人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧   

「赤い服の少女」=シュレーディンガーのローザンヌの女性は14歳だった!?   

みなさん、こんにちは。

さて今日はついでにちょっとどうでもいいことを忘れないうちにメモしておこう。

俺個人の痴話、たわごと、妄想である。



たしかスピルバーグのシンドラーのリストに「赤い服の少女」、その少女だけ色がついている、というシーンがあったのでは?

a0348309_12291015.jpg


この「赤い服を着た少女」というのは意外と興味深い話がいろいろある。


実は、我が国の天才数学者岡潔は、よく「赤い服を着た少女」といっしょに夜中に野原で座って話をしていた。いつの間にか眠ってそのまま朝だった、というような話が岡潔の本の中に出てくる。

岡潔は、人から

「その少女はだれか?」

と聞かれ、

「金星から来た少女だ」

と答えたという。いろいろ教えてもらったと。


似たような謎めいた話で、保江先生の物理学の心の師であるエルヴィン・シュレーディンガーは、その名前のシュレーディンガー方程式を生み出す時、ある女性といっしょだったという伝説がある。

保江先生のイメージでは、

その女性の麗しき女体の白い波打つカーブから

波動方程式を生み出したというロマンチックな、一種の男の夢のような話になっている。

俺も若い美女と良い時間を過ごしながら、大発明や大発見をやってみたものだという気にさせる。
マイアミの女体盛り
a0348309_12564156.jpg
(恐るべしチャイナマネー)



ところが、かの自由人ダイソンによれば、どうやらダイソン先生はシュレーディンガーの伝説を知っていたのか、その女性のことを書いていた。

その女性とは

14歳の少女

だったというのである。

へ〜〜〜???

シュレーディンガーは未成年とベッドを共にしていたのか?つまり、小児虐待犯だったのかいな?

とまあ、そういうことはないだろうが、美女ではあったが、若い美女だったのかもしれない。


まあ、俺はシュレーディンガーを信じる。

おそらく、その女性は少女だったのだろう。

きっと赤い服を着ていたんじゃないか?


つまり、当時まだ全く無名のシュレーディンガーも赤い服の少女(=金星人)から着想を得た。


時代は岡潔と重なる。

そしてその少女は日本へもやってきた。

当時無名の岡潔はフランスのジュリアのところへ留学していたし、帰国後和歌山の自宅でフランス語の論文を書いた。


シュレーディンガーのいたスイスもドイツ語圏とフランス語圏があるらしい。

シュレーディンガーが避暑に行ったローザンヌという場所はフランス語圏ではないのか?

そもそもローザンヌと〜〜ヌがつく発音はフランス語である。ドイツ語ではローザンであるという。


はたしてこの14歳の赤い服を来た少女はだれなのか?


金星人なのか?


たまに金髪碧眼の家族で住んでいるが、だれもその人を知らない、見たことがないという話もある。


赤い靴

という日本の童謡の少女。

異人さんに連れられていっちゃった女の子?


この子も実在したのだろうか?


この歌の作者の時代も岡潔やシュレーディンガーと重なる。1922年である。

量子力学の発見が1926年。岡潔の留学が1929年である。


この時代、金星から少女がやってきて、地球人の有望な若者を発掘しては着想の芽を蒔いていた。


はたしてこの女性は赤い服を来た金髪碧眼の14歳の少女だったのだろうか?


そしてスピルバーグもそれを知っていた(のでは)?



俺の謎は尽きない。








e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-01-31 12:52 | ミステリー

「インフルエンザの流行サイクルと厄年 」:4年周期と12年周期があるようだ!?   

インフルエンザ・ウィルス
a0348309_1037351.jpg



みなさん、こんにちは。

そういえば今年はインフルエンザの当たり年。

2005年の旧doblogにこんなことを書いていた。

2005/12/30のBlog

これを2009-11-19 10:48に再掲したのがこれだった。
インフルエンザの流行サイクルと厄年


自己組織化する宇宙
a0348309_103489.gif


373ページにある図35
a0348309_1040794.png


この本の中で、インフルエンザのウィルスのサイクルの研究の話がある。が、これはいまだほとんど一般的に知られていない。ましてや我が国の医者が知っているようには見えない。

実はインフルエンザ・ウィルスはほぼ69年〜70年周期で一周するのである。


さて、今年のインフルエンザは「何型」か?

というと、どうやらこれであるという。
インフルエンザ特集2018 / 2019 流行と予防接種について

『シンガポールA型/H1N1』と『香港A型/H3N2』
のA型2種類と、
『プーケットB型(山形系統)』と『テキサスB型(ビクトリア系統)』
のB型2種類の合計4種類の流行が予想されています。


インフルエンザの流行と歴史


上の昔の話にその後の新型インフルとかを入れるととこんなこんな感じか?


    1933, 2003(新型鳥インフル=H5N1亜型)     
       A0→→→→→A1 1946、 2019
        ↑      ↓ 2009(新型インフル=シンガポール風邪=A/H1N1)
        ↑      ↓
  1918 A5     A2 1889、1957(*アジア風邪=A/H2N2)
(スペイン風邪 ↑      ↓
 =A/H1N1)  ↑      ↓
       A4←←←←←A3 1900、1968(香港風邪=A/H3N2)
      1910(*ソ連風邪)
      1978(ブラジル風邪=A/H1N1)



人の一生がせいぜい70年だったというのは、だいたいこの中の型の一つしか経験しない。だから、次やその次の世代でそのかかったインフルエンザの免疫が失われて、また新たに流行が来る。

とまあ、そういう事情らしい。


インフルにかかると、熱があがって苦しいときには寒気がし、汗をかく時は暑くなる。

だから、布団に潜るときと布団を嫌がる時が交互にやってくる。

寒いときは温め、熱いときは熱を下げる。この繰り返しなる。

いずれにせよ、薄めたポカリスウェットのようなものを飲む必要がある。

治り始めると無性に腹が減る。


私もアメリカ留学時代、だいたい1年に一回くらいはインフルエンザにかかった記憶があるが、その都度

これで死んぬんだな

と思ったものだが、3日ほど格闘するうちにすっかり治った。

自分の身体の免疫を信じるほかはない。

いずれにせよ、高熱でがん細胞は死ぬ。

若い頃病弱な人が意外と長生きをするというのも、そのあたりに秘密があるのかもナ。

インフルに負けずに頑張ろう、日本人。


いずれにせよ、
厄年早見表
a0348309_11444987.jpg

を使ってみれば、
”小厄”というのが2--5年周期、
”大厄”というのが12--15年周期
にあるということが分かり、見事な一致を見せる。

私の観点で言い換えれば、
”小厄”とはインフルエンザ・ウィルスAのサブタイプの変化
にさらされることであり、
”大厄”とはサブタイプの基本形の変異にさらされる
ということなのである。
というのはかなり事実に近いのかもしれませんナ。

だいたいオリンピックの周期でウィルスはどんどん変化するわけだ。太陽の寒暖周期で大きく変化する。

インフルに不死身の新人類が誕生するまでそれはつづく。

ヒトラー予言によれば、2039年に新人類が誕生するという。

だいぶ先の話ですナ。




いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-01-31 11:50 | バイオコンスピラシー

「古き良きアメリカ」:これなくして今の日本はなかった!?日本のアメリカの歌!?   

アメリカUSA
a0348309_952787.png



みなさん、こんにちは。

「古き良きアメリカ」

もはやこんな言葉は「死後」、じゃなかった、「死語」になってしまったんだろうか?

ノーバート・ウィーナーの父、レオ・ウィーナーがハーバード大学の正教授になったのが1911年。ユダヤ人初の終身テニュア付きの正教授だった。

あれから、100年。1世紀。

いまやハーバード大の正教授の7〜8割がユダヤ人教授であるという話。

戦後74年。

おそらく、我が国もユダヤ人をニダヤ人ことコリア人系に変えれば、忠実に同じことが起こっているに違いない。


さて、そんなアメリカと日本だが、日本人がアメリカを歌った歌というものがある。ある意味で、「アメリカ礼賛」なのだが、昨年のUSAという歌もそうだ。

そんなものをいくつかYouTubeからメモしておこう。


(あ)ハワイの若大将



(い)浜田省吾アメリカ

ニコモーション
https://www.dailymotion.com/video/x5pvzo5

カラオケ



(う)西城秀樹 ヤングマン YOUNG MAN (Y.M.C.A.)



(え)DA PUMP / U.S.A.





ところで、ノーバート・ウィーナーの父レオ・ウィーナーがなぜ欧州を逃げ出したか?

というと、当時の欧州、特に東欧の退廃的な空気が嫌いだったんだとか?

当時東欧を席巻してのは、モーゼス・メンデルスゾーンという銀行家で、メンデルスゾーン銀行を持っていた。

かのフォン・ノイマンもハンガリーの裕福な銀行家の御曹司だった。

そうしたユダヤ人系は師弟に非常に多言語で文化的な教育を与えた。

よくユダヤ人は、知識や頭脳を持てばそれは誰にも奪えない、というようなことを言うが、それはある意味はカモフラージュであって、実際には東欧、ハンガリー帝国の金融のほぼ完全支配を行い、貧民から見れば退廃的な生活をしていたわけだ。

そういう金まみれの生活が嫌いな人、つまり、自分たちもそうしたかったがそうできなかった人たちがアメリカに流れたのだった。

とまあ、そういうことがわかるわけだ。

それが1900〜1910年頃のアメリカであった。ゴールドラッシュのアメリカである。

そして100年経つと、今度はアメリカ自身がそうなった。

つまり、アメリカの金融の支配層はほぼすべて東欧から渡米したユダヤ人(=偽ユダヤ人)の師弟や子孫となり、いまや昔のハンガリー帝国のような退廃的生活を行うようになったわけだ。


そして、今度はそんなアメリカが嫌いになったユダヤ系が日本やチャイナやコリアに渡った。

そして最初に我が国で1970年代〜80年代の不動産バブルを作り、その後、コリアの不動産バブル、そしていまのチャイナの不動産バブルを生み出した。

そしてそれぞれの国々で退廃的生活を満喫したというわけだ。


古代では、ローマ帝国がそうだった。ローマ時代の元老院の主たるメンバーはユダヤ人であった。それがいわゆるカリギュラの時代、ネオの時代、超絶な退廃的時代を生んだのである。

アメリカの西洋人入植の初期は多くの裕福な欧州ユダヤ人が南部に入植し植民地支配したようだ。これもあまり知られていない。


NWOの時代=退廃的時代

となるのは必然だろう。

コリア人の脳みそがニダヤ脳こと朝鮮脳になっているように、ユダヤ人の脳みそはタルム―ト脳ことユダヤ脳になっているわけだからだ。


その地を食いつぶして別の場所に逃げる。

本人は、好きだから住み、嫌いになったから脱出したと認知する。


これが俺が言うところの「ユダヤ人イナゴ説」である。


日本人のように、その土地で自然と人と共生して生きる。こういう風習はない。


しかしながら、古き良きアメリカには欧州の貧乏人や百姓が住み、キリスト教的な古き良きアメリカも存在した。

おそらく日本人が惹きつけられたものは、そういうアメリカの良い部分である。

これは遣印使、遣唐使、遣隋使、江戸時代の遣欧使、戦後のフルブライト奨学生=遣米使まで続いただろう。

明治時代の遣米使が流布した近現代のアメリカの良さに感銘した人たちが作った戦前の日本の学校教育。それを修正する形で、終戦後に進駐軍のユダヤ人が古き良きアメリカの良さを日本に移植しようとと考え、それに応じてアメリカ型の大学を作り、アメリカ型の教育を行い、現代の我が国日本の学校システムができた。

というわけで、今現在我々が「日本型」というものは、実は「古き良きアメリカ型」に過ぎないのである。アメリカの良い部分と日本の古き良き伝統とが、和魂洋才のように、和魂米才となったわけだ。

だから、いまではこれが日本を代名詞するほどになってきた。


良いものは良い。

こととして、誰もが導入すべきだろう。


「古き良きアメリカ」、これがなかったなら、だれも欧州の教育はあるが貧しい欧州人は米国で成功、つまり、アメリカンドリームを得ることはできなかっただろう。

ましてや、アメリカインディアンの寛容さや親切さや忍耐がなければ、欧州のピューリタンも受け入れられなかっただろう。

しかし現実にはその後やってきて騎兵隊を手に入れたユダヤ系白人の手でインディアンは虐殺させられたのだった。


だから、いまアメリカのユダヤ系がどんどん我が国に日本女性と結婚しハーフ子孫を作る形で入ってきているが、この意味するものはかなり末恐ろしい結末がありそうだ。

インドネシアの東チモールのようなことが起き得るからだ。

彼らが主流になった地方で「独立」を叫びだす。


とまあ、そんな悪夢の時代が来ないことを願いたい。



いやはや、世も末ですナ。






e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-01-31 09:49 | アイラブとてつもない日本

衝撃:政府が「南海トラフ」地震に関して大手企業に極秘文書!   

サーフボード
a0348309_12205061.jpg




みなさん、こんにちは。

さて、次は地震の話。

今朝早朝ここ徳島で地震があった。これである。

2019年1月29日午前3時27分
a0348309_11582515.png

a0348309_11582398.png


私はサッカーを見終わって熟睡中。奥さんが地震だ〜〜といって起こしてくれた。

揺れはそれほどでもなかったが、意外に長かったように思う。

震源地は剣山近辺だろうナア。

ついに安倍晋三こと李晋三の世界のATM外交に日本の神様がお怒りの様子。

いっそ全国にいる半島系を全部消してくれ!

冗談は吉本。


ところで、いま日本政府に不穏の動きがあるんだとか。これである。

政府が「南海トラフ」地震に関して大手企業に極秘文書!
a0348309_127279.jpg


要するに、日本政府が日本の企業群に

「近々南海トラフ地震が来そうだから、対処各自よろしくお願い=自己防衛せよ」

というお達し(通達)あるいは指令、あるいは連絡が入った模様である。


要するに、NWOシオニストのお偉方が我が国に南海沖に核爆弾仕込んで人工地震兵器で攻撃するかもしれないという警告である。

この目的はアベノミクス、黒田マネーつぶし。

要するに、日本で一番リッチな地方、愛知名古屋のトヨタを破滅させることだろう。東海地方を潰す。

豊田の人たちは高台に逃げよ。逃げて〜〜愛知の人たち!

ということかもナ。

東日本は潰されたわけだから、今度は西日本を潰そうとかかる。



ところで、最近私はついに日本のどの場所で地震が起きそうかというローカルな情報を得ることにほぼ成功しつつある。

が、これについての詳細はここにはメモしない。

というのもそれをメモするとすぐにキンタマンのような連中が真似して騒ぐうちに大事なものが潰されてしまうからである。

これまで何度もそういうことがあった。

このことから判断して金玉蔵はあっち側のエージェントではないかと見ているんですナ。

まあ、俺にはどうでもいいがヨ。


もし大きなやつが来そうだという場合にはもちろんここにメモするからご心配なく。


いずれにせよ、いまのところ我が国に巨大地震の兆候はない。せいぜいあっても震度4前後である。


俺も地震大津波をサーフするために、サーフボードの中古でも買っておくか?



いやはや、世も末ですナ。



おまけ:
宏観現象のひとつ、深海魚のうちあげ、捕獲。これでクジラやイルカの大量死が来たら危険ですナ。
「幻の深海魚」標本公開 日本周辺の海で発見相次ぐ
a0348309_18155870.jpg

昨年12月に江の島の定置網にかかったリュウグウノツカイ(提供・新江ノ島水族館)




e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-01-29 12:26 | 地震・地震予知・噴火

森保ジャパン準決勝で強豪イランに快勝!:見えてきたか?風林火山のサムライサッカー!?   

風林火山
a0348309_11292517.png



みなさん、こんにちは。

昨夜の日本ーイラン戦はなかなかおもしろい試合だった。アジアの強豪イランがどうしても勝ちたいという焦りがある中、日本代表の森保ジャパンは冷静に試合を戦った。その差が3−0という思わぬ大差で勝利となった。これである。

Highlights: IR Iran 0-3 Japan (AFC Asian Cup UAE 2019: Semi-Finals)

日本代表、「アジア最強」イランを完全撃破!決勝進出が決定 2019 HD


1点目→南野から大迫のヘッド
a0348309_1138224.png

2点目→PK大迫
a0348309_11382521.png

3点目→原口独走
a0348309_11382955.png


それにしても3点目をとった原口元気選手は、大阪なおみの影響でも受けたのかナ?

ちょっとにわかには信じがたいコメントを残したようだ。

原口元気ダメ押し弾「メンタル的に成長できた」

成長を遂げた。この日は
「あまり攻撃に絡めていなかった」。
それでも諦めずに仕掛け続けた結果の1点。
昔なら前半今日みたいに攻撃に絡めなかったらイライラしちゃっていたけど(最後まで)冷静でいることができた。メンタル的に成長できた」。
大人な原口を一発で示して見せた。


きっと大坂なおみ選手の話題で持ちきりだったか、テニスの決勝を見ていたのかもナア。

謎である。

反骨精神、反逆精神満載の原口元気選手すら影響を与えてしまう。

とすれば、大坂なおみ選手恐るべし。

大坂選手のチーム大坂なおみのトレーナーは、

アメフトのNFL選手の俊敏さ、短距離走者のスピード、サッカー選手の持久力
を併せ持った選手を目指す


といって過酷な練習を飽きさせずに楽しく行ったようだ。

なんとなく昔のカシアス・クレイことモハメッド・アリの

蝶のように舞い、蜂のように刺す

と似た響きがありますナ。

我が方にも武田信玄の「風林火山」がある。

疾如風=疾(はや)きこと風の如く
徐如林=徐(しず)かなること林の如く
侵掠如火=侵掠(しんりゃく)すること火の如く
不動如山=動かざること山の如し


これぞ「孫子の兵法」の奥義であるという。

「故其疾如風、其徐如林、侵掠如火、難知如陰、不動如山、動如雷霆。」

故に其の疾きこと風の如く、其の徐(しず)かなること林の如く、侵掠(しんりゃく)すること火の如く、知りがたきこと陰の如く、動かざること山の如く、動くこと雷霆(らいてい)の如し

現代語訳

だから、
移動するときは風のように速く、
陣容は林のように静かに敵方の近くでも見破られにくく、
攻撃するのは火のように勢いに乗じて、
どのような動きに出るか判らない雰囲気は陰のように、
敵方の奇策、陽動戦術に惑わされず
陣形を崩さないのは山のように、
攻撃の発端は敵の無策、
想定外を突いて雷のように
敵方を混乱させながら実行されるべきである



というようなわけで、昨夜のイラン戦は、まさにこの風林火山の鉄則にかなり近づいたのではなかろうか?

ロシアW杯のベルギー戦、これとちょうど逆のような試合だったと言えるだろう。

問題は、ベルギー戦で学んだこと、それは柔の鉄則であった。

勝つと思うな、思えばまけよ!

本田圭佑がこのコーナキックで勝てると思って蹴った瞬間に9秒の逆襲が待っていた。

勝ったと思ったから、反応が鈍かったのである。


昨夜の相手のイランは勝つという意識が強すぎた結果、空振りした。シュートはことごとく力んで宇宙開発となった。


やはりあるレベルを超えたら、あとは心の持ちようの問題になる。気持ちの問題である。勝つということを実現するための勝利への執念は必要だが、現場では勝つ、勝ちを意識しすぎると、大阪なおみの第二セットのような結果になる。昨夜のイランのような結果になるわけですナ。


このあたりが一番難しいものである。


果たして決勝はいかに?


いずれにせよ、日本サッカーの一つの形は、俺はもうだいぶ昔からdoblog時代からメモしてきたように、サムライサッカー=風林火山のサッカーであると思う。
サムライサッカーを目指せ!

高度なテクニック、身体の敏捷性、頭脳の回転の速さ、戦略的知性、諦めない気持ち、走り負けないタフさ、怪我を恐れず戦う勇気、相手に名前負けしない。

こういうふうに、決して有名国のサッカーのマネをするのではなく、自分たちに足りない部分を大坂なおみ選手のトレーニングのように補強してより完璧なサッカーを作り上げる。

これが一番大事なことなんではないかナ。

その結果がなでしこJAPANであり、未来のW杯優勝の日本代表だろう。

ないものねだりするのではなく、自分にそれを備わるように鍛え上げる。


これは我が国の経済、我が国の政治、我が国の教育などすべてにも当てはまるだろう。

いみじくもブラジルのドゥンガが言ったように、

サッカーは文明論なのだ!



おめでとう森保ジャパン!

頑張れ日本!

優勝祈願していますヨ!


いずれにせよ、大坂なおみ選手の豪州オープン優勝、世界ランク1位は、さまざまな形で日本の若者たちに良い影響を与えつつあるのではないかナ?

それは何年後かに証明されるだろう。






e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-01-29 11:41 | サッカー日本代表

祝「ぼっちゃん高校」120年目で甲子園出場!:ここ阿南の富岡西が120年目の甲子園!   

みなさん、こんにちは。

今回はここ徳島阿南の話をメモしておこう。というのも、地元の公立高校の富岡西高校の野球部がなんと

120年目の甲子園

120年めにして初の甲子園出場を決めた!からである。

富岡西(徳島)初の甲子園 
創部120年 センバツ21世紀枠

a0348309_9523218.png



この富岡西高校は徳島で二番目にできた旧制中学校で、最初が徳島尋常中学校第一分校(後の脇町中学、現高校)、その次が徳島尋常中学校第ニ分校(後の富岡西中学、現高校)であった。

その古さは、あの夏目漱石の坊っちゃんの時代、夏目漱石の「坊っちゃん」のモデルになった教師がこの富岡西高へ赴任したことからわかる。

その当時からその「坊っちゃん」先生のモデルが好んだうどんが、阿南の「ぼっちゃんうどん」である。
坊っちゃんが「坊っちゃんそば」を食べる!:坊っちゃんのモデル弘中又一が通った福助

では、そのモデルはいたのか?

というと、それが、弘中又一という、漱石の親友であった。この人である。

弘中又一
a0348309_9575633.jpg



【略歴を説明しよう】・・・

1873年(明治6年)  夜市(やじ)川の上流に広がるのどかな湯野温泉・山口県都濃郡湯野村第287番地で、
父・弘中伊亮、母・タメの長男として生まれる。
萩藩の重臣・堅田 就政 の旧家臣の家に生まれ、地元の湯野小学校に入学する。
高学年になると、桜田小学校(現在の 戸田小学校)の中等科を卒業。
1890年(明治23年) 京都の同志社普通学校(現在の同志社大学)に入学。
私塾時代の漢文の先生が京都に住居を構えたことから、 慕って京都の学校へ進学した、という説がある。
1894年(明治27年) 同志社普通学校を卒業。柳井小学校代用教員となる。
1895年(明治28年) 5月に、愛媛県松山尋常中学校の英語の教師に赴任する。
そこで、夏目金之助、後の夏目漱石と職場を共にする。
1896年(明治29年) 愛媛尋常中学校東予分校に転任し、その年に徳島県尋常中学校第二分校に転任する。
1900年(明治33年) 埼玉県尋常中学校第二分校(旧制熊谷中学時代)に着任する。
1912年(明治45年) 同志社中学校に転任する。
1932年(昭和7年)  同志社中学校を退職する。
1938年(昭和13年) 8月6日、京都に住んで数学などの研究をされていましたが、死去する。


というのも、この弘中の赴任は、その徳島県下で二個目にできたばかりの尋常中学校の新任として学校の立ち上げに貢献することだったのである。

時は、1896年。

以来幾多の戦争を超えて、県下の俊雄、秀才たちがこの尋常中学校に集まった。

その後、戦前の富岡西中学、そして戦後の富岡西高校へと変化した。

今現在徳島の中高年のリーダーの大半はこの富西出身である。

しかしながら、県下随一の進学校であったがゆえに、甲子園どころか、サッカーの選手権の出場もなかったのである。

ところが、高度成長期のあたりに阿南にもう一つの進学校が登場した。

富岡東高である。

ここは最初は男子校の富西、女子校の富東として誕生した学校だったが、どういうわけか、徳島県教育委員会と阿南市教育委員会がことごとく伝統の富西を弱体化させ、新興の富東に肩入れし、後発の富東が進学校の地位を奪い取った。

数年前、それに業を煮やした富西は中高一環教育への舵をとったが、その最初の発案者の富西が後から名乗りを上げた富東にその計画を乗っ取られてしまったのである。

以来、富東こと富岡東高が中高一環のナンバーワンの進学校になり、伝統の富岡西がナンバー2の辛酸をなめてきた。いまや逆に女子が多いのが富西になり、いまでは女子学生の方が男子学生より多くなる始末である。つまり、女子高化していると聞く。

ところが、女子高化するということは、ある意味では、商業高校化するというようなものだから、男子の場合も勉強よりスポーツが得意というものが増える傾向にあるわけだ。

どうやらそれが幸いし、野球の上手な選手が増えたようである。


また、10年ほど前に新市長が誕生し、その市長さん、サッカーより野球が大好きで、とにかく野球に力を入れ、それまでは、青色発光ダイオードの街「ひかりの阿南」だったものが、いつの間にかトップレベルの野球場までつくり、合宿所やトレーニンルームまで完備させ、いまや「野球の街阿南」に唯我独尊してしまったのである。

だから、いまや市内のいたるところでキャッチボールはしている子供はみるが、ボールを蹴る子どもたちは見なくなってしまったのである。

この市長ができる前、我が家は私が自分の息子たちを幼稚園時代からすこしずつサッカーボールを蹴らせて、いつの日かここ阿南で県優勝を目指して、

県南サッカーに革命を!

のスローガンでやってきて、コーチとして阿南高専、息子たちのサッカー部の父兄として、阿南中学、富岡西、富岡東のサッカー部と関わり、ついに

阿南高専初の全国高専大会ベスト8

富西戦後初のベスト8

富東戦後初の準優勝


までこぎつけ、なんとか県南サッカーの灯火を灯したのだった。

が、それもついにこの市長により消し飛んだのであった。

富西、富東ともに出ると負けの一回戦ボーイになった。


が、しかし逆に野球は盛り返したというわけだ。


まあ、日本全国で唯一いまだ公立高校しか、甲子園出場とサッカーの選手権に出場のない県というのがここ徳島県である。私立高校より、公立高校の方が強い県。

最後の砦である。


言い換えれば、いまだに地元の子どもたちが普通に学区で通い、そこで鍛え、学び、そこで強くなる。たいした環境でもないのに、創意工夫で頑張る。こういう高校が甲子園に出るのは意味がある。

大阪桐蔭とか、青森山田とか、東福岡とか、こういう高校とは正反対の純日本的スタイルのごく普通の高校である。


だから、言い換えれば、

地産地消

の高校である。

地産地消でも努力すれば全国に行ける。進学校でも、公立校でも甲子園に出られる。


こういう例はすばらしい。


頑張れ、富西。


俺も息子のサッカーの練習試合のときには何度も富西のグランドに行ったものだ。

ちなみに、我妻も富西出身。デフテックのシェンの義理の母も富西出身。私の息子の長男も富西、次男が富東。

まさに地産地消である。

まあ、トレンドとしては最高の学校へ行くというも一つの方法だろうが、地方が衰退しないためには、やはり地産地消で発展させるということが大事であろう。さもなくば、ゆくゆくは地方が外人師弟だらけになる。あるいは、廃校になる。

ちなみに「ブラック学校」なんていうのはまやかしである。「生徒が多すぎて〜〜〜」というのは都市部の話であって、地方はどんどん廃校か合併である。

この富西、富東も奥さんの時代の半分の生徒数しかない。だから、教室が空く。

なぜ先生が忙しくなったか?これについてはまたいつか?


おめでとう、富西野球部!

まずは甲子園1勝初戦突破を目指せ!

頑張れ、富西野球部!

ちなみに、富岡西の学校カラーは早稲田色=ベージュ=茶色である。







e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-01-28 10:35 | 阿南&徳島

ZPower論文「フラックスジェネレータ」の翻訳2:「なんと日本政府がこの新技術を妨害した!?」   

(つづき)

◯プロトタイプテストに成功

シュワルツ博士は彼自身のフィリピンの家を持っていましたが、最初の試作品はうまく組み立てられ、テストされました。彼の最初の試作品はそこに合計16種類のフラックスジェネレータプレートコンテナのための特別なボートプレートを作りました。発電機の異なるプレートを接続するための銅とグラスファイバーのケーブルハーネスは、彼ら自身の工房に準備されたケーブルチャンネルセットに取り付けられていた。その後、対応する容器当たり10個のプラチナをプレキシ密閉ガラスベルでブラケットおよび全体の配置を挿入した。

次にテストしました:ゴム輪が本当に気密であるかどうかを調べた。その後、内部を0.1バール(1.5psi)の圧力の特別な不活性ガスでバルブを介して満たした。テストが正常に完了すると、最初のデバイスはアクティブ化の準備が整いました。出力DC電力は10 kW〜18 kWの範囲内にする必要があります。

それでもまだどの出力電力が利用可能になるか正確に指定できなかった理由は、新しく使用された左利きの資料によるものです。この特別な材料では、パフォーマンスは最大8倍まで向上するかもしれません。新しい材料を備えたデバイスが正常に機能するとすぐに、以前のデバイスがそれに応じて再構築されます。新しい材料を備えたデバイスが正常に機能するとすぐに、以前のデバイスがそれに応じて再構築されます。これらは時間の経過とともに干渉を非常に受けやすくなり、メンテナンスは非常に面倒で時間がかかることが証明されていました。

新しく設計されたフラックスジェネレータプレートはメンテナンスなしで数年間続くはずです。将来の開発でも、モジュールの以前のパネルは新しいバージョンに簡単に置き換えることができます。周波数発生器のスイッチを切った後は、容器を常圧下に置き、プレキシグラス製フードを取り外し、対応するプレートを交換するだけです。新しいパネルの厚さが以前のものと同じであれば、これは問題になりません。そうでなければ、もちろん、プレートピックアップを交換する必要があります。その後、プレキシグラス製フードのシールリングを再び漏れ試験にかけたユニットに交換します。最後にまた0.1バール以下の不活性ガスを供給します。周波数発生器を再起動した後、新しいプレートを装備した装置をエネルギーシステム全体のサイクルに再接続できます。


◯素晴らしいアップデートです

その後、Sterling D. Allanは、2014年5月にこの開発[9]でも素晴らしい更新をあきらめました。
「何年も経った今、私はJames B. Schwartz博士から電話を受けました。 彼は私の以前の情報を修正した。 割れ目デバイスが機能していました。それは実際に60000デバイスされています!あなたはその時にもそれを持っているでしょう。5 kWシステム構築。電話では、それ以来彼と彼のチームは非常に活発であり、驚くべき進歩を遂げたという印象を受けました。しかし、彼の経験のために、彼は黙って仕事をすることを好みました。しかし、彼は私にここで多くを報告する許可を与えました。」


写真7
内側の4枚のアルミプレートにそれぞれ設けられた25×10.5 cmのノッチの図。これらのパネルのそれぞれはまた6つのスロットの6つの縦および4つの横のグループ(上部の黒い長方形)、合計144の特別な平らなコイルを収容する、持っています。凹部の正確な位置は発生器の機能にとって極めて重要である。
a0348309_8423571.png



彼はスターリングD.アランに彼らが現在家庭用電化製品を高価にし過ぎるだろう特別なインバーターを必要としたので家庭用に適していない磁束発生器の実現に取り組んでいると伝えました。その主な目的は、発電所規模のプラントです。彼らは大きな進歩を遂げたが、すべてが時間がかかります。

彼らは、同じプレート材料が小型の装置と同じようにセラミックで使用する新しい開発に責任があるでしょう。画像では、可視装置はたった0.7 kgしかないであろう、それは800 kW〜1 '200 kWの状態に応じて可能である。
彼は彼が何時間もそれを読んでそして動かしている間彼が彼が装置をいつも作動させていたと言いました。誰かが輸送中にそれを回避することを選択するとすぐに、彼は衛星電話からデバイスの自己破壊への切り替えサークルを使用します。スーパーキャパシターに蓄えられた電荷は、Deviceが再びプッシュするべきであり、それが1ヶ月以上動作してはならないはずです。電気回路は、2つの隣接する装置間のフィードバックを防ぎます。そうでなければあなたは2つのデバイスができませんでした1〜1.5 mの距離で互いに配置します。

彼は2014年5月中旬に彼の電話でスターリング・D・アランにも話した、それはまるでそのデバイスができたかのように、デバイスの近くにあった単三電池または携帯電話の電池が消えたことを発見することがどれほど興味深いかにエネルギーを吸い取る。傾斜スイッチは緊急の場合に装置をオフにするために使用されます。

装置が集められた地球の磁場からエネルギーを放出するので、それはどこでも同じではありません。32の異なるアンテナから選択することにより、ローカル周波数上のデバイスが設定されるように、Circuitで調整の可能性があります。現時点では、セラミックプレートを作動させる5つの異なる周波数が知られています。チームメンバーのLegendは、合計7つの周波数帯があると考えています。グループは、あなたが「良い周波数」と呼ばれるであろう5つだけを見つけた、と彼らは伝えました。

彼は今計画されていることは3つのユニークな特許を適用することであると言いました。内容の結論として、1984年に特許登録済みを報告そして拒絶された。さらにJamesは、約20年後にTim Thrappに戻ってJames M. Robitailleからオープンソースプロジェクトで宣言された1つのQuantum Energy Generatorで実験していると述べた。
引用:
「私のワークショップにはQEGがあります。しかし、私たちは彼に私たちが彼を運転するのに必要とする以上のエネルギーを生産させることはしませんでした。振動はとても強く、テーブル全体が震えました。私たちはQEGを地面に置かなければなりませんでした。QEGの人々が彼らの問題を解決した後にだけ、私たちは後でプロジェクトを取り上げるつもりです。」

手前のDr. medは医学博士の略です。James Schwartzと彼のチームは、今やERR Fluxgeneratorsの開発を終えました。それについてのSterling D. Allanの再度の報告は疑いの余地がありません。

文献:

[1] http: //vdo.micr osnap.in/watch/P2Zo5-CZpWc
[2] http://peswiki.com/index.php/Directory:ERR_Fluxgenerator_by_Noah's_Ark_Research_Foundation
[3] http://www.examiner.com/article/update-on-schwartz-err-fluxgenerator
[4] http://www.examiner.com/About_Examiner
[5] http://de.wikipedia.org/wiki/Metamaterial
[6] http://overunity.com/7842/Selfrunning-3-kWatts-err-unit-powering-3-x-800-watt
lamps /#. vk4oz_I5NVO
[7] see 6, entry 5 July 28, 2009, 01:57:23 PM
[8] http://peswiki.com/index.php/OS:Radiant_Energy_Antenna_System
[9] http://peswiki.com/index.php/Directory:ERR_Fluxgenerator_by_Noah%27s_Ark_Research_Foundation # Inventor: _Dr._James_B._Schwartz


大体以上の内容だが、これを読んで分かる通り、この製品は最初は日本国内で作成されたという。ところが、日本政府がこれを認可せずすべて没収。

つまり、ジャパンハンドラーズの命令を受けたおバカ役人がこの革命的装置をボツにしてしまったのだ!

だれだそいつは???

さて、この装置の肝はなにか?

というと、これは地球の地磁気ゆらぎから発電する装置だということである。おそらく一番周期的なシューマン波と共振させる金属の組み合わせを発見し、それをプレート状の受信機にして、あとはユタのモーリーのようにインバータで周波数変調し、家庭用の50ヘルツか60ヘルツまで落とす。

こんな感じの装置だろう。だから一応交流発電機である。

問題は装置がエネルギーを取り込みすぎて発火する場合があるということらしい。

シュワルツ博士によれば、当時日本政府があれこれいちゃもんつけてこの装置の製造販売を禁止し、没収したようだ。


ところで、この装置の名前が「フラックスジェネレータ」である。スピルバーグのデロリアンのエンジンにも「フラックスキャパシタ」という3つ組があった。

エリック・ドラード博士のフリーエネルギーエンジンもフラックスジェネレータじゃなかったかナ?

だから、どうやらこの辺に未知のフリーエネルギーエンジン開発の鍵がありそうだ。


もし俺が会社作るとすれば、「テスラ・フラックス」なんて良いナア。


いずれにせよ、従来の発電機は、運動からファラデー・テスラモーターによりフラックスを生み出して、そのフラックスの運動から磁気誘導で発電するというシステムである。これに対して、これからのものは、すでにあるフラックス運動から直かに共鳴で発電するシステムということになるだろう。




いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-01-28 09:25 | フリーエネルギー発電

ZPower論文「フラックスジェネレータ」の翻訳1:「なんと日本政府がこの新技術を妨害した!?」   

みなさん、こんにちは。

さてこの週末はグーグル翻訳を使って、ドイツ語から日本語へ、ドイツ語から英語それから日本語へと翻訳して、なんとかDr. James Benjamin Schwartz

ZPowerのフリーエネルギー発電機の発明者と原理とは!?:James Benjamin Schwartz博士だった!

のドイツ語論文:
http://www.borderlands.de/net_pdf/NET0115S14-18.pdf

を読んでいた。

一応、日本語訳を作ったので、それをメモしておこう。以下のものである。

意外だったのは、このシュワルツ博士のZPowerの装置が作成されたのは我が国日本であり、そしてそれを妨害したのが日本政府だったということである。今現在この博士は日本ではなくフィリピンに住んでいる(らしい)。

フラックスジェネレータ

日本からフィリピンへ:
James B. Schwartzのフラックスジェネレータ


自由エネルギーの発明の圧迫されているリストは長い、そしてここで引用したものでこの例はさらに長くなります:しかしそれからストーリーが良くなったには程遠い。

◯エネルギーの革命ソリューション

2011年7月29日に死亡した元NASAの宇宙飛行士および科学者であった、科学者ブライアン・オリアリーは彼の人生を通して表現された発明とその発明を提示された。地球の大国が石油のための戦争の間にそのエネルギーサプリメントが抑制されているのは不公平だと彼は感じました。しかしエネルギーソリューションの革命といつか世界の光を突破する日が来るということを彼は疑いませんでした。それは真空、部屋の外、屋外エネルギーからのエネルギーについてです。しかし、当分の間、宇宙エネルギーはまだ強力な敵:業界および業界の関係者したくない政治部屋のエネルギーが効きます。ブライアン・オライリーは不思議に消えたまたは死んだ発明者たちについて講演を行いました。彼の結論は:私たちの惑星で新エネルギー技術において生活基本的に根本的変革が起きるのは時間の問題だということです。

そのような巻線の例はジェームズ・シュワルツになるためのERRフラックスジェネレータである可能性がある[1]。

◯ジェームズ・シュワルツ博士のERRフラックスジェネレータ

Sterling D. Allanは、2010年12月、彼のウェブサイトでノアの箱舟財団からの発明者James Schwartzの地球の磁場からのエネルギーを収集する特定の材料の応用に基づく、彼が発明した数キロワットのソリッドステートシステムについてに報告しました[2]。彼は
Youtubevideo https://www.youtube.com/watch? v = WFqwY8q-5ZE:explained
で説明を行っていました。

写真1
左側がジェームズ・B・シュワルツの自律型900 W Fluxgenerator、右側が300 W Fluxgenerator。
彼はそれらを2009/2010年に日本で数千個ほど作り出したように。彼ら日本政府に捕らえられた。
a0348309_8362229.png


「片側に固体のアルミニウム層があり、それから補強層が続き、さらにもう1つが6つのくぼみを持つアルミニウム層のある板が3つあります。そこに取り付けられた芯は、層状ビスマス、別の巻線のあるプレート、そして別の状況のビスマス、そして別のプレートの順に続きます。アルミ製なので、パネルはそのままです。このパネルに交流の自己周波数をもつこれらのプレートに自由周波数発生するアクチベーターがあると、ビスマスとアルミニウムの間の運動によって電子を発生します。全体の回路は接地されています。それだけです

それについてのすべて、それを見つけるために地球の適切な周波数です。あなたは検索して見つける必要があります。デバイスは6 kWに設定されています。しかし、現時点では約2.4 kWしかないので、3つの800 Wランプを点灯させます。装置の重量は約19 kgで、プレートと巻線を合わせて約3.6 kgの重さにします。 」


写真2
James B. Schwartz博士がビデオhttps://www.youtube.com/watch?v=WFqwY8q-5ZEで説明しています:
「片側に固体のアルミニウム層があり、それから補強層が続き、さらにもう1つが6つのくぼみを持つアルミニウム層のある板が3つあります」
a0348309_8373479.png



Sterling B. Allanは、当時彼のウェブサイトに、Tom BeardenのMotionless Electromagnetic発電機MEGのような自由エネルギー電磁石発電機に似た、外部電源電圧を接続する必要がないという違いを持つ、医学博士Schwartzのフラックスジェネレーターのことを書きました。彼は特別な回路のある非常に強力な磁石を使いました。それは磁場を結合する新しいハイテクチップでした。彼はまた、グラフェンと呼ばれる極薄グラファイトプレート片を使用しています(p.41のArt。も参照)。


写真3
フラックスジェネレータの発展はそのようなモジュールをインストールすることができます。
サイズは一緒に切り替えることができます。
a0348309_8383488.png



当時日本にいたのは彼だけで、300 Wから900 Wまでで20,000台のデバイスがありました。 しかし、日本政府のために "危険"は没収され破壊されました。本当の理由が安全性のためなのか、それともこれらのテクノロジー特有の利益が集団の邪魔をしているのか、あなたは知りません。実際には、B.シュワルツ博士によると、許可されていない開口部を開けて空気中に接触している装置が原因のようでした。その当時B.シュワルツ博士は日本にいましたが、フィリピンに戻りました。


◯世界のオンラインレポート

その1年前の2009年9月4日に、医学博士James B. Schwartzさんのセンセーショナルな発明に関するオンラインレポート「審査官」がその旨を伝えました。またスターリング D.アランは、シュワルツ博士が8月16日に送った電子メールからそこに抜粋を出しました[3]。我々自身のデータによると、このメッセージの後、米国の約2千万人の読者がこのようにして達成された発明を知らされたのです[4]。


Sterling D. Allanは、これらのsemオンラインニュースサービスで、彼が2009年8月27日に医学博士Schwartzと述べたことを説明しています。 彼は詳細な会話を導くことができました。そして彼はそれからの抜粋を公表する許可を得ました。その当時、シュワルツ博士は、外部の投資家は必要としていませんでしたが、彼自身の研究は自身の財源から行っていました。彼は金持ちになるのも気分が悪い。彼は世界の革命的な技術がそれらが連続生産の準備ができたとすぐに提供することを望みました。確かに、セキュリティやデバイスの安定性など、まだ解決すべき質問がいくつかあります。それが彼がこの技術の詳細から、誰もが利用できるようにするための「オープンソース」であると見る理由です。それで彼はそれが例えば装置を加熱するために置かれるセメントの床の製造鉄筋であるように思われることを発見した。もちろん、これはつながる可能性があります。したがって、彼は強化する鉄ではなく、例えばガラス繊維棒を使用することをお勧めします。

ビスマスプレートは、製造するのがそれほど容易ではないが、製造され得る相互溶融のフラットプレスによって得られなければなりません。磁気コイルを収容するために角がとられたアルミニウム板にはマグネシウムが含まれていますが、これは加工における特別な対策が必要とするものです。特殊密度は、いわゆる左手用の素材からなる磁気コイルのコア素材でもあります。指定されたメタマテリアル[5]になるために、それらの電気的および磁気的材料定数εrとμrの負値を受け入れることができます。電場強度および磁場強度についての関連する波数ベクトルは、そのようなメタマテリアルにおいて左手系の三組を形成する。

James Schwartz博士が強調しているようにプレートは空気の下に置いておく必要があります。酸素を通した各漏出侵入すると危険です。その物質は突然発火し、火災を引き起こす可能性がある。装置内のスパークは、外気中のオゾン含有量が高すぎると発生する可能性があることはすでに述べた。雷雨の中でも気象条件は特別な注意を払う必要があります。出力電力は、デバイスが配置されている緯度によっても異なります。赤道から北または南の緯度になればなるほど、ますます利用可能な電力が下がります。これが発明者がその製品が地球磁場(静磁場の主要の構成要素は赤道の2倍ほど極地では強いにもかかわらず)からのエネルギーを取り出すことを疑うもう一つの理由なのです。基本的に、シュワルツ博士はそれがその技術にとり大量生産の前の最初の数年の厳しい性能試験であることを示しました。


写真4
それぞれ10 kWの4 x 4個の単一発電機で構成され、160 kWの合計出力を供給する磁束発電機システムの概念。
a0348309_1493545.png




Sterling D. Allanとの電話での会話の中で彼はSchwartz博士が30年以上電気磁気の分野の研究を続けていると語った。彼が最初の概念的なERRプロトタイプを作り出したのは17年前1992年だったでしょう。これは合板のケースから二本だけがあるものでした。1993年に彼の最初のビデオwww.overunity.comを記録しましたたくさんの人が、この映画の環境を通して、この発明にすなわちフラックスジェネレータの進化に興味を持ってくるのを見ました。このようなモジュールは、取り付けサイズを一緒に切り替えることができます[6]。 どのような状況でこの映画は秘密にされていたが、インターネットに届いたが、彼はいまだに謎めいている。

どのような状況で、この映画は秘密にされていたのですが、今日まで謎です。

ジェームズシュワルツ博士が技術特許権を持っているかどうかを尋ねると、彼はそれをするつもりはないと言いました。彼はまたライセンスや技術を売りに出すつもりもありません。彼が1984年に彼の技術の基礎の特許を申請したいと思ったとき、特許庁は同封の文書を含む非常に複雑な手紙を持っています(1952年のUSコードの第35章、セクション181-188)。その中で彼は、彼の発明が無許可で解放されれば、国家規模で安全保障に影響を及ぼし得ることを明らかにした。Beigenauemによる書簡と特許庁の書類は、特許メッセージが彼にとってはあまりにも危険になりすぎることが明らかになりました。


◯ウェブサイト上の追加情報

ジェームズ・B・シュワルツ博士とのスターリング・D・アランのインタビューのちょうど1ヵ月前に、ウェブサイトwww.overunity.comの運営者であるDipl.Stefan Hartmannが、ある作品について次のように述べています。
シュワルツ博士から6月28日に情報を得た仕事についてリポートビデオについて、彼はその後2009年7月に公開し、発明者が彼に伝えたいくつかの重要な詳細の発明者の許可を持っているだろう[7]。

Schwartz博士は何年も前にある種の新しい材料を試したことがあります。これは通常自然に観測される別の方法での磁気前進波(いわゆる “左手系”メタマテリアル)(参考文献[5]を参照してください。)彼は世界中の多くの開発グループがそのような研究に関与していることを知っていました。なくなったブラック博士はそのような材料を自分で作ることに成功しました。光とその他の両方で電磁波は特別な振る舞いをします。懐疑的な物理学者でさえも、これらの奇妙な性質に驚いています。それは彼らができる方法です。例えば航空機などの物体 - 大きな音 ウィキペディア - 周りを操縦するためにオブジェクトの周りに波が届くことで見えないようにします(軍事アプリケーションは非常に興味深いものです)。


写真5
アルミ、ベリリウム、ビスマスのプレートを重ねます。 10個のそのようなスタックはそれぞれ単一の発電機に組み込まれている。そのような4×4の発電機のシステムは完全なシステムを形成します(左の写真を参照)
a0348309_8401783.png



この分野での研究では、左利きの資料は最終的にロシアの理論家V.G.Veselagoの研究に戻ります。その当時、彼はすでにそのような材料を生産する可能性を予測していました。そして、それは通常とは全く異なる方法で環境に反応することができます。その後、2000年に、カリフォルニア州サンディエゴにあるUCSD大学の研究者らがこれを確認し、正式に「左手系」の資料を発表しました。彼らの開発者は、電磁場を通過するにつれて電磁場を左に伝播させることができ、電磁エネルギーの(合成)ベクトルは右に移動しました。光波は通常の材料とは異なる方法で生成されます - 逆ドップラー効果。マサチューセッツ州のMITおよびデラウェア大学でも同様の研究が進行中です。明らかに、この物質を実現することは以前は考えられないと思っていました。Schwartz博士は、「電磁放射受信機」(ERR)に関する彼自身の長年の研究において、完全に確認することができました。物理学者Lawrence Rayburnは、彼が電磁波を使用していたキャッチ用の特別なアンテナのために見つけた左巻きコイルに関しても同様の効果をもたらしました[8]。


◯フラックスジェネレータの構造の詳細

医学博士James B. Schwartzによる財団「アーク研究財団」は、ERRフラックスジェネレータの特殊プレートの構成と配置を構成がわかる写真を作成しました。発電機エネルギーを受け取ることができるようにそれぞれ10 kWの4×4の単一発電機からなり、160 kWの合計出力を供給するフラックス発電機システムの概念。2015年1月/ 2月 アルミ、ベリリウム、ビスマスのプレートを重ねます。10個のそのようなスタックはそれぞれ単一のジェネレータに挿入されて構築されます。4×4のそのようなジェネレータのインストール発電機は完全なシステムを形成します(左の写真を参照)。一連の異なる誘導周波数である、特別な周波数ジェネレータセット。このようにして、電子流が励起され、同時に磁束の場が活性化される。このようにしてエネルギーは解放されますが、理論的解釈はまだ完全には探求できていません。


写真6
J.Schwartz博士によるフラックスジェネレータのスーツケースモデルのプレゼンテーション 。
a0348309_8411089.png



本当の秘密はおそらく発電機で使用される特別な材料です。それはまた、使用されるコイルのワイヤサイズ、巻き数、選択された周波数、および周波数が時間の経過とともに変化する方法にも依存する。一連の組み合わせで人工的な電気を作ることが可能になります。

計画中の160 kWプラントから詳細な構造図があります。しかし、発明者はそれらを間違った手に渡る可能性があるので公開したくありません。ただし、これらの図面にはデバイスの機能に関する詳細が記載されているため、他の研究グループがこのデバイスを使用することはほとんどありません。技術を完全にコピーすることができます。

大きなプロトタイプが誤った手段を構築したときだけ、与えられた鉱工業生産に対して長い間テストされることが、必要条件になります。偉大な成果のためには、おそらくまだ観察されていない現象が小さなラボの試作品で発生する可能性があります。

ERRフラックスジェネレータの標準バージョンは10kWの出力用に設計されており、電気を供給することでそれを使ってより大きな1つの家を簡単に行うことができます。必要ならば、他のそのような局もまた切り替えられるべきです。大規模な住宅団地や産業環境ではそれ以上のジェネレータがなければ互いに結合することが可能です。



◯プロトタイプテストに成功

シュワルツ博士は彼自身のフィリピンの家を持っていましたが、最初の試作品はうまく組み立てられ、テストされました。彼の最初の試作品はそこに合計16種類のフラックスジェネレータプレートコンテナのための特別なボートプレートを作りました。発電機の異なるプレートを接続するための銅とグラスファイバーのケーブルハーネスは、彼ら自身の工房に準備されたケーブルチャンネルセットに取り付けられていた。その後、対応する容器当たり10個のプラチナをプレキシ密閉ガラスベルでブラケットおよび全体の配置を挿入した。

次にテストしました:ゴム輪が本当に気密であるかどうかを調べた。その後、内部を0.1バール(1.5psi)の圧力の特別な不活性ガスでバルブを介して満たした。テストが正常に完了すると、最初のデバイスはアクティブ化の準備が整いました。出力DC電力は10 kW〜18 kWの範囲内にする必要があります。

それでもまだどの出力電力が利用可能になるか正確に指定できなかった理由は、新しく使用された左利きの資料によるものです。この特別な材料では、パフォーマンスは最大8倍まで向上するかもしれません。新しい材料を備えたデバイスが正常に機能するとすぐに、以前のデバイスがそれに応じて再構築されます。新しい材料を備えたデバイスが正常に機能するとすぐに、以前のデバイスがそれに応じて再構築されます。これらは時間の経過とともに干渉を非常に受けやすくなり、メンテナンスは非常に面倒で時間がかかることが証明されていました。

新しく設計されたフラックスジェネレータプレートはメンテナンスなしで数年間続くはずです。将来の開発でも、モジュールの以前のパネルは新しいバージョンに簡単に置き換えることができます。周波数発生器のスイッチを切った後は、容器を常圧下に置き、プレキシグラス製フードを取り外し、対応するプレートを交換するだけです。新しいパネルの厚さが以前のものと同じであれば、これは問題になりません。そうでなければ、もちろん、プレートピックアップを交換する必要があります。その後、プレキシグラス製フードのシールリングを再び漏れ試験にかけたユニットに交換します。最後にまた0.1バール以下の不活性ガスを供給します。周波数発生器を再起動した後、新しいプレートを装備した装置をエネルギーシステム全体のサイクルに再接続できます。


(つづく)



e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-01-28 09:23 | フリーエネルギー発電

Q「竹中平蔵のバックはなんですか?」→A「創価学会です!(キリっ)」   

みなさん、こんにちは。

いや〜〜さっき偶然に見つけてしまった、というより、見てしまった、Q&A。これが結構面白いのでここにもメモしておこう。以下のものである。

竹中平蔵のバックはなんですか?
a0348309_10204033.jpg
ずばり北朝鮮ですナ。)

air********さん

2011/10/1417:24:10

竹中平蔵のバックはなんですか?

アメリカでしょうか、財界でしょうか、それともそれ以外でしょうか。


ベストアンサーに選ばれた回答

lom********さん

もしバックがいるとしたら日米問わず「銀行」だと思います。

彼やそれ以外の新自由主義者の論調はほとんど銀行目線での話です。みんな気付いていませんが、もし賄賂を渡そうと思えば銀行自身はいくらでも隠し口座を作れるので絶対に誰にもばれません。

もしいないとすれば、彼の「プライド」がそうさせるのでしょう。自分の今まで言ってきたことを否定されるのが嫌で意地になってるということも考えられます。あるいは彼の「理想とする経済社会」がそもそも私達の「理想とする経済社会」と全く異なっているので、話が常に噛み合わないのかも知れません。

「自由競争」って聞こえはいいですが、経済のゲーム化です。我々が経済政策を「どう食っていくか」の目線で見ているのに対し、彼は「どう勝つか」の目線で見ています。当然、ランキング化しやすい「数値」でどう勝つかの話です。

私はむしろ、バックに何かいてほしいと願いますね。なぜなら、彼の行ってきた「構造改革」とやらが、ただ単に竹中平蔵と言う一個人のそういった「歪んだ愛国心」のために行われたものであるとしたら、そんなもののために犠牲になってきた(あるいはこれから犠牲になりつつある)産業や労働者があまりに不憫でならないからです。


この中に「ベストアンサー以外の回答」というものがあって、これだった。

小泉純一郎政権時代に竹中平蔵の“金融・経済政策”のブレーン・木村剛が逮捕される!!

小泉純一郎が総理で、竹中平蔵が金融・経済財政相だった時、中小企業向けの無担保融資を行う「日本振興銀行」を設立した

木村剛
a0348309_10184259.jpg
やはりキムさんですか?

が警視庁捜査2課によって逮捕された。
ここにきて、小泉内閣時代のいい加減な金融・経済政策がボロボロと出始めてきた。

木村の逮捕容疑は、金融庁が立ち入り検査の際に、業務上のメールを削除したこと。要は、検査を妨害したことによる「銀行法違反」の容疑だ。破たんした商工ローンの大手「SFCG」との債権取引や、融資先に関するメールだったそうだが、よほど知られたくないメールだったのだろう。もしかしたら、この削除したメールが何だったのか内容が解明されたら、木村の容疑は、さらに広がる可能性だってあり得る。

逮捕された木村は、東京大学経済学部を卒業後、日銀の入行したエリート。小泉内閣時代の02年、金融庁顧問なんか就任して、テレビにも出まくっていた。小泉なんていうのは、たいしたこともやっていないのに、お調子者で、単なるイメージだけで国民から高い支持を得ていた。そういった中で竹中平蔵が金融・経済財政相になってからは、竹中の側近中の側近として偉そうにブイブイしていたが、その時に金融・経済対策として設立したのが中小企業向けに無担保で融資を行う「日本振興銀行」だった。

木村と東京青年会議所の有志らの呼びかけで04年に設立した同銀行は当時、小泉内閣の“目玉”とか言われ、注目を集めた。木村は、日銀のエリートだったためか、竹中なんかから“金融通”とか“経済通”なんて言われ、連日、テレビにも出まくっていた。よく、田原総一朗が司会を務めていたテレビ朝日「サンデープロジェクト」に出演して偉そうなことを豪語していた。田原も、木村を思いっきり持ち上げていた。それが、設立から6年経ったら、このザマ、逮捕である。要するに、小泉内閣時代に竹中が行っていた金融・経済政策なんていうのは、ある意味で「ペテン政策」の愚策だったことになる。似たようなことは、追加融資ばかりしている石原慎太郎肝いりの「新銀行東京」なんかにも言えることだが…。

いずれにしても、日本振興銀行は、経営陣の内紛なんかもあって、赤字に転落していた。連結決算の純損益は51億円もの赤字になっていたという。木村は社長、会長を務めていたが、今年5月には経営責任をとって会長を辞任していたが、辞任すればいいというものではない。

早い話が、国民の人気に支えられてきた小泉政権なんて、過去を振り返ったら、「国民から支持を得ている」なんて持ち上げられていたが、実際にはメチャクチャなことばかりしていたということになる。で、その時代の愚策が今になってボディブローとして効きはじめてきた。ところが今度は、毎週毎週、報じられるメディアの「世論操作」「世論調査」で政治をやっているどころじゃない。もはや国民の顔色ばかりを気にしていてダッチロール状態である。しかも、参議院選と言ったら、単なる野球バカで元歌手の岡村孝子の亭主でしかなかった石井浩郎とか、「金八」でツッパリ演技しか注目されなかった三原順子が“80年代ブーム”に乗って当選しちゃうほどのレベルの低さなんだから、情けない限りである。

ま、それでも、小泉政権下のいい加減さが少しづつでも暴かれ始めてきたことは「良し」とするしかないが、少なくとも木村をブレーンとか言って担ぎまくっていた

小泉や竹中にも責任はある

はずだ。



竹中平蔵とウッチャンは非常に似てきたナア。

a0348309_10224828.png
a0348309_10225426.jpg


もはやどっちがどっちかわからない。

要するに、ともに在日朝鮮人なんですナ。タレ目だから、たぶん北朝鮮系だろうヨ。


したがって、基本は反日、我が国を無意識のうちか意識的に滅ぼす戦略なんですナ。

NHK紅白歌合戦、内村さん、今後も在日韓国人の星として頑張ってください。 バンザイ

wak********さん

2017/12/3118:04:59

NHK紅白歌合戦、内村さん、今後も在日韓国人の星として頑張ってください。 バンザイ


まあ、犬エッチKことNHKの紅白歌合戦はすでに赤青歌合戦だから、そこらじゅうに偽日本人歌手満載。リアルコリア歌手枠までできてしまった。

いったいどの国の歌謡番組なのかいな?

これが東朝鮮と呼ばれ始めた理由なんですナ。


海底トンネルなんてできたらもう終わりでしょうナア。


対馬の地下の海底トンネル計画の上の土地をコリア人が買い漁れば、その地下をコリア鉄道が侵略する。

すると、北朝鮮から武器持った一般人のフリした屈強な兵士たちが九州に上陸する。

一気に九州は落ちる。

老人ばかりの四国はもっと早く落ちる。


いやはや、

これからはもっと日本人が排除されますよ

って竹中平蔵が言っていたよナア。



いやはや、こんな日が来るとは30年40年前にはだれも予想もしていなかったヨ。
俺も安心してアメリカに留学していたんだけどナ。

ところで、
1つの家にきれい好きと汚い好きが住んでいたら、どっちが得でどっちが損か?

言うまでもなく、きれい好きは自分のしたことばかりか汚い好きのしたことまできれいにしなければ気がすまないから、その分仕事量が増えて忙しくなる。つまり、損になる。逆に、汚い好きは自分がしなくてもしてもらえる分助かる。つまり、得をする。

1つの国に犯罪を嫌うやつと犯罪好きが住んでいたら、どっちが得でどっちが損か?

言うまでもなく、犯罪を嫌うやつは凶悪犯罪に手を染めないから、犯罪好きの格好のターゲットになる。つまり、犯罪を嫌うやつは犯罪を起こすやつの餌食になりやすい。つまり、損をする。逆に、犯罪好きは自分が犯罪のターゲットになることはないから得をする。

つまり、一緒の場所にいいやつと悪いやつがいたら、この日本では圧倒的に悪いやつが有利なのである。

だから、俺は正当防衛で悪いやつを射殺できるように、銃刀法を改革し、自動車免許のようなシステムで、銃所持を認めるような国になるべきだと言っているわけですナ。

悪いことをしたら叱る。

人殺すやつは殺す。

これだ。単純冥界、じゃなかった、単純明快。


いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-01-25 10:45 | 反日・在日の陰謀

ジョーク一発:パロディ「地球星のお話」→俺「これリアリティー満載!?」   

kimi no na wa?


へぼい惑星「地球」=通称「囚人惑星」
a0348309_9494747.jpg



みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif


さて、今日のねずさんこと、小名木善行さんのサイトに「とある惑星のお話」がある。

面白いので、これを

赤丸国→日本国
赤丸人→日本人
空き缶国→韓国=南朝鮮
カリアゲ国→北朝鮮
カリアゲ王→金正恩
自称真んなか国→中華人民共和国
キャンディー国→アメリカ合衆国
花札大統領→トランプ大統領
セドリック問題→瀬取り問題


と射影して、どこかの惑星から地球の話に引き戻してみよう。

パロディ「地球星のお話」

本当はとなりの国などに関わっているヒマは日本国にはありません。
正義と信頼の担い手として、世界の信頼を集める国になって行かなければならないのです。
そのための手術がはじまっています。

多くの日本人が誤解していることですが、38度線での停戦は、トランプ大統領のいるアメリカ合衆国が北朝鮮との間で行ったものです。
この停戦協定に、韓国は関係ありません。
その北朝鮮の金正恩と、トランプ大統領が、来月対談します。
そこで何が話され、次に何が起こるのか。

まずこれから起きることです。
北朝鮮と韓国は合邦することになるでしょう。
目下最大の懸案は、中華人民共和国です。
その中華人民共和国は、先々包囲し、解体していくつかの国に分割して力を削がなければなりません。
それにあたり北朝鮮が巨大軍事国家になることは、アメリカ合衆国からすれば歓迎すべきことです。

そうなると韓国の人々は、いまでこそお腹に虫を飼わないでいることができますが、北朝鮮に吸収されると、国民はみんなお腹に虫を飼うことになります。
韓国の経済が、北朝鮮並に低下するからです。
けれどそれは、彼ら自身が選択したことです。

せっかく戦後に、多額の補助を与え、また韓国の製品を大量に買い付けてあげ、東西冷戦の最前線の国家として、西側の繁栄を示す広告塔として、成長させてあげてきたのです。
国連の事務総長のポストまで与えてあげた。
それはまさに世界の貴賓国待遇でもあったわけです。

ところが何を履き違えたか、自分たちの力で繁栄したのだと勘違いし、先進諸国の知的財産権をパクって安値で売るという馬鹿げたことを繰り返し、挙句の果てが嘘つき泥棒を国是とする国になってしまった。
そして自分たちで、北朝鮮側に寝返ることを選択してしまった。

それならそれで、目下最大の懸案は、中華人民共和国なのです。
韓国には、アメリカ合衆国の軍事基地があります。
問題は、合邦したとき、その基地をどうするかです。
軍事基地が保持されるだけでなく、合邦したならしたで、現在北朝鮮となっているエリアにも、米国軍事基地を置きたい。
さらにアメリカ合衆国の原発を置きたい。
なぜかですって?
原発は原爆だからです。

ちなみに核の廃棄問題というのは、表向きです。
実際の所、廃棄したかどうかまで調査することはきわめて困難です。
簡単なのは、むしろ北朝鮮の国内にアメリカ合衆国の核を置いてしまうこと。
これ以上の抑止力はありません。
その条件を飲むなら、北朝鮮による韓国の吸収を承認しまっせという会議が、来月だとか。

アメリカ合衆国は、台湾に軍を上陸させ、フィリピン基地も拡大しています。
インドとの連携も強化し、ロシアも同じ路線に乗っています。
そして韓国半島がひとつの国に統一され、その国に米国軍事基地があるという状態ができあがると、中華人民共和国は、完全に包囲されます。
同時に経済的な制裁が加わる。
すると中華人民共和国ではベネズエラ並のハイパーインフレが起こり、国は内部から崩壊します。
崩壊したら、小さないくつもの国に分割して、二度と立ち上がれないようにする。

さてこの筋書きの最大のネックは何でしょうか。
実は、日本国の親韓派と呼ばれる人たちです。
彼らが、韓国への援助や補助をし続ける限り、韓国の経済は傾きません。
韓国を北朝鮮に吸収させようとしても、日本国が韓国を支援している限り、それができないのです。

中華人民共和国を追い詰めていくのにあたって、韓国がまったく頼りにならないことは、ベトナム戦争が証明しています。
冷戦時代には、東側と国境を接する韓国の経済を発展させることには意味がありましたが、いまではそれは意味を持ちません。
むしろ、先進諸国が大金を投じて開発した最先端商品を、見事にパクって安価に世界で売られるデメリットの方が深刻です。
韓国は、そろそろ廃棄処分しなければならないのです。

今回、レーダー問題、瀬取り問題で、ようやく日本国の民意も、韓国見放しの方向に向かいました。
そして日本国からは、次々と大手企業も韓国から撤収をはじめています。
この先、日本国は、まず経済でいえば、これまでパクリ国に付け替えていた様々な物品の生産が、再び日本国に戻りますから、未曾有の好景気が到来することになります。
ただし、経済的繁栄のために、国家としての品格を失うと、またたくまに中華人民共和国や韓国同様に転落の道をたどることになります。

東亜の政治軍事情勢を正常化するためには、日本国にがんばってもらわなければならないのです。
解体され、再編された後の東亜の諸国が国際社会で価値ある国となっていくためには、条約や契約を遵守し、互いの信頼関係が構築されていなければなりません。
その良心の発露として、重要な役割を果たさなければならないのが、日本国なのです。

ですから日本国には、となりの国などに関わっているヒマなどありません。
正義と信頼の担い手として、世界の信頼を得る国になって行かなければなりません。

経済大国という言葉がありますが、経済は、もともと「約束を守る」ことで成り立つものです。
約束を守らない国は、世界の経済の敵になってしまうのです。
これは目下の国の規模とは関係ありません。
約束を守ることができる国が、約束を守れない国に、約束を守らせるのが国際政治です。

ですから約束を守る国は繁栄するし、守らない国は自沈するか包囲されて没落します。
日本も同じです。

日本国でも、他所の国のプリンをパクって利益をあげたお店が、いま非難を浴びています。
おそらくは日本人になりすました韓国人のお店なのでしょうが、韓国が崩壊するとき、約束を守れない韓国人が大量に日本国にやってくると、日本国は約束を守らない国に転落します。

これを防ぐために、人がやって来ないようにすること、いまいる韓国人の財産を、韓国の敵国認定によって没収することなどが、これから起こることです。
日本国もまた、いま変わろうとしています。


とまあ、小名木善行さんのパロディーを名詞を付け替えただけだが、妙にリアリティーがでますナ。


はたして、このパロディーパロディーのようにことが進むかどうか?

まあ、俺にはどうでもいいがヨ。


いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-01-25 09:53 | ジョーク一発