを弱体化させようとする組織的な試みだと指摘。

ロルドゥーギン氏に関しては、ロシア企業の少数株主ではあるものの「何十億ドル」も荒稼ぎしているわけではないとした上で、利益のほとんどを海外での楽器購入に充て、それをロシアの公共団体に寄付していると説明。「そんな友人を持つことを誇りに思う」と述べ、疑惑を否定した。


それにしても、偽ユダヤ人ポール・ジュリアス・ロイターが作った英ロイター。それが米CIAに移譲されたのが現代のロイターだが、そしてここが戦後、我が国の電通の朝鮮人を仕切っている本丸なんだが、自分の国のことや自分のことを棚に上げて、まず真っ先にロシアのプーチンの不正を騒ぎ立てたからすごい。まさにニダヤだ。

やはり、ユダヤとニダヤは同族なのではないか?


(け)中国の場合
やはり共産党国家支那中国。習近平のやることは早かった。放送、ネット、すべて遮断であった。
<パナマ文書疑惑>中国共産党・政府が情報統制に躍起 ニュース番組、画面真っ暗に

a0348309_10331868.jpg

 中国の習近平国家主席らの親族がタックスヘイブン(租税回避地)にある法人を利用していたとされる問題をめぐり、中国共産党・政府が情報統制に躍起になっている。国内メディアの報道は原則認めず、インターネットも規制。反腐敗運動のさなかだけに、神経をとがらせているようだ。(西日本新聞)


この「パナマ文書」事件で、我が国のNHKの放送を支那人が「タダ見」することがなくなって、良かったのではなかろうか?
これまでずっとダダで日本のNHKを見てきたわけだからナ。

NHK、外人からちゃんと受信料とれよ。タダ見させるなよ。


(こ)インドの場合
インドの映画スターも資産隠しか 「パナマ文書」流出、インド与党関係者らも

 パナマの法律事務所の内部文書が流出し、世界の政治家や著名人が資産隠しを行っていた可能性が明らかになった問題で、インド紙インディアン・エクスプレスは5日までに、印映画ボリウッドの大物男優でモディ首相との親交が厚いとされるアミターブ・バッチャン氏や長男の妻の有名女優アイシャワリヤ・ライさん、与党インド人民党(BJP)の地方幹部を含む500人以上が租税回避地の法人を所有していたと報じた。モディ氏はこうした不透明な資金の洗い出しを掲げてきたが実績は上がっておらず、政府は特別捜査チームが調査に当たるとしている。(ニューデリー 岩田智雄)



(つづく)




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-04-10 11:02 | パナマ文書