人気ブログランキング |

<   2019年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧   

東電の「悪のだんご3兄弟」が無罪放免!:悪魔主義メーソン一家の報復を恐れた永渕健一裁判長!?根性なしだナ!   

みなさん、こんにちは。

いやはや、あまりにいろいろのことが起こりすぎてETの手も借りたいほどですナ。

今日、東京電力の旧経営陣、悪魔の三兄弟の裁判があったが、

a0348309_16055997.jpg


なんと

無罪放免

の判決が出た。

理由は、東電管理職の3人が、地震大津波が福島第一原発を襲うことを予測できたか、できなかったか、その責任が問われるが、できなくて当然という方に東京地裁の永渕健一裁判官が加担した。

永渕健一裁判官
a0348309_16101505.jpg
a0348309_16111073.jpg


そしてその判決の責任を有耶無耶にすべく、いまだに判決文がグダグダ続いているらしい。聞いている人の忍耐力を消失させる目的だろうヨ。

これでは、上級国民は何やっても無罪という実例を再び作ったことになる。

この上級国民なる存在についてはまたメモすることもあるだろうが、まずはこのニュースに関連してメモしておこう。

本当は別のことをメモしたかったんだが、突如この判決ニュースが飛び交ったため、こっちを優先した。


さて、そこでその問題の東電の福島第一原発爆発時のメモを旧ブログ1から見てみよう。

まずはこれ。

(あ)この悪のだんご3兄弟は、あの東電OL殺人事件のときの殺害されたOL渡邊泰子さんの直属の上司だった。

(う)この事件が起こった時の東京電力社内の人間関係については、これである。
東電OL殺人事件
被害者・渡邉泰子
企画部調査課・副長
当時の直属の上司が 取締役企画部長・勝俣恒久(現東電会長)
企画部管理課長には藤原万喜夫(現副社長)
よって、「東電女性管理職殺人事件」も正しい。
OLという言葉には明らかに「平社員」「お茶汲み」というイメージが暗に込めら れており、極めて不愉快。
彼女は、工務部副部長だった父親の遺志を受け継ぎ、「原発の危険性を指摘」する 報告書を作成。
経済リポートも賞を得るほど高い評価を得ていた。
そんな反原発の旗手の彼女が、
プルサーマル計画が本格始動した1997年の3月に
誠に都合良く「殺され」
売春婦をやっていたという報告で、人間としての尊厳を「消され」
彼女の実績・功績は闇に「葬られ」た。
上司の勝俣部長は、翌年「常務取締役」に出世する。

このOLの父親は東電の反原発派だった。

東電には強電部門があったわけだから、本来なら米ロックフェラーの手先ヘンリー・キッシンジャー博士の命令に従って、エジソンのGEやウェスティングハウスの原子力発電所を作るのではなく、ニコラ・テスラの無電線電力輸送でも作ればよかったわけだ。すくなくとも、ニコラ・テスラが世界初でナイヤガラの滝を使って行った水力発電でもOKだった。

しかし、渡邊親子が東電から排除されて一気に東電は原子力発電に踏み切っていった。そして全国で55箇所ほど原発を作り上げた。

この流れからすれば、渡邊親子は何かの大きな黒い力で殺された感じがするわけだ。

おそらく、在日朝鮮電通の第4連絡部=闇事件の実行部=サラリーマン金太郎のモデル、の仕業だっただろう。


(い)2011年3月11日前夜

どうやら私は3月11日の直前にこんなものをメモしていた。



そして、それが終わって後、アラスカのHAARPを見てこれを書いた。





そうしているうちに、東北の岩手沖で巨大地震が発生。



この時、ここ阿南の海岸沿いも非難警報が発動され、私も近くの公民館へ避難し、そこの大型テレビで大津波に襲われる最中にあった東北の人たちの映像を見ていたのである。





そうこうしているうちに、福島第一原発へ巨大大津波がやってくる。

そして、問題の3月14日が来る。



2011-03-14 10:21


この2011年3月のことはここにある。



東電福島第一原発の爆発のあと、私はチェルノブイリの事故処理を見つけて、これをメモしていた。



が、しかし、IAEAの天野は逆のことを言っていた。



同様に、当時の民主党政権の枝野幸男(元国民民主党)は、

ただちに影響はない

と言った。
a0348309_16485790.jpg


そして当時の私の意見はこれだった。



こうしたことを考えると、菅直人と枝野幸男と清水正隆の対処の遅れのせいで、仮に1万人が命を失ったと仮定しよう。実際には3万人規模、数十万人が被害を被った。
すると、1万人死亡させた「業務上過失致死罪」ということになる。上の事故と同様に単純に刑の長さに人数をかければ、
1万年以下の懲役若しくは禁錮又は100億円以下の罰金に処する。
刑ということになる。1人死亡させて7年か100万円以下の罰金という軽い刑を仮定してもこれほどの罪だということになる。

というようなわけで、私の結論がこれだった!



3月11日の直後から3月12日までには津波が福島第1原発を襲った。そして異常が出始めた。

誰が見ても東電幹部の悪の三兄弟も津波が来ることは遅くできたはずである。

だから、今回の永渕健一裁判長の判断は誤判断ということになる。

問題は、なぜわざわざ論争ねたになる誤判断を行ったのか?

ということだろう。


私個人の見方では、この悪の三兄弟に加えて、我が国内の悪魔主義者メンバーであると噂された東電社長だった清水正孝が一番のワルだったわけだ。
a0348309_17004390.jpg
が、この親父はどこへ行った?

この御仁がニックネーム「コストカッター」と呼ばれ、どんどん民主党政権時代に合わせて東電の必須設備をカットしてしまったわけだ。

おかげで、福島第一原発の緊急時冷却装置も機能していなかった。

同じ頃、同じようにして「自民党をぶっ壊す」を釣りにして「日本をぶっ潰した」のが小泉純一郎だった。

こうして、小泉純一郎と清水正孝の2人、および清水の嫁父の勝俣とその家来たち、こいつらのせいで我が国はドツボにはまったのである。

永渕裁判長殿

だれがどうみても、死刑相当だろ!

いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-09-19 17:15 | コンスピラシー

Korean's thick face skin, Sillan's thick face skin: An old story in the Korean Peninsula!?   

Hi, Dear Folks!

A really interesting article has been serialized in the blog of Nezusan, Yoshiyuki Onagi. This seems to be very helpful for people all over the world to know what happened between the Korean Peninsula and the ancient Japan called Yamato or Wakoku(倭国). So, I translated it into English by using the Google translator with some corrections.


韓国の厚顔、新羅の厚顔







Korean's thick face, Sillan's thick face


The top picture is on Mt. Buso.
This is a mural in a temple called "Koranji"(Goransa temple).

The pattern of the female officers of Baekje's Imperial Court who chose to die by defending chastity at the time of the annihilation of Baekje in 660 threw themselves from the Rakkagan(meaning Falling flowers' cliff) to the JinJiang river.
The Goransa temple is a temple built to comfort the souls of the shrine princesses who threw themselves.

The name of the rocky place is Rakkagan(meaning Falling flowers' cliff) because the petals seemed to flutter from the cliff.
The same thing happened as Banzai Cliff during the crushing of Saipan Island 1400 years ago.

On the right side of the picture, you can see the enemy army attacking them to drive them down.
The enemy army is riding a horse and waving his sword.
An enlarged view of this is shown below.


As you can see, there is a characteristic of the helmet.
There is a protrusion protruding from the top of the head.
This spider's protrusion is found in the Tang army and in the Silla army, but the main difference is that the Tang army is made of all metal and the protrusion of Silla is cloth.
Since the picture is clearly a metal projection, the enemy army depicted in this picture is likely to be a Tang army.

In other words, it is generally said that the battle at Baekje Castle was "The Allied Forces of Tang and Silla have attacked and destroyed Baekje", but as far as you can see, the Tang army is attacking, There is no Silla army.
This is also a characteristic of the peninsula that has not changed, 1400 years ago and now.

The peninsula is usually bigger than the Japanese, and has a great attitude, a great attitude, and is immediately intimidating. Even if it is smiling, it's really scary like a yakuza(Korean mafia in Japan) shop. They turn into people, and when they do, they have the wonder that could really corrode the people in front of them.
In other words, they are scary people.

However, when it comes to the battle, they were the same as in the previous Great War, but as soon as the enemy attacked, they shouted “Aigo” and slammed their guns.
So it cannot be used during regular battles.

In everyday life, anyone who is a normal person does not want to fight with people, wants to get along, and avoids compliments.
So, even if there is something to say, I will try to keep myself in the surroundings and melt myself into my surroundings.
However, in such a normal time, they immediately try to trick their opponents and try to pass on their words.
Suddenly, you're terrified and screaming and raising your hands, so you're scared in that sense.
In short, it is “bad”.

It is a sense of responsibility that determines the outcome of the battle.
In high school, the old bad Bancho(the leader of a group of juvenile delinquents) group was terrible people.
But in a real battle they can't use it.
Because it is bad.
Defects lack responsibility.
And those who do not have a sense of responsibility cannot be used in the war.

This seems to be a lot of people who are misunderstood, so the space battleship Yamato is easy to understand.
For example, the story of the space battleship Yamato produced by Yoshinori Nishizaki from the past, for example, “The Warriors of Love” is old and dull.
However, no matter how hard they are hunted down, Yamato ’s crew will continue to fight bravely to the last minute without abandoning the workplace and running away.
It ’s serious.
It is the emergence of a sense of responsibility to protect the place.

However, about 10 years ago, a live-action version of Yamato was made, and an animation with a very beautiful video was released.
The story remains the same.
However, it did not hit at all.
Naturally.
Whether it's the ancient hero Kodai or Mori Yuki, the main characters are drawn as just bad talents with special talents.
The captain of the anime, Okita, is just a man who is intimidating.

Our people know instinct that no matter how much special talent they have, they cannot fight those who lack responsibility.
But people who look like Japanese, speak Japanese, and don't know if they have Japanese nationality, don't know that.
So there seems to be a tendency to think that talented defects are “cool”.
But in reality, no matter how cool it is, the defect is bad.
If there are defective parts in the state-of-the-art weapons, it will be useless in the actual battle. If there are defects on the spot, the battle is impossible.

Return the story.
Originally on the peninsula, Goguryeo, Silla, and Baekje were all subordinate countries of Wakoku(the name of ancient Japan) who made a tribute to Wakoku.
The reason why I became a subordinate was that there was a conquest of the Three Hans by Empress Jin Gong.

The subordinate country must send an ambassador of morning tribute to the sectarian country (in this case Wakoku).
However, Silla attacked the messenger of Goguryeo's morning tribute and took away the items of the tribute that the messenger had.
This incident triggered the Silla conquest again in the days of Yuryaku Tennoh(Emperor Yuryaku).
Their usual practice is to escape when the battle begins.
Eventually, Silla King is captured and vows to never go to Wakoku, but it is still a rebellious act.
Untrustworthy.

So, at this time, a newly started method
“Put the prince of the king ’s trace into hostage in Wakoku”
It was a system.
If the king directs his fangs to Wakoku, the prince will be killed.
Then, because the country has no trace, the country will be destroyed.

This has become a very effective (effective) method.
This method was inherited as a method when Genji and Heike followed the surrounding Australians, and it was inherited as the system of the Great Empire of Mongolia. It was inherited by the method of killing the child as soon as the nobleman betrayed on the outside land in the castle as a guard of the nobility.
In that sense, it was an idea that had a huge global impact.

Baekje accepted two responses to the custom of taking this prince as a hostage.
The problem Silla was accepted with ease.
However, Goguryeo refused to accept it.

The reason for the refusal is obvious.
To take the prince as a hostage to Wakoku, you must pass through the territory of Silla.
But I don't know when the procession will be attacked by Silla.
So it was too risky and I couldn't accept the idea.

However, refusing to offer the prince means that Goguryeo loses the backing of Wakoku.
What Koguryo did there was a thorough strengthening of domestic military power.
This is natural, and there is no backing because the country had to be strong in order to survive.

When a spear is born in midland of China, the spear is exhausted by repeated battles with Goguryeo and will be destroyed in a short period of time.
This was the reason why Goguryeo was a military power.

From the flow so far, I think that Silla feels bad and Baekje is good people.
However, Baekje also sent a bribe to a senior official of the Imperial Court of Wakoku, and was taking a sneak peek at the direct control of Wakoku in the southern peninsula at that time.

As a result, the Emperor became very angry, and Baekje presented to Wakoku just as "I'm sorry", the Tang high monk, the Tang Buddha statue, and the Tang Buddhist scriptures.
This is what we call “Buddhism”.

There is a theory that “Buddhist tradition” is something that Baekje, who has a high culture, “has taught Buddhism” to a low-lying Wakoku.
In the first place Baekje is a subordinate country of Wakoku.
In addition, the gifts for apologizing that all of them are of Tang means that Baekje alone had no property that Wakoku could be proud of.

History is ironic.
After Baekje, who lost the trust of Wakoku, Silla once again gave Baekje a little bit, and robbed Baekje's territory little by little.
This is not a head-to-head war, but an erosion in such a way that the gangsters spread their wings.
When I finally realized, almost all of Baekje's original territory was lost, and Baekje's territory was only the land that had previously been bribed from Wakoku.
This is due to the fact that Baekje before the ruin is going south when looking at the map.

However, the territory Baekje had at that time was directly controlled by the original Wakoku.
And the inhabitants who lived here refused to pay the tax to Baekje for 100 years because they were widows.
They had advanced tax in Wakoku despite the fact that their land was registered in Baekje.
What this means is that the Baekje royal family became extremely poor and the mobilization power of troops was lost.

By the way, the tax of this era is different from the tax in modern Japan.
The tax is basically rice, but the stored rice is stored by the government office for 2 years as stockpiled food in the event of a disaster, and in the event of famine, if the supply of rice is insufficient, the government office In other words, people in the disaster-stricken area can get more than their own rice in an emergency.
In other words, the tax had the meaning of disaster insurance as it was, and anyone who pays accident insurance pays insurance money to a credible and solid non-life insurance.
In other words, the liar Baekje could not be trusted from the public's perspective.

This is actually the difference between the nationality of Silla and Baekje,
Baekje government is not violent but liar.
The Silla government is violent, but payment is good.
There seems to be a difference.

Now, under these circumstances, Tang in the midland of China will use his “Dialogue Invasion” strategy to conquer the Goguryeo that destroyed the cocoon.
It is a strategy to send Tang soldiers to Silla on the other side of Goguryeo and shoot Goguryeo from north and south.

But to do that, Baekje needs to be destroyed first.
So Tang, with Silla (only on the shape), invades Baekje and destroys Baekje completely.
The picture at this time is drawn on the mural painting of the Goransa Temple at the beginning.

It is the Tang army that comes out in front and challenges the battle.
However, it is Silla soldiers who come out after winning or losing and deceive women.
As you can see, the only way left by the women in the Royal Palace in Baekje was to jump off the cliff.

Wakoku sent troops to the peninsula in order to reconstruct Baekje.
It was confirmed that there was no reconstruction of Baekje after a full three-year battle.
In the first place, Baekje ’s Prince Hosho, who had said that he wanted to restore Baekje in the first place, sent his troops out of Wakoku, abandoned the previous war and escaped to Goguryeo. It was.

Wakoku decided to withdraw from the peninsula because it was meaningless.
While watching the Tang Dynasty, Silla suddenly struck the Wakoku and Tang troops when they tried to lift troops from Baekgang River(Hakusuki no e) to Wakoku.

Thus, Silla gained Baekje, and then, with the help of the Tang army, destroyed Goguryeo and acquired the entire peninsula.
However, it is not the efforts of Silla, but the struggle of the Tang army.
Tang finally gets angry and decides to conquer Silla.
However, this is also a good strategy for the “distance invasion” strategy.
The fact that the entire peninsula has become a part of the Silla is the country behind the Silla in Wakoku.

Therefore, Tang sends a messenger to Wakoku and asks "Let's attack Silla together".

However, an incident occurred at this time.
How even Silla,
“Tang will attack, so I want Wakoku to help.”
He asked for a relief from Wakoku.

In the first place, because Silla was a little bit bad, a big battle took place on the peninsula.
It is Silla who invited Tang.
And when the battle started, they just fled and Shira was always hidden under the umbrella of the Tang army.
When Wakoku tries to raise it after the battle, it suddenly fires both Wakoku and Silla, causing both troops to suffer great losses, and at this time the lives of 10,000 Wakoku soldiers are lost. The
That's how it is done, and a request for relief is sent to Wakoku.
There is no concept of shame.
It is always convenient.

This is also a shame for Tang, and when the battle between Wakoku and Tang ends, Silla is confident that "the whole peninsula belongs to Silla".
Tang is surprised at this, and finally Tang decides to attack Silla.

Even now, even though it has been so innocent in Japan, if it is a little financially troubled, it seems like it's easy to say “Swap me now”, but that is not what it has just started, but it was 1400 years ago It is the appearance of his country that has not changed at all.

How will you be determined if you are the political leader of Wakoku at this time?
Together with Tang, if you attack the liar Silla, you may be able to recover as much as the former territories of the former Wakoku in the southern part of the Korean peninsula.
However, when that happens, Wakoku will appear in front of Tang.
In other words, the battle between Tang and Wakoku will begin.

The answer of the Wakoku government officials at that time was clear. that is,
“Neither Tang nor Silla are on their side, and they do n’t respond to requests for reinforcements.”
It was that.
In the first place, Wakoku does not like fighting.
Also, from the background so far, I was completely disappointed with the peninsula.


Thank you for reading.



This story is the one 14 Centuries ago in the Far East around Japan Sea.

This explained why the west sea neighboring the Japanese islands is not called East Sea from Korea but called Nippon Kai, which means Japan's sea or Sea of Japan.

Because, since human beings lived in the peninsula more than 5000 years ago, the southern part of Korean peninsula was immigrated by Japanese people called Wajin (= people from Wakoku) from the north part of Kyushu island in Japan.

This country was called Wa or Wakoku (meaning Japan) and later called Mimana(任那).

Therefore, the sea in between Chosen(=Korea) Peninsula and Japan has been called Nippon kai = Sea of Nippon = Japan Sea by the Japanese.


On the other hand, the recent DNA research tells us that general and typical Korean DNAs show a half mixture of Japanese from Wakoku and Chinese from Tou=Tang(唐). Especially, from Mitochondria DNA research, the mother of Koreans came from the Japanese women while from Y-chromosome research the father of them came from Tang in the midland of China.

It is because the Wajin(=Japanese from North Kyushu) was invaded by the Chinese from Tang about 3000 years ago so that the Japanese men who were mostly farmer and agricultural general people not army nor Samurai were all killed and eaten by them while the Japanese women who were young women and wives of the Japanese men were kidnapped and raped by the Chinese army from Tang.

Then, newly the half blood people emerged so that they became dominant there, called Koreans that was called old time the Chosunese or Chosenjin(meaning people in Chosen peninsula).

Then the age reached the age of the 1400 years ago. This is the story described in the above article of Nezu-san, Mr. Yoshiyuki Onagi.


We, the Japanese have so long long a history that the Europeans cannot believe. Sometimes we found the ancient Earthenwares or Lacquerwares in the strata of 100,000 years ago. Then, from the strata of 20,000~30,000 years ago we found Arrowheads made by obsidian stones, while the people who made these Arrowheads were called Jomon-jin.

These were also very recently found in the strata of the same age in the North America. hence, naturally we can imagine that the roots of the Native Americans once called Indians were Jomon-jin from Japan.

Here, Jomon means Rope patterns on the surfaces of Earthenwares. Since the ropes must be made by rice stalks, they cultivated rice at that time as early as 20,000~30,000 years ago.


The Japanese are the oldest tribes on the Earth.



See you then. Have a nice day!


Iyhaya, new world has come!





e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-09-19 10:21 | ねずさん、小名木善行

台風15号による千葉被害は人災だった!?:俺は千葉県民には厳しいヨ!馬鹿な知事や市長を選んだほうが悪い!?   

3びきのこぶた


みなさん、こんにちは。


さて今回は千葉の人には超絶の厳しい意見。

嫌なら読むな!糞して寝ろ!

である。

台風15号っていつ過ぎ去ったのかいな?

台風16号は?

幸いここ西日本の四国は今年は今の所大きな被害が出なかった。

築50年の我が家でもちょっとした雨漏り程度ですんだ。

ところで、ここ徳島はいつも台風直撃ルートの筆頭である。

私の息子が高知大学に行っていた頃、夏休みの送り迎えで、高知まで送っていくと、その帰りに台風直撃。それも室戸台風のように室戸岬を直撃の上陸であった。

ところが、その高知から徳島阿南までルートで一番海岸沿い、ちょっと山中を通るルート、高速道路ルートの3種類があるのだが、もっとも馴染んでいた海岸沿いで帰った。

だから、ちょうど室戸上陸のその瞬間に一番海岸沿いの道路を海岸線に沿ってくねくねと走ったのだった。

まあ、夜も更けてあたりも真っ暗闇だったからまったく台風の状況に気づかなかった。

だから、自分が今どういう状況にあるのかまったく驚かなかったが、もしその時海を見たら、押し寄せる大波の衝突でそのしぶきが道路にかぶさってくるのを見て恐怖を覚えたに違いない。

我々四国の太平洋側の人間はいつもこういう危険と隣り合わせで生きてきた。

だから、台風一過。

みなご近所さんと顔を合わせてお互いが無事かどうか確認する習慣すら出来上がっている。


ところで、この辺の海岸にはかならず防風林の松林が植えてある。例えばこんな感じ。

阿南の北の脇海岸(俺のジョグコース)
a0348309_15511865.jpg

この防風林があるのとないのと雲泥の違いになる。

まさに命綱なのだ。


そんなわけで、今回大きな災害になった千葉県。

そのあたりの防風林がどうなっているのか見たところ、

驚き、桃の木、山椒の木!

なんと千葉の防風林はちっこかった!小さい。

a0348309_15563836.jpg


なんじゃ〜こりゃ〜〜!!

こんなもんで、巨大台風が防げるはずがない!

なんか普通の風を防ぐための防風林なんですナ。


さらに驚きはこれだった!

「見える海」へ防風林伐採 米視察受け、千葉市長が方針 幕張~稲毛 人工海浜





海は最高の自然なのに、それを隠すように樹木が植えられているのはおかしい」-。

熊谷俊人千葉市長
a0348309_16011286.jpeg
は24日、自身が進めようとしている海辺を生かした街づくりについて持論を展開し、稲毛・検見川・幕張の人工海浜に沿って茂る防風・防砂林のうち不必要なものは原則伐採・間伐して海を見えやすくする方針を明らかにした。幕張の防風林の管理者は県のため協議が必要になるが、本年度中に市がまとめる「海辺のグランドデザイン」の中に盛り込み、千葉県に協力を求める考えだ。

 24日に開かれた定例記者会見で、8~12日に行った米国西海岸の視察結果を報告した熊谷市長は
現地ではビーチを遮るものがなく、オープンで入れるようになっている
と指摘。一方、市内の浜辺については「分厚い木々に覆われ、外側から海の存在が感じられない」と課題を強調した。


いやはや、この市長は

IQ80

くらいかな?

米国の西海岸と米国の東海岸では台風に関して正反対。

偏東風のせいで、西海岸は台風が上陸しない。一方、東海岸は台風上陸のメッカである。


千葉って西海岸、東海岸どっちだ〜〜!


ビンゴ!東海岸。

つまり、台風が直撃する、上陸するサイドにあるわけだ。


西海岸を視察して意味があるのかいな?

見に行くのは、東海岸のフロリダとかサウスカロライナとかでしょ。




たぶん、この大馬鹿市長は、米西海岸のカリフォルニアのハリウッドとかユニバーサルスタジオとかそんな場所だけ見てきたんじゃないのか?

あまりにも大馬鹿すぎる。


また、せっかく植えた樹木を伐採するというのはもっともやってはいけないことだ。

樹齢数十年育てるには並大抵のことではできないからだ。

御神木のようなものである。


馬鹿なリーダーを選ぶとその地が滅ぶ。

まさにこの教えの通り、一人の若いバカ市長を選んだばかりに、台風のない米西海岸のマネをして防風林を伐採。

その挙げ句に、最悪の停電被害を受けた。


まさに人災ですナ。


まあ、そういう意味で、俺個人はまったく千葉県民に同情しない。

自業自得だよ!


さいきんグーグルアースを見たら、なんと去年の台風の合間で屋根の上で雨漏りの修理をしている俺が写っていたよ。

そんなふうに、四六時中、徳島の人たちは、もしかのために時間を割いてきた。

いまや台風に地震や津波も加わった。


だから、防風林、耐震建築、防波堤、。。。と大変なんだ。


それにしても、3びきのこぶたっていうのは、狼というのは、

トルネードやハリケーンや台風のことを象徴したのではなかろうか?

まさしく的確な防災意識のある無しを描いているとしか思えない。


巨大台風には、藁の家はNG。

木の家もNG。

レンガの家はまあ台風には良いが、レンガの家では地震で倒壊する。


ところで、バカ市長。こんな発言もしていたようだ。


あまりにおバカすぎる。

まあ、こんな市長とか、あんな県知事を選んだ天罰というわけですナ。


しかしながら、事が起きてからではおそすぎるわけだ。

最善の準備が必須。

しかし、そうは言っても災害が起こってしまった場合、

やはり自衛隊の出動を求めるべきだったのでは?


パヨク市長、パヨク県知事。

どうやらこういう連中を選んだ地方自治体から滅んでいるような感じですナ。


千葉県民のご健勝を願いたい。


いまや被災地は例によって日本全国から来る「火事場泥棒」の格好の餌食になっているとか。

あのミンジョクの出番らしい。

要注意である。





いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-09-18 16:31 | HAARP・台風・ハリケーン

アイラブジャパン:「共感能力」これが日本人の最大の特徴だった!?ラグビーW杯から見えた日本人の「おもてなし精神」の根源!   

相手の立場を共感する能力
a0348309_10061952.jpeg
みなさん、こんにちは。

さて、もうすぐ世紀のラグビーW杯が我が国の大阪で開幕する。日程はこれ。

a0348309_08180044.jpg

開幕戦は、我が日本代表vsおそロシア。

a0348309_08182063.png

北方四島はこの試合に勝った方がもらうってどうだ?

ジョーダンは吉本。


今回は、このラグビーW杯に関して見えてくる日本人だけの特質というものについて、ちょうど面白いものがいくつあったので、それらをリンクさせてメモしておこう。

もちろん、これはラグビーW杯だけに限ったことではなく、バレーボールW杯、サッカーW杯、野球W杯、柔道W杯、エアレースW杯、。。。なんでも言えることである。


まずラグビーW杯が開幕すると、それぞれの国のチームは合宿地が必要になる。つまり、日本の事情偵察も兼ねて、キャンプするわけである。

そして、その次は、大会直前にキャンプ地が必要になる。

したがって、どこでどの国がキャンプを張るか、それが重要になるが、そのためにはキャンプ地が運営できる地方が出てこなければならない。

大抵の国では、そういう面倒なことを行うのを嫌がる。だから、なかなかキャンプ地に立候補する場所がないということが問題になる。


ところが、我が国では、いつも率先して非常に多くの地方自治体が立候補してくるのである。

たとえば、ラグビーの場合、最初に立候補した地はこんな感じだったようだ。



a0348309_08323632.png

たった20チームのために全国90もの地方自治体が手を挙げた。

そしてそれらの中から審査を受けて、最終的には59自治体の52箇所ほどが決定されたようだ。


a0348309_08354829.png
a0348309_08355667.png

我々の知らないところで、そういうキャンプ地で各国の代表チームがキャンプを行った。


そして、国へ戻り、また練習し、最終調整の場に戻る。これが事前キャンプ地である。




20箇所以上あるので、ここではほんの2つほどだけメモしておこう。


(あ)ジョージア代表の事前キャンプ地:鳴門市

ここ徳島の鳴門市はジョージアの事前キャンプ地になった。

そして鳴門のグラウンドで、練習を行ったとか、鳴門の市民との交流を行ったとか、最近徳島ニュースで何度も出てきた。










(い)ウェールズ代表の事前キャンプ地:北九州市

同じように、ウェールズのキャンプ地になったのが九州の北九州市らしい。

a0348309_08474384.jpg

鳴門市でもジョージア代表を総出で大歓迎したように、北九州市でもウェールズ代表を総出で大歓迎したようだ。





鳴門市でも北九州市でもそれぞれの国の代表を迎える際に、それぞれの国歌を歌って出迎えた。

グルジア国歌やウェールズ国歌である。

グルジア国歌

ウェールズ国歌


おそらく、キャンプ地や事前キャンプ地のそれぞれの自治体でこういう催しや行事が行われたはずである。


我々日本人はこれがごく自然でだれも不思議には思わないだろうが、それがそうではないということなのだ。

かつて日韓ワールドカップ(=サッカーワールドカップ日韓大会)のとき、我が国では今回のラグビーW杯と同じことが起こった。

しかし、韓国ではそうではなかった。

韓国人は、自チームの韓国代表と同じグループの代表に対して、負けてもらうためにありとあらゆる作戦を練ったのだった。

イタリア代表やフランス代表を辺鄙で不便な場所にキャンプ地にした。

シャワーが出ない。ロッカールームに蛇がいる。飯がまずい。。。。。


おまけに、試合になったら、審判団が韓国に買収されていた。

今回のU18野球W杯韓国大会でもそうだった。U18日本代表は毎試合試合会場へバスで3時間もかかったのだ。


ドイツでも、イタリアでも、ブラジルでも、どこでもそうだった。

だいたいこれが普通の諸外国人のやり方で、特に韓国はひどかったが、だいたいの線上にある。

ブラジルW杯の時も日本代表は、一番不便な辺鄙の3会場をあてがわれたのだった。
レシフェ→ナタール→クイアバ
a0348309_15351780.jpg


ところが、我が国では

敵に塩を送る
a0348309_15362683.jpg
という言葉通り、同じグループであろうが、歓待するのである。

お・も・て・な・し



過剰なまでのおもてなしを行うわけである。


たしか、かつての島田陽子がヒロインを演じた映画「将軍」


では、アンジンさんを迎える侍の妻、島田陽子に歓待を命じるが、その中で、夜の友にもなった。

だから、ショーグンを観たことのある外人は、日本人の夫は客人に自分の妻を提供する風習があると誤解される始末になったほどである。

思い出せば、昔我が家へ今年ハイネマン賞をとったビル・サザーランド博士が来た時、我が家でいつもゲストハウスとして使う近くのコテージに宿泊してもらった。

食事は自炊する方式だから、我が家で食事を用意したのだが、我が家とコテージを行ったり来たりと食材や食器等を運搬する。そして、翌朝の朝食も用意ししなければいけないということで、私が私の妻とビルを二人きりにして、出かける用事があった。

その時、私がコテージのドアを閉めて出る時、ユタ州のソルトレークの映画館でショーグンを観たことがあり、日本の風習に興味を持っていて、その時初めて日本へやってきたばかりのビルは、まさにショーグンと同じような歓待を受けたためか、まさかこれがショーグンのあのシーンを提供するのかとビルが一瞬ぎょっとした、というより、えってとした感じになったことを思い出す。

むろん、すぐに戻って来るちょっとした用事だったので、戻ったら「な〜んだ」という感じだったんだナ。

そのコテージは4人宿泊のシステムだから、我々が一階、ビルが二階に泊まったわけだ。

二度目に来日で我が家へ来たくれたときは、奥さんのヴェロニカさんといっしょだったが、そのときはビルとヴェロニカさんが
1階個室、我々が2階のテラスに泊まった。


というわけで、罪作りなショーグン、結構日本人の「おもてなし」には夜の友、あるいは、夜のお相手までも入っているのかという誤解が西洋白人種には広まっていたわけですナ。


さて、脇道のそれてしまったが、もとへ戻すと、

どうして我が国民にはこういう大歓待、大歓迎、おもてなし、の精神があるか、出るのか、というと、どうやらこの地球上で唯一

日本人だけが違う

ということらしい。


それがひょんなところから見つかった。


アメリカのゲーム制作者が、日本人と他国民との違いを見つけていたのである。

結論から言うと、それは

共感性の違い

というものだった。



一部抜粋しておこう。

――ゲームを作る上で、日本という市場をどう見ていますか?

デヴィッド:作品を売るための戦略とかは特に考えていないですし、ゲームを作る上でも基本的に自分が情熱を感じたものを題材にしているため、特定の国を意識したりとかはあまりないんですが、日本では特にQuantic Dreamの製品は評判がよくて、自分の作品がこんなにも受け入れられたことについては、驚いています。「HEAVY RAIN」以降、ずっとQuantic Dreamのゲームは売れ続けているんですけれども、アジアの中でも特に日本での売れ行きがいいんです。

――その理由については、何か思い当たることなどはありますか?

デヴィッド:ストーリー主導型のゲームというものが、日本は他の文化圏よりもウケがいいようですね。あと、「Detroit: Become Human」の場合ですと、アンドロイドという存在が日本で特に受け入れられていると感じます。もしくは日本の方は、アンドロイドに抵抗がないと言うべきなのかもしれません。恐らく日本はロボットの文化が盛んなのもあり、ロボット技術も進んでいるためでしょうか。

――日本人がアンドロイドに抵抗がないのは、既にアンドロイドを題材としたゲームやアニメ、漫画などが割と多いこともあるかもしれませんね。

デヴィッド:それもやはり、日本ならではの傾向なのでしょうね。でも本当に、これほどまでに受け入れてもらえるとは思っていなかったので、私自身日本で大成功ともいえる成果を出せたことには、とても驚いています。日本のファンはとても情熱的で熱量が凄く、考察なども深いので、私も毎回来日するのが楽しみで、そしてファンの方から学ぶことも多いです。

――アジアの中でも日本だけ特殊ということですが、例えば「Detroit: Become Human」のフローチャートからわかる日本人特有の傾向とかはありますか?

デヴィッド:日本の特色というのは、フローチャートでも確かにあります。まず一番にくるのは、共感能力です。選択肢において、共感を必要とするチョイスは、日本人がぐっと高いんですよ。それは、アンドロイドの立場になって共感するのも、人間の立場から共感するのも同じ傾向です。

――なるほど、必ずしも自分が操作するアンドロイド側にだけ共感するわけじゃないんですね。

デヴィッド:そうです。例えば、エンディングのほうでカーラがバスのチケットを見つけるシーンがありますが、あのチケットの持ち主は赤ちゃんがいる若い人間の夫婦じゃないですか。カーラがチケットを手にしたあと、その夫婦が戻ってきてチケットをなくしてしまったと取り乱す場面で、夫婦にチケットを返すかどうかという選択肢が出現するわけですが…大抵の国では、チケットを返すのが大体40%、自分のものにしてしまうのが60%くらいなんです。なのに、日本は85%が返すんですよ。他の国の2倍以上の人が、人間の夫婦のほうに同情をして、チケットを返してしまうんです。

a0348309_09232204.jpg

――しまった、私は毎回あそこで返さないほうを選んでしまう日本人です(笑)。

デヴィッド:oh…(笑)。でも本当におもしろいですね。他者への思いやりを示すところとか、非暴力的なところとか、そういうチョイスに関して日本の人は本当に高い傾向を示すんです。他の国とは全然違う、日本唯一の特色なんですよ。

また、日本人は、アンドロイドに何か重要な選択を任せるかどうか、というところでも抵抗感がないようです。例えばメニュー画面でクロエが色々と語り掛けてきますが、クロエの語る言葉への共感、そして彼女に言葉に耳を傾けるかなども含めて、日本人は世界的に見て高い傾向を示します


つまり、日本人だけが、相手が

猫であろうが、犬であろうが、アンドロイドであろうが、白人であろうが、黒人であろうが、朝鮮人であろうが、支那人であろうが、エイリアンであろうが、宇宙人であろうが、だれであろうが、

相手に対して思いやりを示す

相手の立場で物事を考えてやる

しかも非暴力的に行う

言い換えれば、

相手に共感し、思いやりの心で、心の底からのおもてなしを行う

のである。


これが日本人だけの特徴なのである。


まあ、いわゆる「YAP遺伝子」由来のお人好し遺伝子の為せるわざ。

こまったものですナ。


この日本人の特質のために、ラグビーW杯にきた各国代表、そしてその代表の立場から日本を見るサポーターたちが、驚異的に驚くというわけらしい。


一言でいうと、

そんなことは日本人しかありえないわけだ。



我々が一人でフランスやイタリアに旅行すれば、

まず1日で身ぐるみ剥がされる。

だれかにアイスクリームをつけられ、そいつと応対しているうちに、これを取ろうとバックパックを下ろした瞬間、それを別の誰かに盗まれる。

ちょっと美人に話しかけらた瞬間に財布を盗まれる。

韓国や東南アジアやインドでタクシーに乗れば、確実にぼったくられる。


米カリフォルニアで一人で裸同然の格好してあるいていれば、屈強な黒人共に狙われて、なかやまきんに君のようにケツの穴を掘られる。


とまあ、それが世界標準である。


そんな中で我が国と日本人だけが、いっしゅのオアシス状態にある。


しかしながら、そういう事実はNHKも民放も真逆に報道する。


とまあ、そんな感じらしいですナ。



いずれにせよ、やるからには勝つ!正々堂々と勝つ!

侍魂

これが日本人なんですナ。



頑張れ、日本代表!




いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif


by kikidoblog2 | 2019-09-18 09:43 | アイラブとてつもない日本

恐ろロシア:ロシアの猛毒ウィルス研究所が大爆発!?空中散布の恐れ!?ついにバイオ・アルマゲドンかいな!?   

みなさん、こんにちは。

いやはや、ほんとあまりに色々のことが起こりすぎてETの手も借りたいほどですナ。

いよいよ恐怖の大王が降ってくるのでしょうか?

なんとロシアの細菌兵器研究のバイオ研究所で謎の大爆発が起こり、吹っ飛んだようだ。これ。

a0348309_18380024.jpg



【原因不明】ロシアの主要なウイルス研究所が爆発 HIV、エボラ、炭疽菌、天然痘など貯蔵
公開時間:2019年9月16日14:01  
シベリアにある世界最大のウイルス研究センターの1つは、エボラ、HIV、炭疽菌などの株で知られる秘密の化合物を突然爆発させた後、炎に包まれたと伝えられています。
ノボシビルスクから数キロ離れた科学の中心地であるコルトソボで発生した火災に対応するため、月曜日に消防士と救助隊がスクランブルされました。
爆発と火災がベクター研究所と呼ばれるロシアのウイルス学とバイオテクノロジーの研究センターに影響を与えたため、状況は通常の緊急事態から重大な事件にすぐに改善されました。
この研究所は、エボラと肝炎のワクチンを開発したこと、および免疫学を取り巻く流行と属の問題を研究したことで知られています。冷戦中、それは現在廃止されているソビエト生物兵器プログラムの一部であると考えられていました。
つまり、天然痘、エボラ、炭素菌、および特定のペストなど、最も危険な株のいくつかは研究所の建物内にまだ保持されています。
そのことを念頭に置いて、緊急事態省の地方支部は迅速に電話に応答し、13の消防車と38の消防士を送り込み、到着後数分で6階建ての建物に入りました。 火災があり、すぐにいくつかの4階に消滅した「建設工事」とはされていたに行います。
地方当局による報告は、詳細については明らかに軽微であり、さまざまな情報源が、建設現場で火災を引き起こしたのはガス爆発であったことを示唆しています。1人の建設労働者が足に火傷を負い、外傷治療のために病院に運ばれた。
コルトソボ市長は、彼の側では、この地域では有害物質の放出はないことを国民に保証しました。それでも、爆発の原因は不明のままで、調査が開始されました。
https://www.rt.com/russia/468919-russia-virus-lab-blast/
翻訳: Google

はたして、凶悪な猛毒ウィルスが爆発くらいで死ぬだろうか?

クマムシですら真空の宇宙空間でも生きながらえると言われている。

最近では、イスラエルの月探検船が、大量のクマムシを積んで着陸する予定が、途中で墜落したというニュースがあったばかりである。

ひょっとしたらクマムシを大量に月面に撒いたかもしれないのである。



それと同じで、燃え尽きたと思っている猛毒なウィルスや細菌の類が空中散布された可能性もある。

さらには、SFホラー的に空中で加熱されて、何種類ものウィルスが合体し、新しい超超〜〜超凶悪ウィルスに進化して落ちてくる。

とまあ、そんな可能性も捨てきれない。


はたしてどこへ降ってくるのか?

たぶん一番最初はロシアの東部、そしてアメリカ大陸へ行き、それからヨーロッパへ行って、最後にロシア西部からアジアへと降り注ぐ。


今後を注目しておきたい大ニュースですナ。

まあ、フェイクニュースであることを願いたい。


それにしても、わざとやっている可能性もあるナ。




いやはや、世も末ですナ。






e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-09-17 18:55 | バイオコンスピラシー

トータル・リコールはまじだった!?:誘拐された子供達が火星で強制労働させられていた!?   


Total Recall
a0348309_10473047.png

みなさん、こんにちは。

さて、このブログの終盤、画像をセーブするために、それまでの旧編集画面から通常編集画面に変えて使っているわけだが、そうしたら、だいぶ昔に一旦はセーブしたが、それっきり記事にポストしないまま、忘れていたものがいくつかあるということが分かった。

そこで中身を見ると、結構ここにふさわしい怪しいものだった。そんなわけで、2017年の2年前のものだが、一応メモしておこう。以下のものである。

ちなみに、これはさらに新しい、新新編集画面を使ってメモしてみた。が、うまくいかないので、また新編集画面でやり直した。


e0171614_11282166.gif



いや〜久しぶりにここにぴったりの話題炸裂した模様。以下のものである。

a0348309_08573204.jpeg






地球から誘拐拉致された子供たちが火星の植民地で奴隷として使役されているという驚きの証言がとびだした。米国のラジオ番組「アレックス・ジョーンズ・ショー」で、元CIA職員ロバート・デビット・スティール氏が暴露した。ロバート・デビット・スティール氏はCIAでスパイ活動に携わっていたとされる人物。ワシントン・ポストなどが報じた。スティール氏「火星には植民地が存在している。さらわれた子供たちが宇宙船に乗せられ、20年かけて火星に送られる。一度火星に送られたら地球には二度と戻ることはできない。だから火星の植民地で奴隷として生きるしかなくなる」この発言を受け、NASAスポークスマンのガイ・ウェブスター氏は「火星に人間はいません」と否定のコメントを発表した。

はたしてこの元記事はどれか?

ということで調べると、次のものだった。


The situation for human beings on Mars is dire, and not just because the red planet's atmosphere is mostly carbon dioxide and the average temperature is -81 degrees.
There's also the issue of the child-trafficking ring operating in secret on the planet 33.9 million miles from earth, according to a guest on the Alex Jones Show.
“We actually believe that there is a colony on Mars that is populated by children who were kidnapped and sent into space on a 20-year ride,” Robert David Steele said Thursday during a winding, conspiratorial dialogue with Jones about child victims of sex crimes. “So that once they get to Mars they have no alternative but to be slaves on the Mars colony.”
[Megyn Kelly calls Alex Jones’s Sandy Hook views ‘revolting’ — but says interviewing him has value]
NASA did not immediately respond to requests for comment.
But Guy Webster, a spokesman for Mars exploration at NASA, told the Daily Beast that rumors about live humans on Mars are false.
“There are no humans on Mars,” he said. “There are active rovers on Mars. There was a rumor going around last week that there weren’t. There are, but there are no humans.”

そこで、このインタビューのあるアレックス・ジョーンズの番組とはどれか?

と探すと、以下のものだった。



まあ、この元CIA職員だった人がいうには、世界には小児性愛ネットワークがあるのみならず、小児を誘拐し、解体して、人体パーツに分解し、成長ホルモンを取り出して、エリートやセレブたちに撃って寿命を延ばすという信じられないことをしている連中がいるという。

これがいまヒラリー・クリントンがそのボスの一人として問題になっていることであるが、これについての調査でトランプ大統領と対決しているという。

この話の文脈の中で、さらに上の、誘拐された子供たちが20年のフライトで火星の植民地へ連れて行かれるという話が出てきたというわけである。

ディズニー『ピノキオ』(1940) より 「遊んでばかりの子供はロバになる」

いやはや、ディズニーのわくわくランドは火星にあったというわけか?

ディズニーのピノキオ → リアル → トータル・リコール
わくわくらんど    → 火星
ドンキー       → 強制労働者
役に立たない子供   → ボディーパーツ→成長ホルモンやアドレナリン剤など


20年のフライトということは、10歳で拉致されたとしても火星に到着する頃には30歳になり、強制労働者にはちょうど良い年齢になるということである。


実は、このことはだいぶ前に私はここでメモしたことがある。

あのミルトン・クーパーの講演のことである。これである。

ウィリアム・クーパー講演パート8:「ファティマの予言」と「3つの代替案」

「ジェーソンソサエティー」は、その科学者たちの発見を確証し、「代替案1、2&3」と呼ばれる、3つの勧告を行いました。
「代替案1」は、「核兵器を利用し、爆風で成層圏(Stratosphere)に穴を開け、そこから熱と大気汚染物を宇宙空間に逃がす」。熱頼みで、大気汚染ではない。「そして、環境破壊の文化から環境保護の文化へ人間の文化を変革する」というものでありました。これは、人間本来の性格と核爆発が創出するだろう付随したダメージのため、もっとも成功する見込みが薄いと判断されました。
「代替案2」は、「地下都市と地下トンネルからなる広大なネットワークを建設し、その中であらゆる文化と職業の選ばれた代表が人間種のために運ばれて生き残る。そして、他の人間どもは、惑星の表面に残って自己防衛する。」というものでありました。
「代替案3」は、「選ばれたわずかのものが地球を離れて宇宙空間に植民地を作るために宇宙人テクノロジーや通常テクノロジーを開発する。」というものでありました。私は、その計画の一部として、機械労働のため使われる人間奴隷たちの「集団委託販売(Batch Consigments)」の存在を確証することも否定することもできません。
「アダム」というコードネームで呼ばれた月(Moon)は、第一番目の関心のある対象物でありました。その次が、「イヴ(Eve)」というコードネームで呼ばれた火星(Mars)でありました。
1つの遅延行動作戦として、「3つの代替案のすべてが、出産制御(Birth control)、不妊(Sterilization)を含みました」、強制が必要とあらば、地球人口の増大を制御し遅延させるように恐ろしいマイクロチューブの導入をも含んでいました。エイズ(AIDS)はこれらの計画の結果の”1つ”にすぎません。他にもたくさんあります。「人類という種族が、我々の社会から不必要な要素を取り除くことに最大の関心がある」と決定されたのであります。連携した米ソのリーダーたちは代替案1を放棄しましたが、みえないところで同時に、ただちに代替案2と3を開始する作業を命令したのであります。ワシントン州の人々は、機械化した地下都市がおそらく正しいとここにリポートしています。1959年に、ランド・コーポレーションは、「地下深部建設シンポジウム(Deep Underground Construction Symposium)」の開催者になりました。私はこのシンポジウムレポートの1冊を持っています。これは私が持ってはいけないものでありますが、にもかかわらず持っていますが、これくらいの厚さです。このシンポジウムレポートには、機械類の写真があり、1時間あたり5フィート(訳注:約1・5m)の割合で半径45フィート(訳注:約13・5m)のトンネルを掘ることができるとあります。また、その本には、複雑な施設、まるで都市にみえるようなものを含んだ、巨大なトンネルや巨大な地下の丸天井の写真も示されていたのであります。それ以前の5年間に、地下建設のすべてにおいて、すでにその当時ものすごい進歩を遂げていたということが明らかであります。e0171614_1535666.jpg支配権力は、宇宙人が関与する予算やブラックプロジェクトの予算の手段が麻薬の非合法販売の角に立たされたと判断しました。「外国関係諮問委員会(Council on Foreign Relations)」の若い、野心家のメンバーが接近してきました。彼の名前は、ジョージ・ブッシュ(George Bush、訳注:パパブッシュこと、前大統領の親父)でした。彼は、その時、テキサスを拠点にしたザプタ石油(Zaputa Oil)の社長兼最高責任者(CEO)でありました。ザプタ石油は、海岸沖掘削(Offshore drilling)という新技術を持ち、その経験がありました。一般に、麻薬は漁船で南アメリカから海岸沖に運ばれ、そこから物資や人のための普通の交通手段で海岸に運び込まれると考えられていました。この方法では、税関(Customs)や法務局(Law enforcement agency)は、積み荷を調査しないだろうというものでした。ジョージ・ブッシュは、その支援に賛成し、CIAと連携してある作戦を組織しました。その計画は、だれもが考えた以上にうまくいき、以来世界中に広がりました。そして、今や非合法麻薬を国に持ち込むたくさんの方法があります。そこでいつも覚えておいて欲しいことは、「ジョージ・ブッシュが我々の子供たちに麻薬販売を始めたのだ」ということであります。さて、もし皆さんが私を気違いとお思いでしたら、バスを降りて土を掘り起こしてください。なぜなら、皆さんがそれが全くの事実だということがお分かりになるだろうからであります。今日CIAが世界中の非合法麻薬をコントロールしています。e0171614_1553689.jpg「公式の」宇宙計画は、ケネディー大統領が彼の就任演説で「アメリカ合衆国はこの10年の終わりまでに人を月に送り込む」と命令した時に推進されました。たとえ着想は純粋であるとはいえ、この命令は、責任を負わされた人々が膨大な額のお金をブラックプロジェクトに注ぎ込むことや「真の」宇宙計画をアメリカ国民から隠すことを可能にしたのであります。ソ連における類似の計画も同様の目的を提供しました。事実、宇宙人とアメリカ合衆国とソ連の共同基地が、ケネディーがその言葉を話したその瞬間にはすでに月に存在したからであります。1962年5月22日に、宇宙探査機は火星に着陸し、生命を維持する環境が存在することを確証したのであります。それほど後ではない頃に、惑星火星上に植民地建設が正式に開始されたのであります。今日、火星上には、アメリカ合衆国とロシアと宇宙人の施設である植民地(コロニー)が存在します。


すでに多くのリンクが切れてしまっているが、その当時に英語の元記事を直接グーグル翻訳しておいたものが残っているので、すこし雰囲気は読み取れるだろう。

この内容は、だいぶ昔の1989年のミルトン・クーパーの暴露講演にある内容と符合する。

要するに、裏NASAがすでにかなりの人数の地球人を火星に築いた植民都市に移住させているということである。

そこに子どもたちを送り込み、火星で大人になるまで強制労働に従事させているらしいということである。

それが、第三の選択の結果なのか?あるいは、強制労働の結果なのか?はわからない。

まあ、信じる信じないはあんたのおむつ次第、じゃなかった、おつむ次第というやつですナ。

いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif


by kikidoblog2 | 2019-09-17 10:38 | コンスピラシー

【訃報】自民党の「日教組改革」の旗手宮川典子さんご逝去:暗殺めいた不可解な死ですナ!?ご冥福をお祈りいたします。   

みなさん、こんにちは。

いやはや、若い女性議員宮川典子さんが志半ばでご逝去された。しかも私と同じ山梨県出身者。享年40才。ご冥福をお祈りいたします。

a0348309_09584342.jpg



どうもこの方、今年に入ってから急転直下の問題が起こったようだ。

簡単にまとめると、

交通事故→病気→発がん→病死

タクシーで降りた瞬間に後続車にはねられて頭を打つ
→入院
→後遺症が残り入退院を繰り返す
→不調
→乳がん発病
→帰らぬ人


今年に入ってから、ほんの数ヶ月の出来事だった。


この事件が起こったのが、今年の4月1日。回復したのが5月6日。
 宮川氏によると、4月1日午後、東京都心部でタクシーを降りた後、後ろから来た車にはねられて路面で頭を打ち、救急車で都内の病院に運ばれた。診断の結果、脳のむくみが見られたため、そのまま入院したという。
 同月2日付で衆院文部科学委員会の理事を辞任した。回復したため今月6日に退院したが、今も腰の痛みが残っているという。宮川氏は「一定の快方を見たので復帰した。無理をせずに元気に頑張りたい」と話している。

そして、この9月12日に乳がんでご逝去。


慶応大卒業後、母校である山梨学院大付属中・高の教員を5年間務めた宮川氏は、平成22年の参院選山梨選挙区で元山梨県教組(山教組)委員長で「日教組のドン」と呼ばれた輿石東氏
a0348309_10175162.jpg
に3700票余りの差まで迫って敗れた
教員時代に教え子が2人自殺し、いずれも「日本は努力をしても報われない社会だ」という趣旨の遺書を残していたことを、国会質疑で何度も紹介した。
その15歳の訴えの答えを見つけるために、自分はこうして政治活動をしている」と話していた宮川氏だったが、志半ばで生涯を終えた。


う〜〜ん、なんというか、この事故は怪しいナア。

日教組の敵対者、15才の味方、自殺者の味方、。。。


タクシーから降りるところを後続車にはねられたって、暗殺未遂じゃないのかいな?

ところで、その犯人は捕まったのか?


さて、運良く、頭こそお打ちになったが、一応退院はできた。

しかしながら、腰椎を痛めた。


私の妻の話や、いろいろの医療関係のものを読んだりすると、

じ・つ・は

実は、骨折したり、骨を痛めたり、背骨が曲がったり、歪んだりしたあとに

発がんする(白血病になる)

というのが非常に多いらしい。

これがどうしてそうなるのかについては、私は個人的にずっと興味を持ってきているのだが、いまのところその答えはまだわからない。

しかし経験則としてどうやらこれは事実のようである。

多くの発がんや白血病発症の患者に骨格上の問題が見つかるのである。

たとえば、腰骨が曲がっている。
背骨が曲がっている。
首の頚椎が歪んでいる。
など。

こういった持病を持った後に、ガンが見つかることが多いと聞く。

そこで、発がんしてもその後運良く治癒した人、今度はこういう人に着目すると、抗がん剤治療とかそういうものより、むしろ、骨格上の異常を矯正したりして元に戻した結果、どうやら抵抗力がましてガンが消えたという形の治癒の仕方をする人が多いのである。

もちろんガンの一番の原因はストレスである。

ストレスがあると、ストレスホルモンであるところの、血中コルチゾールが異常に増える。

すると、コルチゾールは細胞のDNAのがん遺伝子などあらゆる休止状態にあるスウィッチをオフからオンに変える。

そうなると、体内のどこかで癌化が起こる。


つまり、重大な事故で、骨折などを起こした場合、その事故や痛みによるストレスが極端に増す。

その結果、体内の血中コルチゾールも増える。

その結果、発がんリスクが高まる。

さらに、事故や怪我により、骨折などの骨格異常を起こした場合は、骨の中の造血細胞もうまく働かず、がん細胞や異常細胞を食って消滅させる働きのある抗体や免疫細胞もうまく働かなくなる。

その結果、ついに発がんする。白血病も血液の癌である。


しかしながら、がん細胞は一般に熱に弱い

だから、体温が平熱以上の状態で、だいたい37度以上で30分も維持すれば、体内のがん細胞は死滅する。

というわけで、

温泉療法、温熱療法、。。。

が古来有効だと言われるわけである。

よく水分を取りながら、毎日朝昼晩30〜40分ぬるめの温泉につかるだけで、大半のがんは消滅するのである。

あとは、甘いもの、つまりブドウ糖を減らすことであるという。

ブドウ糖こそが、がん細胞の餌である。

ちなみに、脳細胞の栄養源でもある。


おそらく、宮川さんは頭を打って入院中、脳細胞は非常に甘いものを要求しただろう。だから、甘いものをたくさん食べたのではないかナ?

それが逆に腰の痛みに見るように、骨格異常を伴う事故だから、さらには事故の後遺症の痛みや、その後の事後処理などの、さまざまのストレスのせい生じたストレスホルモンのせいで発がんしたと考えられる。

俺の意見は、

山梨は温泉のメッカ。

湯村温泉、石和温泉、身延温泉、。。。がある。

近くの石和温泉で朝湯、昼湯、夜湯をして湯湯治で療養したら良かったのだと思う。


まあ、日教組や創価学会の敵だったわけだから、

いわゆる創価大学発明の電磁波攻撃や創価学会の集団ストーカーで攻撃されて、がん死したという可能性もあるかもしれませんナ。


いずれにせよ、一番怪しいのは、後続車でしょう。

やはり、事故に見せた他殺。

病気に見せた他殺。

その線が臭い。


ぜひ宮川さんには、49日の間はまだ地上をさまようということらしいので、ぜひ犯人を地獄へ送っていただきたい。

ご冥福をお祈りいたします。


いやはや、世も末ですナ。






=====================================


by kikidoblog2 | 2019-09-13 10:50 | 反日・在日の陰謀

<<地球人の知らない重要情報>>:深野一幸先生「21世紀は宇宙エネルギーの時代になる!」→現実は甘くなかった!?NWOがそれを阻止した!?   

みなさん、こんにちは。

いやはや、どうもすんません!

とまあ、お詫びで始まるほかありませんナ。

先日、深野一幸氏の本を紹介した。これだった。



この中でメモした、その本をほぼ読み終わるところなので、まだアマゾンにあるのか、売り切れなのかと見てみたら、

驚き、桃の木、山椒の木!

なんと値段がとてつもないことになってしまっていた。

私は、

2000年
a0348309_09372735.jpg
が、155円。

そして同じ著者の関連本のこれ

1995年
a0348309_09384691.jpg
が、93円で買ったわけだが、最初の本がいまや12300円以上になっていた。約100倍。しかし、下の「21世紀〜〜」の本は、まだ6円からあるようだ。良かった良かった。

実は、最初の2000年の本の種本は下の本なんですナ。

というわけで、一応平謝りから入ったというわけですナ。

すまん!


ところで、その深野一幸先生の本で一貫して主張されていることは、第四章にまとめられている。


第四章 現代文明は物質文明になっている!

現代科学は超ミクロの分野に弱い!168
超ミクロの領域には「見えない世界がある」!170
「見えない世界」とはどんな世界か?173
人間は肉体だけの存在ではない!175
人間の輪廻転生の仕組み179
物質世界はどうして存在しているのか?180
人間の生きる目的とは何か?182
現代人は低能力人間になっている!183
超能力はチャクラを開発すると発現する184
今、地球は進化の変わり目にある!187
地球人は井の中のかわず状態にある!188
宇宙文明の内容190
文明転換のプロセスとプログラム195


この中の

地球人は井の中のかわず状態にある!188


<<地球人の知らない重要情報>>

という節があり、そこに非常に本質的な主張がまとめられた。その本で取り上げられたり、紹介されている霊性の高い人達のそれぞれの生涯の研究成果もほぼ同様な見解になっている。

拙ブログでも取り上げた、福岡正信さん、保江邦夫さん、矢作直樹さん、木内鶴彦さん、高木利治さん、。。。などの主張もまったく同じでそれらに付け加えられるだろう。

ちょっと簡略化してメモしておこう。

<<地球人の知らない重要情報>>

1.宇宙=物質世界+見えない世界
2.現代科学=物質世界だけ扱う物質科学
3.宇宙=見えない世界が本質。物質世界=見えない世界の従属物
4.真空の「空間」=見えない世界
5.見えない世界=超微粒子の宇宙エネルギー(フリーエネルギー)
6.我々の空間=宇宙エネルギーが充満。これを取り出せば石油文明が終わる
7.宇宙エネルギー=生物を育み癒やす
8.人間の肉体=本質生命体(魂)なる見えない肉体が宿る多層構造、多重構造
9.人間の肉体が死んでも、本質生命体(魂)は生き残る
10.本質生命体は輪廻転生する
11.見えない世界の一部=死後の世界
12.見えない世界=さまざまのレベルの生命体が存在
13.人間=本質生命体の霊性を高めることが目的
14.物質世界=本質生命体の霊性の修行の場
15.人間が靈性を高める=「愛」「調和」「感謝」の生き方を学ぶ
16.地球=精神性の最低レベルのプリズンプラネット
17.古来の人間=霊性が高かった。現代人の霊性=最低水準。進化していない。
18.世界の激動=物質文明が崩壊し、高文明へ転換する過渡現象
19.次世代文明=チャクラ開眼。超能力者が一般的=新人類の登場

とまあ、私流にまとめるとこんな感じですナ。

この世界観へのアプローチの仕方として、人それぞれいろんな体験、いろんな経験、いろんな病気、いろんな分野、いろんな仕事、。。。を通じて、中には臨死体験などを通じて、この宇宙の現実世界を認識してきたということだろう。

古神道ではすでにそういうことは我が国では何万年も前から知られたことで、それが現代の神道のルーツになっているものと考えられる。

なぜなら、西洋人の数千年の歴史、長くてもせいぜい1万年から1万2千年程度のかれらの歴史では、こういった概念に対応する言葉や単語すら存在しなかった。

だから、かなり最近になってやっとスピリチュアル系の言葉がつけられただけである。せいぜい100年から150年前の前前世紀の神秘主義の登場あたりまではろくに言葉がない。

ましてや、スメール時代、エジプト時代、さらにはギリシャ・ローマ時代には野蛮人の言葉しかない。

古代インドといってもせいぜい古くて5000年前から3000年前程度である。

ところが、面白いことに、我が国では、竹内文書とか古史古伝とかを通じて、霊性文明がきちんと伝達され、それには宇宙の開闢時代、人類の祖が宇宙のどの銀河系のどの太陽系を経由して最終的に我が地球までたどり着いたか、最初に来たものは「龍神」というドラゴンのような霊性の高い本質生命体であったとか、そういう言葉が存在するわけだ。

西洋では、エーテル体、アストラル体、メンタル体、コーザル体というような、19世紀以降につけられた命名が、すでに古神道には、奇魂とか、ちゃんと言葉や概念が存在したわけですナ。

一霊四魂説
もっとも一般的な解釈は、神や人には荒魂(あらみたま)・和魂(にぎみたま)・幸魂(さきみたま、さちみたま)・奇魂(くしみたま)の四つの魂があり、それら四魂を直霊(なおひ)という一つの霊がコントロールしているというものである[1]。和魂は調和、荒魂は活動、奇魂は霊感、幸魂は幸福を担うとされる[1]

つまり、古神道でいうところの「霊」が、深野一幸さんのいう「本質生命体」に対応するということになる。

本質生命体は、いくつかの「〜〜体」の多層構造をしているということが、古神道ではいくつかの「〜魂」で構成されているということに対応するわけである。

古神道に関する口伝は、武内宿禰にお聞きするのが良いだろう。

本質生命体=エーテル体+アストラル体+メンタル体+コーザル体

霊=荒魂+和魂+幸魂+奇魂


私が例の講演会の前日に武内宿禰さんから直接聞いたのは、

幽体離脱とは「奇魂を飛ばす」ということらしい。

つまり、昔から我が国にある「霊」とか「魂」とかいうと、拒否反応を示す人も多かろうから、わざわざそれらを「本質生命体」と名付けたのだろう。

というわけで、

霊魂

という言い方は、霊=荒魂+和魂+幸魂+奇魂を短くいう言葉と考えた方が良いだろう。


まあ、西洋では、こういった内容を語ることを「隠された教え」=「オ・カルト」というが、我が国では「密教」というわけですナ。

つまり、

オカルト=密教

なんですナ。


いやはや、世の始まりですナ。


しかしながら、上の深野一幸先生の本の「21世紀は宇宙エネルギーの時代になる」というシナリオ通りにはこの世の中まったく進行しなかった。

21世紀は宇宙エネルギーの時代になる

どころか、

相変わらずの旧態然とした古代世界のまま

だった。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif


by kikidoblog2 | 2019-09-12 10:58 | スピリチュアル

ジョーク一発:「天気の子」を映画館へ観に行ったら、なぜか観客が少年ばかりだった!→そのわけとは!?   

a0348309_12402125.png
日韓ジョーク
韓国人「韓日関係改善すべき」→「韓日断交」
日本人「日韓関係改善すべき」→「日韓断交」

みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif

さて、まだここの画像が使えそうなので、ここにメモしておこう。

昨日は奥さんの誕生日だったので、奥さんの要望に従い、二人で例の「天気の子」を見に行ってきた。




新海誠 ―日本映画の新たなメガヒットメイカー――
a0348309_1012456.jpg


『天気の子』(C)2019「天気の子」製作委員会
【フィルモグラフィー】
『ほしのこえ』(2002)
『雲の向こう、約束の場所』(2004)
『秒速5センチメートル』(2007)
『星を追う子ども』(2011)
『言の葉の庭』(2013)
『君の名は。』(2016)
『天気の子』(2019)



びっくり!

映画館へ行ってみてまず一番びっくりしたのが、そこは女の子ばかりかと思っていたら、男の子ばっかりだった。それも少年がグループで連れ添って見に来ていたことですナ。

まあ、まだ公開中だから、営業妨害になると困るんだが、だから直接の内容は各人で見てもらうことにして、ここでは俺個人の印象をメモしておこうか。せっかく見に行ったついでということで。むろん、言うまでもなく、奥さんには奥さんの見た印象がある。

非常に簡単にいうと、

「君の名は」>>「天気の子」

だったナア。残念ながら、前作の方がずっと面白かった。もっとも俺はこの2作しかみていないがネ。

たぶん、二匹目のドジョウを狙ったものと思われる。柳の下にドジョウはいなかったが、はいたかもナ。


さて、俺の受けた印象。独断と偏見だから、興味にない人は「嫌なら読むな」ですナ。

(あ)思春期少年のファンタジー→少年はセクシー姉さんが好き
(い)大都市礼賛→大都市集中を増加させる
(う)非行礼賛→尾崎豊のようなアウトローの要素が多い
(え)バイト君礼賛→ブラックバイト容認
(か)パチンコ&パチンコップ、アダルト、連れ込みホテル容認→裏社会のきれいな表面だけ見せる
(く)利己的哲学を礼賛→人のために生きるより自分のために生きよ

まあ、この映画から表面的に受け取れたメッセージはこんなところですかナ。

特に目についたのは、宮崎駿のジブリ作品では、幼少期から小学生くらいの少女あるいは独身女性を主人公にしたものが多い。

が、新海誠監督の作品はどうやら思春期の少年、それも中学生から高校生年代のいわゆるアルバイト少年が主人公ということだろう。

まあ、

田舎のごくごく普通の少年が大都会東京の厳しい社会で健気に生きてそこから成長していく

ということを言いたいか描きたいのだろうと思うが、

はたしてそれで良いのか?

というのが、俺個人の感想だ。

少年だから特になんの取り柄も能力もない。しかし、そこに能力者の美少女がやってきた、あるいは、出会った。自分にとっての救世主は、美人セクシー秘書付きのなんと月刊ムーのライターのオヤジだった。

完全なる我々男どもの少年時代のエロチックファンタジーである。

恋や性に目覚め始めた思春期の少年たちにとって、かわいい異性やきれいな年上の女性やお姉さん、大人の女性は、エロチックファンタジーの源泉である。

どうやら少年ぽさの残る新海誠監督は、そういうのがお好きなんですナ。

しかしながら、R18指定なのか、そこから先へはいかないようで、そこがフランス映画とは異なる。
Private Lesson






しかし少年は自己研鑽で自分の能力=生きるための武器を作ったわけではない。

だから、偶然に武器となるピストルを得なければならなかった。

この少年が数学の天才や、サッカーの天才なら、数学やサッカーを武器にして社会でのし上がっていけるだろう。

しかしながら、この少年にはそういうものがなかった。

まあ、いってみれば、この設定だからこそ、一般の悪く言えば「無能」よく言えば「普通」の少年たちが、「俺もそうだ」という印象を得るのかもネ。

「きれいなお姉さんに自分で聞いてみたいが聞けないこと」
「自分でみてみたいができない」
「かわいい女の子の胸に触ってみたいがその勇気がない」
「告白したいができない」。。。

あるいは、

「鉄砲や銃を撃ってみたいナア」
「盗んだバイクで乗り回したいナア」
「ルパン三世のようにカーチェイスをしてみたいナア」
「世界に革命を起こしたいナア」。。。

あるいは

「大人の女の身体ってどうなってんの?」
「クラブやバーってどんなとこ?」
「ラブホってどんな場所?」
「パチンコ屋はどんなところ?」
「バイトってどうやって見つけるの?」。。。

というような自分の現実からすれば理解不能な現実世界を、そういうのをこの映画が一手に引き受ける。そんな感じか?


新海監督は、少年のこころのかゆいところに手がとどく。

親切心満載だった!


しかしながら、俺個人の61年の人生経験からすれば、

そんなのどうでも良い!
そんなの関係ない!



だったヨ!


つまり、かつて日本人最初の宇宙飛行を行った秋山さんがいったように、

「豆も時期が来れば弾ける!」

のである。

何事も時間が解決するのである。

それ相応の時が来れば、おのずと自分で経験してわかるようになる時が来る。

言い換えれば、

背伸びしなくて結構、毛だらけ、猫灰だらけ、お前のケツは糞だらけ、というやつですナ。

失敬。冗談は吉本。


要するに、そういう自然な疑問は普通に人生を経験し、それなりに年齢を重ねていけば、自然に知るようになる。その程度のことに過ぎなかったということである。

身体が大きくなっていないのに、力がついていないのに、色気だけ先にバイクを乗ろうとすれば、盗んだバイクで事故を起こして即死。こういうことが頻繁に起こるわけだ。実際に、ここ阿南でも2人の少年がそうやってお亡くなりになった。

警察も若い。ムキになる。だから、狭い日本の道路事情の中でカーチェイスすれば、無実の通行人がはねられて即死。自分も事故起こして即死。そういうことが結末になる。

アニメでは死なない。どんな危険なカーチェイスも可能だ。

しかし現実は我々物理学者のいう物理法則通りに従う。

それなりのテクノロジーがなければ、空から落ちる。


こういう意味では、心象世界を描いた映画と見る分には構わないだろうが、現実世界と重ねてしまい、どっちがどっちかわからなくると大きな過ちを導きかねない。

とまあ、そんな印象の映画でしたヨ。


まあ、俺があまり新海誠の言わんとすることを理解できない中高年だったにすぎないがナ。

まあ、「嫌なら見るな!」っていうことですナ。

いずれにせよ、ジョークの類だから本気にしないことが肝心肝要ですゾ。




いやはや、世も末ですナ。







e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-09-11 12:39 | ジョーク一発

大量逮捕:偽ユダヤ人と関わるとろくなことがない!エプスタイン問題がMITメディアラボの伊藤穰一に飛び火!?」   

みなさん、こんにちは。

忘れないうちにどんどん先へ進もう。

実はこのエプシュタインあるいはエプスタイン事件には尾ひれがついた。それがこれだ。


a0348309_14564359.png

どうやらかの東海岸の軍産複合体の雄のMITことマサチューセッツ工科大学のメディア・ラボ。ここに日本人所長がいたらしい。

それが、この人。

伊藤穰一さん
a0348309_14515169.jpg
a0348309_14523673.jpeg
おそらく我が国のNHKでも結構取り上げられたのではなかろうか?


なんとこの人がそのジェフリー・エプスタインと仲がよく、多額の研究資金の援助を受けていたんだとか?

エプスタインよ、俺にもくれや〜〜〜!!!

俺の尻で良ければ貸すぞ!

ジョーダンは吉本。


この話の中にそれとなく出ていた話。

MITメディアラボとの関わりは、大きな問題ではない

このジェフリー・エプスタインの一件については当媒体でも冷泉彰彦氏の解説コラム「未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メディアが大騒ぎする理由」に詳しいが、この一件に関しては、英国王室のアンドリュー王子やドナルド・トランプ、それにビル・クリントンといった社会的影響力をもつ人間とエプスタインと交際のほうが欧米での関心が高く、それら比べるとMIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボの一件はさして大きなものではない。

ただ、一部で既報の通り、「10代の時にエプスタイン被告の自宅でメディアラボの共同創設者マービン・ミンスキー(「人工知能の父」とも呼ばれる)氏とのセックスを強要された」とする被害者の具体的な証言がある点で、MITとのつながりはほかの状況証拠だけのつながりとは異なるようにも感じられる。


これに俺が飛びついた。


いやはや。


マーヴィン・ミンスキーといえば、天才中の天才といわれたアメリカのAI研究の父である。

a0348309_15111324.jpg
a0348309_15111815.jpg
たしかにその雰囲気や面影にはゲイ(ホモ)の空気が出ているといえば出ていますナ。


はたしてこのミンスキー博士も逮捕されるのか?


このミンスキーのことを知っている日本人はそう多くはないのでは?

AIとか、オートマトンとか、カオス理論とか、そういう分野に詳しくないとあまりお目にかからないだろうナア。


この人をMITへ呼んだのが、実はあのノーバート・ウィーナーだった。

ところが、第二次世界大戦が始まった頃、ウィーナーは盟友と信じていたMITの仲間のヴァンネバー・ブッシュがアメリカ軍の科学兵器部門のトップについた時、逆にブッシュから疎んじられ、政府から来た予算を全部吹き飛ばされてしまった。

そして、そのウィーナーがサイバネティクスの名のもとに、人工知能=AI=アーティフィシャルインテリジェンスも発案したのに、その研究のボスの座を奪われてしまったのである。

その時にウィーナーの代わりにウィーナーの代役を努めたのがマーヴィン・ミンスキーだった。

それまでウィーナーとマカロックとピッツの研究のために来ていた研究資金が100%ミンスキーに回ったのである。


カテゴリ:ウィーナー・サイバネティクス


情報時代の見えないヒーロー
a0348309_13523424.jpg


ノーバート・ウィーナーは早熟の大天才だったが、ホモではなかった。ちゃんと嫁さんもいた。

一方、ミンスキーはホモだったのかいな?

かつて、後に日本物理学会長さんにまでなった、私の昔の知人の一人からコーネル大学へ留学後に帰国した頃、直に聞いたことだったが、

ノーべル物理学賞を「繰り込み群」でもらったケネス・ウィルソンは、コーネル大学のあるイサカ(イタカ)では人から後ろ指を指されるほど有名なホモだった

という話だ。

まあ、アラン・チューリングもホモだったようだし、頭脳明晰な数学的天才には結構ホモが多い。

どうしてなのか?


まあ、趣味趣向で相手のあることだから、それ自体はどうでもいいのだが、そのホモの相手にエプスタイン提供のホモ少年があったとすれば、これはまた大問題だろうナア。

痛い!


エプスタインは、AKBの秋元康とジャニーズのジャーニー喜多川の両方を兼ね添えたようなやつだったのか?

二刀流か?


アメリカでは、ホモ教授にお尻をお貸しすれば、簡単にPhDが取れるとか、そういう悪い噂も確かにあったにはあったんだが。俺の周りではそういうものはみたことはなかった。

おそらく、モルモン教徒、いまの末日聖徒イエス・キリスト教会の総本山だから、ホモ行為はご法度だというユタ州だから良かったのかもしれませんナ。

なにせ、飛鳥昭雄のように、ユタ州のモルモンには、

一夫多妻
a0348309_15452935.jpg

が伝統だからである。


考えてみれば、AKB48とか、欅坂46というのも、一種の秋元康の一夫多妻のようなもんだよナ。

羨ましい限りだ!

俺にも回せ康!


ジョーダンはジャニーズ。


いずれにせよ、恐るべしエプスタイン。


まあ、偽ユダヤ人はタルムートとそのタルムート商法を信じ切っている。

タルムートには、「ユダヤ人以外は家畜だ」と定義されているとか。だから、何したって良いんだってヨ。


だから、かつて大航海時代ユダヤ人が率先して、アフリカで黒人奴隷をアメリカへ輸出し、黒人奴隷を使ってアメリカから欧州へ物資を輸出し、欧州から金を巻き上げるという三角貿易を発明して大儲けした。

a0348309_15510067.jpg

だから、黒人奴隷も最初にやったのはいわゆるユダヤ人だったんですナ。

ただし、当時はユダヤ人を名乗ると殺されたから、それを秘密にしていたという。


アメリカインディアンを虐殺したのもユダヤ人。

日本人を原爆や焼夷弾の無差別爆撃で焼き殺したのもユダヤ人。

中国人をアヘンで殺しまくったのもユダヤ人。

日本へ最初の鉄砲を売って日本の戦国時代を鉄砲戦争に変えたのもユダヤ人。

当時の欧州商人、東インド会社というのはみんなユダヤ人だった。

ザビエルもユダヤ人。


そういえば、阪神淡路大震災や中越地震、東日本大震災を起こしたのもユダヤ人。

2001年911を起こしたのもユダヤ人。


しかし、そんなユダヤ人を一番救出したのは日本人。


なんて損な役回りの人種なんでしょうか?日本人は。

きっと知能が足りないか、馬鹿なんだろう?



はっ、日ユ同祖論?

悪ふざけにもほどがありますぞ!

剣山や淡路島にきたコーヘン駐日大使は、遺物を全部盗掘していってしまったというし、これまたユダヤ人。


ヒトラー礼賛する気はないが、ヒトラーの気持ちもよく分かる。




いやはや、世も末ですナ。







e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-09-09 16:01 | コンスピラシー