人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 41 )   > この月の画像一覧   

HAARPモニター観察:8月末の450nTの地震電磁波到来!→かなり要注意!グッドラック!   

みなさん、こんにちは。

さて、今日450nT程度の地震電磁波が出たようだ。これは、カナダモニターの波形の位置からすれば、我が国の方向であるから、要注意。一応メモしておこう。

https://www.emsc-csem.org/#5w
a0348309_23005923.png




まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

2019/ 8/31 10:19 更新
高速太陽風が到来し、速度は570km/秒に高まっています。

担当 篠原

コロナホールの影響が到来して、高速太陽風が始まっています。
変化は、昨夜、磁場強度の高まりから始まりました。
2nTと弱くなっていた磁場強度は、
30日23時(世界時30日14時)頃に10nTに強まります。
その頃から速度も上昇し始めて、
今朝、31日6時(世界時30日21時)頃に、570km/秒に達しました。
現在もこの高速風が続いています。

27日周期の図を見ると、
速度の変化は前周期よりも1日ほど早くなっています。
コロナホールが広がったことが影響している様です。

太陽風磁場の南北成分は、時々南向きに強まっています。
そのタイミングで磁気圏の活動も高まっていて、
AE指数のグラフでは、
500~700nTの中規模の高まりが発生しています。

太陽風の磁場強度は高まった状態が続いているので、
速度は更に高まる可能性があります。
前周期は700km/秒を超えるくらいに高まりました。
この後の速度の変化に注目して下さい。

また、磁場が強まっていることから、
南向きの大きな変化が到来する可能性があります
(掲載のグラフでも、最後は -10nTの変化になっています)。
速度が高まっていることもあり、
磁気圏の活動は更に大きな変化になる可能性があります。


太陽は、無黒点です。
穏やかに推移しています。




カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_23024428.png



NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_23025659.gif



X線揺らぎ


a0348309_23031478.gif
a0348309_23031644.gif




電子濃度
a0348309_23035139.gif



さて、GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ


a0348309_23044726.jpg
a0348309_23044456.jpg



地震電磁波が出たのは8月30日UT13時前後から8月31日UT12時の長時間。

この時間で電子密度が下がったのは、西日本と関東ということになる。

したがって、一応、西日本全体と関東全体は要注意ということになる。


しかしながら、450nTとかなり大きいからかなり大きな地震かもしれないと予測できるが、震度5〜6前後ということだろう。


要注意である。


まあ、外れるに越したことはない。



備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif


by kikidoblog2 | 2019-08-31 23:09 | 地震・地震予知・噴火

”フランスのペレ”エンバペ:超高速ドリブルが「フランスの超特急新幹線」並み。他の選手が鈍行に見える!?   

フランスの新しいペレ、エンバペ
a0348309_11324149.jpeg


みなさん、こんにちは。

さてこのブログ2の最後はやはりサッカーのことで終えたい。

1958年のワールドカップのスウェーデン大会。

これにペレが初登場した時、その時の衝撃は



2018年ロシア大会の時にフランスのエンバペが出てきた時の衝撃に匹敵するのではないか?

そのエンバペ選手はいまパリ・サンジェルマンにいるらしいが、そのあまりの速さに敵も味方もついていけない。

しかしやるサッカーはかのペレの目指した極単純なサッカーだった。

ドリブル突破!

ウィングプレー!

このサッカーの原点に近いサッカーは実に面白い。

やはり人は何かの武器を持たないといけない。

周りとの協調性も大事だが、何より、武器を持つことが大事。

自分の武器=個性

であるからだ。

この意味では、昨今の世界のサッカーは武器をないがしろにしている感がありますナ。


かつての釜本選手は右斜45度の角度なら目をつむっても入るという豪快なミドルシュートがあった。



ぜひ若い選手たちは、一般的な練習の他に

FK
ドリブル
トラップ
ロングパス
ロングスロー
タックル
ヘディング
広い視野
運動量
速さ

などの基本技術の中で自分の武器を身につけてほしい。


私の個人的な観点では、エンバペとペレは瓜二つだ。顔も似ている。

ペレは当時100m10秒フラットで走ると言われていた。

エンバペもそんな感じである。

そんなエンバペの最近の活躍がこれだ。



ペレが出てブラジルがサッカーのワールドカップ3勝あげて王国となったように、

おそらくフランスはエンバペの登場で3勝、4勝、5勝として王国の仲間入りするのではなかろうか?

やはり我が国にも伊東純也や鈴木武蔵より遥かに速い、高速ドリブラーが必要だろう。


めざせ高速ドリブラー!

単純明快。

本来サッカーは単純明快なスポーツである。


相手より先にボールを蹴れば良いわけだ。


頑張ろう、日本!



いやはや、世の始まりですナ。



e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-08-31 11:36 | サッカー&スポーツ

浅川嘉富先生のYouTubeのBGMで知った藤木太郎の宇宙音楽:Taro Fujikiのコズミックヒーリングサウンドだった!?   

みなさん、こんにちは。

先日メモした浅川先生のインタビュー:
これの最後に非常にいい音楽があった。最初は気づかなかったが、喜多郎だろうと思っていたのだが、近眼の私の目でもう一度よく見ると、そうではなかった。Taro Fujikiと目に入った。

そこで調べると、ヒーリング音楽専門のコンポーザーだった。これである。
a0348309_11341234.png









なかなか良い曲群ですナ。


喜多郎よりずっと若い世代のヒーリングサウンドメーカーらしいので、ぜひ頑張ってもらいたいものである。


ところで、浅川先生の徳の蔵とはこんなとこらしい。







いやはや、世の始まりですナ。





e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-08-30 11:31 | スピリチュアル

On the peninsula on August 15, 1945 (women and 18 prohibited viewing)   

【Caution to read】The following includes a very scareceful contents! Therefore, do not recommend to see it for women, good children, mentally weak people, and doraemon!
a0348309_12512674.jpg

Hi, Dear Folks!

A really interesting article has been serialized in the blog of Nezusan, Yoshiyuki Onagi.
This seems to be very helpful for people all over the world to know what happened on the Korean Peninsula after the Great East Asia War, so I translated it into English by using the Google translator.

昭和20年8月15日の半島で(女性および18禁閲覧禁止)





On the peninsula on August 15, 1945 (women and 18 prohibited viewing)

A quote from a book.
Please read first.
The description is from the event on August 15, 1945.
(Some words are changed for blogs.)

Camellia flower(Fuyo no Hana):
A record of repatriates from North Korea
a0348309_09460877.jpg

===========

What does it mean that Japan lost?
Wasn't he supposed to fight even if he was alone?
To that end, we should have practiced the Naginata so hard.
If you lose, you should be crushed.
It ’s strange that Japan is lost.
The head of a 12-year-old girl has been confused.
I left my sister and went out alone.

"What will happen to the soldier's father?"
"What will happen to my older brother"
“What will happen to us in the future?”

A camellia flower that bloomed in the flowerbed of the schoolyard where I was walking while thinking about that.
It was quietly blooming in the afternoon strong sunlight.
The petals were dyed light pink, and it was as gentle and beautiful as a dream.
And the calmness of this time.
The afternoon of August 15 flowed surprisingly quietly over me.

After a while, when I went back to school, a man in a military uniform, who was in charge, started to give a little packet to everyone.

“What is this?”
"Kuronic acid potassium"

I hear such a conversation.
Ah, after all, it ’s a smashing, no group self-determination.
I'm relieved for some reason.

“The peninsula people
It is said to kill all people.
In fact, in town
By the mob
Hundreds of Japanese
It seems to have been killed.
I want you to be prepared.
If the bell is three times
を What is in this white packet
Drink me "

The man said to leave that.
People who change clothes, people who start makeup, people who start eating canned foods they bring, people who just cry.
Someone gave me and my sister a caramel.
However, me and my sister were holding their mother's hands firmly and staring at the caramel.

When the hot sunlight leans west and begins to dye the window red, you can hear something strange noise from far away.
If you listen carefully, it is the voice of a human being who has been awakening as a group.

"I am housed in this school
‘Saying the Japanese,
A lot of Peninsulars
"I'm pushing"
Information is conveyed.

"Now take some medicine."
"No, the bell is not ringing"
It becomes noisy and so on.

I was staring at the voice from the window, but as soon as I saw the figure in the distance, I felt blood from my body.
Hundreds of people come with a loud voice in their hands with bamboo baskets and stones.
Somewhere in the school building, a tremendous sound of a broken window glass echoes.
Everyone on the spot squeezed potassium cyanide, and the sound of the bell was trembling with tension.

At that time,
"Children get together!"
I heard the men shout loudly.
I shook my mother's hand who wasn't trying to squeeze my hand and walked towards the schoolyard where he was speaking.
The story of the principal started in front of nearly 20 children.

“Everyone has a request.
Please listen carefully.
Peninsular people
In front of children
Never do anything bad
People.
That's such a race.
So,
, With all of you
In front of those people
”“ Aigo, Aigo,
Help me"
Please cry. "

I heard it and went out in front of the peninsula crowd first.
And as the principal said,
"Sad, sad,
Help me.
Please do not kill.
And begged while crying.

Everyone continued to scream.
Everyone was desperate.
There is only one principal
"Congratulations on Peninsular Independence"
And waving his hand.

The voice of our “sorrow” is obsessed with Urayama.
What could this desperate cry appeal to the people of the peninsula?
Eventually they raised without causing any harm to us.

With the wisdom of only one principal, many Japanese lives were saved, and the people on the peninsula were not made mob.
This teacher's gentle and deep smile is deeply carved into my heart.

Our horror changed into joy because the life that faced "death" was saved.
I went out to the backyard of the school, embracing my heart's stillness in the cry of my “sorrow”.
The back yard continued to a small high mountain slope, where a narrow road passed.
I was walking slowly on that road alone.

The next moment, he stopped breathing and hung himself in the grass, desperately trying to scream in fear.
I couldn't suppress my trembling.

Five young men come from the bottom of the road, singing loudly like a festival.
And the naked women are hung upside down on the sticks of the men.

Each leg is tied to two sticks, and a stick sticks in the center.
The men are crouching while carrying it like a shrine.

A woman's long hair is dragged over the leaves.
The whole body is stained with blood.
And a whispering sound that can be heard faintly.

Ah still alive.

I don't remember how I got back to school.
The scene I saw at this time didn't tell anyone.
However, I vowed to my heart that I will never forget it.

This night, everyone shares their food,
"Because it's a life that doesn't even know tomorrow"
And ate like a banquet.

In the meantime, fire began to rise around the city.
Adults say Japanese houses and shrines and temples are on fire.
As one fire begins to fade, another begins to burn.

It is the first time that Japan loses while watching the fire pillars burning up.
Villagers who have been forced to kill all, men who were trying to kill one woman's voice, and people who have set fire to the shrine,

Until now, I was taught to be “devil rice,” but at that time, the word was replaced by the word “devil dog peninsula” in me.

=========

This sentence is a quotation from P.24-P.28 of Midori Tenuchi's book, “Aoi no Hana-A Record of North Korean Lifting”.
The book is now in two prints, but it will soon be out of stock, and if it is a new publication, the book will be 1300 yen, and now Amazon will be 12,980 yen.

At the end of the war, the author finally got on the train to return to Japan from Shinkyo Station in Manchuria. Spent at school.
The pattern at that time is the above sentence.

I finally returned to Japan, but this time my sister in the sentence was kidnapped by North Korea.
This book spells out the actual experience.

This book is fairly fair and details the people who were very kind to the Japanese, even those from the same peninsula.
Therefore, it is not just a book that has written a grudge.

The book also very calmly states that when returning home at the end of the war, the sister Kahoru, who had a hard time, suddenly disappeared, and it was likely that he was later kidnapped by the North Peninsula.

The sentence introduced above depicts the peninsula attacking the Japanese as a group from the day that Japan lost.
At that time, the peninsula had already been ruled by Japan for 36 years, so at least the peninsula under 42 years old were those who had received pre-war education as Japanese.
Nevertheless, as soon as he knew that Japan had lost, he instantly became a mob and attacked the Japanese in groups.

Their raid is a fierce thing that Japanese people would never imagine.
I take away everything I see.
Even when looting, we are wondering which one to choose, because we are Japanese, and in the case of peninsulas and Chinese, whether they are desks or chairs, after looting is finished, it is just after moving Like, take away everything.
At this time, women can be assaulted by older people and children.
Inserting a piece of wood or a stick into the naked woman's vagina is their traditional art.
Even if you survive, the shape of the external genitalia will change.
In recent years, I have heard that women who have suffered such sexual damage will never stop in Japan.

Even after a solid education as Japanese people, their beasts did not change.
Even if you live in Japan and receive Japanese education for 74 years after the war, it will not change.
As always, crimes like beasts are repeated continuously.

Not all peninsulas are such beasts.
I think 99.9999% are decent people.
However, in the Japanese school system with a tradition of 150 years since the Meiji period, if there was an incident where a female student's head was placed in front of an elementary school gate, all the children in Japan were subsequently moved to school. To do.
Naturally.
That is a sound and wise decision.

If there is an indecent student, even if there is only one person or one case, the entire person must be wary.
This is because it is not possible to know who is a beast with a human skin unless an incident occurs.
Then you have to be vigilant about everything.

Their propensity to forgive them if they say “sad” and cry and prowl.
Those who can only see things in a hierarchical relationship, which is up or which is down, are satisfied if they can feel that they are up.
However, they continue to check their rule for many years every day to continue their satisfaction.

There was a movie called “King of Apology” that misunderstood this psychology as if it were the ecology of the Japanese.
This is because Japanese people always have a psychology of “a tiny soul for a single insect”.

Japan, which has been regarded as an emperor by the existence of the Emperor since ancient times, has a spirit of harmony as the DNA of the people, and it is common to be equal as a person, regardless of their status, position, and vertical relationship There is psychology.
So I can't forgive me if I'm going prostrate, but I can't allow my opponent to go out, and even if I'm a nemesis, it's a common Japanese wisdom to send salt to the enemy.

And that is because it was the Emperor in Japan.
We think that we must once again recognize this as the whole Japanese society.

Dogs have completely different habits depending on their breed.
This has nothing to do with the environment in which the dog grew up.
As individuals, even if they take appropriate actions, the nature of dog breeds is completely different for each breed.

Unfortunately, humans are also the same mammals, and humans have different races and ethnicities.
This is different from the individual problem.

When thinking about society, virtues for individuals are always vices for groups.
To put it the other way around, the vices for the individual are the virtues and benefits of the group.

Even in the company, regular employees cannot attend section manager meetings.
Society is made up of discrimination.
“Don't discriminate” is an illusion.


This a real story. But similar things happened many, when the Japanese people transported from Chosun Peninsula(=Korea Peninsula)right after the Japanese Empire surrendered against the Great East Asia War and the Pacific War.

It was a totally and absolutely hell in the world.

You, the western people should know it as a real history of what happened if you lost the war in Asia.

Good luck to you all!


Oh well, close to the end of the world!

Bonus:
My homeland is far

祖国遙(はる)か




e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-08-30 10:02 | ねずさん、小名木善行

中国の深圳の怪獣!?:こりゃ〜〜、中国軍が作ったキメラ生物だろうナア!?   

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、これは興味深い。何やら新種の生物が捕獲されたんだとか。これだ。

a0348309_13495851.jpg



これは中国で見つかったんだろうか?

顔はクマ、鼻は豚、手足はナマケモノ、皮膚は人に近い。


これは中国版のドクターモローの島の実験のようなものだろうか?

キメラ生物作成の実験をしているのかもナ。


それにしても、鉄のケージを簡単に食い破る力はすごい。

こんなものが歩き回ったら、襲われたらたまったものではない。

人間も食われてしまうのでは?



いやはや、世の末には、それを動かす世も末の生物も現れる。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif


by kikidoblog2 | 2019-08-29 14:00 | UMA:人魚・海底原人

武田鉄矢の今朝の三枚おろし:「マタギ聞き書き」→書き下ろしサイト発見!俺「女も地産地消がベスト!?」   

みなさん、こんにちは。

いよいよ本ブログ2も画像容量がいっぱいになってきた。だから、あたらしい画像を入れることができないので、来月からブログ3に移行する予定である。

またいずれ新ブログは作成し、公開するつもりだが、以前よりは回数が徐々に減ることになるかも知れない。

というのも、私も還暦過ぎているので、そろそろ自分自身のこれまでの研究の総まとめの時期に入るから、しばらく自分の本や論文に集中するつもりだからである。ご了承願いたい。

さて、武田鉄矢さんの今朝の三枚おろしは相変わらず順調に進んでいるようで、私の私見では、おそらく、武田鉄矢さんの「ライフワーク」になっているのではなかろうか?

そんな中、最近の先週、今週やっておられるのが、「またぎ」の話ですナ。

YouTubeにはまだだれもアップしていないようだが、偶然見つけたものに、

水谷加奈さんと武田鉄矢さんの言葉を書き下ろしたものがあった。これである。
a0348309_09335417.jpg



他多数。

ところで、この水谷加奈さんはケタケタ笑う面白い女性だが、
a0348309_09351609.jpeg
飛び切りの美人というわけではないが、スポーツマン系のナイスボディに鍛え上げた女性のようだ。

実は、私自身の意見では、ちょっと間違えば美人かも知れない、美人になるかも知れない、たまに美人に見える時があるというような女性の方が飽きが来なくていいのである。

飛び切りの美人はその美しさや美貌にも個性が強いから、飽きが来るわけだ。デビ夫人だったら、2日で飽きる。いや2時間で飽きるナ。

しかしながら、水谷加奈さんなら、
a0348309_09464791.jpeg

何年もいっしょにいても飽きが来ないだろう。

だから、武田鉄矢さんは何十年もこの女性と一緒にこの番組をやってこられたのではないか?

とまあ、そんなふうに感じるわけですナ。

どうやら若い頃飛び切りの美人だと思ってプロポーズしたという武田鉄矢さんの奥さんとは、仲が悪いんだとか。さもありなん。


だから、世の若者たちに言おう!

美人は3日で飽きる!

は本当だった!

自分の身の回りの出会い、普通の人との出会い。それを大事にしたほうがベターである。

AKB48だとか、タレントさんだとか、女子アナだとか、女優だとか、そういうものを狙っちゃいけませんナ。

そういうのは、狙うんじゃなくて、狙われるようにならないと無理。

まずは自分自身が何かでビッグになれば、そういう女性から狙われるだろうが、さもなくば、普通の人との普通の人生を楽しんだほうが良い。

高望みはしないほうが良いのである。

高望み、変な好奇心、変な野望は、そういうものを熟知している裏社会につけ狙われていいカモになるだけだ。


女性も男性も

地産地消!現地調達。


これですナ。

そして、良い家庭を作れば、良い子供ができる。子供はどんな親であっても信頼してくれる大事な存在だ。

人は他人から信頼されたい存在である。まあ、ヒトモドキはそうではないらしいが。

だから、子ができて子供が自分たちを頼り切ってくれる信頼してくれるというのを知ることは非常にいい経験になるだろう。

親も子供と一緒に成長し続けるのである。

同じことは二度と起きない。

これが「過渡的現象」「一過性の現象」なのである。

我々の人生、我々の宇宙、我々の世界は、みな「過渡的現象」「一過性の現象」なのである。

こういうことについてはまたいつかメモすることもあるだろう。


ところで、ブログの設定画面の新ヴァージョンを使えば、もうちょっと画像を入れることができそうだ。

ということで、今月いっぱいはまだこのブログ2で行けそうですナ。



いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-08-29 09:43 | 武田鉄矢・三枚おろし

DaiGo覚醒!?:DaiGo、京アニ実名報道のNHKにブチギレ「もうNHKには二度と出ねえよ」→GJ!   

山田尚子 ―京都アニメーションが生んだ映画の天才―
a0348309_10162064.jpg

『リズと青い鳥』(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
【フィルモグラフィー】
『映画 けいおん!』(2011)
『たまこラブストーリー』(2014)
『映画 聲の形』(2016)
『リズと青い鳥』(2018)


みなさん、こんにちは。

昨日、NHK他民放が一斉に電通の連絡部の「プランC」の発動により京都アニメーションの犠牲者の名前を実名で放映した。

まあ、結論から言えば、仮名で十分でしたナ。

これに対して、DaiGoがブチギレた!

キタ〜〜!!

というわけで、DaiGoのYouTubeが熱い!

DaiGo、京アニ実名報道のNHKにブチギレ「もうNHKには二度と出ねえよ」
a0348309_1059068.jpg


京アニ実名報道【人の死を金としか考えないマスコミ】の正体を解説【NHKも新聞もグル】


正論!

まさにDaiGo氏のいうことは正論である。全く正しい。


しかしながら、

どうしてこういうことをするのか?

ということについては全く理解できていないようだったナア。残念。


これについても結論から言うと、

NHKも民放も京都府警も

在日朝鮮人のアジト

になっているということなんですナ。

なぜなら、京都府警はいわゆるチョン高こと京都朝鮮学校の守護神である。

そして、NHKや民放の守護神が電通である。


朝鮮人は世紀のサイコパス族である。DNAがすでに証明している。時々刻々とコリア人民共和国、通称韓国の文大統領と側近が証明済みである。

一方、電通やNHKや民放を守護しているのは、自民党の2/3と公明党の全部、そして野党の大半。

せいぜいNHKから国民を守る党だけが、その反対である。

これについてはもうだいぶ前から拙ブログ1と本ブログでメモしてきた。たとえば、以下のものである。

究極のホモ野郎、ジャーニー喜多川が死んだという噂が飛び交う!?

クイズ「コカインルートを探せ!」:綺麗なお姉さんはコカインがお好き?
電通博報堂は「朝鮮女衒のアジト」だった!?:AKB48は”よ・ろ・こ・び・組”だった!?
a0348309_13165178.jpg


「電通がオリンピックでムチャクチャしとる!!!」:電通が間で60億円を強奪!
電通CIA、裏社会に40億円を横流しか?:電通社員は恵まれていますナ?
a0348309_13182211.jpg


あっぱれ「上杉機関」!:韓国の「ファックジャパン」運動!?。「ペニスで畑は耕せない」


このいわゆる芸能界の実質上の支配者に自民党の森元首相がいるわけだ。

麻薬の北朝鮮ルートの元締めである。

それにホモルートのジャニーズを作った自民党の中曽根康弘がいる。
ジャニーズは、日本社会にホモ世界を作り出すこと、ゲイを社会に流布することが目的であった。

だから、マツコのようなやつをスカウトするわけだ。

そんなやつを使って、欧米の偽ユダヤ人ホモが流行させたがる同性愛者のBGLT運動をNHKが支援するわけだ。

だから、マツコがNHKでメインになる番組やら、同性愛者を支援する番組を作り出すわけだ。


「世界に同性愛を流布させる」というのは、だいぶ前の1980年代から「人口削減計画」(Population control)の触れ込みで、ヘンリー・キッシンジャーたちが実施してきたものだが、最初の計画は終戦後すぐに米ロックフェラーの肝いりでできあがった長期計画=アジェンダである。

ウィリアム・クーパー講演パート7:「ジェーソンスカラー」と「研究グループ」
ウィリアム・クーパー講演パート8:「ファティマの予言」と「3つの代替案」

これがいわゆる「影の政府」=Deep Stateの誕生であり、その会議が「ビルダーバーグ会議」や「300人委員会」や、後の「ダボス会議」である。

この中に出てくる「影の政府」の研究を支えるものが、ノーベル賞をとった数学者ナッシュのいたアメリカのランド・コーポレーション、「300人委員会」を暴露したイギリスのジョン・コールマンがいたタビストック研究所などである。

他にも似たようなものは、我々が知らないだけで、フランス、スペイン、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドにもあるだろう。

最近では、スタンフォード研究所ことSRIインターナショナル(スタンフォード・リサーチ・インスティテュート・インターナショナル)が表に出た。

ここではジョン・マクモニーグルがいて、MKウルトラ研究やエスパーの研究を行っていた。その主任の一人がパソフ博士である。

このSRIインターナショナルはいまや表の民間企業になりすまして、我が国のNTTのメインサーバー会社で、インターネットのプロバイダーの役を行っている。

ということは、すでに日本人のNTTのネット通信はすべてSRIがお見通しというわけだ。

さらには、アメリカのCIAやNSAのための研究所である、CSISがある。

こういう組織が、我が国の上にあり、そういうものを通じて、ジャパンハンドラーズが日本の通信、報道、メディアなどを管理してきたわけだ。これがGHQの体制である。政治では、55年体制というものだが、それが大筋でいまも健在である。

それがいまだに電通による日本社会の支配である。

電通は在日朝鮮人特権組織になったから、この74年を通じて、米ロイター、英BBC、共同通信、時事通信のような一見外国企業のようなものも、実はその中の日本担当には在日朝鮮人や韓国人が張り付いて欧米白人になりすましてきたわけだ。

この国内の代表格が、日本記者クラブ。日本〜〜と日本の名がついているが、大半が在日朝鮮人の記者である。

こういう案配だから、日本のメディアは基本反日、反日本人、反政府、反自民である。

公明党は自民にへばりついてこういう組織からの司令を自民党に伝えるだけに存在している。

こういう在日朝鮮人にとって日本人の被害者など糞でしかない。

日本人に益することや日本人の喜ぶことは100%しない。すべては、日本人は彼らの餌でしかない。

最近では、欧米の偽ユダヤ人が行うようになったように、見せかけは日本企業を装う、日本の会社のような名前をつけるが実質は外資系というようなやり方で、見せかけは日本人のための放送局のような形をするが、その裏では韓国や在日のためというわけですナ。


これにて一件落着。めでて〜〜な!


とはいっても、こんなことは、この筋ではだいぶ前から分かっていることなんだがナア。

やっとDaiGoも覚醒したか?

グッジョブ!



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-08-28 11:52 | マスゴミ・ダマスゴミ

最近のアクセス解析結果:「おめでとうございます!1 か月のユーザー数の新記録を達成しました。」   

みなさん、こんにちは。

拙ブログ2と拙ブログ1の閲覧者数は、両方で、だいたい毎日1万2千人前後というところだろうか?

まあ、だいたいが同じ人だろうから、毎日熱心に見ている人は、数千人から1万人というところだろう。

特に地震予知の内容になると多くなる。

昔と比べたらたいしたことはない。

今では、日本語だけにも関わらず、かなり海外の人も見ているようで、見ている国々はこんな感じらしい。まあ、どこまで信用できるかどうかは知らないが。

a0348309_1142359.png

a0348309_1142586.png



ところで、このアクセス解析、あまり真剣に見ていなんだが、たまにこんなものがあるようだ。

a0348309_1135047.png


もう一つがこれだった。

a0348309_1141985.png



たしかに毎秒数千人が見ているという異常な時期が確かにあった。

それでそのときは一応調べてみたが、どこかのサイトでその記事を引用したらしい。

それがこれだった。

2018年 01月 31日 ジョーク一発:「男の顔は履歴書・女の顔は請求書」は本当だった!?久石譲から郷ひろみまで!?


これが7月にどこかで引用されて怒涛のヒット数になったというわけだった。


拙ブログは私個人へのメモの形式だから、誰が読もうが無関係。読まなくても無関係。だから、ヒット数はどうでもいい。

が、両方のトータルでは、すでに日本人の3人に1人が読んだ計算になる。ブログ2が3000万超え、ブログ2が1100万に近づく。東京都の人口に近い。


まあ、要するに、森羅万象、古今東西、過去から現在、数学科学からスピ系にエイリアンまでなんでもござれで、記事数が極めて多い。語彙も多い。

だから、誰か何かをネットで検索すれば確実に俺のブログ記事に引っかかる。

スケールフリーネットワークの仕組みである。

だから、拙ブログでCMして欲しい人も多くいるし、拙ブログを有料化したら儲かるだろうと思う輩も多いだろう。

しかして、俺はそういうものには「今の所」興味ない。


啓蒙するつもりもなく、訓話するつもりもなく、権威づける目的もなく、金のためでもなく、女にもてようというためでもない。


こういう存在が昔から一番厄介な存在らしいですナ。


俺が知りたいことは、

この世の真実のみ!


この世界を知り尽くすこと


これが俺の望みである。

いつになれば、これが完結できるか?



いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-08-27 11:18 | 個人メモ

スピリチュアルの巨匠浅川嘉富先生語る!:「心してその時を迎えよ!」   

みなさん、こんにちは。

いや〜、UFOやスピリチュアルの長老、浅川嘉富(あさかわ・よしとみ)先生、最近は講演会などあまり聞かなくなったので、ご健在なのか?

と思っていたところ、いまだお元気でおられた。それがこれだ。

浅川嘉富先生 インタビュー 八ヶ岳、小淵沢にて
a0348309_9545183.png




浅川嘉富先生のアセンション情報




いや〜〜、実に教訓的な話である。

これにより、どうして

天皇家が最後なのか?

バチカン教皇が最後なのか?

聖書の最後が終末なのか?

よくわかる。


地球の「その時」を迎えるからである。


ところで、この浅川嘉富(あさかわ・よしとみ)先生は八ヶ岳、小淵沢の徳乃蔵(とくのくら)にお住みだとか。

だから、先生のお話を聞きたければ、その山梨県の小淵沢の徳乃蔵に行けばよろしいんだとか。

一度行ってみたい気もしますナ。


いつまでもお元気でご活躍願いたい。


それにしても「すでに人の役割は終わっている」だから、自分自身で自分の思うところをやればいい。スピリチュアルにはまったり余計なことはむしろ逆効果だよというのが実に頷ける。

私自身もまたそういうふうに思ってきたし、感じているからである。

まあ、名前を出して悪いが、例えば、In Deepなんてそういう一人の代表格ですナ。

素人さん、普通の人は、アセンション、陰謀論、スピリチュアル、エイリアンなんて考えなくても良いんですナ。

必要なら自ずとそっちからやってくる。

粛々と自分自身のやるべきことをこなす。その方が真のアセンションに近いのである。

余計な好奇心を持つから、そういう弱い人は不安になり、逆に邪気に心を乗っ取られてしまう(らしい)。

成仏できない人になる。不成仏霊になるんだとか。


今の世界の自然現象、災害、そういうものは、すべてそれらの国々のカルマに根ざすんだとか。

さもありなん!

それにしても、浅川先生の話はすべてが保江先生の話ともつながっているナア。



世の始まりですナ=世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-08-27 09:57 | スピリチュアル

アイラブジャパン:「シン・ジャポニズム」到来か!?→宮崎駿監督の12人の後継者たち!?   

宮崎駿監督
a0348309_10575469.jpg


みなさん、こんにちは。

さて、私は漫画やアニメはおよそ30年前に米国留学から帰ってきて以来まったく読んだり見なくなった。だから、それ以後のここ30年の間の我が国の漫画シーンやアニメシーンはまったく知らない。

その意味では、麻生太郎とは正反対だろうナア。

しかしながら、私の知るアニメと言えば、手塚治虫とかの世代だったわけだから、あれがアニメかと思えば、宮崎駿監督のジブリアニメ以降我が国のアニメがまったく別の次元のアニメへと変貌を遂げていたわけだ。

それは、背景描写や人物描写の精細さであろう。

週刊雑誌の漫画をアニメにして動かす時代から、アニメそのものを大画面の良さを利用する形に変わったのだろう。大画面だからこそ描ける世界もあったわけだ。

そしてCGアニメ技術やディジタル技術の発展も重なり、どんどん描写がリアルになってきた。

そして同じ技術の発展にある中、我が国のアニメは米国のアニメとはまた違った方向に進んでいるわけだ。

米国がCGアニメで3D的な動画を作るキャプチャーモーションの仮想現実的世界へ移行すると思えば、我が国アニメはもっとリアルな絵画ともっとリアルな仮想現実的内的世界とでもいうのか、そういう方向へ移った感じである。

米国の偽ユダヤ人率いる方向は、ライオンキングのやり方だろうが、中身のストーリーは手塚治虫のジャングル大帝の粋を出ない。あるいは、ディズニー王国の王子様と王女様とかの世界からたいして逸脱することはない。

「ライオン・キング」日本版本予告


ディズニーは、王族とその家臣で平民を支配統治し、万事めでたしめでたしのおとぎ話を繰り返し量産しているだけだ。

つまり、米国のものは技術に溺れて、単に映像をや動きをリアルにするというだけ。中身がない。


それと比べると、わが国の最近のアニメは「君の名は」のように、現実世界をアニメにデフォルメしただけの感じのある、リアリティーの高い内容になっていることが多い。

短編アニメーション『 ROAD TO YOU -君へと続く道- 』


だから、それに応じて背景がよりリアルな写真に近い映像となり、そこに我が国特有の自然美が映し出される。

その結果、欧米人には「一度日本へ言ってみてみたい」という外人の欲望を刺激してしまう。


とまあ、そんな感じだろうか?


さて、大分前置きが長くなってしまったが、宮崎駿監督引退後の我が国のアニメの世界の後継者が誰かというのがあったので、こういうのは私は全く知らないので、一応メモしておこう。

ついでにその監督の作品もYouTubeから探して1つずつ付けておこう。以下のものである。

“アニメ映画激戦時代”のいま注目すべきクリエイターは? 新海誠、長井龍雪、伊藤智彦…12人の監督【まとめ】
【朗報】宮崎駿の後継者、12人に絞られる

“アニメ映画激戦時代”のいま注目すべきクリエイターは?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190824-00000008-anmanmv-ent
2016年に『君の名は。』が歴史的大ヒットを記録するなど、近年映画の世界でもアニメ作品の活躍が目立つようになってきました。

今年は特に劇場アニメの公開本数が多く、かつてはアニメ映画と言えばディズニーやスタジオジブリ、一部の児 童向け作品だけだったのが、裾野が広がり多彩な作品が映画館で観られるようになってきました。

アニメ作家にとってTVも未だ重要な表現の場ですが、映画もそれと同じくらい重要かつポピュラーな場所になりつつあると言って良いでしょう。

そこで、現在映画で活躍する注目のアニメ作家を12人に絞って紹介します。

新海誠 ―日本映画の新たなメガヒットメイカー――
湯浅政明 ―日本アニメきっての個性派監督―
山田尚子 ―京都アニメーションが生んだ映画の天才―
細田守 ―パーソナルな体験を大事にする世界で高評価のヒットメイカー―
長井龍雪 ―青春の痛みと優しさ描く感動作りの職人―
原恵一 ―「クレしん」シリーズを国民的アニメに押し上げた功労者―
庵野秀明 ―「エヴァ」で一世風靡、実写も手掛ける国民的映画監督―
河森正治 ―可変メカの第一人者であり、歌とバトルの斬新なコラボの生みの親―
水島精二 ―「ハガレン」「ガンダム00」を成功に導いた個性派職人監督―
水島努 ―サービス精神旺盛な娯楽映画が得意―
片渕須直 ―『この世界の片隅に』で一世風靡―
伊藤智彦 ―「SAO」の成功を糧にさらなる高みへ―


新海誠 ―日本映画の新たなメガヒットメイカー――
a0348309_1012456.jpg

『天気の子』(C)2019「天気の子」製作委員会
【フィルモグラフィー】
『ほしのこえ』(2002)
『雲の向こう、約束の場所』(2004)
『秒速5センチメートル』(2007)
『星を追う子ども』(2011)
『言の葉の庭』(2013)
『君の名は。』(2016)
『天気の子』(2019)



湯浅政明 ―日本アニメきっての個性派監督―
a0348309_1013820.jpg

『夜明け告げるルーのうた』(C)2017 ルー製作委員会
【フィルモグラフィー】
『マインド・ゲーム』(2004)
『夜は短し歩けよ乙女』(2017) 
『夜明け告げるルーのうた』(2017)
『きみと、波にのれたら』(2019)

『犬王』(2021)


山田尚子 ―京都アニメーションが生んだ映画の天才―
a0348309_10162064.jpg

『リズと青い鳥』(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
【フィルモグラフィー】
『映画 けいおん!』(2011)
『たまこラブストーリー』(2014)
『映画 聲の形』(2016)
『リズと青い鳥』(2018)



細田守 ―パーソナルな体験を大事にする世界で高評価のヒットメイカー―
a0348309_1018322.jpg

『サマーウォーズ』(C)2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS
【フィルモグラフィー】
『デジモンアドベンチャー』(1999)
『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』(2000)
『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』(2005)
『時をかける少女』(2006)
『サマーウォーズ』(2009)
『おおかみこどもの雨と雪』(2012)
『バケモノの子』(2015)
『未来のミライ』(2018)



長井龍雪 ―青春の痛みと優しさ描く感動作りの職人―
a0348309_10193269.jpg

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(C)ANOHANA PROJECT
【フィルモグラフィー】
『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(2013)
『心が叫びたがってるんだ。』(2015)
『空の青さを知る者よ』(2019)



原恵一 ―「クレしん」シリーズを国民的アニメに押し上げた功労者―
a0348309_10211595.jpg

『百日紅 Miss HOKUSAI』(C)2014-2015杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会
【フィルモグラフィー】
『エスパー魔美 星空のダンシングドール』(1988)
『ドラミちゃん アララ・少年山賊団!』(1991)
『ドラミちゃん ハロー恐竜キッズ!!』(1993)
『映画 クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡』(1997)
『映画 クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦』(1998)
『映画 クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦』(1999)
『映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル』(2000)
『映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』(2001)
『映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』(2002)
『河童のクゥと夏休み』(2007)
『カラフル』(2010)
『百日紅 Miss HOKUSAI』(2015)
『バースデー・ワンダーランド』(2019)



庵野秀明 ―「エヴァ」で一世風靡、実写も手掛ける国民的映画監督―
a0348309_10224748.jpg

『新世紀エヴァンゲリオン』(C)カラー/ Project Eva.(C)カラー/ EVA 製作委員会
【フィルモグラフィー】
『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』(1997)
『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』(1997)
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(2007)
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(2009)
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012)
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(2020)



河森正治 ―可変メカの第一人者であり、歌とバトルの斬新なコラボの生みの親―
a0348309_10245310.jpg

「マクロスΔ」(C)2017 ビックウエスト/劇場版マクロスデルタ製作委員会
 【フィルモグラフィー】
『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか 』(1984)
『マクロスプラス MOVIE EDITION』(1995)
『劇場版アクエリオン』(2007)
『Genius Party ジーニアス・パーティ(オムニバスの一編を監督)』(2007)
『劇場版マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~ 』(2009)
『劇場版マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~』(2011)
『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ 』(2018)
『誰ガ為のアルケミスト 』(2019)



水島精二 ―「ハガレン」「ガンダム00」を成功に導いた個性派職人監督―
a0348309_10262390.jpg

『楽園追放 -Expelled from Paradise-』(C)東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ
【フィルモグラフィー】
『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』(2005)
『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』(2010)
『UN-GO episode:0 因果論』(2011)
『楽園追放 -Expelled from Paradise-』(2014)
『劇場版 ひらがな男子 序』(2018)



水島努 ―サービス精神旺盛な娯楽映画が得意―
a0348309_1028655.jpg

「SHIROBAKO」(C)「SHIROBAKO」製作委員会
【フィルモグラフィー】
『クレしんパラダイス!メイド・イン・埼玉』(1999)
『映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード』(2003)
『映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ夕陽のカスカベボーイズ』(2004)
『劇場版 ×××HOLiC 真夏ノ夜ノ夢』(2005)
『ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!』(2014)
『ガールズ&パンツァー 劇場版』(2015)
『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』(2017)
『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話』(2019)
『劇場版 SHIROBAKO』(2020)



片渕須直 ―『この世界の片隅に』で一世風靡―
a0348309_10295074.jpg

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」(C)2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
【フィルモグラフィー】
『アリーテ姫』(2000)
『マイマイ新子と千年の魔法』(2009)
『この世界の片隅に』(2016)
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』(2019)




伊藤智彦 ―「SAO」の成功を糧にさらなる高みへ―
a0348309_10312492.jpg

『HELLO WORLD』(C)2019「HELLO WORLD」製作委員会
【フィルモグラフィー】
『劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール』(2017)
『HELLO WORLD』(2018)


とまあ、だいたいこんな感じ。

私の知らない人たち、私の知らない世界というやつですナ。


それにしても、還暦過ぎたオヤジからすると、なんかみな同じような匂いがするんだがナ。


まあ、描かれている背景に、我が国の自然環境がそっくりそのまま描かれるから、日本を描いたという意味では同じような感じがするのも当たり前といえば当たり前かもナ。


かつて葛飾北斎の「富嶽三十六景」とか、
a0348309_10371067.jpg

みな違う場所を描いていたとしても印象としては似ているわけだ。

それが少女アニメ化するとこんな感じになるようだ。
a0348309_1038190.jpg

【めんこい】FGO葛飾北斎のファンイラストまとめ


というわけで、かつて西洋の遠近法と写実主義全盛の時代に、我が国では独自に「浮世絵」が発展していた。

欧米人が我が国へ来るようになり、その「浮世絵」の印象から衝撃を受け、写真の代用品だった写実絵画から印象派絵画が誕生した。

いわゆる「ジャポニズムJaponism」である。
a0348309_1047598.jpg



この西洋欧米人の「写実主義」vs日本の「浮世絵」の対比。

これと全く同じことが今現在行われているのではないか?

俺はそう感じるんですナ。

米ハリウッドやディズニーの「CGアニメ主義」vs日本の「アニメ」の対比。


ジャポニズム     →  シン・ジャポニズム
写実絵画vs浮世絵  →  3D-CGアニメvs日本アニメ



そして、我が国のアニメをみて海外の若者が衝撃を受ける。

この意味では、150年前に起こったことと似たようなことがいま起こっていると言えるのかも知れませんナ。


欧州全盛の150年前の19世紀、西洋人のインテリはこぞって我が国に来たがった。

それから、150年。

いまや世界中のweeabooが我が国へ来たがる。


シン・ジャポニズム
New Japonism



これが平成末期、そして令和の時代のキーワードなのかもしれませんナ。



世の始まりですナ。




e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-08-26 10:52 | アイラブとてつもない日本