参院選選挙「日本のこころ」ついに届かず!?:やすえ先生&矢作先生お疲れ様でした!   

みなさん、こんにちは。

いやはや、昨日は参議院選挙投票にいって、「やすえくにお」に入れたから、昨夜は「日本のこころを大切にする党」のだれかが最後の最後に当選するか粘って見ていたが、ついに最後の一人というところで寝てしまった。おかげで、今朝のユーロ2016の決勝戦のことをすっかり忘れてしまっていたのだった。

さすがに今回の選挙は大方の予想通りの自民圧勝で終わった。
a0348309_1010219.png


まあ、このままでは、「日本の〜〜」は次回で消滅するだろう。

選挙する前から分かっていることだが、だいたい次のようなことが分かっている。

(1)党の名前は短いほど良い。
(2)代表ははっきり話をして分かりやすい人ほどよい。
(3)上に夫婦が乗っかってはイメージダウン。
(4)無党派の若者を利用する。

いまからちょうど30年前の夏の総選挙。1986年の夏のことだ。

私はアメリカ留学が決まり、留学資金を少しでも稼ごうと思って、当時自民党で返り咲きを狙った、中尾栄一選挙事務所で雑役婦のアルバイトをしたのである。

要するに、選挙事務所のあらゆる雑用をこなす。事務所周辺の早朝の掃除から始まって、酒樽運び、荷物運び、個票の宛名書き、昼食の配膳、机やイスの移動などなどをしたのである。日当たったの5千円。その当時はバブル全盛期。ウグイス嬢になる現役女子大生の日当が10万円、25,6才女性なら日当2〜3万円、と言われた時代である。

徐々に顔が知られ、信用がつくと、今度は候補の選挙カーの演説場所を先回りしてカメラで写真撮影というカメラマン役までこなす。こうして、無事候補は自民の要人に返り咲いた。そして、選挙事務所の後片付け。何千本も集まった酒瓶やビール瓶、何十もの酒樽の倉庫への運搬。

これはまだ中選挙区制度の時代のことだったが、若かった私にとっては我が国の選挙というものの実体を肌で学ぶことができたわけだ。その資金はわずかなものだったが、私は晴れて気持ちよくアメリカに留学に行けたのだった。

こうした私個人の経験からすれば、今回の「日本のこころ」は、活動開始が遅すぎた。また、やはり、代表の中山恭子夫妻が「お公家さん」的すぎた。声は小さいし、何を話しているのか聞こえないし、何をやりたいのかもわからない。

これでは、私の奥さんのような一般婦女子には声が届かない。私の妻は、
「山本太郎の演説の方がうまい。よく分かる。」
という始末だ。

代表の中山恭子さんの声は小さいし、旦那はネガティブなことばかり言うし、矢作先生は滑舌が悪いし、一番の目玉のやすえ先生は活動しない。

これでは、予想外0となってしまう。
予想外0
a0348309_11365219.jpg


YouTubeの講演会などの参加者の姿を見る限りでは、それなりの受け皿はあったはずなのだが、そういうサポーターがその人の地元で活動したいが、自分の近くの仲間を知りたいというようなことを言っても、それは政治活動の法律上教えられない、ちょっと困る、と言っていたわけだ。これでは勝てない。

1人でもサポーターがいれば、それに報いることができずに、日本を変えることは不可能。日本を変える前にまずは活動の仕方を変える方が容易い。

正論を口でちょこっと言ってれば、それで世の中が動くかというと、そういうことはない。

かつて松下幸之助の信条だったというが、人を動かすには、
率先垂範 「やってみせ、言ってきかせて、させてみて、 誉めてやらねば人は動かじ。」
なのだ。

まずは、いかにして活動するかやってみせる。その次は、どうすればいいか言って聴かせる。その次は実際にやらせてみる。そしてそれを褒める。この繰り返しである。

だから、仮に講演会でたった1人でも、サポーターになりたいという人がいれば、その人にだれと会って、どうすればいいかを言って聞かせ、活動の仕方を教え、その人の地域でやらせてみて、それを応援に行って褒める。この繰り返しである。

しかしながら、その一番最初が「自分が模範となってやってみせなければならない」のだが、この模範という意味で、代表の中山恭子さんは弱々しかったし、これでは無理〜〜という印象は否めなかった。

反省。

反省あるのみでしょうナア。

別に比例候補者の人材が悪いわけでもなければ、言っていることが間違っていたわけでもない。単に物理的、生物的に一般人の心に響かなかっただけである。

人は自分の目の前で涙を流し、汗をかき、走って握手に来てくれる。自分の代わりに大きな声で人々に語ってくれる。こういうことに感動し、清き一票を入れるのである。

それはそれは感動的であって、心底感動すれば、病床の人であれ、身体障害者であれ、身体に鞭打ってわざわざ選挙事務所に駆けつけて、
「頑張ってください」
って握手しに来てくれるのである。私は何度も何度もそういう人を30年前に見たのである。

こういう意味で、「日本のこころを大切にする党」の皆様はまだ本当には
「日本人のこころが分かっていなかったのではないか?」
というのが、私自身の偽ざる印象である。

やはり選挙というのは、人間集団の代表者を決める戦いである。自分に代わって活動してくれる代表者を決めるわけだ。単に、候補者自身が単に「人のため」「自分を捨てる」と口先でいうだけでは、人はついてこないのである。

もう少し今後は抜本的な戦略を練って充分に準備しないとだめ、つまり、消滅するでしょうナア。

ところで、私が一番最初にやすえ博士から参院選出馬を聞いた時には、私は
自民党から出なくて良いの?
と聞き返したのである。矢作先生もやすえ先生も自民党から出馬し、公認候補になれば、すでに国会議員になったであろう。美味しいワインを今飲んでおられたはずである。

私個人は、ねずさんこと小名木善行さんイチオシの中山成彬さんとその奥さんの中山恭子さんの意見、思想、人格はともかくとし、その雰囲気はあまり好きではない。

そもそもこの二人が国会議員になれたのは、かつての自民党のおかげで、東大卒の生え抜きの官僚だったというだけで、自民党の政治力あってこそ国会議員になれたのである。こういう東大のお公家さんタイプは、上につく器ではない。品が良すぎるのである。

将来的に自主憲法制定に向けて活動するにしても、もしこの中山夫妻が自民党から出馬すれば、東大官僚である。100%当選しただろう。

スピードの歌手でも当選できたわけである。自民党ですら人材不足なのである。

こういう意味の大局観というものが、東大出身者には育たないのである。木を見て森を見ない。

せっかくの我が国の大変な逸材である保江邦夫博士や矢作直樹先生をこれで失ってはもったいない。次回はぜひ自民党から出馬して大臣になってもらいたいものである。

ちなみに、最後に蛇足で付け加えておくと、この俺も参院選に出馬しないかと誘われたのだ。もちろん私は最初は「興味なし。ノー。いまは研究で大忙しだから」とノー。が、やすえ先生が熱心に誘ってくれたから、それではと、「やすえ先生の願いとあればと、OKですよ」と言った訳だが、最終的には中山夫妻の方からなんの問い合わせもなく、候補になることはなかった。結果的にはそれで良かったわけですナ。

俺なんかが国政に出たら、朝鮮人帰化人、支那人、反日の反対者全員皆殺しだヨ。まあ、ジョークだがナ。


いや〜〜残念無念。やすえ先生、ついにマリア様のご加護が消えてしまったのか〜〜?
国会で次元転移を実験するチャンスを失った。

いずれにせよ、日本のこころの皆様ご苦労さまでした。



いやはや、世も末ですナ。



おまけ:
福島みずほ議員の公職選挙法違反。
a0348309_17285483.jpg
こんな人が比例で拾われるななんて世も末じゃ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2016-07-11 15:31

ボギーてどこん氏大いに語る!『沖縄の危機は日本の危機』:沖縄は支那韓国の島だった!?   

みなさん、こんにちは。

沖縄の真実

みなうすうす気づいているはずだが、沖縄の子どもたちやまるで北朝鮮のように外の情報に触れることが出来ないのだとか。

報道規制、新聞規制、学校規制。

こういうもののせいだという。

沖縄のテレビは偏向報道、沖縄タイムズは完全反日、独立派。学校の先生は左翼の日教組。勉強を教えることよりも左翼活動の方が儲かると。

沖縄の米軍基地でデモすれば、なんと

日当5000円。

警察に捕まれば5000円ボーナス。
基地の塀をよじ登って向こう側に着地すれば、5000円アップ。
警察に捕まってテレビ報道されたらさらに5000円増し。

これって何かの街頭インタビューのような感じだが、これが沖縄の真実だってヨ。

道行くアメリカ人には、

ヤンキー、ゴーホーム!ファックユー!

と連日のヘイトスピーチ。

すべてアメリカのようにそんなことをやっても言っても自分に火の粉が降りかからないという安全を知っているからとか。

まあ、実は我が国の戦後世界、古くは明治維新の時代の日朝併合時代からこういうことが行われてきたわけである。

多少はアメリカ人もマッカーサーの「自虐史観計画」のおかげで、我々日本人がいかに下手に出なければならなかったかを思い知ったわけではなかろうか?


私の研究では、その原因は

天皇家

にある。天皇家が韓国の李垠と梨の宮を結婚させたことにある。

しかしながら、もうそういう血筋は名目上は絶えた。だから、そろそろそういう朝鮮人に対する温情は忘れるべきである。ちゃらにすべし。

遺伝的には朝鮮人は人類には属さない。別の系統の生物体である。

これは、現代生物科学のかなり興味深い例外的生命体なのである。

そういう意味では、オリの中に入れて、全部観察し、然るべき時にはとっ捕まえて、実験動物として研究すべき材料とすら言えるのである。それほどDNAが普通のクロマニオン人類とは違っているのである。

さて、ちょっと話がそれてしまったが、今回「日本のこころを大切にする党」から比例区に立候補した、沖縄の人のYouTube番組が非常に面白いから、それをメモしておこう。以下のものである。
ボギーてどこん氏『沖縄の危機は日本の危機』【その1】沖縄教育界の呆れた実態(反日、利権、反オスプレイの歌)、他2016.6.11「日本のこころを大切にする党」を応援する#1


ボギーてどこん氏『沖縄の危機は日本の危機』【その2&質疑】沖縄サヨク・ヘイワ活動家達の恥ずべき実態(構成比、給与、手当、ホームレス利用)他2016.6.11「日本のこころを大切にする党」を応援する#2

第1部講演会/中山恭子代表、中山成彬氏、矢作直樹氏2016.6.5【日本のこころを大切にする党】iFCON in 東京#1


それにしても、このボギーてどこん氏の話を聞いていると、沖縄は悲劇ですナ。

これでどうして沖縄の偏差値が最下位なのかよく解ったヨ。

10年以上前、沖縄で日本物理学会があった時、私も沖縄に行ったのだが、たしかムーンビーチあたりのホテルのプールにバスで行ってそこで泳いだ記憶がある。

ついでに、琉球大学のプールで泳いだ記憶もある。まあ、管理がアバウトそうだったから、そこの水泳部員にいっしょに泳いでいいかと許可をとって泳がせてもらったのだった。

バスを待っている時に麦わらのカーボーイハットにアメリカ国旗のついているTシャツに半パンで立っていたら、道行くオープンカーの中の米白人が敬礼して挨拶してくれたものだが。

その当時は、まだまだ沖縄には余裕があった感じだが、今はもうそういう感じではないようですナ。

いずれにしてもボギーてどこん氏に幸運あれ!



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2016-07-09 22:05 | 反日・在日の陰謀

「息を吐くようにウソを報道する朝日新聞」:在日特権を普通の生活保護のように演出報道!   

息を吐くようにウソを報道する朝日新聞

三段論法

朝鮮人は息を吐くように嘘をつく
朝日新聞は息を吐くように嘘をつく
ゆえに、朝日新聞は朝鮮人新聞である。


みなさん、こんにちは。

今日は午後から電線張替えの電線工事でやっと電気が復活した。

さて、まず地震のことからメモしておくと、今日あたりから250nTの地震電磁波(ゼロ周波数)が出ているし、電離層の電子濃度も非常に下がっている。方向はこちら日本方面であるから要注意かもしれない。

ちなみに、アキラの地震予報は茨城の観測地の一点観測であること、地磁気揺らぎのゼロ周波数付近を捉えられていないことのこの2点のために予報制度がかなり落ちる。ここを改善すれば、いまよりはるかに信頼性が増すだろう。今のやり方では、世界中で発生した地震が観測できたことになる。これでは何も予報しないのに等しい。


次はこの話題。相変わらずの朝鮮日報としての朝日新聞である。どうやら戦前から朝日新聞というのは左巻きの朝鮮系が作ったらしく、人民や民衆の感情をいたずらに煽り、扇動するのがその御役目だという。このせいか、戦前でも我が国を朝鮮へ進出させ、支那へ進出させるために、「朝日新聞が戦争を煽った」のである。このおかげで、我が国が大東亜戦争に引きずりこまれたのである。戦後70年の今ではそれが伝統芸、お家芸になっている。

連日、毎日毎日、日々、いまでも朝日新聞は、そういうことを確信犯的に行っているわけだ。その最新の例が出てきたので、一応ここにもメモしておこう。

結論から言うと、在日朝鮮人のための「在日特権」としての、年500〜600万円の在日朝鮮人用の別口生活保護、通称「ナマポ」のことを、あたかも普通の一般日本人が獲得して、それだけじゃまだ足りないかのごとく装って報道したというものである。

要するに、朝日新聞がまた朝鮮人を使って日本人になりすませてウソを報道したという事件である。これである。
生活保護で月収29万円の女性、泣く

生活保護で月収29万円の女性、泣く 「減額されたら食費を切り詰めるしかない」(2chの反応まとめ)

ネットの声「先に2万6千円の携帯代減らせば?」

a0348309_14464068.jpg

女性は朝日新聞に対して「生活保護の支給額より高額の収入になるのは難しいが、
子供に劣等感を持たせたくない。今でも食べ盛りの子供2人と自分で食費を1日1500円に切り詰めている。
これ以上減額されたら私の食費を減らすしかない」とコメント。

※朝日新聞記事より要約

<女性の生活保護支給額>
・住宅扶助 54000円
・生活扶助 219580円
・教育扶助 19000円
計292580円

<用途>
・家賃 54000円
・食費 43000円
・電気代 5200円
・ガス代 8300円
水道代 0円→これがこの家庭が在日である証明。在日は水道代0円なんだよ。
携帯電話代 26000円
固定電話料金 2000円
おやつ代 7000円→多すぎだろ!ふざけているのか?
外食費 2000円
日用品 37000円→多すぎだろ!
※石油ストーブなど含む
灯油代 4000円
交通費 1000円
医療費 2700円→これがこの家庭が在日である証明。在日は医療費が特別扱いなんだよ。
※市販の風邪薬
被服費 20000円
交際費 11000円
娯楽・習い事費 40000円
※主に子供の習い事
学校関係費 13000円
残り 15380円

http://youpouch.com/2013/03/06/109918/


これでは、日本人が怒るのも間違いない。アメリカならこの女性は射殺されるよナ。

フルタイムの看護師になって、毎日12〜14時間も働いているのに、この生活保護女性の30万円近くよりずっと安いのが普通。

そういう日本人たちからすれば、この主婦なんて甘すぎ。腹切りですナ。

そもそも離婚したのは自分のせいだろ。

自分が若いころさんざん遊びまくって、性生活をふざけすぎた結果にすぎない。

普通はそこで自分で改心してなんとかするだろう。

にもかかわらず、主婦しているだけで、生活保護月30万円もただでもらえるなんていうことは、一般日本人にはあり得ない。

すなわち、これが朝鮮人の日本におけるモンスター行為の数々の歴史と伝統の結果、日本政府から「お涙頂戴」してこっそり得ることができるようになった「在日特権」というものの実体だった。

とまあ、そういうことになる。

仮に朝日新聞がこういうウソを平気でついて全世界に拡散すれば、他所の国のおかしな連中から、なんて日本は生ぬるいんだと変な誤解を受けて、こういう生活保護を受けていない何も知らない普通の日本人が、拉致や誘拐やテロの標的にすらされかねない。

まさに、戦前の朝日新聞と同じで、日本人を貶める(おとしめる)ことが報道の第一にあるっていうことでしょうナア。


だいたい、この主婦、主夫として世界的な研究雑誌にたくさん世界レベルの論文を公表してきた俺が生活保護も研究費も得られていないのに、

いったい何様のつもりだ!

まずは身体を売れや!→おまエラの伝統芸だろ!

おっと失礼。つい、黒駒の勝蔵親分になっちまったヨ。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
「不倫は文化だ」の石田純一が都知事選に出馬???→ふざけすぎだな!
a0348309_15162872.jpg
(これ以上、東京を辱めるな!一応、我が家の本籍も東京ですからナ。馬鹿でもできる都知事の先例を、チョン公の舛添要一が作っちゃったからナ。というより、自称「上級国民」と称してやまない東京都の地方公務員たちが「あぐらをかいている」んですナ。)






e0171614_11282166.gif

[PR]

# by kikidoblog2 | 2016-07-08 15:11