人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 52 )   > この月の画像一覧   

The Tongzhou murder, the worst story of the world ever: Please read with great heart pain and tears!   

Hi, Folks!

This time I would like to memo what happened in Tongzhou(通州, Tsushu in Japanese) right before WWII in China.

It was recorded as "Experience story of Mr. S".

The Tongzhou murder, the worst story of the world ever: Please read with great heart pain and tears!_a0348309_162514.jpg
(Asahi shinbun built up the WWII for both sides such as false-flag-operations.)

I partially translated it by using Google translation as follows.

Please read with great heart pain and tears such as Hotaru no
haka.
(Sorry, no hikari but haka)

However, it was what happened at that time and then why Japan had to attack China to save lives of many Japanese there.

It was a history of the beginning of 1934.

(Preceded)

Over time, the atmosphere of the whole town, Tongzhou, which was only pro-Japanese, gradually changed.
I have come to feel something cool about Japan and against Japanese people.
I felt that I could understand somehow the meaning that Mr. T told me not to know that he was Japanese.

And I tried variously thinking why the town of Tsushu(Tongzhou) was so cold for Japan and the Japanese, but I did not understand that it was clear to me.
Choi, Korean people are prolific, and they speak Japanese bad talk and Japanese bad talk to Chinese people.

Koreans who do not know that I am Japanese say that Japan is a bad country to me, and that they make Korea their own territory and enslave them.
And Japan says that this time, we will use China as a territory and slave Chinese.
So we have to drive out the Japanese army and the Japanese from this province.
I say that Japanese troops and the Japanese must all be killed.

I tried to say that I was not thinking so, but I understood that I was Japanese and I shut up and heard what Koreans say.

Mr. T came back there and heard a lot of bad news from Japan from Koreans.
Then, Mr. T said that you are Japanese.
Then the Korean screamed, changing her face color.
I'm a Korean who is not Japanese, but Koreans always say that they will revenge on Japan.
And I talked about the story of a person named Yasune.
Mr. Anjune(安重根) killed a great villain named Ito Hirofumi(Prime Minister Mr. Ito Hirobumi).
We also say that we will kill the Japanese with Chinese and kill the Japanese army.

I couldn't help myself without thinking.
What a scary Korean.
I thought it would be difficult if there were such Koreans.
Mr. T silently listened to this Korean and did not speak until the end.

While this was repeated many times, the air of the town began to change gradually.
But the Japanese army and the Japanese don't know that at all.
I think I have to inform Japanese people about this early, but Mr. T strictly prohibits I from talking with Japanese people.

In my mind, it seemed that things were getting bigger and bigger.
I would like to say "Please be careful" when I meet a Japanese soldier while walking on the road, but the word does not come out by any means.
I make a signal with my eyes, but I cannot communicate with Japanese soldiers.
Only two or three friends of Mr. T know that I am Japanese.
As Japanese soldiers gradually returned to the inland and were transferred to other places, I almost came to know that I was Japanese.

During that time, the army of Pyongyang dong co-government government in Tongzhou has begun to act as if it has changed a bit.
Mostly this army was called the official name of the guards, but the people of the town were called the army.
The guards in this town appeared to be very friendly with the Japanese army, but after the Chiang Kai-shek started fighting with the Communist forces, the Communist army made the Chinese admirable from among the soldiers of this guard party for a while If you say that Chiang Kai-shek is a minion of Japan, there have been people who say whisperly.

From that time on, I was not able to trust the guards people so much.
You will meet Japanese people while walking to the street market.
As I was told by Mr. T, I was trying not to speak too much.
Then, while watching the back view that the Japanese passed, Koreans,
"That's a demon, a murderer,
Those guys
I have to kill it someday. "
Say to the Chinese people.

At first, Chinese people did not listen much to what Koreans say, but when Koreans repeated these things over and over again, there were also some steep things in the faces of Chinese people It has come to flow.
Especially when the guards of the guards came to say the same meaning as this Korean, it seemed that the look of the town had already changed completely.

(Omitted)

Such air became even more intense in 1955.
Then, Japanese forces have been lost in Shanghai, Japanese forces have been lost in Jinan, Japanese forces have been lost in Dezhou, and it has become known that such things as the Chinese army is a big victory.

My feelings towards Japan got worse day by day, and among the Chinese,
"All the Japanese kill, Japanese kill"
Controversy has risen.
In the words I said at that time,
"The Japanese are demons,"
It's China to beat the devil. "
It was a word.

I had to listen to such words while holding my lips still.
The children of China sang a song saying, “The demon defeated and the devil destroys”, and it was the song that the Chinese defeated the demon and demon, but of course this demon was Japan.

It was a great pain that I had to endure every day the heartache that such unbearable Japan was being deceived.
However, it was the only salvation that Mr. T encouraged her to hold back Arashi soon, be patient.
And at that time Mr. T talked about Osaka well.
As I was also nostalgic, I had a chance to write a sumo wrestling on Mr. T's words and talk all night long.

(Omitted)

And when the mind of the Chinese people gradually worsens and comes to say Japanese bad words, Koreans who have said so bad Japanese and Japanese words so much do not say bad Japanese words too much Yes.
No, I think that as the anger towards the Chinese of the Chinese people gets worse and worse, the Koreans no longer have a bad word to say.
At the same time, some Koreans have joined the Japanese army and become Japanese soldiers, so it may be that Koreans have come to think.

However, when the end of May comes, antipathy towards Japan in Tongzhou has already reached its extreme point.
Mr. T forbade me to go out at this time.
Until now, I was able to appear in the business with Mr. T, but I say that I can not do it anymore.
And I say "dangerous" and "dangerous".
So when I say to Mr. T what danger is, I would like to prepare to be able to escape at any time without knowing that the Japanese will be killed or the Chinese will be killed.

It is extremely uneasy at the end of June when somehow quiet days continue, and when you stay in the house something unrest increases.
That is why I will not run away.

And at this time, students dressed in a kind of strange clothes will gather in the town of Tongzhou, shoot at Japan, march out the town with a loud voice and march out the Japanese from the country of Chinese.

When it comes to July,
"All Japanese killed"
"Japanese people are not human"
"You kill non-human Japanese"
It marches while summoning words like that.
Some students had guns, but most had bayonets and blue dragons.

And I think that was the evening of the 8th of July.
Chinese people are making a fuss.
When I asked Mr. T why there was a fuss like that, the Japanese army was attacked by the Chinese army near Beijing and lost a great deal, and they all fled, so the Chinese were delighted to do such a fuss I say that it is.

I was surprised.
And I finally thought that something to come was coming.
However, on the second or third day, there was a war on the Minsuo Bridge near Beijing, but it is said that it is a great war because the Japanese army lost and fleed, but it also attacked with a large army.

Because it was such a thing, I will not be able to go out because I would be able to act because the students and the soldiers of the security team would act together after the middle of July.

It was around this time.
Rumors have been whispered that many Japanese were killed in Shanghai.
Rumors also flowed that many Japanese were killed even in Jinan.
The truth is that Chiang Kai-shek overthrew the Japanese army with a massive army of two million, killing all the Japanese, taking Korea, and occupying the Japanese country as well.

By this time, Mr. T was calmly calm and came to tell me to keep running at any time.
I was ready too, so I put together my personal belongings and prepared only to say that whatever was happening at any time.

There were almost no Japanese soldiers who had always been in Tongzhou at this time.
I was going to war somewhere.

(Omitted)

After eight o'clock, it's almost nine o'clock and I can't hear much of the gunshots, so it's time I'm somewhat relieved that the horrible event is over.
Someone shouts that interesting things have begun in the Japanese residence area.
As I was a little far from my house to the residence area, I didn't really realize it at that time.

Among them, somebody is saying that women and children are killed in the Japanese residence area.
I feel like I'm feeling something, but it is human emotion that I want to see something horrible.
I pulled Mr. T's hand and ran toward the Japanese residence area.

At that time, I cannot explain clearly why it went to such an action.
It seems that you are not an instinctive one.
Should I say that it was the mystery of the couple's nephew also that T's hand was pulled?

When the Japanese residence ward approached, something kind of strange smell came out.
I thought it smelled because the Japanese barracks that had a gunfight had been burned earlier, but that was not the only one.
It smells like something raw.
It is the smell of blood.

However, when it came to this point, the smell of the blood had already come to be considered natural.
Many Chinese are standing by the road.
And among them are the strange-looking students in that black dress.
Well, the students are with the Guardsmen.

At the same time, one daughter came out of a Japanese house.
It was a white girl with a color thought to be fifteen or sixteen.
It was a student who pulled out the daughter.
And I found that I was hiding and pulled out here.
The smell of human blood is coming.

The girl is fascinated by fear.
My body shook when I shook it.
The student who pulled out the daughter had a happy face like when a cat took a bribe.
And I was talking to a security guard near me.

When the soldier of the guards shook his head, the student smiled grinning and slapped five or six times with a slap while holding this daughter standing.
And I suddenly broke the clothes I was wearing.
Speaking of July in China, it is summer. It's hot.
My daughter, who was wearing thin summer clothes, was easily torn apart.

Then white skin like snow came to light.
My daughter is saying something hard to this student.
However, students do not try to listen to what the daughter says by grinning.

My daughter is putting her hands together and begging the student for something.
There were several students and guards soldiers on the students' side.
And while the gathered students and guards soldiers glaring their eyes, they see the treatment that this student adds to their daughters.

The student suddenly overthrew this girl on the side of the road.
And I took my underwear.
My daughter cried "Help me".
And that's it.

One Japanese man jumped out.
And she threw herself to cover her.

Probably it was father of this daughter.
Then, a soldier of the guards suddenly slammed the man's head with a gun butt.
I think I heard something like a gush.
My head was broken.

But still this man does not try to leave the body of the daughter.
A soldier of the security team pulled this man apart while saying something.
The blood of a person who would be this dad was flowing in the face of the daughter.
The soldier of the security team who pulled away this man shook his head with a gun again.

Something splattered all over the area. Perhaps it was the brain of this man.
And two or three soldiers and two or three students were kicking or stomping on this man's body.
I can break my clothes.
The skin comes out.
Blood flows.
I continue to step or kick without such a thing.

In the meantime, one of the guards soldiers stabbed the belly with a sword attached to the gun.
Blood splatters.
The blood also splattered on the body of the girl who was being defeated as if it was distracted.

Did not you think that it was not enough just to pierce the belly? Next I will pierce the chest area again.
If you thought it would be just that, it would still be insufficient.
I will push my belly again.
I hit my heart.
I stab it many times and many times.

There are many Chinese people watching, but neither "Woon" nor "Wa".
I'm just silently watching what this guard's soldier does.

I don't know what that cruelty is like, but do you say it's a demon beast?
Shall I say atrocious misery?
It seems that there is no word to describe that brutality.

The man is probably the father of this daughter, but the soldiers and students who kicked the rod to roll the stick to about 3 meters away from the body seem to have lost this mind I came to my daughter.
This girl is already naked.
And I cannot move because of fear.
When I came to the daughter, I spread the leg widely.
And it tries to start insulting.

Since Chinese people are saying what they want to do, they do not do the human thing before many people are looking at it, so this cannot be said to be a human thing anymore.
However, it may be because this girl had never had such an experience.
The insult does not go well by all means.

Then I extend this leg as much as three students can be spread.
Then they bring the guns that the Guard's soldiers hold and plunge into their daughter's genitals with their barrels.
If you try to stop while there are many Chinese people near it while watching such a figure, there is no one to speak out.

I just silently see the students' misery.
As I and T were standing twenty meters apart, I could not see the details of the misery from that, but I could not see my eyes very much more than they say It is

I was firmly in the hands of Mr. T.
I had my eyes closed.
Then I heard a scream called scream and a voice that I cannot say.
I was surprised and surprised when I opened my eyes.

What then? A soldier of the security team is cutting off her daughter's vulgar part while laughing.
No matter what I do, my body shook to make a rattling noise.
Mr. T hugged me in that body.
Don't look.
I don't see it, but I can not close my eyes.

If you look rattling, the soldier will now split the belly vertically.
Then I cut off my head with a sword.
He threw a poi at the body of the man who had abandoned his neck earlier.

The tossed neck rolled on the ground and stopped at the side of the man's body.
If this guy was the parent of this daughter, I was thinking somewhere in my head after the parent and the child came together in the form they did ah.

And I thought that was good for that.
However, I did not know why I thought about such things while seeing that cruel situation.
And this is a wonder of what remained in my head after all.

I was so tired that I could not stand.
And the body cannot move because it seems to be bound by something immobile.
I was staring at this atrocity.
Blood is still flowing slowly from the belly of the torn daughter.
And there is no such neck.

It is a strange scene.
My head may have been a little crazy for a scene I could not imagine.
I just forgot myself and watched these scenes.
At that time, I shook my body that Mr. T hugged as "Hey."

I returned to myself.
Then something suddenly came out of my stomach.
I had nausea.

(Omitted)


This incident of murdering Japanese led a big war called the Great East Asia War(dai tou a sen sou), which then became the WWII.


IYHY, what a hell this world is!



The Tongzhou murder, the worst story of the world ever: Please read with great heart pain and tears!_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-07-31 12:51 | ねずさん、小名木善行

特報:阿南沖で死闘1時間40分130キロのカジキ釣り上げ!グッジョブ!   

みなさん、こんにちは。

ついでに驚きのニュースもメモしておこう。これだ。

阿南沖で死闘1時間40分 130キロのカジキ釣り上げ
特報:阿南沖で死闘1時間40分130キロのカジキ釣り上げ!グッジョブ!_a0348309_11492926.jpg

徳島市大原町中須の会社員深谷大輔さん(31)が、阿南市の伊島(いしま)沖で体長3・1メートル、重さ132・8キロのクロカワカジキを釣った。

 午前5時、阿南市の中林漁港を武知哲生船長(38)の遊漁船で出港。伊島沖約25キロの紀伊水道で、釣り仲間ら2人と共にルアーを使ったトローリングでカジキを狙った。当たりがあったのは午前8時ごろ。一気に700メートルほど糸をもっていかれ、1時間40分後に仕留めた。

 釣り歴20年の深谷さんは「こんなかっこいいカジキを釣り上げられて最高」と満足そうだった。カジキは港で武知船長が解体し、仲間らと分けた。


この中林漁港というのは、私がいつもジョギングするコースである。

こんなやつがかかった時、下手にリールに指かけたり、糸を指にからませていたら、あっという間に指が飛びますナ。


はたしてこれは何かの前触れか?


海水浴している時にこんなやつにぶすっとやられたら、ジョーズどころではない。


松方弘樹が生きていたら、さぞかし悔しがったことだろうナア。

絶対挑戦しに来る。



いやはや、世も末ですナ。



特報:阿南沖で死闘1時間40分130キロのカジキ釣り上げ!グッジョブ!_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-07-31 11:55 | 阿南&徳島

ジョーク一発:「花咲か爺さん」は日韓のことだった!?日韓断交を予見していた!?   

これが旭日旗に見えたら
ジョーク一発:「花咲か爺さん」は日韓のことだった!?日韓断交を予見していた!?_a0348309_9465362.png

ジョーク一発:「花咲か爺さん」は日韓のことだった!?日韓断交を予見していた!?_a0348309_944780.jpg


笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。

ジョーク一発:「花咲か爺さん」は日韓のことだった!?日韓断交を予見していた!?_e0171614_11282166.gif


まんが日本昔ばなし 花咲か爺さん


この昔話って、

実話だったんじゃなかろうか?

要するに、

日本と韓国のことを言っていた。


正直なお爺さんとお婆さんが住んでおりました→日本国
ジョーク一発:「花咲か爺さん」は日韓のことだった!?日韓断交を予見していた!?_a0348309_9505827.png
ジョーク一発:「花咲か爺さん」は日韓のことだった!?日韓断交を予見していた!?_a0348309_9514962.png

ジョーク一発:「花咲か爺さん」は日韓のことだった!?日韓断交を予見していた!?_a0348309_9523471.png
ジョーク一発:「花咲か爺さん」は日韓のことだった!?日韓断交を予見していた!?_a0348309_954124.png


隣の意地悪爺さんと婆さん→韓国
ジョーク一発:「花咲か爺さん」は日韓のことだった!?日韓断交を予見していた!?_a0348309_956714.png

ジョーク一発:「花咲か爺さん」は日韓のことだった!?日韓断交を予見していた!?_a0348309_9572778.png

ジョーク一発:「花咲か爺さん」は日韓のことだった!?日韓断交を予見していた!?_a0348309_958465.png

ジョーク一発:「花咲か爺さん」は日韓のことだった!?日韓断交を予見していた!?_a0348309_9585942.png


さしづめ

柴犬のシロ→日本人研究者

というところかネ。


花咲かじいさんの話は桜の咲く日本のことですナ。


実際、いま韓国では、日本原産の桜を日本の象徴や日本の名残だと言って全部伐採し始めたんだとか。

日本の倭国の前方後円墳もすでに破壊済み。

まさにやっていることが、意地悪爺さんと婆さんの手口と一緒で驚くばかりですナ。


かつてから日本には海の向こうから来た渡来の朝鮮族が家のすぐ隣に住んでいた。

そういう場合に起こったことを伝説や教訓話にまとめたのだろう。


実に見事に、お人好しの日本人が泣きを見るという出来事を教訓に残してきたのである。

しかしながら、福沢諭吉の主張通り、隣国が韓国である限り、未来永劫永遠にこういうことが起こるわけだ。

実際、自民党の中にも、正直爺さん婆さんと悪い爺さん婆さんがいる。


いやはや、世も末ですナ。



ジョーク一発:「花咲か爺さん」は日韓のことだった!?日韓断交を予見していた!?_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-07-31 10:12 | ジョーク一発

DaiGoの「NHKをぶっ壊す」のスピーチ分析と謎の「山本太郎はイルミナティー」分析!?   

NHKをぶっ壊す!【政見放送】 NHKから国民を守る党【立花 孝志他3名】全国比例区


みなさん、こんにちは。

いや〜〜昨日偶然とてつもなく”怪しい”しかし”実に興味深い”YouTube番組を見つけてしまった。一応これにもこれをメモしておこう。以下のものである。


(あ)まずはメンタリストDaiGoのもの。

メンタリストDaiGo「NHKから国民を守る党・立花さんは、スピーチがめちゃくちゃが上手い。面白い!」

NHKから国民を守る党【立花代表の当選理由を心理学的に解説】
DaiGoの「NHKをぶっ壊す」のスピーチ分析と謎の「山本太郎はイルミナティー」分析!?_a0348309_8243434.jpg
DaiGoの「NHKをぶっ壊す」のスピーチ分析と謎の「山本太郎はイルミナティー」分析!?_a0348309_851719.png


メンタリストDaiGoさんが立花孝志の政見放送を絶賛してくれました^ ^


DaiGoの「NHKをぶっ壊す」のスピーチ分析と謎の「山本太郎はイルミナティー」分析!?_a0348309_8233135.png


このDaiGo氏の分析は非常に素晴らしいのでスピーチをしたい人は必見。特に政治家を目指し、議員年金という名の高額年金受給者になりたい人は必須案件だろう。年3000万円の高額所得者になれる。運が良ければ首相にもなれる。

そのDaiGoさんの分析を一応まとめておこう。

スピーチの必須条件
(1)ユーモアやギャクのセンスを入れる→その人を有能に見せる
(2)子供にも猿にも分かる→子供の方が有能→子供に分かる話でないと大人の頭に残らない
(3)スピーチで韻を踏む→弱い者いじめをしない正義感、失敗を他人のせいにしない責任感、公のために尽くしたい使命感→ない、ない、ない、かん、かん、かんで韻を踏む
(4)例え話を使う→具体例より例え話の方が人の心が動く
(5)同じ主張を繰り返す→3回が最も記憶しやすい→多いほど頭に残る
(6)ワンメッセージワンアウトカム→1つのスピーチでは1つの結論だけにする

選挙演説スピーチの基本
(1)社会的証明の利用→ネットのFB, SNS, YouTubeの利用→閲覧数や登録数で社会的信用証明
(2)仮想敵→少数エリートを仮想敵にし、自分は大衆の痛みを知る→大衆を味方につける
(3)大義名分→NHKを公正にする→スクランブル化→公正な社会を作る


このDaiGoの分析映像に対して、それを見た立花隆がまた分析し直し、

DaiGoのしゃべりが早口すぎる

とダメ出しコメント。普通の人には聞き取れないというわけだ。いや〜〜、面白い。


それにしても、ダイゴは二人いたのか?

DAIGOとDaiGo…名前似すぎ!実は区別がついてない芸能人ランキング

DaiGoとDAIGO

どっちがどっち?

よくわからないから、ウィッシュの悪魔のDAIGOとメンタリストの天使のDaiGoと呼ぶことにするか。悪魔と天使。悪魔のDAIGOと天使のDaiGo。


いずれにせよ、この私のブログの書き方の秘訣を暴露されてしまったナア。

立花孝志氏の「NHKをぶっ壊す」→俺「世も末ですナ」ですからナ。


(い)やはり山本太郎はイルミナティだった!?

山本太郎はイルミナティ

DaiGoの「NHKをぶっ壊す」のスピーチ分析と謎の「山本太郎はイルミナティー」分析!?_a0348309_9153895.png
DaiGoの「NHKをぶっ壊す」のスピーチ分析と謎の「山本太郎はイルミナティー」分析!?_a0348309_9124174.png


まあ、これが本当かどうか全くわからないが、あのベンジャミン・フルフォードといっしょにいるご老人は影のフィクサーで大金持ちだったとは?しかも嵯峨天皇の御子孫だったとは?

今起こっている政争は、

田布施李家支配vs嵯峨天皇子孫の戦い

だという主張である。

果たして真実やいかに?


それにしても、メンタリストのDaiGoさん、NHKをぶっ壊すの立花さんと組んで、政界に打って出たらどうか?

衆院選挙に間に合うのでは?

国民の心の分かる政治家になれば、将来日本の首相になれるゾ!



いやはや、世も末ですナ。




DaiGoの「NHKをぶっ壊す」のスピーチ分析と謎の「山本太郎はイルミナティー」分析!?_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-07-31 09:16 | マスゴミ・ダマスゴミ

疫病神だった久保建英!?:久保がレアルトップに帯同してからろくに勝てない!?   

みなさん、こんにちは。

いやはや、久保建英はやっぱりジョーカー、疫病神だったのか?

レアル久保建英シュート3本、出場10分で沸かせた
疫病神だった久保建英!?:久保がレアルトップに帯同してからろくに勝てない!?_a0348309_7363011.png
(瞬間湯沸かし器じゃだめなんだよ、勝利に貢献しなくちゃナア。)



久保がレアル・マドリードへ行って、久保建英がトップチームへ帯同して以来、レアルはPK戦の一勝のみ。すべて負けている。マドリード対決のアトレチコ・マドリードとの試合では、7−3という歴史的敗戦を喫した。

マドリーダービーは計10ゴール大乱戦!アトレティコ爆発!久保も出た!コスタはピッチ出た!26/07/2019


レアル、ナバス無双もトッテナムに敗れ4戦勝ちなし!久保は途中出場 30/07/2019


はたして、監督のジダンが悪いのか、久保建英の厄が悪いのか?


かつて我が国のプロ野球で「空白の一日」だったかな、あの江川卓が巨人に電撃入団というのがあった。

江川は他球団とすでに交渉中だったが、交渉予備日のその1日のうちに巨人は江川と契約してしまう。しかし他球団が批判して、江川は阪神に1位指名されるが、阪神は巨人を忖度して、江川と小林を交換トレードすることになる。これが「空白の一日」という出来事だった。

小林繁 空白の一日・江川卓について

結局、寝耳に水で困った事になったのが巨人のエースだった小林投手だった。朝起きたら阪神に行けとなったわけだ。

俺には、久保建英のバルサからレアルへのトレードも非常にこれに似た雰囲気のものに見えるわけだ。

幼少期からずっとバルサにお世話になり、育成してもらい、中高時代に入る頃、そのバルサ仲間だったはずの朝鮮人選手およびその背後の韓国サッカー関係者から外人枠問題を指摘され(これまた朝鮮人の告げ口外交だ)、バルサを追放される憂き目となった。

その後、我が国のFC東京ユースで過ごし、トップチームへ入り、そしてFC東京の暫定1位に貢献した。

そして、日本代表にも選ばれ、コパ・アメリカに行き、大会後にバルサへ戻るはずが、レアルへ電撃移籍となった。

バルサへ戻る計画はずっと前からあったようだし、久保とバルサで了解済みだったはず。それが、大どんでん返しとなった。


怪物江川卓が巨人へ行ってから、昔の怪物ぶりよりむしろ悪童の悪いイメージがつく選手になったのも、その電撃交換トレードが原因だった。

巨人の金が目当てか?名前が目当てか?

こういうふうに見られるようになってしまったわけだ。

今回の久保建英も同じようにレアルの金が目当ての18歳の選手だったという悪童のイメージが付いてしまった。


これに対して正反対の場合が、エンジェルスに行った大谷翔平であった。彼は、

お金じゃない。二刀流を許すかどうかだ!

といってエンジェルスに入団。そして、1年目に衝撃の二刀流デビューし、伝説のベーブ・ルースを超え、いまやレジェンドになった。アメリカの白人黒人あらゆる子どもたちのヒーローとなった。


どちらかといえば、俺は久保建英は大谷翔平のようなメンタリティーの選手だと思っていたが、どうやらそうではなかったようだ。ひょっとしたら、レアルのカデーデAの中井卓大の方がそうなのかもしれない。

久保建英はすでにスペインの豪邸に住み、大選手の生活を始めているらしい。


まあ、私生活はどうでもいいが、ここ数試合を見た限りでは、久保はどんどん下手くそになっている。

その疫病神の効果か、レアルはこのところ格下にも勝てないでいる。


久保が行くはずのBチームのカスティージャも異変が起きているようだ。

レアル・カスティージャ敗れる、ラウール監督はやくも黒星!久保ぉー、はやくきてくれーっ!!



いやはや、久保建英は日本からなにかとてつもないものを一緒に持っていったのではないか?

あるいは、建英にくっついていたか?

悪運とか悪霊とか?


はたしてレアルのジダンはこの最悪の状況を乗り越えられるか?

いずれにせよ、

プレッシャー、プレッシャー、プレッシャー、

山梨学院高校 応援シーン ”プレッシャー”:第93回全国高校サッカー選手権大会


世界一のチーム、銀河系チームのプレッシャーを感じまくっているのだろう。

このプレッシャーに負けて、イップスにになり、天才も凡才に変わってしまうわけだ。

中田英寿のように、徐々に格上に行く路線が有効なのは、牛尾鶏頭のことわざ通りなのである。


それにしても、レアルは重症だ。けが人続出。チーム崩壊。一体何が起こっているのか?ジダンの練習メニューがハードなのか?そうは見えないが。

もっともレアルに久保建英がいなければ、そういう情報も入ってこなかったわけだろうがナ。


ひょっとしたら、バルサはそういうことを知っていて、わざと久保建英をレアルに入れたとか?

バルサ首脳陣はしめしめとほくそ笑んでいるかも知れませんナ。

あるいは、協定破りのレアルめ、天罰じゃ〜〜と大喜びしているかも知れませんナア。




いやはや、世も末ですナ。




疫病神だった久保建英!?:久保がレアルトップに帯同してからろくに勝てない!?_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-07-31 07:58 | サッカー&スポーツ

ノーサイン野球の富岡西vsオールサイン野球の鳴門:オールサイン野球の圧勝に終わる!   

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、春の甲子園徳島県予選決勝の富岡西vs鳴門が今終了した。この春の甲子園に21世紀枠で120年初で出場した、ここ阿南の富岡西高校が昨年の覇者鳴門高校に見事に潰された。

鳴門が甲子園へ 8ー1で富岡西を下す【第101回全国高校野球徳島大会決勝】
ノーサイン野球の富岡西vsオールサイン野球の鳴門:オールサイン野球の圧勝に終わる!_a0348309_16424356.png


富岡西はノーサイン。鳴門はオールサイン。

つまり、高校野球の指導育成の両極端のチームが対戦したわけだ。

鳴門の打者は一球一球ごとに監督のサインを見る。

一方の富岡西は、まったく監督は見ない。むしろ無視。好き勝手に打ち、好き勝手に走る。

この自由野球と管理野球が対決した結果、

スクイズ2本成功

これで勝負がついた。

ところで、俺にはこのスクイズ。鳴門の監督が富西の監督に

ノーサイン野球では鳴門の野球には勝てないヨ!

というなにかのメッセージのように見えた。前に打点を上げている当たっている打者にわざわざスクイズさせたわけだからだ。

つまり、やはり高校野球も甲子園クラスになれば、

ノーサインで勝つのは不可能

だということになる。

これを見事に証明したようだ。

実際、初回は同じように相手のミスで1点ずつ得点。お互いに持ち味を出してスタート。

問題の4回。ともに満塁のチャンス。

表の鳴門は監督のオールサインから相手のミスを誘い、2点ゲット。

一方、ノーサインの富岡西は1アウト満塁のチャンスをスクイズもしないで、無得点。3人の残塁。

ここ数年富岡西が準々決勝止まりだった。その時も、いつも同じような残塁の山を築いて負けたのだ。そういうのを何度も何度も見させられてきたわけだ。

が、今回はエース浮橋の力投でそれでもなんとか決勝まで登ってきた。なにせ第一シードである。普通の練習試合のたった1試合であれば、まず負けなかっただろう。

しかし、甲子園は予選からずっと連投に次ぐ連投になる。

こうなると、卒なく勝つほかはない。

そのためには、やはり当事者ではない監督の経験から来る観察や作戦に基づく戦術が必須になる。

そうなると、どうしてもサインを送るしかない。

ノーアウトで1ヒットで出塁すれば、もう次はバントで送る。そして、次の2打席でワンヒットを期待する。

ワンアウトでヒット出塁すれば、その時も次は送りバントで3塁を狙う。そして次のワンチャンスにかける。

もしノーアウトで2塁打なら、次は送りバントで3塁を狙う。

これを繰り替えすしかない。


しかし、富岡西の場合は、そういうことせず、フリー打撃である。それでも1試合に何度か出塁し、運良く満塁のチャンスを作っている。

しかし、最後もフリー打撃で方向を決めない、打つボールを決めない、ノーサイン。

だから、残塁の山を築く。

高校生レベルで、しかも甲子園レベルで、小中のような相手の守備のミスや連打を期待することはまずできない。

相手にはプロの即戦力の投手がいるわけだ。


というような案配で、高校野球で

ノーサインが良いか、オールサインが良いかという問題に対する回答が出た試合だったといえるだろう。


ノーサインvsオールサイン→オールサインの圧勝!!!


もしこの鳴門の監督が今の富西の監督だったら、おそらく富西の圧勝だっただろう。


高校生は数ヶ月で子供が大人のように成長する。

春の選抜で優勝した愛知の東邦に善戦した富西も、この数ヶ月で大きく成長した鳴門の選手に追い越されたということである。

富岡西が守備だけに力を入れれば、鳴門は打撃に力を入れた。

野球は打たなきゃ勝てない。サッカーはゴールしなきゃ勝てない。

とにかく、点を取らないと勝てない。


富岡西はその強化したはずの守備が崩壊して負けた。守備はメンタルに左右される。だから、いくら鍛えてもメンタルコンディションでミスを起こす。失点につながる。

だから、守備よりも打撃。打って点を取る方を鍛えるべきだった。

かつての池田高校の蔦監督は細かいことは言うな、とにかく遠くへ飛ばせと打撃強化をはかって成功したわけだ。そのためには、筋トレ、筋トレ、筋トレの日々だったという。

富岡西と鳴門が並ぶと、鳴門の方が横に大きい。足腰の太さが違った。

野球は体でするスポーツである。

もう最初に礼をした段階から、富西に勝ち目がないと俺は思ったネ。


はたして富西はこれまでどおりノーサイン野球を続けるのか?あるいは、定番のオールサイン野球に変えるのか?

今後のお楽しみですナ。


おそらく、今後もノーサイン野球を続けて、また120年後に甲子園に出れるレベルになるくらいだろうナア。

平成最後に富岡西が120年ぶりに目覚めた。

これだけでも快挙だった。

いい夢を見させてもらいましたヨ。


まあ、いずれにせよ、野球のルールブックにあることはすべて使う。サインできるのなら、サインを有効に使う。三回の守備攻撃のタイムがあるのなら、それも全部使う。

富西は最後の最後に初めて監督がサイン出して守備タイム1回しか使わなかった。が、その結果2点取られた。サインの送り方、タイムの使い方、全部技術が必要。経験値が必要。野球で勝つのは難しいのである。


ありがとう、富西野球部!

今後を期待したい。


おまけ:
そういえば、この試合は鳴門のオロナミン球場で行われた。実は鳴門は大塚製薬の本拠地である。だから、決勝は鳴門にとりホーム、阿南の富岡西にとってはアウェーである。いまは阿南にもアグリスタジアムがある。

いつも決勝は鳴門。これが鳴門が有利なのは当たり前。球場に慣れているわけだ。

また阿南からは1時間以上2時間近くかかる。

思い出せば、我が家の息子達がサッカーの試合をするたびに、鳴門のヴォルティスのホームグラウンドのあるTSVまで行かなければならなかった。早朝の試合など大変だった。5時起床で準備して会場までドライブ。

こういうのも、大塚製薬のある金銭力、政治力のせいだろう。大塚製薬はオロナミンCで球場を作ったわけだから、野球が大好き。だから、ヴォルティスがいくら頑張ろうが、エースは途中で放出する。万年J2の鳴かず飛ばずでOKというスタイルだ。

この意味では、徳島のスポーツにとり、鳴門の大塚製薬は大きな障害になっているのである。我々は地産地消で大塚製薬の製品を飲んでいるのだが、その大塚の経営陣は徳島県民の障害、邪魔ばかりする。

鳴門の人たちはあまりこういうことをご存じないのではないかネ。もし阿南アグリスタジアムで決勝していれば、ホームの富岡西の方が圧勝していたのかも知れない。徳島の高校野球も高校サッカーと同じく実にアンフェアですナ。

いやはや、世も末ですナ。


おまけ2:
そういえば、いまの富西の野球部小川監督も、私の息子たちが頑張っていた時代のかつてのサッカー部監督も全くの素人監督だった。どうして県南の高校には、ド素人監督しか来ないのか?というと、徳島県の場合、徳島市以北が教育地であり、県南部は漁民や農民出身でないがしろにされてきたからである。だから、水野投手も阿南からわざわざ池田高校まで行ったのである。県教育委員会は、父兄PTAとの会合で、徳島市と鳴門などの父兄の言いなりになって県の予算を談合で決めている。だから、遠い県西部、県南部は校舎建て替えの予算もいつも後回しになり、良い教員も後回しになる。我が家の息子達が卒業した阿南中学は県最後に校舎が建て替えられたが、我が息子たちの頃はまだ校舎が崩壊一歩手前の状態のボロ校舎のままだった。県南部の教育を崩壊させているのもまた県教育委員会である。ほんと県サッカー協会といい、県高校野球協会といい、県教育委員会といい、すべて大塚のある鳴門基準で考えてきたという悪しき伝統が今に続いているのである。

いやはや、世も末ですナ。



ノーサイン野球の富岡西vsオールサイン野球の鳴門:オールサイン野球の圧勝に終わる!_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-07-30 17:13 | 阿南&徳島

石平太郎こと石平スパイ説登場!?→俺「2重スパイでしょ!」   

みなさん、こんにちは。

どういうわけか、ふと興味深いものが見つかったから、一応ここにもメモしておこう。

最近、テレビでよく見る中国人=支那人。

ところで、朝鮮人と支那人と書くと、人種差別だとか、ヘイトだとか、ヘイトスピーチだとかいう、いわゆる、ダブルスタンダードやトリプルスタンダードで騒ぐ、無学歴のお馬鹿さんがいるが、

朝鮮はChosun、朝鮮人はChosunese、支那はChina、支那人はChineseという英語を原音に合わせて作られただけの漢字の当て字である。

南米では、支那Chinaのことをチーノと呼ぶし、英語のChinaも原音は、日本語のチャイナという発音またはシナという発音に近い音である。

だから、朝鮮人と支那人という漢字は、原音表記に過ぎず、特別の意味はない。

それに特別の「意味」がつくとすれば、彼らの先祖が起こした歴史的犯罪の数々のせいである。あるいは、その行動様式や性癖のせいである。

他国の国家元首の暗殺とか、もしそれがアメリカ合衆国大統領だったらその結果どうなるかわかりきっていることだろう。

もしソウル訪問中の米大統領が朝鮮人の手で暗殺されたら、どうなるか?おそらく1週間以内にソウルに核爆弾が落とされるだろう。

明治時代にそれに匹敵する安重根による伊藤博文首相暗殺事件が起こったわけだ。しかも伊藤博文は朝鮮王朝の最後の皇帝になるはずの幼い李垠の後見人を努めた。

その結果、李垠の子孫に金正日、そして金正恩、さらには我が国の安倍晋太郎とその息子の安倍晋三ができたわけだ。そして、金正恩の実母である横田めぐみもできたわけだ。その母が横田早紀江。すなわち、李垠の娘である。同様に、安倍晋太郎は李垠の息子、晋三はその孫と言われている。むろん血筋は薄まる。


さて、前置きがちょっとそれたが、石平さんこと、Shi Pingさんとはことの方。

石平→石平太郎(太郎をくっつけて日本名=通名にしたらしい。俺は通名禁止派。)
石平太郎こと石平スパイ説登場!?→俺「2重スパイでしょ!」_a0348309_817242.jpg


1980年9月に北京大学哲学部に入学し、1984年7月に卒業。北京大学在学中の1982年頃より、毛沢東暴政の再来を防ぐ目的で中国民主化運動に情熱を傾け始める。1988年4月に日本に留学し、日本語学校入学。文化大革命および1989年に勃発した天安門事件における中国共産党の党利党略ぶりへの憤怒と絶望感を抱き、「この国にはもはや用がない、何の愛着も義理も無い」と祖国である中華人民共和国との精神的決別に至った[4]。その一方、留学中の日本で、中国の古き時代の隋・唐文化を守り発展させた日本文化に魅力を感じるようになり、孔子や論語の思想が日本の精神に生き続けていると感激し、次第に「愛日主義者」となっていった[3][5]。1995年に神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了(学位は未取得)。民間研究機関に勤務[要出典]。

2002年(平成14年)初頭に中華人民共和国国内に広がる反日感情をレポートした書物を出し、論壇デビュー。以来、『正論』、『Voice』、『WiLL』などの保守論壇誌に論考を寄稿し、日中関係・中国問題などを論じている。また、フジテレビ・読売テレビ・テレビ朝日・TBSなどの中国関連ニュース番組・討論番組でコメンテーターを務めている


おそらくこの顔に見覚えがあるだろう。テレビの「そこまで言って委員会」等の常連である。いまでは、右翼保守の「虎ノ門ニュース」の常連でもある。

米人モルモン教のケント・ギルバートが西の横綱なら、この支那人シー・ピンは東の横綱だろうか。

ところで、この本名が石平なら、それに太郎をつけて、石平太郎という和名を作るという、安易なアジア人の思考構造ですナ。

山本太郎→実は、山本が本名で、それに太郎をつけただけ。

山田太郎→実は、山田が本名で、それに太郎をつけただけ。

麻生太郎→実は、麻生が本名で、それに太郎をつけただけ。

まあ、麻生太郎は麻生家由来だから和名に違いないが、山田太郎も山本太郎もどうみても通名の作り物だろう。

実際、市役所の書類を作るときに実によく見たのが、記入例の雛形にある

山田太郎

という名前だ。

日本人がこんな馴染みのある名前を付けるはずがない!

その次が、山本太郎だろう。

というわけで、この二人は共に朝鮮人で間違いないのでは?


さて、面白いのはこの石平太郎ことシー・ピンさんにまつわるある種の黒い噂。

それが、

シー・ピン共産党スパイ説

である。これだ。

人民解放軍の装甲車及び兵員が、香港に入った模様

コメント

中華スパイ (市井)
2019-07-30 02:37:37
その昔、中華は北京大学卒業で当時千葉の市営団地に暮らしていた中国人がいた。今では評論家を名乗り神戸に住所がある元中国人。今では日本に帰化したが、本人曰く日本帰化手続きは簡単だったと云っていたね。自分は当時心酔していたウルトラ氏の勉強会でこの中国人を知ったのだが、主宰者のS氏に、あの中国人が何故毎回氏の勉強会に現れるのかと問いただすと【勝手にやって来るんだよ】との返事だった。自分はそれをTのR友の会にそうした中国人の存在を報告した事で、一時その大福面の中国人は随分と警戒されていた由。その中華スパイは現在日本人妻を娶ってマスゴミの浮かれ論客になっている。


中国人で、北京大卒、神戸居住で、日本人妻を持ち、テレビで保守の論客。

ビンゴ!

まさに、石平さんですナ。


この石平のこのマスコミ活動に対して、素朴な疑問を持つ人が現れた。それがこれだ。

石平太郎こと石平スパイ説登場!?→俺「2重スパイでしょ!」_a0348309_8311788.jpg

石平(せきへい)氏は中国を批判していて当局に拘束されないのか?

Q:平さんは中国批判をしていて、当局に拘束されないのか?

暗殺とか、身の危険は感じたことはないのか。

受講者からそのような質問が出ました。

A:回答。

母と妹(父はもう他界)は中国で暮らしているがまったく無事。
自分も、中国当局から拘束されそうになったことはない。
去年母を日本に呼んで、千鳥ヶ淵の桜や、靖国神社を見せた。
千鳥ヶ淵や靖国神社だよ、とは教えずに、連れて行った。
桜が綺麗だと言っていた。

どうして中国批判する私が拘束されずに、
中国の弁解をして中国をかばっている朱建栄(東洋学園大学教授、
いまだ拘束とかれず?)氏が拘束されしまったのか。
朱さんは、外務省関係者などから中国政府の内部情報など聴かれた時、
国家機密に触れるようなことを内々に教えた。
そしたら裏を取るためか、外務省側が中国側に
「朱さんがこんなこと言っているが本当か」
と確認してしまった
らしい。
それで「朱さんは危険人物」となり、中国国家安全省に拘束されてしまった。
ということだそうです。

石平さんは、その意味では
もう帰化して中国から気化していなくなってしまったし、^^
批判くらいでは中国としてはそれほど問題視していないのでしょう。

これとは別の話として、
日本の危機管理がなさすぎるのは、
氏が帰化申請するとき、兵庫でその手続きをしたそうですが、
ものの5分で書類みて、顔見て、
はい、終わり。
外国人を自国民にするということがこんなに簡単でいいのか!?
とびっくりしたそうです。
厳しい顔でみられ、日の丸の前で憲法やら、何やらを朗読したり、
日本に忠誠を誓うことを宣誓させるところだと思っていたら
あまりにも拍子抜けした。
他の外国では考えられない。とひどくびっくりしていました。
それだけ、日本は国家に対する国民の意識がなさすぎている、
こういう役所の人達までも、持っていない。
危機的状況だと言っていました。


また朱さんの話のように、国家機密を内々に示唆してもらったにもかかわらず、
当局にオープンに確認してしまう、という危機管理のなさ。
国内・同民族内だけでの話の「みんな仲良く」が
外交レベルにも通用すると思ってしまう。
そんな風に思っているのは日本だけでしょうね。
戦後教育の弊害のひとつ、とも言えます。


さらにはこんなやつもあった。

2017年09月11日
石平氏のメンタリティーは自身が批判する中共そのもの。


政治 世相 ジャーナリズム
東京新聞の望月衣塑子記者を、中国民主化運動に身を投じた石平氏が痛烈批判 「権力と戦うとは…彼女のやってるのは吐き気を催すうぬぼれだ!」

http://www.sankei.com/column/news/170909/clm1709090007-n1.html

そもそもこんな記事を載せる産経新聞の見識が疑われます。

>評論家の石平氏(55)が、菅義偉官房長官の定例記者会見で連続質問攻撃を仕掛けている東京新聞の望月衣塑子記者をツイッターで痛烈に批判した。

>「『それでも私は権力と戦う』という東京新聞望月記者の台詞を鼻で笑った。私は今まで、本物の独裁政権と戦った勇士を数多く見たが、彼女のやっていることは、何のリスクもない民主主義国家で意地悪質問で政府の記者会見を妨害するだけだ。そんなのを『権力と戦う』とは、吐き気を催すほどの自惚れだ!」

>日本に留学中の1989年、祖国・中国で天安門事件が勃発し、帰国をあきらめたという石平氏にとって望月氏の「権力との戦い」はとんだ茶番に映ったようだ。

>この投稿に対し、作家の百田尚樹氏(61)も即座に反応した。


率直に申し上げてクズみたいな妄言です。
いい歳した大人が恥ずかしくないのか。

第一に、氏の主張の通りならば、民主国家においてジャーナリズムは機能しなくていいということになります。報道によって生命が危ないぐらい弾圧される可能性がないとジャーナリズムは必要ないと。報道は政府のいうことを垂れ流せと。であれば、ジャーナリズムはシリアとかジンバブエとか中共とか、北朝鮮でしか存在してはいけないことになります。

そして、石平氏ご本人はどうなのでしょうか。本土の「同志」をみすてて、「安全」な日本に帰化して、中国に対してやけに威勢のいい主張をなさっておるわけですが、その自覚がないようです。
「本物の独裁政権と戦った勇士を数多く見た」だけで、ご自身ではなさらなかったということでしょう。石平氏は文革の影響でエリートだった両親が地方に左遷され、そこで過酷な少年時代を過ごした経験から中共政府に疑問を持ち、その反発から日本文化に興味を持ち日本へ帰化するに至った。ということになっていますが、これは本人証言以外に証明するものをぼくは寡聞にして聞いたことがありません。
そして大学時代は北京大学卒のエリートで、当時関係良好な日本に国費留学していたわけです。虐げられていた不穏分子の師弟がこのようなエリートコースに乗れるものでしょうか。大陸ではどのような「反政府活動」をされていたのでしょうか。
金美玲氏は学生時代、台湾と日本の間を民主化組織のリエゾンなどを務めていた「闘士」でした。この話は勉強会で直接ご本人から聞いております。そのようなキャリアがあるのでしょうか。

それほどリスクをとって政府批判をするのが偉いと言うのであれば、中国に「帰国」されて、大いに言論活動に励めば宜しいでしょう

新潟県知事の米山隆一氏が帰化済みの石平氏への差別的憎悪発言で批判殺到!辞職事案か
https://matome.naver.jp/odai/2150501943158770301

米山隆一氏の主張もそういうことでしょう。身体の危険を冒した活動こそが尊いのであれば、かつての祖国に帰国して活動してはいかがか、と。
これを帰化した人間への差別だという批判は単なるためにする議論でしょう。
これは帰化した日本人であることの批判ではなく、危ない報道こそが偉いなら、それをやったらどうよ?という話しです。

でもそんなことはやらずに、リテラシーと知性の低い、自分が日本人であるということ以外誇れる者がない、劣等感の塊のような、愛国者を自称するアレな人たちをアジテートして安易にカネを稼ぐことを選んでらっしゃるのではありませんか。

で頭の悪いフォロワーはこんなことを言っています。

>「新聞記者は国民に選ばれてなるものでもないのに、国民の代弁者だと思っている時点で勘違いも甚だしい」

ではその国民に選ばれたわけでもない、記者クラブがどうして記者会見や他の取材機会を独占しているのでしょうか。石平氏の支持者はこの程度の認識しかないわけです。

単なる任意団体に過ぎない記者クラブが他の報道機関やジャーナリストを排除しているのです一体何の権利があってでしょうか。結果、当局の下請け機関となって、国民の知る権利から当局を守る防波堤と成り下がっています。

そしてその中にはこの記事を掲載した産経新聞も含まれます。
その自覚がないんでしょうね、産経新聞には。

ところが石平氏はそれが民主主義の報道の正しいありたかであると思っているらしいです。

>読者は新聞と新聞記者に期待しているのは事実を客観的に伝えることであって、『権力と戦う』という彼らの自己陶酔ではないのだ」

さて、石平氏はたかが記者が当局に疑問を持つな、政府は偉いのだから、その発表を細大漏らさずに大衆に伝えるだけでいいのだ、現状の発表ジャーナリズムこそが真の報道だといっているわけです。

でも、それって中共の主張とどこが違うのでしょう。香港ではそのような当局の意向に沿って、別件逮捕で出版関係者の逮捕、投獄が続いています。
石平氏の主張は中国共産党と全く同じです。なんで日本に帰化したんでしょうかね?


少なくとも石平氏は民主主義も報道の自由もまったく理解していないことは確かです。



まあ、疑問は素朴なものほど良い。

香港を弾圧したり、平気で銃殺する国家の最高の大学である北京大学の学位を持って日本に来た人物が、その母国を痛烈に批判しているが、それが見逃される。

ということは、普通はありえない。反逆罪である。普通は、その国の外患誘致罪にあたり、死刑相当の案件になる。

しかしちゃんと生きている。


ということは、2重スパイということである。

帰化申請、保守論壇、共産党批判、。。。。

要するに、支那工作員がいかにすれば日本国内で疑われずに日本人になりすますことが可能かの実験検証を行うのが任務というスパイだろうということになる。

よく欧米のCIAやNSAが、自国の国家機関のセキュリティーがどの程度のものかをチェックするために、工作員を忍び込ませて、実験検証するというようなことをするだろう。

それと似たようなもので、日本国のセキュリティーがどの程度のものかをチェックするための工作員ということだろう。


要するに、シー・ピンが逮捕されずにいるとすれば、日本国は安牌だ。毛のないパイパンだということである。



いやはや、我が国はスパイ天国。それどころか日本人妻さえくれるのだ。


支那では、外人には妻や夫は強制的に押し付けられる。

モンゴル族やウイグル族などの少数民族の女性たちは、支那人男性と結婚しなければ、去勢されるのだ。悲観悲嘆して自殺すれば、即臓器摘出され、臓器売買に使われる。


かつて支那人は人食い人種だった。

これを肝に銘じよ、日本人ヨ!


いやはや、日本はスパイにとっては天国。良かった良かった。

米モルモンスパイのケント・ギルバート、シナ共産党スパイのシー・ピン、ともに虎ノ門クラブで親睦会をしているわけですナ。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
そういえば、神戸大学は俺もけっこう馴染みある大学だが、ここには常時2000人近い外国籍の留学生がいる。世界中から来ている。大半が支那朝鮮からで、国費留学生である。つまり、日本国が旅費奨学金を払い、返済なしのただで留学できる制度。

おそらくこのシー・ピンもそういう一人だったはず。ただで日本で勉強し、日本人になる。

ところがそれが支那共産党のスパイだった。

ということは、三段論法で、この2000人の留学生すべてがそれぞれの国から来たスパイであるかもしれないわけだ。すなわち、神戸大学はスパイの日本への入り口ということになる。

まあ、神戸大に限ったわけではないが、いまや我が国の大学は世界中の国々のスパイの登竜門になっている感がありますナ。時代は変わるものだ。




石平太郎こと石平スパイ説登場!?→俺「2重スパイでしょ!」_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-07-30 08:51 | 支那・共産・南京捏造

【緊急事態】友達がソウル駅近くで韓国人男性6人位に囲まれ袋叩きに!:新たなる「通州事件」への道!   

みなさん、こんにちは。

いよいよ恐れていたことが韓国ソウルで起こったようだ。

まさに現在の通州事件の前触れだろう。

【緊急事態】友達がソウル駅近くで韓国人男性6人くらいに囲まれ袋叩きに合いました
【緊急事態】友達がソウル駅近くで韓国人男性6人位に囲まれ袋叩きに!:新たなる「通州事件」への道!_a0348309_1557282.png

韓国 ソウルに旅行に行かれる方へ
今日友達がソウル駅近くで韓国人男性6人くらいに囲まれ袋叩きに合いました。警察に行きましたが全く相手にされなかったとの事です。本来なら明日までの旅行でしたが、本日の最終便で帰国するとの事。
韓国へ旅行する方はくれぐれも気をつけてください。釜山も心配です。

【緊急事態】友達がソウル駅近くで韓国人男性6人位に囲まれ袋叩きに!:新たなる「通州事件」への道!_a0348309_1559960.png

韓国旅行に行く方へ ソウル 釜山
1、街中で、なるべく日本語を喋らない。デモには絶対に近づかない。
2、もしもの為に翻訳機を。
3、帽子と黒のマスクを。

友達みたいに危険な目に合わない為に。
今更キャンセルすると、キャンセル料がかかるので絶対行く!って人の為に。


ところで、こういう朝鮮人が起こす暴力事件には独特の特徴があり、戦前の日中戦争や日露戦争を招くきっかけになった、朝鮮人による扇動事件の数々である。

一言でいうと、

他人を焚き付け、他人同士で戦争を起こさせるという習性である。

たとえば、有名な「通州事件」の前ではこんなことをした。

18歳未満閲覧禁止『Sさんの体験談』
【緊急事態】友達がソウル駅近くで韓国人男性6人位に囲まれ袋叩きに!:新たなる「通州事件」への道!_a0348309_162514.jpg


(前略)

そのうちにあれだけ親日的であった通州という町全体の空気がだんだん変わって来たのです。
何か日本に対し又日本人に対してひんやりしたものを感じるようになってまいりました。
Tさんが私に日本人であるということが人にわからないようにと言った意味が何となくわかるような気がしたものでした。

そして何故通州という町がこんなに日本や日本人に対して冷たくなっただろうかということをいろいろ考えてみましたが、私にははっきりしたことがわかりませんでした。
只、朝鮮人の人達が盛んに日本の悪口や、日本人の悪口を支那の人達に言いふらしているのです。

私が日本人であるということを知らない朝鮮人は、私にも日本という国は悪い国だ、朝鮮を自分の領土にして朝鮮人を奴隷にしていると申すのです。
そして日本は今度は支那を領土にして支那人を奴隷にすると申すのです。
だからこの通州から日本軍と日本人を追い出さなくてはならない。
いや日本軍と日本人は皆殺しにしなくてはならないと申すのです。


私は思わずそんなんじゃないと言おうとしましたが、私がしゃべると日本人ということがわかるので黙って朝鮮人の言うことを聞いておりました。

そこへTさんが帰って来て朝鮮人から日本の悪口を一杯聞きました。
するとTさんはあなたも日本人じゃないかと申したのです。
するとその朝鮮人は顔色を変えて叫びました。
日本人じゃない朝鮮人だ、朝鮮人は必ず日本に復讐すると申すのです。
そして安重根という人の話を語りました。
伊藤博文という大悪人を安重根先生が殺した。
我々も支那人と一緒に日本人を殺し、日本軍を全滅させるのだと申すのです。

私は思わずぞっとせずにはおられませんでした。
なんと怖いことを言う朝鮮人だろう。
こんな朝鮮人がいると大変なことになるなあと思いました。
Tさんは黙ってこの朝鮮人の言うことを聞いて最後まで一言もしゃべりませんでした。

こんなことが何回も繰り返されているうちに、町の空気がだんだん変わってくるようになってまいったのです。
でもそんなことを日本の軍隊や日本人は全然知らないのです。
私は早くこんなことを日本人に知らせねばならないと思うけれど、Tさんは私が日本人と話すことを厳重に禁止して許しません。

私の心の中にはもやもやとしたものがだんだん大きくなって来るようでした。
道を歩いているとき日本の兵隊さんに会うと「注意して下さい」と言いたいけれど、どうしてもその言葉が出てまいりません。
目で一生懸命合図をするけど日本の兵隊さんには通じません。
私が日本人であるということは通州で知っているのはTさんの友人二、三人だけになりました。
日本の兵隊さん達もだんだん内地に帰ったり他所へ転属になったりしたので、殆ど私が日本人であるということを知らないようになりました。

そうしているうちに通州にいる冀東防共自治政府の軍隊が一寸変わったように思われる行動をするようになってまいりました。
大体この軍隊は正式の名称は保安隊といっておりましたが、町の人達は軍隊と申しておったのです。
この町の保安隊は日本軍ととても仲良くしているように見えていましたが、蒋介石が共産軍と戦うようになってしばらくすると、この保安隊の軍人の中から共産軍が支那を立派にするのだ、蒋介石というのは日本の手先だと、そっとささやくように言う人が出てまいりました。

その頃から私は保安隊の人達があまり信用出来ないようになってまいったのです。
行商に歩いていると日本人に出会います。
私はTさんから言われているのであまり口をきかないようにしていました。
すると日本人が通った後ろ姿を見ながら朝鮮人が、
「あれは鬼だ、人殺しだ、
 あんな奴らは
 いつかぶち殺してやらねばならない」
と支那人達に言うのです。


最初の頃は支那人達も朝鮮人達の言うことをあまり聞きませんでしたが、何回も何回も朝鮮人がこんなことを繰り返して言うと、支那人達の表情の中にも何か険しいものが流れるようになってまいりました。
特に保安隊の軍人さん達がこの朝鮮人と同じ意味のことを言うようになってまいりますと、もう町の表情がすっかり変わってしまったように思えるようになりました。

(中略)

昭和十二年になるとこうした空気は尚一層烈しいものになったのです。
そして上海で日本軍が敗れた、済南で日本軍が敗れた、徳州でも日本軍は敗れた、支那軍が大勝利だというようなことが公然と言われるようになってまいりました。

日に日に日本に対する感情は悪くなり、支那人達の間で、
「日本人皆殺し、日本人ぶち殺せ」
と言う輿論が高まってまいりました。
その当時のよく言われた言葉に、
「日本人は悪魔だ、
 その悪魔を懲らしめるのは支那だ」
という言葉でした。


私はそんな言葉をじっと唇をかみしめながら聞いていなくてはならなかったのです。
支那の子供達が「悪鬼やぶれて悪魔が滅ぶ」という歌を歌い、その悪鬼や悪魔を支那が滅ぼすといった歌でしたが、勿論この悪鬼悪魔は日本だったのです。

こんな耐え難い日本が侮辱されているという心痛に毎日耐えなくてはならないことは大変な苦痛でした。
しかしこんなときTさんが嵐はまもなくおさまるよ、じっと我慢しなさいよと励ましてくれたのが唯一の救いでした。
そしてその頃になるとTさんがよく大阪の話をしてくれました。
私も懐かしいのでそのTさんの言葉に相槌を打って一晩中語り明かしたこともありました。

(中略)

そして支那人の心がだんだん悪くなって来て、日本人の悪口を言うようになると、あれ程日本と日本人の悪口を言っていた朝鮮人があまり日本の悪口を言わないようになってまいりました。
いやむしろ支那人の日本人へ対しての怒りがだんだんひどくなってくると朝鮮人達はもう言うべき悪口がなくなったのでしょう。
それと共にあの当時は朝鮮人で日本の軍隊に入隊して日本兵になっているものもあるので、朝鮮人達も考えるようになって来たのかも知れません。

しかし五月も終わり頃になって来ると、通州での日本に対する反感はもう極点に達したようになってまいりました。
Tさんはこの頃になると私に外出を禁じました。
今まではTさんと一緒なら商売に出ることが出来たのですが、もうそれも出来ないと言うのです。
そして「危ない」「危ない」と申すのです。
それで私がTさんに何が危ないのと申すと、日本人が殺されるか、支那人が殺されるかわからない、いつでも逃げることが出来るように準備をしておくようにと申すのです。

六月になると何となく鬱陶しい日々が続いて、家の中にじっとしていると何か不安が一層増して来るようなことで、とても不安です。
だからといって逃げ出すわけにもまいりません。

そしてこの頃になると一種異様と思われる服を着た学生達が通州の町に集まって来て、日本撃つべし、支那の国から日本人を追い出せと町中を大きな声で叫びながら行進をするのです。

それが七月になると、
「日本人皆殺し」
「日本人は人間じゃない」
「人間でない日本人は殺してしまえ」
というような言葉を大声で喚きながら行進をするのです。
鉄砲を持っている学生もいましたが、大部分の学生は銃剣と青竜刀を持っていました。

そしてあれは七月の八日の夕刻のことだったと思います。
支那人達が大騒ぎをしているのです。
何であんなに大騒ぎをしているのかとTさんに尋ねてみると、北京の近くで日本軍が支那軍から攻撃を受けて大敗をして、みんな逃げ出したので支那人達があんなに大騒ぎをして喜んでいるのだよと申すのです。

私はびっくりしました。
そしていよいよ来るべきものが来たなあと思いました。
でも二、三日すると北京の近くの盧溝橋で戦争があったけれど、日本軍が負けて逃げたが又大軍をもって攻撃をして来たので大戦争になっていると言うのです。

こんなことがあったので七月も半ばを過ぎると学生達と保安隊の兵隊が一緒になって行動をするので、私はいよいよ外に出ることが出来なくなりました。

この頃でした。
上海で日本人が沢山殺されたという噂がささやかれて来ました。
済南でも日本人が沢山殺されたということも噂が流れて来ました。
蒋介石が二百万の大軍をもって日本軍を打ち破り、日本人を皆殺しにして朝鮮を取り、日本の国も占領するというようなことが真実のように伝わって来ました。

この頃になるとTさんはそわそわとして落ち着かず、私にいつでも逃げ出せるようにしておくようにと申すようになりました。
私も覚悟はしておりましたので、身の回りのものをひとまとめにしていて、いつどんなことがあっても大丈夫と言う備えだけはしておきました。

この頃通州にいつもいた日本軍の軍人達は殆どいなくなっていたのです。
どこかへ戦争に行っていたのでしょう。

(中略)
八時を過ぎて九時近くになって銃声はあまり聞こえないようになったので、これで恐ろしい事件は終わったのかとやや安心しているときです。
誰かが日本人居留区で面白いことが始まっているぞと叫ぶのです。
私の家から居留区までは少し離れていたのでそのときはあまりピーンと実感はなかったのです。

そのうち誰かが日本人居留区では女や子供が殺されているぞというのです。
何かぞーっとする気分になりましたが、恐ろしいものは見たいというのが人間の感情です。
私はTさんの手を引いて日本人居留区の方へ走りました。

そのとき何故あんな行動に移ったかというと、それははっきり説明は出来ません。
只何というか、本能的なものではなかったかと思われます。
Tさんの手を引いたというのもあれはやはり夫婦の絆の不思議と申すべきでしょうか。

日本人居留区が近付くと何か一種異様な匂いがして来ました。
それは先程銃撃戦があった日本軍兵舎が焼かれているのでその匂いかと思いましたが、それだけではありません。
何か生臭い匂いがするのです。
血の匂いです。
人間の血の匂いがして来るのです。

しかしここまで来るともうその血の匂いが当たり前だと思われるようになっておりました。
沢山の支那人が道路の傍らに立っております。
そしてその中にはあの黒い服を着た異様な姿の学生達も交じっています。
いやその学生達は保安隊の兵隊と一緒になっているのです。

そのうち日本人の家の中から一人の娘さんが引き出されて来ました。
十五才か十六才と思われる色の白い娘さんでした。
その娘さんを引き出して来たのは学生でした。
そして隠れているのを見つけてここに引き出したと申しております。

その娘さんは恐怖のために顔が引きつっております。
体はぶるぶると震えておりました。
その娘さんを引き出して来た学生は何か猫が鼠を取ったときのような嬉しそうな顔をしておりました。
そしてすぐ近くにいる保安隊の兵隊に何か話しておりました。

保安隊の兵隊が首を横に振ると学生はニヤリと笑ってこの娘さんを立ったまま平手打ちで五回か六回か殴りつけました。
そしてその着ている服をいきなりバリバリと破ったのです。
支那でも七月と言えば夏です。暑いです。
薄い夏服を着ていた娘さんの服はいとも簡単に破られてしまったのです。

すると雪のように白い肌があらわになってまいりました。
娘さんが何か一生懸命この学生に言っております。
しかし学生はニヤニヤ笑うだけで娘さんの言うことに耳を傾けようとはしません。

娘さんは手を合わせてこの学生に何か一生懸命懇願しているのです。
学生の側には数名の学生と保安隊の兵隊が集まっていました。
そしてその集まった学生達や保安隊の兵隊達は目をギラギラさせながら、この学生が娘さんに加えている仕打ちを見ているのです。

学生はこの娘さんをいきなり道の側に押し倒しました。
そして下着を取ってしまいました。
娘さんは「助けてー」と叫びました。
と、そのときです。

一人の日本人の男性がパアッと飛び出して来ました。
そしてこの娘さんの上に覆い被さるように身を投げたのです。

恐らくこの娘さんのお父さんだったでしょう。
すると保安隊の兵隊がいきなりこの男の人の頭を銃の台尻で力一杯殴りつけたのです。
何かグシャッというような音が聞こえた
ように思います。
頭が割られたのです。

でもまだこの男の人は娘さんの身体の上から離れようとしません。
保安隊の兵隊が何か言いながらこの男の人を引き離しました。
娘さんの顔にはこのお父さんであろう人の血が一杯流れておりました。
この男の人を引き離した保安隊の兵隊は再び銃で頭を殴りつけました。

パーッと辺り一面に何かが飛び散りました。恐らくこの男の人の脳髄だったろうと思われます。
そして二、三人の兵隊と二、三人の学生がこの男の人の身体を蹴りつけたり踏みつけたりしていました。
服が破けます。
肌が出ます。
血が流れます。
そんなことお構いなしに踏んだり蹴ったりし続けています。

そのうちに保安隊の兵隊の一人が銃に付けた剣で腹の辺りを突き刺しました。
血がパーッと飛び散ります。
その血はその横に気を失ったように倒されている娘さんの身体の上にも飛び散ったのです。

腹を突き刺しただけではまだ足りないと思ったのでしょうか。今度は胸の辺りを又突き刺します。
それだけで終わるかと思っていたら、まだ足りないのでしょう。
又腹を突きます。
胸を突きます。
何回も何回も突き刺すのです。

沢山の支那人が見ているけれど「ウーン」とも「ワー」とも言いません。
この保安隊の兵隊のすることをただ黙って見ているだけです。

その残酷さは何に例えていいかわかりませんが、悪鬼野獣と申しますか。
暴虐無惨と申しましょうか。
あの悪虐を言い表す言葉はないように思われます。

この男の人は多分この娘さんの父親であるだろうが、この屍体を三メートル程離れたところまで丸太棒を転がすように蹴転がした兵隊と学生達は、この気を失っていると思われる娘さんのところにやってまいりました。
この娘さんは既に全裸になされております。
そして恐怖のために動くことが出来ないのです。
その娘さんのところまで来ると下肢を大きく拡げました。
そして陵辱をはじめようとする
のです。

支那人とは言へ、沢山の人達が見ている前で人間最低のことをしようというのだから、これはもう人間のすることとは言えません。
ところがこの娘さんは今まで一度もそうした経験がなかったからでしょう。
どうしても陵辱がうまく行かないのです。

すると三人程の学生が拡げられるだけこの下肢を拡げるのです。
そして保安隊の兵隊が持っている銃を持って来てその銃身の先でこの娘さんの陰部の中に突き込むのです。
こんな姿を見ながらその近くに何名もの支那人がいるのに止めようともしなければ、声を出す人もおりません。

ただ学生達のこの惨行を黙って見ているだけです。
私とTさんは二十メートルも離れたところに立っていたのでそれからの惨行の仔細を見ることは出来なかったのですが、と言うよりとても目を開けて見ておることが出来なかったのです。

私はTさんの手にしっかりとすがっておりました。
目をしっかりつぶっておりました。
するとギャーッという悲鳴とも叫びとも言えない声が聞こえました。
私は思わずびっくりして目を開きました。

するとどうでしょう。保安隊の兵隊がニタニタ笑いながらこの娘さんの陰部を切り取っているのです。
何ということをするのだろうと私の身体はガタガタと音を立てる程震えました。
その私の身体をTさんがしっかり抱きしめてくれました。
見てはいけない。
見まいと思うけれど目がどうしても閉じられないのです。

ガタガタ震えながら見ているとその兵隊は今度は腹を縦に裂くのです。
それから剣で首を切り落としたのです。
その首をさっき捨てた男の人の屍体のところにポイと投げたのです。

投げられた首は地面をゴロゴロと転がって男の人の屍体の側で止まったのです。
若しこの男の人がこの娘さんの親であるなら、親と子がああした形で一緒になったのかなあと私の頭のどこかで考えていました。

そしてそれはそれでよかったのだと思ったのです。
しかしあの残虐極まりない状況を見ながら何故あんなことを考えたのか私にはわかりませんでした。
そしてこのことはずーっとあとまで私の頭の中に残っていた不思議のことなのです。

私は立っていることが出来ない程疲れていました。
そして身体は何か不動の金縛りにされたようで動くことが出来ません。
この残虐行為をじっと見つめていたのです。
腹を切り裂かれた娘さんのおなかからはまだゆっくり血が流れ出しております。
そしてその首はないのです。

何とも異様な光景です。
想像も出来なかった光景に私の頭は少し狂ってしまったかも知れません。
ただこうした光景を自分を忘れてじっと見ているだけなのです。
そうしたときTさんが「おい」と抱きしめていた私の身体を揺すりました。

私はハッと自分にかえりました。
すると何か私の胃が急に痛み出しました。
吐き気を催したのです。

 (後略)



まあ、これがあのモングル人襲来の時に朝鮮人がモンゴル人にやった告げ口外交と同じ手口だ。

残酷なモンゴル人にあっちの海に日本人が住んでいると教えて手引し、無実の対馬の住人を餌にして島民全員を残虐に殺し、食ってしまったのである。

俗にいう「対馬の虐殺」という。


大東亜戦争は、日本人となった満州の朝鮮人が起こしたのである。つまり、北はロシア人、南は中国人に今現在文政権がやっているような嘘捏造の話を鵜呑みにさせるような工作活動を起こし、日本人をあたかも世界の敵かのようにプロパガンダし、ロシアやチャイナが日本と戦争し始めたら、自分たち朝鮮人はその後ろに隠れ、その戦争の最中、婦女子を襲い、火事場泥棒をし、双方から利益を不当に得る。

とまあ、こういうことを行ったわけだ。


これが朝鮮人という人形生物に染み付いた天然のDNAの性質である。

古くは、百済の時代の白村江の戦いでも同じことをやったし、
秀吉の朝鮮出兵でも同じことをやったし、
江戸時代の朝鮮通信使の時代でも同じことをやったし、
明治維新の時にも同じことをやったし、
日清戦争の時にも同じことをやったし、
日露戦争の時にも同じことをやったし、
大東亜戦争の時にも同じことをし、
終戦後の日本でも同じことをしたし、
朝鮮戦争の時でも米ロに対して同じことをしたし、
ベトナム戦争の時も米国に同じことをしたし、
そして、今現在も同じことをしつつある。
←いまここ


とまあ、そんなあんなで、朝鮮人のDNAはまったく変化していないのである。むしろ、純化されその特質が強化されたと言えるだろう。


傾向の最大の特徴は、

(1)嘘で固めて悪口を言い始める。
(2)悪口を周りに言いふらす。
(3)その嘘を周りのものに及ばせ、無関係の他人をまき込む。
(4)いつの間にか自分の問題を他人の問題とすり替える。←いまここ
(5)すり替えれた他人同士を焚き付け、無益に戦わせる。
(6)不思議と自分は静まる。
(7)他人同士が戦っている間に留守になった場所で婦女子や子供や老人を襲う。特に女子を襲う。
(8)自分は被害者であり、相手が加害者だと言いふらす。
(9)(1)〜(8)のループを無限に繰り返す。



とまあ、そろそろ日本人は朝鮮人のこういう性格を覚えてちゃんと対処すべし。とにかく、そういう生物が国内にもわんさか、世界中にわんさか、半島には数千万、チャイナにも数億いるわけだ。

遺伝子の問題だから、治る問題ではない。病気でもなければ異常でもない。そういう特質なのだ。

やつらは犬猫を食う種族だ。人間も食う。

クマは人襲う。そういうものと同じことにすぎない。


俺が地球人は一旦滅んだほうが良いという意味が分かるだろ!


いやはや、新しい世の始まりですナ。ゾンビの世ですナ。


いやはや、世も末ですナ。





【緊急事態】友達がソウル駅近くで韓国人男性6人位に囲まれ袋叩きに!:新たなる「通州事件」への道!_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-07-29 16:36 | 韓国・ウリナラ・法則

昨日の「異常震域の深部地震」の謎:超古代ムー帝国のあった場所で地震が起こったのか!?   

みなさん、こんにちは。

いやはや、令和になりあまりにいろいろな不気味なことが起こりすぎて、またETの手も借りたいほどである。しかしいまだそれはなさそうだ。

さて、7月28日早朝3時の地震をメモしておこう。


(あ)異常震域の深部地震

これについては、すでにダマスゴミメディアのニュースもいくつか出ている。なぜなら、非常に稀な変わった地震だったからである。

宮城で震度4、震源は600キロ離れた三重県沖 遠方が揺れる「深発地震」に注意
昨日の「異常震域の深部地震」の謎:超古代ムー帝国のあった場所で地震が起こったのか!?_a0348309_853559.jpg

昨日の「異常震域の深部地震」の謎:超古代ムー帝国のあった場所で地震が起こったのか!?_a0348309_854555.jpg


 28日午前3時31分ごろ、宮城県で震度4を観測する地震があった。気象庁によると、震源地は三重県南東沖で震源の深さは約420キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・5と推定される。震源が深い「深発地震」で、約600キロ離れた宮城県で最大震度が観測された。

 巨大地震は一般に、沈み込む海側プレート(岩板)と引きずり込まれる陸側プレートの境界面付近で発生し、震源の深さは数十キロで揺れは通常、同心円状に広がる。しかし、深い場所で起きた場合、地表に伝わるまでに揺れのエネルギーは大きく弱まるが、固いプレートの内部では比較的弱まらず伝わる。

 専門家によると、通常の10倍以上深い場所で発生した今回の地震は、太平洋プレートが地下深く沈み込んだ先で起きた。震動はプレートを通して東北沖まで伝わった後、日本列島が乗る北米プレートへ接触面から伝わったとみられる。

 気象庁によると、三重県南東沖を震源地とする地震は昭和59年1月に深さ388キロでM7・0、平成15年11月にも395キロでM6・5が発生。いずれも関東、東北が揺れる「異常震域」という震度分布だった。

 深発地震は頻度が少なく防災上の重要性が低いため、国は長期予測をしていない。東北大学の遠田晋次教授(地震地質学)は「深発地震でも、震源が深さ百数十キロだと大きい被害が起きる危険があり注意が必要」と話している。


【地震】三重県南東沖で大規模な異常震域発生!北海道~九州で揺れる P波とS波がはっきりわかれる


(い)異常震域地震

まあ、昨日はすぐに私もこの地震について調べてメモしようとしていたが、昨夜はここ阿南の夏祭りの最終日の花火大会があった。それで、夫婦でそれを恒例で見に行ったのである。そんなわけで、ダマスゴミの方が私より先にあいなった。

今回の地震の興味深いのは、どうやら地震学用語にある「異常震域」という現象である。

その結果、地表の真上から見たら、震源地は和歌山沖でこっちの方に近かったのだが、大揺れした場所はあっちの方の関東東北だった。

昨日の「異常震域の深部地震」の謎:超古代ムー帝国のあった場所で地震が起こったのか!?_a0348309_924517.png

昨日の「異常震域の深部地震」の謎:超古代ムー帝国のあった場所で地震が起こったのか!?_a0348309_924368.png

昨日の「異常震域の深部地震」の謎:超古代ムー帝国のあった場所で地震が起こったのか!?_a0348309_93191.jpg

昨日の「異常震域の深部地震」の謎:超古代ムー帝国のあった場所で地震が起こったのか!?_a0348309_925829.jpg

要するに、揺れた場所と震源地が分極したのである。

これは、その大地震の揺れが、我々のいる西日本のプレートに伝わらず、彼らのいる東日本のプレートで伝播した。

マスゴミ報道はそういう説明である。


(う)日本のプレートの地下構造

さて、そこでネット上で見つかる日本の地下のプレートの構造の模式図をいくつかメモしておこう。

昨日の「異常震域の深部地震」の謎:超古代ムー帝国のあった場所で地震が起こったのか!?_a0348309_943187.jpg
昨日の「異常震域の深部地震」の謎:超古代ムー帝国のあった場所で地震が起こったのか!?_a0348309_943372.jpg
昨日の「異常震域の深部地震」の謎:超古代ムー帝国のあった場所で地震が起こったのか!?_a0348309_943528.jpg


これらを見て分かるように、そして、すでに周知の事実だろうが、我が国は地下において、以下の4つの大陸プレートが折り重なっている。

ユーラシアプレートフィリピン海プレート北米プレート太平洋プレート

箱根の関所より西日本は、ユーラシアプレート上にあり、箱根より東日本は北米プレート上にある。

そこへ南からフィリピン海プレートが食い込み、東から太平洋プレートが押し込んでくる。

おそらく世界でも最も複雑な構造を持った場所である。

2011年の311は、北米プレート太平洋プレートとの境界面上で引き起こされた。むろん、表のメディアでは1個のM9の自然地震になっているが、実際には核爆弾(小型中性子爆弾)の3個の連動した三連発で起こされた地震テロであった。

一方、韓流親中の日本政府官僚やジャムズテックの地震学者たちから和歌山沖で起こってほしいと期待されている南海トラフ地震は、ユーラシアプレートフィリピン海プレートとの境界面上で起こると予想されている。

そして、今回、その場所で起こった。

しかしながら、こういったよく見る、巷に溢れた画像には、北米プレートフィリピン海プレートとの境界面が描かれていない。


(え)北米プレートとフィリピン海プレートとの境界面は?

そこで、あまり見えない一番真ん中の北米プレートとフィリピン海プレートとの境界面はどうなっているのか?

そういうものを見るには、やはり内部が透けて見えないとわからない。というわけで、スケルトンのものはないかと探すとこんなやつが見つかった。

地球内部構造の3D表示 ~日本列島下の地震の分布とプレートの形状~

昨日の「異常震域の深部地震」の謎:超古代ムー帝国のあった場所で地震が起こったのか!?_a0348309_94396.gif

昨日の「異常震域の深部地震」の謎:超古代ムー帝国のあった場所で地震が起こったのか!?_a0348309_944129.jpg
昨日の「異常震域の深部地震」の謎:超古代ムー帝国のあった場所で地震が起こったのか!?_a0348309_9315743.png


今回の地震は地下深部420kmの深い場所で起こった。

その場所は、北米プレートの青色の部分である。その上には何やら「黒い緩衝帯」があり、さらにその上の浅い部分にフィリピン海プレートの紫の部分が乗っている。

その「黒い緩衝帯」とは、マントルのことであり、液体である。

というわけで、今回は、結構な大地震が北米プレートの420kmの地下で起こったが、その振動はその上のマントルでは吸収されて伝わらず、硬い岩盤の北米プレートに沿って表面波(横波)が伝わり、それが関東・東北の地下で大きな振動を引き起こしたのである。


したがって、結論としては、

深い場所の自然地震ほど関東・東北が揺れる。

浅い場所の自然地震ほど西日本が揺れるということである。


とまあ、そんなところですナ。

距離的には、超古代のムー帝国があったあたりの大陸が、長年のうちに日本の下に引き込まれて、その場所あたりが地震を起こしたのかも知れませんナ。なにせ超古代文明の遺産があったかも知れないわけだ。



いやはや、世も末ですナ。




昨日の「異常震域の深部地震」の謎:超古代ムー帝国のあった場所で地震が起こったのか!?_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-07-29 09:44 | 地震・地震予知・噴火

ジョーク一発:「お前が言うな」   

「お前が言うな」
ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_16255949.png


笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。

ジョーク一発:「お前が言うな」_e0171614_11282166.gif


さて、今朝関東東北で地震があったようだが、それについてはまた後ほどメモすることにして、ここでは、

お前が言うな!

という、ネットに出ているさまざまの「お前が言うな」画像をメモしておこう。一種の画像集である。

(あ)「お前が言うな」の定番→蓮舫さん

ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_16175234.jpg

ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_16175859.jpg

ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_1618966.jpg

ニコ生
ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_16292932.jpg

ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_16302135.png



(い)「お前が言うな」Tシャツ

ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_1619930.jpg

ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_16185962.jpg

ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_1619487.jpg

ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_16322891.jpg


(う)芸能人有名人の「お前が言うな」

松坂しげる
ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_10372019.jpg

吉本無芸人
ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_16201116.jpg

文大統領
ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_16201759.jpg

不明
ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_1628476.jpg


(え)女子編
ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_16261895.jpg

ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_22163851.jpg

ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_16195964.png

ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_1633362.jpg


(お)その他の「お前が言うな」
ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_1620369.jpg

ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_16295472.jpg

ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_163189.jpg

ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_1632020.jpg

ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_1644894.png

ジョーク一発:「お前が言うな」_a0348309_16334392.jpg


他多数


いやはや、あまりに「お前が言うな」が多すぎる昨今ですナ。


いやはや、世も末ですナ。




ジョーク一発:「お前が言うな」_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-07-28 16:35 | ジョーク一発